ここから本文です

投稿コメント一覧 (524コメント)

  • >>No. 14152

    どうしたんでしょうね。
    いつもの人に会わないと少し気になります。

    これから娘夫婦とランチバイキングで 立川まで行ってきます

    立川といえば 先日松本清張のゼロの焦点テレビでみました。
    何かいも見てるのに そう言えば核心になってる立川基地は今どこらあたりか知りませんでした
    古い映像からみる立川とは 雲泥の差の町にはびっくりですが その当時知る人も段々少なく
    なってきてますね。

       たふ

  • >>No. 14150

    今遠隔操作でやっと印刷できるようにしてもらい大変嬉しいです
    それにしても まったく知らない人が 私の画面みながら操作しているのですから
    もうもう驚きもものきでした。
    助かりました。

    ローンが終わって法務局に手続きに夫と行きました。
    頭が空っぽ過ぎた夫は その係りの人と喧嘩しました。こっちが解んねえから聞いてるのに
    なんだよその言い方はと やってしまったのです。その場は帰り改めて私一人でなんとか
    済ませました サトシさんの話で懐かしい出来事おもいだしました。

        たふ

  • >>No. 14148

    わにさんの言われる通り サトシさん感心しています。どんな頭脳を持っているのでしょうか。
    ひまがあっても できないものはできません。

    公民館祭りに展示するパソコンの作品愚作ですが 印刷しようとしたら絵だけはでてくるのですが
    字が印字されません。遠隔操作でみてもらいましたが印刷機のほうに不備があるとのことです。
    困りました。

       たふ

  • >>No. 14141

    私は ローヤルゼリーを長~くのんでいます。販売している近所の人はこれを飲んでいるからこんなに元気よと
    いう。確かに若々しく同じ年とは思えない。現役ときなら買えたが国民年金では なかなか買えない 
    けちして一日おきにのんでる。 年とったら猶更飲まなくてはと言われても高いからそうそう手にでない。

    こういう知人商法に私は 大変弱い すぐ飛びついて後悔ばかりである。
    今年は 少し冷静に良く考えて行動 言動と思っていたのに昨日我が家でのお茶飲みで また悪い癖が
    出てひとの噂話をしてしまった。嫌な性格だ。

    午前中 市の無料マッサージに行ってきた。その後は膝にヒアルロンサン注射 毎月定期的に
    やっている
    コロッと逝きたいといいながら せっせと通っている。おかしくなる。

        たふ

  • >>No. 14136

    恥ずかしい額の投信 担当の優しい女性社員が転勤になった
    これを機に 解約しようかと新担当にきいたら 大統領がどうのこうにでどちらかといえば今は買い時の
    時期だから このままでということだった。なにがなんだか理解できないことに手をだしたということが
    身分不相応というものだ。反省しきりです。

    今94歳のお母さんを看病に行ってた友人から メールありました。
    自宅なのですが、頭冷やして あれしてこれしてと休む暇ないほどの介護でくたくた
    面倒みてるお姉さんの大変さが よく解ったと言ってました。
      
        たふ

  • >>No. 14133

    店子さんのお蔭で またサトシさんのお話が楽しみになりました。
    わにさん 大変でしたね。年取るのも難儀なことだと最近つくづく感じます。
    でも誰でも同じだと考えると 少し気が楽になります。

    昨日 夫の七回忌でした。くしくも八年前のこの日は夫が倒れた日でした。
    20名の親族が集まってくれました。夫のことはどこかにいってしまって 久しぶりの再会に
    その話題で盛り上がり時間のたつのも忘れてしまい 最後まで笑いの連続でした。
    やはり子供の小さいときから お付き合いしてないと50年は継続できないと思いました。

    何もしてあげられなかった二人の子供が それなりに仕切ってくれました。
    少し安心と感謝の気持ちでした。
    弟が姉ちゃん 二人の子供が頼もしいよとも言ってくれました。
    早速帰宅して夫の仏壇に その旨報告しました。思わず涙がでました。

    やはり疲れてしまい今朝
    九時まで寝てしまい 今日はいちににゆっくりすごします。

        たふ

  • >>No. 14129

    春一番 物凄い風で畑からの砂埃で近くは 真っ黄色
    ひどいものである。
    明日は ふつうの冬日になって欲しいものです。明日は七回忌です。
    親族17人が集まるのも今回限りにしようと思っています。
    おりしも八年前の明日が夫が 倒れた日となりました。
    早いものです。

        たふ

  • >>No. 14126

    段々鼻炎がひどくなる。出るわ出るわ鼻水くしゃみが。高級な紙が一日でなくなるしまつ。
    どうしても辛いときに飲むよういわれてる錠剤を 飲む。ぐっすり眠れて翌日はスカッとします。
    60年来の持病です。

    昨日未亡人の会7人で台湾料理店にランチにいった。
    直ぐ近くなのにこんな農道があったのか。とても静かで素敵な農道だ。
    散歩コースに加えたいほどだ。
    怖い物知らずの後家さん7人は 本当に強い。
    客がいないため猶更だ。多いにしゃべり笑って食べて1500円だ。
    帰りまた違う農道をぶらぶら歩き、丹沢の山々を見ながら帰宅した。

       たふ

  • >>No. 14121

    昨夜 絶景 鉄道の旅という私の好きな番組みました。
    富山方面の鉄道旅でした。その時感じたのですが 義経弁慶伝説が多いんですね、
    恥ずかしいですが 知りませんでした。
    氷見漁港からの立山連邦の景色が 雄大で懐かしく感じました
    能登半島の鉄道旅 一人で行ってみたいものです。

        たふ

  • >>No. 14119

    今朝 寝室の雨戸を開けてまあ~びっくりでした。一面の畑の雪 その向こうに見える丹沢連邦の雪
    思わず見とれてしまいました。
    風が凄く冷たく公民館でのパソコン教室にいくのに 少し辛かったです。
    公民館の使用が有料になるとのこと がっかりです。

    昨日は公民館主催の太極拳講習会に行ってきました。
    初めてですが じわっと汗がでるほどでした。
    やはり女性が殆どです。
    六回コースです。全部参加出来ればいいなと思ってます。

       たふ

  • >>No. 14114

    昨日体操教室の帰り 先生入れて8名の小さな教室ですが最近できたこじゃれたお店でランチしました
    そのメンバーの中に ケアマネジャーがいます。
    沢山の人と接してきてやはりわにさんが医者に言われた 大して目新しいことではないことが
    一番大切だと色々話してくれました。
    100歳体操での知り合いご夫婦も 奥さまはどの程度かわかりませんが また金曜日に会いましょうねと
    握手求めますと はにかんで優しい笑顔で返してくれます。
    御主人も穏やかな顔で 奥さまに接しておられるのが良くわかります。
    こういう状態になるまで紆余曲折が あったでしょう。
    明日の自分がこうなったら 誰も傍にいないのです。連れ合いがいるだけでそれだけで幸福なのに。

        たふ

  • >>No. 14111

    友人の御主人運転大好きで よくあちこち連れて行ってもらってる。
    正直少し怖いときあります。かなりのスピードだすのです。時々血糖値が下がることがあるとのこと。
    果たしてどこまで丁寧に 断るか心苦しくなります。

       たふ

  • >>No. 14108

    さとしさん わにさん ご無沙汰しておりました。
    来週の夫の七回忌の準備で といっても20名に満たない人数ですがなにやかやと気ぜわしい毎日です。
    お二人さんとマニラのロイさんには 当時大変心強い励ましのメールには感謝でいっぱいです
    先日夫と大変仲が良かった従妹の婿さんこのかた遠方から養子に入られたのですが その方の一周忌が
    鎌倉霊園でありました。一年も過ぎると本人のことよりも物忘れがひどいとか 膝がどうのこうの トイレが近い
    透析してるとか さんざんの話題で盛り上がってしまいました
    階段を上って上の方にあるので 私含めて三人は車で途中まで行く始末です。
    悲しいかな 皆年取ってきてるんですね。

    昨日100歳体操に行きました、子供会の活動で以前一緒にしていた同年輩のご夫婦にその会で
    あいました。
    御主人はすぐ思い出してくださり 御主人はお元気ですかと優しい昔と少しもかわらぬ穏やかな話方です。
    隣に座ってる奥さんにも しばらくですねと声かけましたら 小さな声で御主人が○○さんだよ 分かるかなと
    聞きましたら 恥ずかしそうに下を向いてしまいました。すると御主人がすみませんね 妻は認知症なんですと
    いわれたのです。少し驚きましたが体操教室での奥さまに対する態度には 敬服しました。
    こういうご時世です。認知症のことも世間には理解されてきてます。
    周囲の見方は 優しいと思います。
    良いことかわかりませんが 体操で少しもたもたしてますと 御主人がそばに行って直してあげようと
    すると周囲の人達が 助けています。そのたびにありがとう ありがとうと言われます。
    あんなに綺麗で 明るかった奥さま いつかわが身と思います。

        たふ

  • >>No. 14095

    私は 甘酒が苦手です。テレビでやったのですか。友人もなんだか高くなったと嘆いていました
    40年以上前の洗剤 トイレットペーパー騒動のときのこと思い出します。
    近くの薬局のオーナーが 洗剤のサンプルのコブクロを特別にといって売っていました。
    忌々しい思い出です。

       たふ

  • >>No. 14092

    来週 鎌倉霊園で親戚の一周忌があります。
    本当にわにさんの言われる通りです 自分の子供たちでもこんな考え方しているのかと どきっとすることあります。
     
    いつも丹沢連邦の頂の雪景色みるたびに 夫とみたあの高い高い立山連邦を思い出します。
    どこからでも見ることができ 身が引き締まるおもいでした。
    一人旅でもう一度魚津の蜃気楼と雨飾?海岸からの立山をみたいものです。

        たふ

  • >>No. 14088

    今日のお山は 綺麗でした。雨戸を開けてしばらく朝日を浴びながら、見とれていました。
    すぐ下のごみ集積場所に 車から大きなポリ袋を捨ててるひとが目につきました。
    今日は収集日ではないのです。常習で気が付いた人が注意してるのですが 全然平気なんだそうです。
    どこにでもこういう人は いるんですね。

        たふ

  • >>No. 14085

    わにさん 大変でしたね。お見舞い申し上げます。
    お大事にしてください
    今日いつもの医者に行ってきましたが 開業して11年目になるがこんなに混雑した日は初めてというほど
    風邪の患者がびっしりでした。

    折角治癒したのに悪くなったら大変と急いで帰ってきました。
    近所の古い仲間のうち7人が旦那をなくしました。
    昨日この7人がリーダーの家にお茶と100円だけもって集まりました。
    今歩けるうちに一月一回の割で ランチに行ったりお花見に行こうということになり
    未亡人かいでは さびしいのでひまわり会と名前つけて終わりました。
    また楽しみが増えて嬉しいです。

        たふ

  • >>No. 14080

    本当に 明るい話ですね。思わず涙がでてしまいました。
    これからも素晴らしい相撲を見せてほしいものです。

    昨日公民館恒例のにゅーいやーコンサートに行ってきました。
    若手の女性二人のピアノ バイオリンでした。
    音楽家は 凄い肉体労働者だと感じました。
    前半は眠くなってしまうほどでしたが 後半は誰でも聴いたことあるものでしたので
    俄然盛り上がりました。

    帰りこれもまた恒例の我が家で 仲間とお茶して楽しみました。
    来年もまたこのようなことが 出来れば最高と思いました。

        たふ

  • >>No. 14076

    友人が牛久出身である。毎回毎回稀勢の里応援しているがダメだわといつもがっかりしている。
    本人がテレビ見てると負けるような気がするので 見ないでいるとのこと。
    私はあまりスポーツ観戦好きではないのだが 稀勢の里の取組のときは見ないでいる。
    どうもどきどきしてよくないのです。勝負解ってからじっくり見たいのです。

    相撲大好きだった義母を 連れて行ったことが一度だけありました。高見山に入場券きってもらって大喜び
    引退したばかりの北の湖がすぐそばきたので 握手求めたら拒否されたと怒ったことがいつも場所が
    始まると思い出します。

       たふ

  • >>No. 14072

    わにさん 先日地域の拠点病院で診察まっていました。座るとこがないのでやっと見つけた場所に座ってました。
    すると同年輩の女性が 奥さんいつごろからおかしいと気がつきましたかと 聞いてきたのです。
    そこの場所は 物忘れ外来と書いてありました。その人数の多いこと 大体二三人で診察室に入っていくので
    イスは次々と空いていくのですが その女性は私はそんなにおかしいとは思ってないいんだけど 息子に言われてきたとのこと。やはり日数がかかったそうです。

    としとることは本当に 大変なことだと毎日毎日考えてしまいます。

        たふ

本文はここまでです このページの先頭へ