ここから本文です

投稿コメント一覧 (100コメント)

  • 残念ながら決まりましたね。ここは日ハムが執念を持ってあきらめずにその持つ力を発揮したことを称えるしかないでしょう。CSでリベンジという方もいますが、小生はCSは反対なの見ません。リーグチャンピオンでもないチームがNPBチャンピオンを争う日本シリーズに行くわけにはいかないでしょう。CSは全くナンセンスな制度と思っていますので小生としては今日がSBの終戦と思って来年のチーム作りを楽しみに野球からは一時離れることにします。来年又よろしくお願いします。

  • >>No. 288739

    そうなんですよね。そして消化試合を少なくするのは、こんな理屈の合わない制度ではなく完全ウエーバー性などを導入し各チーム間の戦力を平均化していけば今回の日ハムSB戦の様な緊張感ある試合が増えるはず。それが野球全体人気につながるはず。NPBももっと基本に立ち返るべし。

  • 松田への批判が強いですね。彼ももう33歳くらいになるのかな。これだけレギュラーで長くやっていてこんな感じだとこれ以上の伸びはなくこういう選手と思ってみるしかない、つまり主軸を張る打者ではない。全くの素人がいうのも気が引けるのですが、この選手の決定的につらいのは打撃フォームが前でヒットするフォームということではないかと感じてます。ボールを前でエイヤッで振るから(引きつけてないから、別の言い方するとボールの生江の判断が早すぎるから)途中でとまらない。従ってボール球でも振って空振りあるいは凡打になる。たまたまタイミングがあったらホームランは出るけれど、ここぞというときに期待を裏切る、の繰り返しです。いまさらフォームを変えるわけにもいかないでしょうけど。それとやはり自分を脅かすライバルの出現が必須です。来年は思い切って塚田との併用をしてみたらどうでしょうか?

  • いよいよ土俵際ですね。今年は日ハムの健闘を称えるべきでしょう。本当にいやらしい強いチームになった。若手の底上げができた。しかし、ここに来るのに優勝を数年逃してきたことを忘れるべきではないと思います。大谷だって(もちろん凄い才能があるのですが)苦労しながら3年かかった。つまり若返りを図り生きのいいチームに生まれ変わるのには優勝を我慢しなければならないということです。毎年優勝というのは目先の勝利に拘りベテランに頼らざるを得ないから若返りが遅れるのです。今年のホークスはまさにそれで後半息切れしたのでしょう。しょうがないと割り切るしかないです。監督の采配によって変わる部分も確かにあり小生も工藤監督には感心しないけど、若返りをしながら優勝を狙うのは非常に難しいのではないでしょうか。今ホークスは過渡期に来ていると思います。
    ところで昨年も書いたけどこのペナントレースで優勝したチームがリーグチャンピオンです。でもチャンピオンがもう一度3位、2位と戦って日本シリーズに向かわなければならないって理解できますか?リーグチャンピオン同士が戦うべきです。営業政策から来た小手先のCSは制度として賛成できない。長い目で見たら必ず破たんします。よって、日ハムが優勝したら(するだろうが)その健闘を称えてそのまま日ハムが日本シリーズにでるべきです。セリーグはチャンピオンと15ゲーム離れた2位と3位のチームとなんでやるんですか?プレイオフ制度を考えるのはもっとチーム数の多いリーグ(メジャーリーグとかサッカーとか米国バスケットとか)
    で採用される制度で6チームのリーグで半数がプレイオフって理屈が破たんしている。
    敗者復活戦はトーナメントなどで試合数が少なく実力が出ない場合に採用されるもので、1年144試合して決着がついたのに敗者復活戦ってあほかという感じ。プロ野球側もそうだが、CSに出て下剋上とか言っているファンの姿勢も理解不能です。小生にとっては。

  • 確かに采配面での?は多いけど、采配を上手くやってその采配が功を奏するやっぱり選手個人の力がないとできないのではないかしら。明らかに打者の個々の力は落ちてきてハムどころか西武、オリックスにも引けを取っていると思う。3年前の内川だったら、長谷川だったら、(松田は変わり映えしないけど)絶対今のようなことにはなっていない。中継ぎ投手陣も明らかに年々力が落ちてきている。そこは冷静に見て手を打たないといけないし工藤監督を攻めてもはじまらないかもしれん。とにかく戦力の底上げを図らないと。今年はそこができなかった、ハムはできた、この差でしょう。2軍の育成方針は?5年連続優勝で喜んでるのではなく試合で負けても1軍で通用する選手を育てることを目的にしてほしい。(やってるんだろうがそんな選手が出てこない。)

  • 今晩は。今日は1日所用で外出しテレビ観戦できませんでしたが、残念ながら負けたですね。まだ優勝の可能性がなくなったわけではないですが、ここは素直に日ハムの実力が上なことをを認めざるを得ないですね。監督の采配や姿勢の問題もあると思いますがどう見ても個々の選手の力の差を感じます。ハムはほとんどの選手が昨年に比べ力を伸ばしています。一方我らがホークスは力の底上げができなかった。高齢化を補う新しい戦力(特に野手)も育たなかった(育てることができなかった)。それと打者の外人補強がなかった。この点は試合を見てたら私みたいな素人でも感じます。なぜこの戦力の底上げにこのような差に出たのか冷静に分析し来季に臨んでもらいたいと思ってます。

  • 前にも書いたけど、前半戦は他チームの調子が上がらない中、投手陣の頑張りで大差で首位にいたが、打線はピストル打線で僅差の勝利が多かった。後半は他チームが実力を発揮しだした一方、前半の中継ぎ陣の酷使のつけが出て負けが込んできた。その結果が今の状況を生み出した。打線は確実に昨年より落ちできている。ハムは若い選手が(大谷を筆頭に)昨年に比べ伸びてきた。ここの差が顕著なのが出ている。1番打者の打率が3割超えてる(西川)と2割ちょっとの選手では勝つチャンスが生まれるのが難しい。

  • 高谷の顔、緊張しまくっていましたね。でも大谷というピースを持っているハムは強い。こちらの投手は良く頑張った。残念ながら大谷が素晴らしかったということ。まあ、明日勝てば良し、負けたらハムが今の実力は上ということで気持ちを整理するしかないのではないかな。そう思わないと身体に悪すぎる。

  • まあ負けなかったことは良かった。でも岩崎に2回も投げさせて危うく負けるところだった。岩崎が頑張ったともいえるけどどうなんだろう。酷使に近い。
    それから同点なのに内川を引っ込めたのはなんでだろう。もちろん内川の体調もあるかもしれないけど同点に追い付いたんだから必死に勝ちにいくべきではないのか?
    サファテの件と言い内川の件と言いなんか不可思議な采配の感じ。高谷の件もそうだよね。出せるんだったら最初から出しとけばいいのに。とにかくベストを尽くして負けたらしょうがないけどそんな感じがしない。(我々にはわからない内部事情があるのかもしれないけれど)

  • >>No. 286602

    絶対負けられない試合でそんなこといわせるのかいな。この回点取られる可能性大ですね。回またぎはしんどいですよ。

  • なんでサファテを最後出さないのでしょうか?誰か教えてください。

  • >>No. 286336

    今朝のサンデーモーニングで田尾氏が言ってましたね。気になることが一つ。ヘッドコーチがいないこと。投手出身の監督は俺が主役との気持ちが強く全体が見えない傾向にある。」と。
    試合後のコメントで森が被弾したことは「想定内」だといってました。なんでそんなにい方するのかな。ファンの気持ちを思う想像力に欠けるのかな?

  • >>No. 286238

    N審判のジャッジが仮にハム寄りとした場合、ハム以外の試合でホークスに不利な判定をするわけないというのは理屈としてあってないですね。相手がどこであろうがホークスに不利なジャッジをすることでハムに有利に導く可能性はありますよね。オリックスを利するだけということではないですよね。

  • 勝ったから良かったけど和田の肘心配ですね。明らかにいつもと違って球のキレと請求が悪かった。工藤の采配ももう少し工夫したらもっと点取れたのにね。チグハグですね。

  • >>No. 285868

    勿論今の状況(チームの現状)も不要論の背景にあるとは思います。このテラス設置時には、球場を狭くすることによりHRを出やすくする方が客が喜ぶという話(HRはプロ野球の花といういいまわしで)がありました。しかし小生も、球場を狭くすることは一時しのぎであって長い目で見ればチームの力を弱めるのではと言ったことがあります。現にいつも東京ドームのHRはドームランといってたじゃないですか。そして狭い球場の多いセリーグは確実にひろい球場の多いパリーグに交流戦で負けています。インチキHRは選手の実力を見誤りますのでホームランテラスはいかがなものかという風に感じているのです。

  • >>No. 285787

    私も同感ですネ。以前そのことを書き込みしたらそう思わないという人が多かったけど。芯に当たったHRはあんなものなくてもスタンドインします。日本一広い球場でやってたことで勝つことが誇らしかった。インチキhRは見たくないし今のピストル打線では相手を利するだけです。

  • 暫く留守にしていたのでテレビ観戦できてなかったけど相変わらず勝てませんね。なんかやることなすことすべてが裏目裏目と出るよう。監督の采配も疑問符大いに着くけれど結局は選手の力が足りていない(若手の成長もなく且つ主力高齢化によるスタミナ切れと怪我や故障)のでしょう。ハムは選手の生きがいい。そしてねちっこく相手の嫌がる野球ができる。オリックス、西武は前半が悪すぎたので今の姿がもともとの力。よって前半は他球団の低迷で、ホークスの打てない戦力でも投手陣(中継ぎ抑え含む)連勝できて貯金。しかし投手陣特に中継ぎ抑えに前半のつけが来て疲れてガタガタ、打線はもともと打てないうえにケガ人続出。他球団は本来の実力が出てきた。その結果が
    今の状態ではないのでしょうか。つまりもともと全球団が競り合う状況だったわけで前半の独走状態は一時の異常現象だったという風に感じます。球団が昨年の大勝に慢心してしまったことが残念です。
    とにかく今年はこのままいくしかないかもしれないけど、若返りを図らないと他球団に来年も引き離されそうで怖い。若手(特に野手)の育成に力を入れて欲しい。

  • 昨日中日との2軍戦をテレビで見た。1軍がロートル化してるので何か希望がないかということで。1軍の主力の怪我の影響が3軍で戦ってきた若い高卒1,2年の選手を見た。古澤、黒瀬、栗原。黒瀬はHRを打つ。3人ともスイングがしっかりしているように見えた。栗原は中々よさそうに見えたよ。これら若者を如何に順調に育てていくか。
    高橋純平は1回見たが制球力がまだまだ、身体も細いという感じ。あと1,2年。

  • >>No. 284650

    打ち方の問題ではないですか。メヒア、レアードみたいにHRバッターなら理解もできる。松田はHRバッターではない。ベースから遠く離れ、ひつけて打つフォームと違うから一度振りだすと止まらない。基本的なメカニックの問題と考えます。もちろん球が内側に入ってくる失投だとと打ちますが。

  • 所詮は選手層が薄いということで(厚いと言われてるけど大きな誤解)。代打陣の貧弱さって恐ろしいくらい。バックアップ陣が2軍並みだから主力が怪我または体調が完全でないとガタガタになる。江川はがんばっているが柳田とは比べられない。優勝できる陣容ではないですね。残念ながら。

本文はここまでです このページの先頭へ