ここから本文です

投稿コメント一覧 (387コメント)

  • >>No. 80

    SOCさん、ありがとうございます。
    http://www.chiyoda-corp.com/technology/spera-hydrogen/spera06.html

    ↑が千代田化工の文献のあるリンクです。
    ここに書かれている『SPERA水素』と呼ばれているものが千代田化工の一番の商材になります。
    千代田化工の技術は水素を貯蔵・運搬においては非常に重要かつ不可欠な部分を担っており、ここのやり方が最も理に適っているように思えます。

    千代田化工のは透過膜ではなく、『水素分離膜型脱水素反応器』といいます。
    これもなかなかに難しい話をされているのでミスリードしていたら申し訳ないんですけど、SOCさんもご存じの水素キャリアを用いて運搬・貯蔵をする仕組みである『有機ケミカルハイドライド法』を使います。

    使うのはトルエン☆

    トルエン×水素=MCH(メチルシクロヘキサン)
    ↑そう!!山王の説明資料に書いてあるこちらMCHになります!※思惑が膨らみますよね?w

    千代田化工のやつは山王が『うちの技術で小型化できるんだぜ!!!』って言ってるやつをさらに大型のままさらに強力にしたものだと自分は解釈しています

    初期投資や維持費は高いんでしょうが、分離する力は大型ゆえにきっと強いので需要があると思われます。
    しかし、水素の純度が98%程度だと考えられるのできっとお客さんになるんじゃないでしょうか?



    >*メッキ法でパラジウムの水素透過膜技術も「世界初」かと思う(IRにご確認ください)
    ↑これは自分も当社として知る限りは世界初と以前確認しています。

    >*田中貴金属等、他の透過膜を作っている会社はスパッター法で成膜
    ↑自分はこれは知らないです。
    ぜひ詳しい情報を頂きたいです!!


    やっとこのマニアックな中身の話ができて楽しい限りです☆

  • ↓今朝の朝刊

     …『1年後の日本株が上昇すると答えた投資家の割合は80%で、米国株(73%)や欧州株(40%)、新興国株(32%)を上回った。』

    ※証券会社の株式運用担当や機関投資家を対象に調査した。調査期間は11月29日~12月1日で、回答数は159人だった。

    このうち、不動産、建設は強気のご様子。

    次の決算が出るまでに出遅れ不動産、建設銘柄
    としての注目が集まるんではないかい?

    ホテル事業のPRもっとしてほしいなぁ!

    インバウンドが、また騒がれる(笑)

  • >>No. 78

    自分もですけど、socさんもかなり山王に入れ込んでますよね!!

    山王を見つけてから水素に関しての可能性、ポテンシャル、優位性、課題、原理などについて調べてるわけなんですけど、今のところお世辞抜きで山王の水素透過膜に勝てるやつは見てないんですよね!
    あれば知りたい!

    千代田化工建設のやつも近いことやってるけど、あっちのはどうも水素効率が使ってると悪化してくるみたいだし、今日の住友のやつも能力的に比較しても劣る。

    NEDOとFREAはどっちが上位だと思います?

    一応NEDOが千代田化工建設

    FREAが山王ですけど…

  • >>No. 73

    同じく同意ですね!

    今日の産業新聞に投稿したものとは別に↓のがありました。

    『住友電気工業と芝浦工業大学の研究グループは、混合ガスから水素を従来比10倍の効率で透過させる膜を開発した。』

    一瞬

    (;゚д゚)ェ…

    ってなりましたが、内容を読みすすめていくと、『厚さ1~2ミリメートルのシリカ基材上に、数マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルの薄さのゼオライトの結晶を形成した。ゼオライト膜の穴は直径約0.5ナノ(ナノは10億分の1)メートルで、同約0.3ナノメートルの水素が通過できる。』

    材料がパラジウムでない分、レアメタルの材料供給リスクはないのが利点ですが、

    住友→厚みが1〜2ミリ
    山王→厚み10ミクロン以下(住友の100〜200分の1)

    ↑一概には判断出来ませんが、恐らく水素透過性は山王のが遥かに上

    住友→0.3ナノメートルの水素透過OK!
    山王→水素原子にして透過させてから分子に変える

    ↑の部分はマニアック過ぎて推測に過ぎませんが、自分の勉強したまとめとしては水素分子のサイズは0.12ナノメートル(状態によってサイズは変わる)であり、水素透過膜の原理はパラジウムなど水素吸蔵金属の結晶構造の中を水素分子から原子にバラして、抜けた後に分子に戻す方式。

    よって山王の技術なら水素原子(0.6ナノメートル以下)の透過のみとなる。

    よって透過性も山王が優位と推測できる。

    あくまで推測の域は出ませんが、他の水素キャリアからバラすことはお手のもののはずでしょう!

  • >>No. 71

    ー記事の続きー

     そのため19年に向けて大幅なコストダウンを進め、価格を80万円程度まで引き下げる方針だという。菱沼氏は「量産効果や自動車などにも使われている部材の共用化、さらに設置工事の効率化でコスト削減を進める」と語る。80万円程度になれば10年未満でほぼ投資を回収できるという。

     さらなる課題は省スペース化だ。エネファームは燃料電池ユニットと貯水ユニット、バックアップ熱源機から構成される。高さは1メートル75センチメートル。点検できるよう周囲にゆとりを持たせて設置する必要もある。例えばマンションの場合は、通路の確保など設置スペースの制約から導入できない可能性もあるのだ。

     パナソニックと連携してマンション向けに設置しやすい新製品も発売した。また、住宅メーカーとも設置場所などを協議。点検を簡素化して設置スペースを小さくすることも進めるという。


    っていう記事が上がってた!

    産総研のホームページってみんな確認した?
    http://www.aist.go.jp/fukushima/

    ↑産総研→略式名称FREA『フレア』
    中々にかっこ良く言ったなと(笑)

    色々と価値のある情報が載ってるのでチェックすべし!!

  • ↓本日出ていた新聞の記事

     東京ガスが家庭用燃料電池「エネファーム」の普及を進めている。自宅で発電し、発生した熱を給湯に活用できる環境性に加え、光熱費の削減にもつながる。2009年の発売以来順調に販売台数を増やしてきたが、さらなる普及には150万円以上する本体価格の低減など課題は多い。燃料電池事業推進部長の菱沼祐一氏(58)は価格低減と省スペース化がカギを握ると強調する。

     東ガスのエネファームの累計販売台数は10月に7万台を突破した。全国で20万台程度が売れているが、東ガス1社で3割以上を世に出した計算だ。16年度は1万8600台の販売を目指す。

     エネファームは都市ガスから取りだした水素と空気中の酸素を化学反応させて発電する仕組み。さらに発電時に発生する熱を使ってお湯をつくる家庭のコージェネレーション(熱電併給)設備だ。菱沼氏はエネファームの強みを「これまで通りの生活をしていても省エネできる」と紹介する。



     大規模な火力発電所から家庭に送電する場合、発電で発生する熱は活用できないうえに、送電時にもエネルギーを失ってしまう。そのため天然ガスや石油など1次エネルギーの利用率は37%にとどまる。一方エネファームは熱を活用し送電ロスもないため利用率は85.8%に上る。年間二酸化炭素(CO2)削減量も約1.2トンで、ガソリン車からハイブリッド車に替えて年間1万キロ走るよりも6割多い量だ。

     電力会社から購入する電気も減るため、家庭により異なるが東ガスの試算(延べ床面積120m2の戸建て、4人家族)では年間の光熱費は5万~6万円削減できる。

     メリットは大きいが、目標とする「20年度までに累計販売台数30万台」の進捗率は20%強。壁となっているのが価格だ。

     発売当初と比べると半額になったが、現在の価格は160万円程度だ。環境性は高いが光熱費削減額と比較すると金銭面でメリットが出にくい。

  • 株価のお話しもいいですが、肝心の技術と今後の世界テーマについてのお話しをしませんか?

    ってことで!

    12月8日木曜〜12月10土曜開催の『エコプロダクツ2016』

    に行かれる方いませんか?

    自分は仕事の都合上金曜日の夜行バスで土曜日のエコプロに水素透過膜と銀ナノをこの目で見にいきますよ(≧∇≦)ノ

    他に行かれる方居ませんか?

    https://eco-pro.biz/exhibitor/index/EP/ja

  • >>No. 782

    いえいえ恐縮です!

    それににしてもシード平和の出来高増えましたね!!

    日経も上がってきて、外国人が1兆円以上日本株買い越ししてきて地合いはかなり好転してます。
    円安基調になったらまたインバウンドも盛り上がってくるし、ホテル事業を手掛け始めて実績が付けば次の案件も舞い込むだろうしでウハウハですね(笑)

  • >>No. 779

    順調に行ってくれるといいですね!!

    そういえば、こんなの出てましたよ!

    まあ、分かり切ってることを言ってるだけですが(笑)
    近くまた1300円も超えていくでしょう(笑)

  • 今日の産業新聞朝刊に

    『乗用車は電気自動車(EV)か」「トラック輸送は航続距離が必要だから水素か」といった議論が交わされた』

    …とさ。

    何気に乗用車よりトラックのが需要あるのかもだね!

  • やっぱりここくらいの株価にはすんなり帰ってきましたね!

    枚数増やせて良かったです(⌒_⌒)

    よっぽど下値は固めたでしょうからここからジリアゲ展開に期待してます!

  • 分割おめ!!

    やっと流動性アップしますね!!

    流石に分割IRだけでは終わらないと思います(笑)
    IR会社とも絡んでる訳だし、+αをこの後点火剤として追加してくると期待してます!

  • 今日の朝刊↓


    新日本建設、好調マンションに盲点
    産業新聞 総合(3ページ)
    2016/11/16 2:30
     ゼネコン(総合建設会社)のマンション事業の利益率は、1ケタ後半なら御の字と言われる。ところが、千葉県が地盤の新日本建設の同事業(セグメント情報では開発事業)は、2016年4~9月期に30%の利益率を出した。同期の連結決算は純利益が前年同期比3.6倍の78億円となり、17年3月期通期でも前期比48%増の111億円と過去最高の見通しだ。

     高収益の秘密は、建設会社とデベロッパーの役割を兼ねた独自のビジネスモデルにある。土地仕入れから工事、開発、販売まで手がけ、無駄を削る。例えば、マンション販売で一般的なモデルルームをほとんど作らず、プレハブ作りの時間とコストをカットする。

     工事から販売までの時間を短縮すれば事業計画も臨機応変となる。物件を見学した人が物件を契約する「歩留まり率」は2割超で、一般のマンションで目安とされる10%強を大きく上回る。




    らしいとのことだけど、シード平和の記事ではないけど、ものすごく被る部分を感じた!

    シード平和もまだまだPRが足らないな!

  • >>No. 771

    おかえりなさいませw

    回転大成功ですね!これ以上押すのは中々難しいんじゃないかと考えて自分は買いを刻んで入れてますw

    にしても11月8日から出来高が凄まじく増えていて非常に好ましい限りです!!

    今日も57500株!
    9月は一日に300株とかの出来高だったのにも関わらずすさまじい増加量です!
    誰が売買してるんだろ?どっか入ってるかな?
    有価証券報告書に載ってるゴールドマンか?

  • >>No. 765

    日足で行くと、現在価格で

    5日線で1258円
    25日線で1176円
    75日線で1037円

    ですね!

    自分としては25日線より↓は次の決算までの三ヶ月以内に+になる公算で、75日線が底値だと考えています(^O^)/

    とはいえ、株価は相場に聞くしか無いですから、気長に下値を拾いつつシード平和に期待ですね!!

  • >>No. 765

    現在価格でいくと、13週線で1060円

    26週線で981円ですね!


    > ここは将来性に期待しても次の買場は13週線に触れる辺り
    > 更に26週線に触れる時は追撃買いが理想です。
    > チャートを診る限り期待が持てますが当面は戻り売りの圧迫が続きます。

  • >>No. 751

    ここのホルダーであればおおかたそのような答えなり見解になると思うんです。

    気になるのは昨日の日経爆上げの時はアルゴ君がとても元気だったこと(買いも売りも300株単位で動いていたのを確認)と出来高です。

    トランプショックの日の出来高35800株
    トランポノミクスなる爆上げ日の出来高は12900株
    決算暴落の今日の出来高はその二日間をはるかに上回る112700株

    しかも今日のVWAPは1174円と直近から見ればかなりの安値であること。
    ※本日引けでの25日平均線が1172円なのでとてもお買い得です。


    株価の暴落時と暴騰時は出来高の急増が起こります。そして株価形成において信用で買っている人が維持率悪化のために持ち株を投げ売る⇒ナンピン買いをした株の評価損でさらに投げ売りが出る⇒長期低迷の株価形成

    に繋がるよくあるケースです。

    では、信用買い残は最近増えていたのか?答えはノーだと考えています。

    9月末に株式が二分割されたので信用買い残も現在9月末以前と比較して二倍になっているので見比べづらいですが、
    直近の現在が113100株
    7月頭がもっとも少なくて分割後ベースで61600株
    中期経営計画を発表した8月末から増加して現在とほぼ同水準の106600株

    9月に入ってから信用買い残は変化していないのに株価だけが950円⇒1454円まで上昇した。
    現物で買いあがる大口が参入したのか、ホルダーの面々が安値で売らなくなったから買いあがるしかなくなった。

    そのどちらか、もしくは両方の要因が株価の急騰につながったと考えています。

    ここで、もう一度今日の株価の暴落と出来高に注目してみると、1050の沼という表現があったようにあの価格で売り物も多く出ていたし、板も10円程度でしか上下に動かなかった(いつもなら30円とかの乖離がある)

    『ここがこんな動き方をするのはおかしい』
    と勝手に思っている次第です・

    自分としては今日は最高の押し目だとしか思えなかったので自分としてはかなり買わせていただきました。
    自分の読み通りご本尊がいるなら足元にも及ばない枚数ですがwww

    以上が自分の所感ですが、皆さんはどう思います?これは自分の妄想でしょうか?

  • >>No. 746

    返信ありがとうございます!

    素晴らしい回答だと思います!

    ⑤以外の全てが今日の下落の要因であり、その中でも①が最も影響度が高いと考えています。
    次が③ですね!

    とはいえ、決算報告の文章にもありましたが…
    『建設事業及びマンション分譲事業売上高の計上時期が翌四半期以降に集中しているため…』
    そして『前年同期比で利益が大きく減少してる理由は第三四半期以降のマンション広告代です』
    『売上、利益共に概ね当初の計画通りです』


    としっかりと書かれています。

    あのトランプショックの日には日経300円くらい下げても+100円程度、引けでも1300円で持ちこたえ、翌日の日経爆上げの時に利確の雰囲気の値動き、そして決算通過で暴落。

    流れに無理があると思いませんか?

    あのトランプショックの時に大暴落せずに、決算報告書に書いてある文章を無視して暴落する。

    ホントに?ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

  • さて、ここは現在ストップ安手前まで売られている訳ですが、なぜでしょうか?

    ①第一四半期の業績が悪かったから

    ②テクニカル的に天井で調整するタイミングだったから

    ③誰かが意図して仕掛けてるから

    ④大衆心理で売りが売りを呼んだから

    ⑤そもそもここがここまで株価が上がってたのがおかしかった

    どれだとおもいますか?

  • >>No. 732

    素晴らしいタイミングで利確されましたね!!

    再度入る時はまた遠慮なくコメント下さいね!

    自分はこの下落で追撃買いをしています(笑)

本文はここまでです このページの先頭へ