ここから本文です

投稿コメント一覧 (11コメント)

  • No.721

    強く買いたい

    【津波避難は自転車で】 …

    2016/11/22 19:55

    【津波避難は自転車で】

     11月22日早朝に発生した、福島県沖を震源とする地震。福島県、宮城県で津波警報が出され、住民らは避難に追われました。車による避難で渋滞が発生し高台にたどり着けない事例が多く発生しました。
     避難には自転車が有効な移動手段です。車と比べ道路に対する占有面積が小さいため、渋滞は起きにくいです。車が渋滞していても間をすり抜けることが出来ます。車では入って行けないような細い道も利用できます。自転車は、とても合理的で現実的な避難手段です。多くの自治体で、徒歩や自転車での避難を呼びかけています。
    自転車が再認識され、売り上げ急増が期待されます。

  • 2016/11/17 16:03

    【Morgan Stanley & Co. 15日に空売りの買戻しを開始】
    そろそろ株価も底でしょうか
             空売り残  マイナスは買戻し
    2016/11/15、1,082,492株、-120,471株
    2016/10/20、1,202,963株、1,202,963株
    2016/9/20、     0株、-1,031,092株、ポジション解消

  • 欧州系大手証券会社が11月17日、アルバック<6728>のレーティングを強気(アウトパフォーム)に据え置いた。一方、目標株価は3,540円から4,150円に引き上げた。

  • 2016/11/16 20:53

    【業績上振れ】
    通期経常利益予想
    会社18,000百万円⇒「コンセンサス」1週間前20,633百万円⇒現在22,900百万円

  • 2016/11/13 11:20

    【日本経済新聞も好業績を報道】 2016/11/11 23:16
     『アルバックの7~9月、純利益56%増の50億円』
     アルバックが11日に発表した2016年7~9月期の連結決算は、純利益が前年同期比56%増の50億円だった。中国向けに利益率が高い液晶パネル製造装置や有機ELパネル製造装置が好調だった。売上高は前年同期並みの500億円だった。
     中国メーカーはテレビなどに使う大型パネルの工場を相次ぎ立ち上げている。薄膜の形成工程で使う真空蒸着装置が伸びた。自動車部品など産業用部材の製造装置は伸び悩んだ。

  • No.561

    強く買いたい

    JCR、TISの格付け見通しを…

    2016/11/12 18:08

    JCR、TISの格付け見通しを「安定的」から「ポジティブ」に変更

    17/3 期は売上高3,900 億円(前期比1.9%増)、営業利益265 億円(同8.4%増)を計画している。金融、
    公共分野の大型開発案件やエネルギー分野での好調な受注、データセンター事業などでのコスト削減効果
    が寄与し、6 期連続で増収営業増益となる見通しである。増益基調で推移する一方、毎期一定規模の不採
    算案件が発生しており、抑制が課題となっている。今後、リスク管理の高度化などにより不採算案件を適
    切にコントロールできるか注視していく。16 年9 月末の自己資本比率は58.4%と良好な水準にある。今
    後の設備投資などは営業キャッシュフローの範囲内に収まる見通しであり、財務内容の良化はさらに進む
    と考えている。

  • 2016/11/12 15:19

    自転車シェアリングサービス事業におけるソフトバンクグループとの事業提携について

    当社は、この度OpenStreet株式会社およびソフトバンク株式会社と、自転車シェアリングサービス事業において事業提携をいたしました。
    本事業提携により、当社はOpenStreetとソフトバンクが提供する自転車シェアリングシステム「HELLO CYCLING」を活用して自転車シェアリングサービスを運営する事業者に対して、自転車の提供やメンテナンスを実施します。
    当社は、「HELLO CYCLING」を活用した自転車シェアリングサービスの普及を推進してまいります。

  • 2016/11/08 07:05

    前日に「買われた株!」総ザライ (1) ―本日につながる期待株は?―
    平田機工 <6258> が急反発したほか、保土谷化学工業 <4112> 、アルバック <6728> 、日新電機 <6641> など有機EL分野に経営資源を傾注する銘柄に買いが集まった。韓国サムスン、LGに猛追をかける形で中国のパネルメーカー東方科技集団(BOE)や華星光電(CSOT)など大手が、有機EL関連投資を一気に積極化させるとの観測が一部で報じられ、これが手掛かり材料となって投機資金の食指を動かした。平田機工は 製造装置メーカー向け真空チャンバーの受託製造事業を展開、日新電機は有機EL向けイオン注入装置を手掛ける。アルバックは薄型ディスプレー製造装置メーカーとして中国向けで高実績を有するほか、保土谷化は国内で正孔輸送材、韓国子会社で発光材料を生産するなど有機EL材料を展開し注目されている。

  • 2016/11/04 09:23

    【みずほ銀行が大量買い】
    10月21日付け大量保有報告書
    みずほ銀行が有望と見込み大量買い、大株主として登場。保有比率6.60%、5,790,914株。

  • 2016/10/20 21:34

    >>No. 661

    大量保有報告書を見ると東京海上アセットメントは、「あさひ」の有望性に着目して株を買い集めているようです。
    6月17日、保有比率5.35%で大株主として登場。
    10月20日、5.35%⇒5.77%に買い増し

  • 2016/09/23 17:10

    >>No. 575

    【機関投資家が大量に買っています】

    先に報告していただいた通り、最近の大量保有報告書で、機関投資家が
    大量に買っているのが判ります。期待できそうです。

    9月23日報告、三井信託銀行が保有比率、5.56%⇒6.40%
    9月20日報告、三菱UFJフィナンシャル・グループ、- ⇒5.16%、5%以上取得で初登場

本文はここまでです このページの先頭へ