ここから本文です

投稿コメント一覧 (523コメント)

  • 頑張れみずほ銀行上昇気流に乗れ宜しくお願い致します。

  • 頑張れジオネクスト上昇よろしくお願い・( ^ω^)・・・

  • 頑張れシンバイオ上昇よろしくお願いし( ^ω^)・・・

  • 何か漏れているかも・( ^ω^)・・・

  • 来年もシンバイオ上昇よろしくお願いします。

  • 連結子会社(エリアエナジー)が経済産業省資源エネルギー庁の設備認定を
    受けて発電所を建設し固定価格買取制度に基づき発電電力を買取してもらい
    ジオネクストは連結子会社(エリヤエナジー)が再生可能エネルギー事業を
    運営し安定的に売却益を確保できると詳しく書いていますか?・( ^ω^)・・・
    上げ⤴上げ⤴上げ⤴上げ⤴

  • 連結子会社(エリアエナジー)が経済産業省資源エネルギー庁の設備認定を
    受けて発電所を建設し固定価格買取制度に基づき発電電力を買取してもらい
    ジオネクストは連結子会社(エリヤエナジー)が再生可能エネルギー事業を
    運営し安定的に売却益を確保できると詳しく書いていますか?・( ^ω^)・・・
    アゲアゲジオネクスト

  • 来年頑張れシンバイオ上昇よろしくお願いします・( ^ω^)・・・

  • 連結子会社(エリアエナジー)が経済産業省資源エネルギー庁の設備認定を
    受けて発電所を建設し固定価格買取制度に基づき発電電力を買取してもらい
    ジオネクストは連結子会社(エリヤエナジー)が再生可能エネルギー事業を
    運営し安定的に売却益を確保できると詳しく書いていますか?・( ^ω^)・・・

  • これから、太陽光発電が見直されるとサテライズで話してました。
    上がれえばいいな~~頑張れジオネクスト上昇よろしくお願いします。

  • 頑張れジオネクスト上昇よろしくお願い( ^ω^)・・・

  • 【太陽光発電時代が来たぁ~⤴~⤴~⤴】
    <太陽光パネル>道路に埋め発電、欧米で試み始動
    毎日新聞 12/24(土) 19:27配信
     【ワシントン清水憲司】道路に太陽光発電パネルを埋め込んで発電する試みが、欧州や米国で始動した。公有地の有効活用で温室効果ガスの削減につながるほか、冬季には、電気で道路を温めて除雪の手間やコストを省くことも可能だ。
     フランス北部ノルマンディーで22日、長さ1キロにわたって太陽光発電パネルを敷き詰めた車道が開通した。発電単位のワットと道路を意味する言葉を組み合わせて「ワットウエー」と名付けたシステムで、約5000本分の街灯をともせる。自転車道や歩道での事例はあるが、車道での本格実施は世界初。欧米メディアによると、表面を何層もの樹脂で覆い、トラックの重量にも耐えられる。
     仏政府はワットウエーの総延長を1000キロに拡大し、最大500万人分が使う電力を生み出す計画だ。システムを開発した仏建設会社コーラスは、日本や米国、カナダなどでも試験事業を行う方針という。
    タイタンさん、ありがとうグッドです。

  • 【太陽光発電時代が来たぁ~⤴~⤴~⤴】
    <太陽光パネル>道路に埋め発電、欧米で試み始動
    毎日新聞 12/24(土) 19:27配信
     【ワシントン清水憲司】道路に太陽光発電パネルを埋め込んで発電する試みが、欧州や米国で始動した。公有地の有効活用で温室効果ガスの削減につながるほか、冬季には、電気で道路を温めて除雪の手間やコストを省くことも可能だ。
     フランス北部ノルマンディーで22日、長さ1キロにわたって太陽光発電パネルを敷き詰めた車道が開通した。発電単位のワットと道路を意味する言葉を組み合わせて「ワットウエー」と名付けたシステムで、約5000本分の街灯をともせる。自転車道や歩道での事例はあるが、車道での本格実施は世界初。欧米メディアによると、表面を何層もの樹脂で覆い、トラックの重量にも耐えられる。
     仏政府はワットウエーの総延長を1000キロに拡大し、最大500万人分が使う電力を生み出す計画だ。システムを開発した仏建設会社コーラスは、日本や米国、カナダなどでも試験事業を行う方針という。
    タイタンさん、ありがとうグッドです。

  • 【太陽光発電時代が来たぁ~⤴~⤴~⤴】
    <太陽光パネル>道路に埋め発電、欧米で試み始動
    毎日新聞 12/24(土) 19:27配信
     【ワシントン清水憲司】道路に太陽光発電パネルを埋め込んで発電する試みが、欧州や米国で始動した。公有地の有効活用で温室効果ガスの削減につながるほか、冬季には、電気で道路を温めて除雪の手間やコストを省くことも可能だ。
     フランス北部ノルマンディーで22日、長さ1キロにわたって太陽光発電パネルを敷き詰めた車道が開通した。発電単位のワットと道路を意味する言葉を組み合わせて「ワットウエー」と名付けたシステムで、約5000本分の街灯をともせる。自転車道や歩道での事例はあるが、車道での本格実施は世界初。欧米メディアによると、表面を何層もの樹脂で覆い、トラックの重量にも耐えられる。
     仏政府はワットウエーの総延長を1000キロに拡大し、最大500万人分が使う電力を生み出す計画だ。システムを開発した仏建設会社コーラスは、日本や米国、カナダなどでも試験事業を行う方針という。
    タイタンさん、ありがとうグッドです。

  • 【太陽光発電時代が来たぁ~⤴~⤴~⤴】
    <太陽光パネル>道路に埋め発電、欧米で試み始動
    毎日新聞 12/24(土) 19:27配信
     【ワシントン清水憲司】道路に太陽光発電パネルを埋め込んで発電する試みが、欧州や米国で始動した。公有地の有効活用で温室効果ガスの削減につながるほか、冬季には、電気で道路を温めて除雪の手間やコストを省くことも可能だ。
     フランス北部ノルマンディーで22日、長さ1キロにわたって太陽光発電パネルを敷き詰めた車道が開通した。発電単位のワットと道路を意味する言葉を組み合わせて「ワットウエー」と名付けたシステムで、約5000本分の街灯をともせる。自転車道や歩道での事例はあるが、車道での本格実施は世界初。欧米メディアによると、表面を何層もの樹脂で覆い、トラックの重量にも耐えられる。
     仏政府はワットウエーの総延長を1000キロに拡大し、最大500万人分が使う電力を生み出す計画だ。システムを開発した仏建設会社コーラスは、日本や米国、カナダなどでも試験事業を行う方針という。
    タイタンさん、ありがとうグッドです。

  • 【太陽光発電時代が来たぁ~⤴~⤴~⤴】
    <太陽光パネル>道路に埋め発電、欧米で試み始動
    毎日新聞 12/24(土) 19:27配信
     【ワシントン清水憲司】道路に太陽光発電パネルを埋め込んで発電する試みが、欧州や米国で始動した。公有地の有効活用で温室効果ガスの削減につながるほか、冬季には、電気で道路を温めて除雪の手間やコストを省くことも可能だ。
     フランス北部ノルマンディーで22日、長さ1キロにわたって太陽光発電パネルを敷き詰めた車道が開通した。発電単位のワットと道路を意味する言葉を組み合わせて「ワットウエー」と名付けたシステムで、約5000本分の街灯をともせる。自転車道や歩道での事例はあるが、車道での本格実施は世界初。欧米メディアによると、表面を何層もの樹脂で覆い、トラックの重量にも耐えられる。
     仏政府はワットウエーの総延長を1000キロに拡大し、最大500万人分が使う電力を生み出す計画だ。システムを開発した仏建設会社コーラスは、日本や米国、カナダなどでも試験事業を行う方針という。
    タイタンさん、ありがとうグッドです。

  • 【太陽光発電時代が来たぁ~⤴~⤴~⤴】
    <太陽光パネル>道路に埋め発電、欧米で試み始動
    毎日新聞 12/24(土) 19:27配信
     【ワシントン清水憲司】道路に太陽光発電パネルを埋め込んで発電する試みが、欧州や米国で始動した。公有地の有効活用で温室効果ガスの削減につながるほか、冬季には、電気で道路を温めて除雪の手間やコストを省くことも可能だ。
     フランス北部ノルマンディーで22日、長さ1キロにわたって太陽光発電パネルを敷き詰めた車道が開通した。発電単位のワットと道路を意味する言葉を組み合わせて「ワットウエー」と名付けたシステムで、約5000本分の街灯をともせる。自転車道や歩道での事例はあるが、車道での本格実施は世界初。欧米メディアによると、表面を何層もの樹脂で覆い、トラックの重量にも耐えられる。
     仏政府はワットウエーの総延長を1000キロに拡大し、最大500万人分が使う電力を生み出す計画だ。システムを開発した仏建設会社コーラスは、日本や米国、カナダなどでも試験事業を行う方針という。
    タイタンさん、ありがとうグッドです。

  • 【太陽光発電時代が来たぁ~⤴~⤴~⤴】
    <太陽光パネル>道路に埋め発電、欧米で試み始動
    毎日新聞 12/24(土) 19:27配信
     【ワシントン清水憲司】道路に太陽光発電パネルを埋め込んで発電する試みが、欧州や米国で始動した。公有地の有効活用で温室効果ガスの削減につながるほか、冬季には、電気で道路を温めて除雪の手間やコストを省くことも可能だ。
     フランス北部ノルマンディーで22日、長さ1キロにわたって太陽光発電パネルを敷き詰めた車道が開通した。発電単位のワットと道路を意味する言葉を組み合わせて「ワットウエー」と名付けたシステムで、約5000本分の街灯をともせる。自転車道や歩道での事例はあるが、車道での本格実施は世界初。欧米メディアによると、表面を何層もの樹脂で覆い、トラックの重量にも耐えられる。
     仏政府はワットウエーの総延長を1000キロに拡大し、最大500万人分が使う電力を生み出す計画だ。システムを開発した仏建設会社コーラスは、日本や米国、カナダなどでも試験事業を行う方針という。
    タイタンさん、ありがとうグッドです。

  • 明日が楽しみ( ^ω^)・・・

本文はここまでです このページの先頭へ