ここから本文です

投稿コメント一覧 (185コメント)

  • >>No. 308

    これは仰る通り。困ったことはNEC首脳は何を新たな事業の柱とすべきかが数年に渡り模索するも模索だけに終始し
    決定も結論を出せないことだ。海外売上高比率もここ数年変化なし、どう手を打つべきか考えるだけの始末。
    ともかくマイナスの経営は得意だが、加算の経営が出来ない。経営者がサラリーマン型社長でカリスマ性ないとまず、期待出来ないのかもしれない。日本国内だけではじり貧は必至。その国内でシェアと存在感低下は著しい。官需依存の成功体験の甘き夢みし世界が忘れないのだろう。その度に不祥事を起こし、売上を減らし、体力を落とし、株価を下げている。企業買収等積極経営こそ活路と確信するが、NEC首脳現有布陣では不可能ではないか。精気が感じられない。
    沈みゆく船のごとしだ。

  • >>No. 304

    去年より業績悪くても、株価的には甘くしたい?
    わからんでもないが、信じたい気持ちと事実は混同しないことの方が大事と思う。

  • KDDI可視透光アンテナの開発 なんて、本来NECの役割ではないのか。
    画期的なものが開発出来ないNECに対してKDDI,NTT他が不満を持っているのではないか?
    この分野でトップシェアベンダーだなんて、うかうかしているとトップの座から転げ落ちかねない緊張感がNECには欲しいものだ。低株価が実体を示している。

  • ① NECは中計に基づき経営活動しているが、それがかえって自縄自縛にならないのか。
      何故かならば、中計自体真に部門内で末端まで浸透したものなのか極めて怪しいと思わざるを得ないからだ。
      出なければ達成率、利益率かい離 共にこんなに差は出ない。一部の人の作った資料としか思えない。
    ➁ 現実的な注文も無いのに何故人工衛星発射台体制強化に多額の費用を掛けたのか。注文があったればこその
      受注増に応じての行動ならわかるが、見越し生産で体制を整えても注文が無ければ原価が上がるだけのこと     だ。あきらかに失態だ。
    ➂ 必要な投資は緩めない、と仰るが 今期は投資らしい投資を未だに何もしていない。
    ④ M&Aを考える、というが これでは考えるだけで終わるに違いない。 そしてこの姿勢が富士通との差なのだ。
      株価にそのまま反映している。
    ⑤ 構造改革は終わった、と理解すべきか未達なのか?
      終わったなら販売増対策に舵を切るべきだ。ならば
      国内外企業に対する出資買収をさっさとやるしかない。
    ⑥ NECグループで上場していて経営余力ある企業は能力に応じて企業買収等すべきだ。連結利益を増やすためだ。

  • 2/17日経朝刊によれば データサイエンストの育成が日本は先進国で最も遅れている由だ。AI,IOT関連の人材確保が今後趨勢的に困難になると予測されている。米中印露ブラジルの順で国家政策的に人材育成を進めているが、この分野でも周回遅れだ。日本の役人は言われないと何もしないということが、よくわかる。
    世界でかアメリカでかは不明だが2018年までに14-19万人不足すると試算している。
    事実ならNECがどんな立派な事業計画立てても、人が確保出来なければ何も出来ないことになる。

  • >>No. 210

    期待はわかるがNECは立て続けに談合で公取検査が二件入っている異常事態。中部電力は予兆管理の本命 顧客先に対し信頼を無くした訳だから、影響は大きい。しかも独禁法に触れているから深刻だ、これは企業の体力を徐々に無くすのだ。信頼を作るのに何年もかかるが、無くすのは一瞬だ。今期決算は厳しいし来期も厳しくならざるを得ない。
    如何せん、会社新首脳部が企業買収も出資も無ければ営業強化にも売上アップにもならない。利益率確保の為の方策も未着手だ。

  • 独禁法違反や官庁がらみの不祥事に事欠かないNEC。
    毎年まとめる決算報告にはコンプライアンスを当社は重視する、とは書かないようにすることが、株主に対する
    現状での誠意である。

  • NECの危険予兆管理は今回のアメリカのダム決壊事故に際し、本来この仕組みが配置されていたなら有効なシグナルを発出していた、として協力にアメリカに売り込みを図っているのだろうか。
    只NECがこのシステムを発表して以来同業他社も真似したものを発表している。
    それ故 営業展開が如何にスピードが重要かだ。一度実績を作れば知名度もあがるからだ。

  • 村田製作所はタイでIOTを活用した交通情報サービスを販売するという。交通状態や気象データを集め、データを販売するという。思うに、こういう事こそNECが先駆者たるべきでなかったか?
    只 NECには営業開発力というか、造注力がどの程度あるのか疑問に思う。
    官需依存のツケなのかとさえ思う。只アジアは各国事情によりニーズがあるから、NECはもっと受注を確保出来るはずだ、その割に少ないのはやはり 問題点があるのだと思う。コストだけでなく、相手の求める品質の管理も大切だ。
    その分正しい現地化が進んでいないことになる。

  • 国内企業出資 ムサシ グローリー 等は専門特化しておりねらい目では。

  • マーケットでの人気の圏外
    土日の日経新聞のNEC記事出現度
    この 二点からNECの週間展望短期見通しが見当つく。 土日の活躍度がパナ日立東芝に比して圧倒的に少ない。
    世界五大営業体制なんて 掛け声だけの証左になっている。世界展開が順調なら眠らない企業になっている。
    現状週二回しっかり眠っている。

  • ARMを買収したソフトバンク孫正義をNECは見習ってほしいもんだ。
    目の付け所、決断力、積極果敢性、事業に対する将来見通し分析能力、実行力どれを取ってもサラリーマン社長では無理か?
    企業価値は一気に上がった、その手法は参考にすべきだが、NECは手をこまねいているだけだけでは、何も生まれない。

  • 逆境下にあるシャープですら液晶に投資するという。
    今年度サイバー攻撃過去最高という。
    NECはサイバーに活路を見出すべしだ。ならばその方面を積極的に買収、出資すべきだ。
    何もしないのは企業の死だ。

  • 宇宙ゴミでNECの存在感は如何に問うと、結局NECは割高なコストがネックになっている。競争力がないのはそれ故だ。川重が専用の小型衛星を打ち上げるという。そして富士通の解析システムが利用されるという。
    無論NECは地上レーダーで協力するという。でも本命は小型だろうと衛星、しかもデブリ問題を解決しうるものだ。
    ここは火事場の馬鹿力を発揮して欲しいものだ。

  • NECは今度 社長を選ぶとき内部からしたってろくなことは何もない。
    住友グループから呼ぶとかして外部の目線を入れない限り、大胆な戦略なんて出来っこない。
    企業買収や合弁何一つ出来ずに立ち往生。まっ6か月を目途に結果が出ないなら、さっさと戦略を練り直さないと
    NECは本当に埋没する。

  • NEは中部電力と共同でデータセンターを構築運用の取り組みをしたらいい。

  • かってNECの談合が業績に軽微に済んだ例はない。
    その為 以後の経営者はコンプライアンスを尊重しと枕詞を必ず決算書に入れるようになった。
    数年に一度は、談合に加わるNECの談合。今後もしっかり続けるのは覚悟しかない。

  • 浅き夢みしのう足りん  
    現実に目をつぶり、願望や妄想ばかりで脳内株価を醸成するなら、株式は買う必要なんてなく、頭上オペで充分。

  • 永年 NEC株を見てきた貴兄に問う。
    NECは そろそろ問題は無くなり上昇局面に向け、期待していると、前回にも入札談合による暴落があった。期末決算時 社長が今後はコンプライアンス経営に徹して>>>>>と訴えて業務改善、機構改革を約束したはずだが、
    ありゃなんだったのか? NECには そういう経緯の説明なく シラーっとしたままだ。
    そして 今回の問題だ。
    企業は社会の公器というが、このままではNECは社会の凶器のままではないか。
    社会の信認が得られない為格下げされ、株価が落ちたのだ。
    その責任を何も取らないことに怒りを覚える。投稿されている人は安直な上澄みを求めているようだが、そんなものは
    当分は画餅だよ。防衛関連で不祥事起こしといて そこから受注を期待する株主も可笑しいもんだ。
    又5GがNECがNO1って何の根拠か。過当競争下の問題だろ。そんなことは相対的な問題に過ぎない。

  • NECは国内海外共に営業受注力が弱い。営業受注力が弱ければ利益率が低下するのは当然だ。
    その理由の一因は業務分野の狭い処に競合が多いからだ。
    企業買収 統合が必要なのはNECが比較優位に立つために必要なことだ。
    只 その為には 中計が出鱈目だと予実管理にならない。中計は事業部門毎に作成しているのだろうが、にしても精度が低すぎる。こんなのでは、よく他社に経営関係のシステムを販売できるものだと不思議に思う。

本文はここまでです このページの先頭へ