ここから本文です

投稿コメント一覧 (1535コメント)

  • くまさん、ホテルでゆっくりのようですね。

    都内の路線バスは安全換呼をしながら運転操作をしているので好感をもっていたのですがタクシーではまだマナーが良くないこともあるようですね。

    農経しんぽうでイセキとヤンマーの協業をすすめるとか、折しも資材屋さんに頼んだモーターのカーボンブラシが特定ユーザー以外には販売しないということでまた、別なルートでの入手を依頼しました。最後は息子にその手のルートが無いか聞いてみるつもりです。

    いくら性能が良い製品でもメインテナンスでつまづくようでは良い製品という評価は得られないと思うのですがイセキの部品単価が他のメーカーの2倍と言われているのが少しでも改善されることを期待しています。

  • 搭乗旅客機が比較的新しい機種ならエコノミークラスでも座席設置のモニターでかなりの番組を選択視聴できます。

    サービスで配られるヘッドホンでも良いのですがこの際,自分専用のヘッドホンを用意するのも良いかもです。

  • 確定申告に向けて帳簿の整理をしています。

    まとめて仕上げる弊害は記憶がかなり薄れてしまっていることですね。また。集中して作業を進めていかないと些細なミスが出てしまうのでこの時期はかなり張りつめてしまいます。

    thatchaさんのところはかなり乾いた天気になっているようですね。こちらは正月は暖冬かと思える天気でしたが2月になって積雪が増えて今では平年以上の積雪となっています。ただ、日の長さは確実に春になっています。

  • 昨日の昼過ぎから警察官が多数スキー場に集結して物々しい雰囲気になりました。

    話を聞けば50代の男性が大平山登山で予定の日を過ぎても戻らないとかで標高の低い山ですが裾野は広くまた数多くの沢がある地形ですので前日の大雨で雪どけが進み雪の下になった沢に落ちてしまった可能性もあります。また、例年より雪が多いので地形を見誤ることもあるので何ともです。せめて遭難騒ぎで終わってもらいたいのですが、この時期らしからぬ天気が続いていますので心配です。

    くまさん、いよいよ出発間近となったようですね。スマホには無料のグーグルの翻訳アプリを入れておくと便利ですよ。フランス語の翻訳レベルはわからないのですが英語では正に人口知能の集積で日々進化をしています。

    フランス語で書かれたものをスマホのカメラで写真を撮り画面をなぞれば日本語に翻訳してくれる優れものです。英語では回りくどい表現もかなり自然な感じに翻訳します。

    ツアーだったらチップの支払いの場面が限られているので大丈夫でしょう。アメリカでのカード支払いの場合は、チップに相当する金額を小計が出ているレシートに金額を自分で記入して合算した合計額を自分で計算して記入してサインをするというのが一般的でした。

    また、飲食店などのトイレの個室のドアは使ったらドアを開けておくのがマナーだそうで当初、所用の時にノックを返すのは相手の事を考えて遠慮しているのだろうと良いイメージで居ましたらなんのことないアメリカの飲食店などにあるトイレのドアは内ノブの真ん中に押しボタン式のロックがありこれがかなりの頻度で内ロックが掛かってしまうのでそれを防ぐために使い終えたトイレのドアは開けっぱなしだそうです。

    セキュリティでレベルを上げている国なので入国審査の時の定文に対してはそれ相応に用意しておくことも大切ですね。

  • 一昨日の暖気を伴った大雨で小屋のスレート屋根の裏側に「すがもり」している雨染みが見られてそろそろスレート屋根の葺き替えを考えなければと思っています。

    大雪の年は屋根に大量の雪が残りこの雪がなかなか消えないのでやがてその下が融雪に伴い凍り氷の層になったところに大雨が降れば氷は簡単に溶けないのですがもりになるのですがスレート表面の「なめらかさ」が経年で失われることも助長原因です。

    今ではスレート塗装の塗料も進化して剥げにくい塗料が出ていますので比較的新しいスレートにはこれを塗るの「もすがもり」には有効ですね。うちの場合は施工して30年近くの屋根ですのでそろそろ全面屋根葺き替えの方が良いようです。

    電話線はリレーとツゥーという信号音の組み合わせで2本の線で呼び出し音と通話を出来る仕組みです。マイクとスピーカーは2本の線で会話ができるようにカーボンマイクが使われて住宅の2階階段付近に設けられる一階で電灯スイッチを入れて2階で消す「三路スイッチ、四路スイッチ」に似てよく考えたものですね。

  • 悪い時に悪いことが重なるようでファックスが受信できないのはかなり前からだったようです。

    いろいろな人からファックスを見たかの問い合わせが来ましてそのたびに平身低頭でした。回線故障は自宅引き込み線の中継機の中にあるリレーの動作不良でして送信時はリレーに荷電する距離が短いので電圧降下が起きないので送信可能となり受信時には局との距離があるのでわずかな電圧降下でリレーが作動しなかったようです。

    電話回線は昔の回線のまま残して大規模停電でもとりあえず親機だけは蚊の鳴くような呼び音が出て会話が可能です。ネットは光回線と外出用にワイファイです。スマホにもたまにワイファイを使うのですがワイファイより4Gの方が反応が良いこともあり何ともです。

    そうそう海外での日本のスマホ使用はモバイルルーターを必ず持っていくことが大切です。スマホの海外使用は契約していない回線でも勝手に繋いでしまうのできちんとその対策をしておかないとその料金はとんでもない額になります。

    自分の子供もそのことを理解していなかったので月10万円の請求が何度か来まして今では新たなスマホ地元で買いそちらをメインに使っています。

  • 決算がまだ終わらずで見つからない伝票のコピーをもらうためファックスをお願いしたところ送れないということで確認すれば送ることが出来るのに受信できないようで購入して一年ちょっとで大陸製造のこの手の機器は耐久性が無いなぁと思いながら一番シンプルなものと思ってもそのような機種はブラザーのみの注文だそうで新たな機器を2万円で買って確認すれば同じ症状が出てしまい並列している電話専用にしている回線にファクスを繋ぎ確認して消去法でこれは電話回線が悪いという結論になり113に連絡すれば明日外部線の確認をするということでした。

    それにしても送信が出来るのに受信ができないのが回線の不都合とは知らなかったです。電話回線はファックス用にアナログ回線、電話用にデジタル回線を残しています。一時期IP電話の移行が流行したのですが大規模停電では全く使えないので残しています。大規模停電では携帯電話も半日程度で基地局のバッテリーが無くなるようですね。

    こちらでもコンバイン一台でどのくらいの規模が可能かがテーマーになっています。今のところ40haで一台のみの10シーズンというのが出ています。ただ、年間平均整備費が50万円ぐらいですから何ともです。オペレーター一人でこのくらいですから機械レンタル式には出来ないだろうと思います。あくまでも専属オペレーター付きとなるのですが故障のリスクを考えれば簡単ではないですね。

  • アパートの管理会社からアパート住人が駐車場の雪が暖気で緩んで運転しにくいというクレームが来ているということで完全除雪のため一日費やしました。

    管理会社の担当は除雪をやってくれる業者に連絡してその作業承諾をこちらに取るつもりでいたのでしょう。残念ながら除雪要望が重なっている状況ではJAFの依頼同様簡単にすぐやりますの返事を出す業者は居ないので自分でやりますよと返事をしました。

    排雪場所に指定されていた場所は午前中に満杯で閉鎖になりさらに30分ほど離れた別の場所に捨てに行かなければならず効率の悪いこと、ついでにこの前に溶接外れをしたかき込みオーガーの反対側の溶接外れがあり自宅まで戻れば時間のロスなので近くのヤンマーの販社へ行き「現金支払いですぐに溶接してくれ」と頼み、作業場の方へ行き他の地域の販社の作業場を見ることが無かったので作業場に入っている修理依頼の農機具を見ればう~ん今の農業情勢を反映しているようで古い農機具の整備修理ばかりで厳しいなぁ。入庫していた農機具は部品待ちのようですぐ溶接してもらいラッキーでした。

    確定申告も気になっていますのでアパートの駐車場の除雪で切り上げる予定が近所の人に「ご苦労様です。」と声をかけてもらえばついつい隣接しているところも除雪、排雪してしまい一日費やす羽目になりました。

    カラスのエンドウはこちらでは大豆の収穫時に汚染大豆の原因になる雑草ですね。稲のクサネム対策でこまめに非選択性除草剤とMCPソーダー塩を雑草発生時に散布しているのですが今考えれば雑草が小さいのでクサネムと思っていた中にはカラスのエンドウが混ざっていたかもです。

    ちなみにクサネム対策は除草剤成分ピラクロニルが有効です。

  • 町内会の役員引継ぎで今年度は町内会計の役をすることになり今回で3回目です。町内会会長経験者は補佐役に徹するのですが世代交代が順番にうまく行っていないこともありやむなしです。

    町内会行事は、そこに住む世帯すべてが参加、役員は持ち回りを基本にしていますのでお互い役員の大変役目が大変なことを理解していますのでみな協力的なので助かっています。

    隣保共助は呼びかけだけではなくお互いの気持ちが一致していないとダメですね。

  • 地元国際交流会の会計をまとめをして3月下旬の出金の明細が無くその根拠を探すのに半日費やしてしまいつくづく繁忙期の処理は鉛筆書きで通帳記入が大切と感じていました。ちなみに納付控えの無い納付書でこの手の納付書には気をつけていたのですが油断をしていました。

    中国の一人っ子政策が無くなりましたので中国の人口動向が気になりますね。昨年、シアトルで隣の駅まで繋がった貨物列車がすべて中国向けのトウモロコシと聞かされ飼料に回されているのであろう状態に中国産農産物輸出は間もなく出来なくなるのではと思っています。

    くまさん、農機会社の社員と同行のようですね。農機の一般的なイメージとして日本車や建機のように丈夫で長持ちと思われているのですが耐久性の無さは農家の周知の通りです。また、嫌がらせのような製造後何年の部品供給の明記は全く守られることなく突然の打ち切りが横行している現状にコンプラインスとはなんぞやと問いたいです。

    この前、除雪機オーバーホールついでに燃料ラインフィルターを注文したら供給停止でしてしょうがなく同じような寸法の汎用建機ラインフィルターを探して取替しました。

  • 一昨日の除雪の疲れで昨日は体のキレが今一歩でした。

    昨日の秋田市の生活道路は前日の大雪で轍が3本状態となり車はお互い譲り合いの精神を持ち合わせないと通行できないことがたくさんありました。

    お互いの車の特徴を考えて車重の軽い軽自動車は轍を外れその場で待機、大型車も轍を外れてその場で待機、四駆の自動車が優先的に通過するのが雪国の基本ルールです。まぁお互い譲り合って待ち合わせする場面が多いのですがその時は自車の後ろが繋がっている方を優先的に通さないと交通マヒになります。

    と言ってもこのルールがケースバイケースで、待機している方が車を擦るリスクが少ないので雪道に自信が無い場合は待機している方が安全で轍の通過は突然轍を外れ飛び出すこともあるので道を譲られた場合は逆にリスクを伴います。

    運送会社やタクシーバス会社では交差点などでの通過は左方優先より譲られるより譲れを基本に安全運転の徹底を促します。事故発生のリスク評価では譲られる側に事故発生のリスクが伴います。

    この前の蔵王スキー場でも普通タイヤの駆動輪のみにチェーン装着でスキー場に来ている人が居ました。雪国で生活している側から見れば全く自然を冒とくしていると思える行為です。

    チェーン規制の表現が良くないのかもしれません。冬タイヤ装着規制の表現にしなければと思っています。雪国では普通タイヤにチェーン装着で走行するドライバーは一人もいません。

  • 昼頃から大雪になり先ほどまで隣町で除雪機で除雪、排雪をしていました。いつもの年ならそろそろ除雪機をしまう時期なのですが今年はちょっと違うようです。

    明日まで大雪の予報が出ていますので隣町の除雪はフル体制で住宅地の小路まで入り込んで数多くのローダーが除雪をしていました。車の往来と歩行者が少ない夜中は機械除雪に最適です。

  • カーボンブラシを資材屋さんに頼んだところ使っているモーターの型番を教えてくれと連絡があり、モーターの製造業者と連絡を取って純正品を用意したいということでした。

    カーボンブラシは用途、機種によって硬さが違うのでそれに見合うものを選択するのが一番良いということで入手が出来ればそれが一番良いのですが型番を調べるとオーダー品のようでどうなるのかなという感じです。

    油圧関係は頻繁に操作する箇所は動きが素早い方が良いのですがくまさんが言われるように華奢な構造でしたら動きが鈍い方が良いですね。

  • 中古のカヤバの電動油圧シリンダーが手に入りました。除雪機を荷台から降ろす時に歩み板が滑って外れてしまい電動油圧シリンダーのケースにヒビを入れてしまいたぶんそのうちに油漏れを起こすだろうと思っていました。案の上、分解してみればヒビ入ったケースは完全離脱となってボルトがケースを支えている状態でした。

    カヤバの電動油圧シリンダーはパネルトラックの開閉によく使われており24V仕様の中古はよく出ているのですが12V仕様は出てもすぐに落札されてしまうのでたぶん24Vでも型番の最初の部分が同じなら何とかなりそうと思い取り寄せして確認すれば予想どおりケースのボルトの位置は共通でシリンダーの長さが違ってもマウント部分は型番の最初の4桁が同じならすべて同じということがわかりました。

    ちなみに24V仕様でも12Vで使えてシリンダーの伸縮が若干遅いかなと感じでそれが気になるなら油圧流量を調整しているケースの中にある何と呼ぶのかわからないのですがフロート式のキャブレターのフロートバルブの外側ケース状の部品を外して使えば良いのがわかりました。

    うまくいって満足です。ちなみに中古の24v仕様のカヤバの正式名称はミニモーションパッケージと呼ぶようで18000円でした。スガノのレーザーポールの電動シリンダーは外見は油圧に見えますがシリンダー下部部分がねじ形状で埃が入り込むと動きが悪くなるのでカヤバの方が良いのかな?

    良いことばかりではなく留守中に届いていた籾殻供給機に使っているDCモーターのカーボンブラシは注文時にカーボンブラシに印刷されていた型番で寸法を確認しないで注文したら全くサイズ違いでガッカリです。印刷されていた型番はそのカーボンブラシメーカーだけの番号だったようで共通しているものではなかったようです。

    あらためて採寸して確認すれば鋼材切断機に使われているサイズで廃番になっていまして、カーボンブラシはネットではサイズを公表していないので採寸しても探すのがたいへんでこれはいつも使っている資材屋さんに頼みました。

    くまさんがよく言っている部品の共通化は必要ですね。

  • 山形から帰ってきました。今日は、前夜の山形市内で飲食をした時に地元のスノーボーダーに情報を聞いて帰り道にある東根市のスキー場を紹介してもらいついでに昼食の場所などを聞いておいて大正解でした。

    やはり地元の事は地元の人に聞くのが一番ですね。

    蔵王は来年リベンジすることにしました。リフレッシュ出来ましたので明日から溜まっている事務処理をします。

  • 昨日もスキー場の天気は荒れ模様でした。

    とてもスキー滑走を楽しむ状況ではなく半日で諦めて温泉三昧をしてから山形市内に出かけました。

    今回は全く天気が良い日がなく残念でしたが来年リベンジします。

    今日は、帰りの途中で天気がよかったら別のスキー場に移動です。多分、天気予報では難しいようです。

    くまさん、廃品回収業者にいろいろ見積もってもらったようですね。廃品回収業者も得意な分野と苦手な分野があるようですね。

    私の場合は、処分してもらうことを最優先にしますので換金できるかどうかは問題にしないです。

  • 蔵王に来ています。

    昨日は、雨と風でとてもスキーができる状態ではなかったので温泉三昧でした。

    何とか今日は、スキーができそうです。

  • 今後の米価がどうなるかで話し合い、いろいろな想定、問題点を考えれば農機会社の存続が無ければ現実的に難しいということでした。肥料、農薬も注文販売になる可能性もありいろいろな場面を想定して準備をしておかなければならないと思っています。

    オリンピックに向けて、GAP認証取得はこちらでもチラホラ聞かれるのですが、経営理念や雇用環境など企業指針から審査に入るこの手の認証はとても普通の農家が取得できるものではなくまた、経営体に専門にそれを扱う人を置かなければならないのでその手間を考えればどうかなという感じです。

    それより一番大切なのはそのようなことをしなければ信頼が得られないこと自体が問題だと、まぁ推し進める人達はそのようなことをしないと裏付けが取れないからと言い張るのでしょうね。この辺は世論の流れに影響する事でもありその行方を見て考えたいと思います。

    今日からスキー仲間と蔵王に出かけます。この前田沢湖でスキーの仕事を終えた後に数本一緒に滑ったのですが久しぶりに技術の高い人達と滑る楽しさ、面白さを経験して楽しいことはたくさんの人達と共有することが一番と思っています。

  • 訂正です。田植え機のエンジンではなく除雪機のエンジンでした。

  • 国際交流事業で料理づくりをしました。この行事がメインとなってしまった地元の国際交流協会ですが参加してもらえる人が周辺地域からも来てもらえそれなりに楽しんでもらっているので見直しか継続か総会の議題にしたいと思います。

    スマホの写真の写りが良くないのはタクさんも言われるようにブレやすいことが一番ですね。

    田植機のエンジンはカワサキのFD501Dでイセキの8条田植機にも搭載されていたようです。整備ついでに籾殻供給機を駆動させている12VDCモーターのカーボンブラシの形式を調べて注文しました。

    籾殻供給機のベースとなっているタイショーではモーターは部品として本体のみの扱いということで消耗品のカーボンブラシは供給しないということで特殊カーボンブラシかなと部品を取り出し採寸すればほぼ汎用のカーボンブラシのようでした。まぁ素材が炭素ですのでその気になれば削って使うことも考えましたがそこまでの必要性が無いようです。

    と言っても、スプリングのテンション圧力が微妙にマッチングしないことはたまにあります。

本文はここまでです このページの先頭へ