ここから本文です

投稿コメント一覧 (7859コメント)

  • >>No. 416653

    本省人か。
    母方も 問題ありみたいな記事 見かけたような気が?

  • 党首討論 蓮舫氏「息をするようにウソ…」に、橋下徹氏が批判「バリバリの嘘つきだ」
    産経新聞 12/8(木) 12:23配信

    7日に行われた今国会初の党首討論で、民進党の蓮舫代表が安倍晋三首相に対し「息をするようにウソをつく」などと発言したことについて、前大阪市長の橋下徹氏は自身の短文投稿サイト「ツイッター」を更新した。

     同日付の投稿で、「これが事実なら民進党蓮舫さん、人格攻撃はよくないよ。人を嘘つき呼ばわりしたら、蓮舫さんなんか二重国籍問題ではバリバリの嘘つきだ。国民はしっかり見ている。詐欺罪で有罪判決を受けながら僕を詐欺師呼ばわりした辻本清美とやはり同類か!政策論争に徹すべき」などと批判した。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    >蓮舫
    台湾人も 朝鮮人同様ずうずうしいな。

  • 韓国メディアが驚きの親日転向 安倍首相=理想のリーダー
    2016.12.7 16:44

    韓国メディアで奇妙な現象が起きている。朴槿恵大統領を追及する記事に紛れて、日本を持ち上げる論調が相次いでいるのだ。象徴的なのが、11月22日に福島県沖地震が起きた際、アルゼンチンを訪問していた安倍晋三首相が、わずか17分後に官邸との連絡で指揮を執ったというニュース。2014年、セウォル号事故が起きた際、朴大統領が公式席上に姿を現したのが7時間だったこととの対比が、“安倍持ち上げ報道”につながっているのだ。

    自虐まじりの日本礼賛は、さまざまな分野に及ぶ。研究分野では〈多くのノーベル科学賞を受賞した日本が羨ましい一方、まだノーベル科学賞を受賞したことがない私たちの現実が惜しまれる〉と率直に日本に劣る現状を認め(「中道日報」)、スポーツではリオ五輪400mリレーで日本が銀メダルを獲得したことを〈金よりも羨ましい〉〈大規模な投資と体系的な訓練で世界の舞台に立った日本に比べ、韓国の発展速度は「亀」に近い〉(「THE FACT」)と反省する。

    韓国在住ジャーナリストの藤原修平氏は、そうした韓国国内の精神状況が日本への依存心を生んでいると指摘する。

    かつて良好だった対中関係もぐらついてしまい、本当ならアメリカに頼りたいが、アメリカもトランプ大統領になってどうなるかわからない。それなら政治的に安定した日本に頼るしかない、というわけです」
     日本人からすると、これまでさんざん日本を叩いてきたのに、困ったときだけ頼ろうとは都合が良すぎるのではないか、とも思ってしまうのだが、「本音は反日でも、困ると日本に頼ろうとするのは韓国の習性で、彼らにとっては矛盾でもなんでもない」(同前)のだという。
     ※週刊ポスト2016年12月16日号
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    朝鮮人は、ずうずうしい。
    韓国滅ぼすべし。
    朝鮮人のハゲゾエを公認した韓国好きの自民党は また韓国を援助しようとするだろうから 
    国民は目を光らせなければならない。

  • >>No. 416615

    トラは、ミサイルの飛んでこない山奥の洞窟に住んでいるのだろう。
    私は、横須賀の見晴らしの良い高台のマンションに住んでるので 敏感なのさ。
    周囲は、自衛隊の武山駐屯地、久里浜原発燃料工場、横須賀軍港なので、如何考えてもミサイルが降り注ぐ。

  • 核シェルター不要論は、まったくのナンセンス。
    核戦争になる可能性は高い。ランド研は甘い。

    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
    2025年までに「米中戦争」が起きると警告した報告書の危険な中身とは?

    「中国との戦争」と題する研究報告書がワシントンの外交戦略関係者たちの間で重い波紋を広げ始めた。その表題どおり、米中戦争の可能性を徹底して調べ、実際の戦争が起こりうるとした趣旨の報告書である。しかもその戦争シナリオが最初も最後も日本の動きが「決定的に重要」だとする点は日本側でも認識しておくべきだろう。

    この報告書は全米でも最有力の安全保障研究機関「ランド研究所」が米陸軍から委託され、長い時間をかけてこの7月末に完結した。膨大なデータを駆使し、最高水準の専門家集団の知力と体験を基に、調査と予測をまとめた120ページほどの総括となった。結論は今後2025年までの間に米中戦争が起きる危険があるというのだ。

    ただし同報告書はこの米中戦争が非核の通常兵器だけの戦闘となり、東アジアと西太平洋を戦場として海上、空中、宇宙、サイバー空間での衝突になると予測していた。

     米中激突にいたる契機としては(1)尖閣諸島での日中衝突(2)南シナ海での中国の他国威圧(3)北朝鮮崩壊での米中軍事介入(4)中国の台湾攻撃(5)排他的経済水域(EEZ)での海空衝突-という5例があげられていた。日本の尖閣への中国の攻勢こそ米中戦争の発端に最もなりやすいというのだ。

    ▽中国は米国との大規模な戦闘となれば、日本国内の米軍基地を攻撃する確率が高く、その場合、日本は自動的に米中戦争に加わる。
     ▽中国軍は25年近くには戦力を高めているが、日本も潜水艦、水上艦、戦闘機、ミサイル、情報・監視・偵察(ISR)の能力を向上させ、米軍の総合戦力強化に寄与する。
     ▽北朝鮮が中国の同盟国として日本国内の米軍基地をミサイル攻撃する可能性も高く、その場合は日本は米国の同盟国としての立場を一層、鮮明にする。
     以上の諸想定では日本の役割は米国を対中戦争で勝利に導くうえで決定的に重要だというのだ。
     いずれもいまの安寧な日本にとって物騒きわまる悪夢のような想定だろう。だがそんな事態が同盟国の米国により真剣に考えられている現実は直視すべきである。(ワシントン駐在客員特派員)

  • アホ馬鹿インチキ個人主義憲法のせいで、日本の伝統と文化が失われようとしている。
    マッカーサーの思惑通り、神社も寺も潰れ、町内会もなくなり
    インチキ神に救いを求めるキリスト教が、はびこるだろう。
    個人の利益よりも、全体の利益を優先すべしと考えているのは、私だけか?
    全体主義の旧憲法に戻さなければ、日本が日本でなくなる。
    日本の朝鮮化が進む。
    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
    “仏教の教え“で中止を決断? 「除夜の鐘」にうるさいとクレーム
    AbemaTIMES 12/8(木) 16:16配信

    大晦日の風物詩『除夜の鐘』。この音を聞かないと新年を迎えた気がしない、という人も多いかもしれない。しかし今、『除夜の鐘』を自粛する寺が出てきているという。

     東京・小金井市 にある、100年 以上の歴史を持つ『千手院』 。住宅街に囲まれており、近隣からの苦情で『除夜の鐘』の中止を決めた。

    ■変わる伝統行事、『除夜の鐘』以外にも
     変わりつつある伝統行事は、『除夜の鐘』だけではない。

     正月の風物詩『餅つき』も、集団食中毒の危険があるとしてイベントを禁じる地域が続出。愛知県 では「『盆踊り』の音がうるさい」という苦情が出たため、ラジオの電波に音を乗せ、イヤホンで聴きながら踊る、という何ともシュールな光景が見られたことも。


     これ以外にも『豆まき』は危険という理由で中止、鬼が家々を回る『なまはげ』は、「子どもが怖がる」という苦情で鬼がとても優しくなってしまったという。

     一部の過剰とも思える反応の影響で、伝統行事が変化を迫られる昨今。今は当たり前だと思っていたものが将来、貴重になってくるのかもしれない。

  • >>No. 416336

    ノーベル平和賞から 話を逸らそうと必死だね。w
    お前は卑劣な奴だ。
    ノーベル平和賞と如何関係があるのか説明してもらおうか?馬鹿チョン?

  • >>No. 415985

    >核攻撃その他の非常事態が生じた場合に備えて、モスクワの都市人口の100%を保護することができる地下避難施設の準備を完了した」と述べた。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    君たち おめでたい自民党の支持者は アメリカが日本を守ってくれると信じてるんだろう?
    しかし、そのご主人様が ロシアの核攻撃で やられてしまったら如何するんだ。
    ロシア側は、完全に 核戦争の準備が整ったと 言っているんだぞ。

    私が、何年も前から 日本は国防費をGDP比2%に上げて、各自治体に 核シェルターを建設しろと言っているのを
    笑っていたが そうやって笑っていられたのは 鳩山元総理のロシア外交のお陰だ。

    通常兵力の戦争で 世界最強はアメリカだが 核戦争では 1位ロシア、2位中国だ。
    核兵器の数では アメリカが勝っているが ロシアと中国は 本気で核戦争に備え、巨大核シェルターが 各地に作られていて、核防御力はアメリカを 大きく上回っている。
    双方が、核ミサイルを撃ちあって、生存率が高いのは 1位ロシア、2位中国である。
    アメリカは、軍の正面装備だけは充実しているが 国民を守る地下退避豪は 自己責任で、公共のものは少ない。

  • >>No. 416195

    コーラはのんきだね(w)

    自民党の河野に 慰安婦のねつ造を指示したのは
    反日のアメリカ大統領だったビル・クリントンだ。

    それから鳩山元首相の場合、自分の判断で 売国奴野田の制止を振り切り行った訳だが
    安倍総理の場合は、ポチとして オバマ大統領の許可をとって プーチンに会いに行った。
    何故、オバマが許可したかというと、プーチンの本気で核戦争やる気に ビビッて ガス抜きをしなければ
    アメリカが滅びると考えたからだ。

    知らないのは平和ボケの 日本人だけだ。
    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

    怒りのプーチンが西側メディアに警告した「第三次世界大戦」開戦の理由
    2016年10月11日

    米国・ロシア間の核戦争は一触即発の危機
    ロシア緊急事態省(EMERCOM)のNo.2であるアンドレイ・ミスチェンコ(Andrei Mishchenko)は、「民間防衛体制の新しいアプローチとして、核攻撃その他の非常事態が生じた場合に備えて、モスクワの都市人口の100%を保護することができる地下避難施設の準備を完了した」と述べた。
    ロシア政府は、民間防衛体制を強化するために、制御および緊急警報システムを近代化するための法的枠組みを更新した。
    さらに、ミスチェンコは、「われわれロシア緊急事態省は、民間防衛体制の分野において、市民の訓練システムの改善に取り組んでいる」と付け加えている

    公表された情報によれば、このような掩蔽壕(えんたいごう)はロシアの国中に多数建設されているということである。
    専門家は、これらの建造物は、予期される事態に対応するための統合化自動コマンドとロシアのミサイル戦力の第五世代コントロール・システムに関係していると指摘している。


    2015年に、ロシアとアメリカ双方の将軍は、米国とロシアの間の核戦争は一触即発の危機にあると初めて述べた。
    「モスクワ市民を含む大多数のロシア国民は、彼ら住人にもっとも近い空爆避難所の場所を知っているわけではないが、それにもかかわらず、避難所のリストは存在している。
    避難所は、現在、人災によって引き起こされる非常事態、あるいは核攻撃に晒される数日間をやり過ごすことができるように維持されている」とロシア緊急事態省は述べている。

  • >>No. 415993

    鳩山元総理が ノーベル賞候補になる理由は、米国とイランの戦争を回避させただけではない。
    もっと大きな理由がある。

    それは、アメリカとロシアの核戦争を回避させた事だよ。(まだ可能性が完全に消えた訳ではないが・・)
    プーチンは、アメリカとの核戦争を覚悟して、冷戦後廃墟にしていた核シェルターを復活させ、新規に核シェルターを
    建設して備えていた。
    ネットで検索してごらん。本当の事だと判る。

    世界から孤立し、アメリカとの戦争を覚悟していた ロシアとクリミアに行ってロシアの言い分を支持し、プーチンに
    日本の元首相が自分の言い分を聞いてくれた、理解してくれたと落ち着かせた。

    そして、鳩山のロシア訪問後、安倍総理もロシアを訪問し、ロシアに救いの手を差し伸べた。
    鳩山元首相と、現職の安倍総理 二人が国際社会で孤立してアメリカとの核戦争を覚悟していたロシアを救ったんだよ。世界を救ったと言って過言ではない。

    特に、アメリカがロシアに強硬だった時に、最初にロシアに行った 鳩山総理の功績は大きいな。
    これで、ロシアは 日本はロシアを救ってくれたという事で 親日度が高まり、安倍総理のその後のロシア訪問や
    プーチン大統領の日本訪問計画につながった。

  • 親日国イラン

    イランが親日となった歴史的実話!「どうして日本人を愛さずにおれましょう。」【感動話】

     https://www.youtube.com/watch?v=Qq63hxKFIoI

  • >>No. 415974

    日章丸事件から時は移り 核疑惑でアメリカに睨まれ、アメリカとイランの戦争が始まろうとしていた。
    そして、いったん戦争になってしまえば イランが第二のイラクのような状態になってしまうのは目に見えていた。
    そして、イランの言葉通り、ホルムズ海峡が封鎖されれば 日本にも石油が入ってこなくなる。

    戦争を回避し、イランを救いたい。一人の日本人が現れた。
    鳩山元首相である。

    イランは、日本に二度も救われる事になった。鳩山元総理のイラン訪問である。

    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
    2012年04月12日 鳩山元首相 イラン訪問

     まず東日本大震災に対してはイランの皆様方から多くの緊急支援物資を頂いたことに感謝申し上げた。その大きな地震と津波で私たちは原発の事故という悲惨な事態を迎えてしまった。ある意味で日本は二度被ばくを経験したことになる。従って、原子力の平和利用に限っても、原子力発電所を有している国の責任の重さを我々は共有しなければならない、ということも申し上げた。言うまでもなく、戦争での唯一の被爆国としてその悲惨さを知っている国だからこそ、私どもは決して核兵器はもたない、その責務を感じ、果たしてきている。ただ、国際社会の中でそのことを信じてもらうには時間がかかった。1960年頃から50年以上に亘って、日本はNPT、さらにNPTの追加議定書も認め、それに基づいてIAEA(国際原子力機関)に完全に協力をする形で進めてきて、ようやく長い年月をかけて、国際社会の理解を得て、日本は核兵器を使わない国だということがわかって頂けたのではないか、と思っている。そのくらい長い年月が必要なのだということを申し上げた。
     イランに対して、核兵器を持つのではないかという疑念が国際社会の中から出ている、それを払拭するために是非あらゆる努力を払ってもらいたい、そのために様々なやり方があると思うが、NPT、NPT追加議定書に対しても署名をして、IAEAに完全に協力する形で、この問題に向けて解決する努力をしてほしい、と申し上げ、また、濃縮ウランについては、いわゆるスワップ(第三国を通じて交換する)も選択肢の一つではないか、といい、このような様々な具体的な提案に基づき国際社会への協力を行って、是非イランとしても疑念を晴らす最善の努力をしてもらいたい、と申し上げた。

  • ちょっと 迷ってる 愛国映画『海賊とよばれた男』12月10日(土)全国東宝系ロードショー.

    前にも書いたが、イラン人が日本を大好きになった理由「日章丸事件」だ。
    日本人は、敗戦後も、商売で 鬼畜英米と戦った。
    そして、ホルムズ海峡を封鎖したイギリス艦隊を突破して、石油タンカー日章丸は イランの原油を積んで日本に帰ってきた。

     https://www.youtube.com/watch?v=03va5qDFyzY

  • >>No. 415959

    安倍総理に 次の試練が訪れる。

    それは、韓国国民の怒りをかった、パククネの日本への亡命だ。
    ずうずうしい朝鮮人婆だから、日本に亡命させてくれと言ってくると睨んでいる。(笑)

  • >>No. 415895

    いよいよ、小池新党ができる可能性が高まったな。
    そして、安倍総理の次は、小池総理の目が 大きくなった。
    ハゲゾエを応援して、朝鮮学校を作ろうとした自民党は 都民の支持を得られると思ってんのかね?

    自民党・ハゲゾエ=韓国の手先。
    小池=愛国者。
    こういうイメージが すでに定着しつつあるのに。
    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
    <自民都連>区議7人を除名処分 都知事選で小池氏支援
    毎日新聞 12/6(火) 21:14配信

     東京都知事選で自民党の方針に反し小池百合子知事を応援した豊島区議と練馬区議計7人について、党都連は6日、除名処分とした。都連はいったん7人を離党勧告処分とした後、処分を延期して見直しも示唆したが、和解に至らず、知事選から続く小池知事と自民との対立は深まった。

     同じく小池知事を応援し、口頭で厳重注意された若狭勝衆院議員=東京10区=は、これまで区議除名時には離党するとしていたが、この日は「総合的に考えたい」と当面離党しない意向を示唆した。

     都連は離党届の提出期限だった10月30日に処分延期を決め、都連会長の下村博文党幹事長代行らが11月28日に7人を代表する2人と面談。今月5日までに身上書の提出を求めていた。だが5日夜、下村氏に区議側が身上書を出さないと伝え、都連は6日に役員会を開いて処分を決めた。

     下村会長は同日、報道陣に「7人に党本部も都連も再三再四アプローチしてきた。拒否してきたのは非常に残念」と述べた。

     一方、若狭氏は毎日新聞の取材に「同じことをしてこれだけ違いがあるのは極めて異常」と都連を批判した。自身の今後については「政治活動に影響が少なく、かつ国民にとって何が一番いいのか総合的に考えていきたい」と明言を避けた。

  • 12月日ロ首脳会談 プーチン“隠密日程”も高まる暗殺リスク

     何から何までベールに包まれている。

     いつ来日し、どの空港に降り立つのか。どこに泊まり、東京に立ち寄る移動手段は何か。国家元首の来日には天皇主催の晩餐会など公式行事が付き物だが、はたして催されるのか――。

     確実視されるのは、12月15日に安倍首相の故郷・山口県長門市で首脳会談を行うこと。場所も地元の温泉旅館「大谷山荘」とされるが、定かではない。ロシアのプーチン大統領の来日は、多くのことがナゾのままだ

    何せ、世界で最も暗殺されるリスクの高い首脳のひとりだ。緊迫が続くウクライナ情勢に限らず、チェチェン独立派やイスラム国など、プーチンの命を狙っている勢力は枚挙にいとまがない。来日中は日ロ当局が双方の威信をかけて厳重な警備体制を敷くのは間違いない。日程の秘匿もその一環だろうが、懸念の声も漏れ伝わってくる。

    「ロシアの政府専用機『イリューシン96』を燃料満タンで離陸させるには、重さの関係で、2800~3000メートル級の滑走路が必要です。ところが、会談場所に近い『山口宇部空港』の滑走路の長さは2500メートル。県内には『岩国錦帯橋空港』もありますが、米軍との軍民共用空港でロシアの大統領に使わせるわけにもいかない。どうしても他県の飛行場を利用せざるを得ないのです」(政府関係者)

    山口県に最も近い3000メートル級の滑走路を持つ飛行場は長崎空港だ。福岡空港の滑走路はギリギリの2800メートルである。到着後はヘリで山口に向かうことになりそうだが、大雨が降れば飛ばせない。車に乗って現地を目指せば、空路よりも暗殺リスクは確実に増す。同じことは山口から東京への移動にも当てはまり、距離が長い分だけ、さらにリスクは高まる。

    ■オバマ級の警護は不可能

    「5月のオバマ米大統領の広島訪問の際は、サミット会場の伊勢志摩から政府専用機エアフォースワンで岩国基地入り。そこから大統領選用ヘリの『マリーンワン』で西広島のヘリポートに飛び、分厚い装甲の専用リムジンで平和記念公園に向かいました。米国のシークレットサービスが自前の警備体制を敷けたのは同盟国同士だからこそ。非同盟国のロシアとの共同警備にはさまざまな制限が生じます。恐らくオバマ大統領の広島訪問時並みの警備体制とはいきません」(軍事ジャーナリスト・世良光弘氏)

  • >>No. 415880

    プーチンの訪日も危険だ。
    オバマや その後ろにいる勢力は、プーチンを暗殺したがっている。
    そして、米国以外では 日本がプーチン暗殺を最も実行しやすい。
    日本国内で、プーチンを暗殺すれば 責任は日本となり 日露関係が破たんする。
    日本国内には 治外法権の米軍施設も多く、米スパイがそれらを拠点にして暗躍している。
    日本でのプーチン暗殺、または未遂も 戦争の引き金になるだろう。

  • >>No. 415868

    安倍首相は、ハワイで暗殺される可能性がある。
    オバマの広島訪問時も、報道されていないが右翼(民族派)の反対デモがあった。
    アメリカの右翼は、銃を持っている。
    TPPで米国の雇用を奪おうとするABEが 真珠湾にのこのこ出かけていけば ズドン!である。

    アメリカは武器の携帯が自由。その他の勢力も安倍首相の命を狙っている。
    中国の習近平が、昨年安倍首相の暗殺指令を出したという書き込みも見た。

    欧米では、安倍首相のダボス会議の発言で、日中戦争は不可避だという観測が広がっている。
    安倍首相は、右翼のルーピーであって、極めて危険な人物だというのだ。
    これは、愛国漫画家の小林よしのり氏がサイトに書いている。

    命がけでオバマへの忠誠を見せ、オバマの広島訪問を批判していたトランプにも好印象を持たすという作戦なのだろうか?
    ともかく、米国は日本ほど安全ではないし、安倍首相が アメリカ国内で暗殺される事で利益を得る勢力もいるだろう。

    自らの暗殺、または暗殺未遂で 戦争の引き金を引とか ちょっと勘弁。

    私は、利益と成功のみを考え、反発や失敗を考えない安倍首相の外交は非常にまずいと思っている。
    (イスラエル国旗の前でのテロとの戦い宣言とか 非常識。)
    しかし、ご本人は得意になっているらしい?

  • 大阪府警はクズばかりというう印象があるのですが違いますか?

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    交通取り締まりの警察対応「はなはだ不誠実」 大阪高裁が裁判打ち切る
    産経新聞 12/6(火) 20:23配信

    信号無視でパトカーに摘発されたのに、反則切符の受け取りを拒んだとして、道交法違反罪に問われた不動産業の男性(60)=大阪府枚方市=の控訴審判決公判が6日、大阪高裁で開かれた。福崎伸一郎裁判長は「男性が切符を受け取らなかったのは警察官の不誠実な対応が一因。そのことを棚に上げ、刑事処分としたのは男性に対して酷であり、信義に反し無効だ」として、罰金9千円とした1審枚方簡裁の略式命令を破棄、裁判を打ち切る公訴棄却を言い渡した。

     控訴審判決によると、男性は昨年7月、大阪府枚方市内で車を運転中、赤信号を無視したとして、大阪府警のパトカーに停止を求められた。男性は「黄色信号だった」と主張。パトカーの車載カメラ映像を確認したいと要求したが、受け入れられず、反則切符の受け取りを拒否したため逮捕、起訴されていた。

     判決理由で福崎裁判長は、検察官からカメラ映像を見せられた男性が一転、赤信号だったと認識を改め反則切符の受領を希望した点を重視。当初から映像を示していれば反則金の納付で済んだのに、警察官が「そんなものはない」と拒んでいたとして「その対応ははなはだ不誠実というほかない」と批判した。

     大阪高検の北川健太郎次席検事の話「判決内容を精査し適切に対応する」

本文はここまでです このページの先頭へ