ここから本文です

投稿コメント一覧 (2542コメント)

  • 今回の事故、被害に遭われた方には、お気の毒です。
    一面、やけどで済んでよかったとも言えます。

    生命、身体にかかわる問題ですので、リコール対応がまだの方で【自動車購入後7年以上の方】は、特に、何をおいてもまずエアバッグ交換、修理を急いで済ませてください。

    国交省データでは、平成28年11月末時点の改修率:約64.4%(平成28年10月までの届出分)ですので、未改修車は、残りは1/3と少なくなってきましたので、対応も早いのではと思います。

  • これね。

    [タカタ製エアバッグで軽傷=転居で回収案内届かず―ホンダ]
    時事通信 1/17(火) 17:00配信
     ホンダは17日、昨年12月に2003年製の小型車「フィット」でタカタ製エアバッグの異常破裂が発生し、運転者が軽傷を負ったと発表した。リコール(回収・無償修理)対象車両だったが、転居によって案内が届かず、修理する前だった。ホンダ車に装備されたタカタ製エアバッグでけが人が出たのは初めて。
     ホンダは国土交通省に報告するとともに、リコール対象車の保有者は速やかに修理するよう呼び掛けている。 


    【転居によって案内が届かず】
    それにしても、13年前のホンダ車・・・ホンダのオーナーは、長く乗るなぁ・・・

  • >エアーバッグが作動(開いたら)注意しましょう

    衝突からエアバッグが作動し、開くまで0.02~0.04秒

    衝突、ぶつかった瞬間から0.02秒以内にドアを開けて外に逃げる訓練でもするかなぁ・・・♪
    シートベルトが邪魔だなぁ・・・

  • >>No. 362

    >しかも組織的な技術者の育成力は皆無に等しく
    >中堅になるぐらいの年齢で行き詰まったら退職する人も多いから
    >会社にノウハウが蓄積されない、ノウハウを蓄積するような組織的な工夫>もない(´・ω・`)

    以前抱いた、この会社の社員教育に関する疑問
    ここの本社(単体)社員構成は、自動車部品業界の他のグローバル企業、例えば、豊田合成やブリヂストンなどの9%台に比べて、異常にタカタ単体社員比率が低く1.9%台、ほとんどが子会社、孫会社員。

    ご指摘のように、【技術蓄積、継承にいびつさが有る】ように、
    ・報酬、身分保障などの待遇に大きな違いが無いか
    ・違いが有れば、モチベーションには大きく影響するだろう
    と思う訳です。

  • 他所の会社ですが、先日のデンツー社長会見の社内対策会見などは、化けの皮の剥げる典型で、問題の本質=『なぜ変わらなければいけないのか、どのように会社が変わるべきか』に全く迫っていなかった。ただ、労基法違反に対するその場しのぎに終始。

     『それじゃ、世界のビジネスに付いて行けないだろう』
    と毒づいていたら、直ぐ後に、社長退陣のニュースが流れた。

  • >>No. 375

    >それを統括し、組織として実務を果たさせることが、ISOの要求事項などに規定されている通り、今のビジネス最前線なのです。

    ISOなどの観点で、いくつかの会社を監査すると、極めて簡単に、会社の化けの皮が剥げます。

    ISOは、どちらかと云えば開発部門向けと云うよりは、製造、検査、納品を含む品質保証などの現場向きですが、それぞれの会社は、あの要求事項を、

    ・組織簡略化、効率化アップのツールとして使いこなしている会社か
    ・体裁つくりの為アップアップでどうにか対応しているか

    のどちらかに分かれやすく、中間の会社はあまりないですね。
    一見中間の会社は、直ぐに使いこなし、その次のステップに進んでいくところが多い。

    開発技術部門などは、典型ですね。品質、環境ISOなどは、最低の決まり=基本として職務分掌の中に生かされている。

  • >知見のある技術者には製品不具合案件や大量のスケジュールが集中するので組織として未来を見た腰を据えたような仕事はずっとできませんw(´・ω・`)

    それを統括し、組織として実務を果たさせることが、ISOの要求事項などに規定されている通り、今のビジネス最前線なのです。

  • >>No. 358

    ほぼ同様の事ですが、同じく硝酸アンモニウムの専門家の意見として、こんなのも有る。
    原因を推定するに十分な専門家の意見ではないか。

    ttp://diamond.jp/articles/print/106722 より抜粋
    クルマで火薬を使用しているものには発煙筒があり、これはJIS規格で有効期限が4年と規定されている。火薬学会自動車安全部品専門部会長であるJAXAの堀恵一教授によると「経年劣化により、異常爆発することは火薬の専門家でも予見しえなかったこと」であり、有効な解決策は、エアバッグの有効期限を設けた上での「定期的な交換に他ならない」としている。

  • ある硝酸アンモニウムの専門家の、今回のタカタエアバッグ暴発多発に関しての発言

    『開発当初時点では、硝酸アンモニウムがここまで危険であるとは全く考えなかった』

  • 自社製品の製品検査結果に対して統計的処理上で不正を働く会社は、
    ・自社製品設計開発技術、製造設備設計・設定、作業工程
    の改善点・改善の機会を自ら放棄・潰しているので、製品品質の作り込み、性能向上が進まず、結果、自分の首を絞めているのと同じ。

    しかも、改竄データに対し、少しでも詳細な統計的分析をされると、割合簡単に不整合が見つかる場合が多い。

  • >調査し始めて、もう4、5年以上になるんちゃうか? 自社の製品やろw

    以前報告したように、ここの特許群には、繊維を除く材料関係のものが見当たらないので、化学的原因究明の技術力がほとんど無いと考えられる。

    その上、お判りのように、既に出された外部機関調査結果を受け入れないから、何時まで経っても、会社自体からの原因究明は進まない。

  • 今のところ、阿鼻~叫喚ロード真っ逆さまかぁ・・・

    今日は忙しくてここどころではないが・・・

  • >明日、株価がきゅんきゅんと再上昇すると面白いなぁ・・・
    >筒井康隆の「のたくり大臣」調で、株価がのたくり回る・・・面白い
    >そして何日か後、誰かが『では、狐を見せてやろう』とか言って・・・

    誰だぁ? 今日、 『では、狐を見せてやろう』とか言ったのは・・・

  • コレカラせんせぇがびんぼーがみばかりはりつけるから、のりうつったひとがたすうだったりして・・・

  • 孫さんは、光り輝いているのさ・・・

  • 94円まで行っちゃったもんねぇ・・・

  • そうそう、明るく陽気に行きましょう~♪

    今のご本尊、1本じゃないかもしれないけど、せめてバイトさんくらいは板の雰囲気を明るくしないと、ドヨ~ンじゃ集餓灯にもならないよ♪

  • 本当に、今の買い方さんの投稿は、人への妬み、恨み、つらみばっかり書くねぇ・・・
    売り方は、会社の姿勢を問うているんだけど・・・

    人を恨むより、もっと、自分の人生、自分がどうするか、前向きにした方がいいよ。

  • >もう、材料が出尽くした感があるが・・・。

    今のここに、材料出尽くし感は全くない。
    今回同様、いや、もっと大きなネガティブ材料が、まだまだありそう・・・

本文はここまでです このページの先頭へ