ここから本文です

投稿コメント一覧 (369コメント)

  • >>No. 8101

    誤字発見!リとロが間違っていましたね。
    細かいことは言いっこナシよ。

  • >>No. 8100

    東雲常連のヘリリン一家のjr1号君も早いもので”もう、中学生”ですか!。
    まだ、幼かった頃、ストーブの前で私と薪くべバトルを展開したのが懐かしいです。
    では、今年は”おごそかに”引継式を行いましょう。

  • >>No. 8098

    セイゴさん、いつも参加表明をありがとうございます。
    楽しみにしてくださる方が居ると山荘の予約のし甲斐もあるというものです。
    さて・・今年のメニューは何にしましょうかねぇ~?っと悩むのも楽しみのひとつです。

    今年は帰りに”つるつる温泉”に寄って一年の垢を落としませんか!?。
    私は一応、お風呂セットも車に積んでおきますが。

  • >>No. 8096

    山岳耐久の無残な結果を未だ引きずっているヤフシゲです。
    トピへの投稿も滞り、申し訳ありません。

    ことしの東京多摩は紅葉がいつになく綺麗に目に映ります。
    そんな光景に見とれていたら・・いつしか年の瀬。
    時間の経つのが早くて身体が付いていけません。

    年内の大会出場も残り少なくなってきましたが・・
    そんな一年を振り返る”忘年会”の時期がやってまいりました。
    山トピ恒例となった東雲山荘・冬合宿を今年も開催いたします。
    ダルマ・ストーブを囲み”あんなことやこんなこと”止めどなく飲み、食い、
    語りあかしましょう。(あ・・消灯時間は守りましょうね)
    そう!ダイエットは翌日からです!。

    今年は運良く(悪く?)12月24日(土曜日の晩)のクリスマス・イブと
    重なり、家族サービスの皆様は残念ながら参加は難しそうですが・・
    当日、都合のつく常連さん方はそろそろ体調を整えるなど準備をお願いいたします。

    東雲山荘といえば、秋口に外壁のリフォームをしておりました。
    果たして、夜中ニギヤカ2階の隙間風は無くなったのでしょうか。
    はてっ?!。

  • >>No. 8094

    <第24回 山岳耐久レース・長谷川カップ> 終了しました。
    いつもの体育館にグリーンシートを広げ、いつものメンバーに新たなお顔も加え
    ニギヤカに楽しい時間を過ごすことができました。
    スタート時間も迫るころ、御大tamaさんも激励に来られて気合を注入してくださいました。
    「ヤフシゲさん、勇気ある退却もあるのですよ」っとお優しいお言葉に「そうだ、駄目なときは
    いつでもやめればいいんだ」っと開きなおらせてくださいました。
    70台になったら出たいっとおっしゃっていたtamaさん、私たちにはストック(杖?)という強い味方が
    あります。そのときは私も背中を追いかけさせていただきます。

    さて、私にとって山岳”低級”レースになってしまった今年のハセツネ、やはりトレイルレースではなく
    山岳耐久レースであることを身をもって体感した次第です。
    また、来年、出場できることであらば無理なく・甘えなく・根気良くっで臨む所存です。

    応援の皆様、大会関係者の皆様、お世話になりました。有難う御座いました。
    誰も読むことのないtextreamですが今の心の中を書き付けてみました。
    ヤフシゲ

  • >>No. 8093

    いよいよ、秒読みとなった24回目の山岳耐久レース・ハセツネ、出場選手および応援の皆様も準備に忙しいのではないでしょうか!。
    ちなみに、私は明朝、メタボ検診を済ませてから本格的な支度に入るつもりです。(ヤダね半病人は)

    シルバーシートが似合うようになったというtamaさん、私とて同類です。
    今年もtamaさんの気持ちを大きな緑のシートに乗せて集合場所である体育館で仲間の皆様をお待ちいたします。
    忙しい時期ではありますが、、もし、ご都合がつくようであればお顔を見せていただけると嬉しく思います。

    セイゴさん、お心遣い感謝申し上げます。
    広いシートの上に自分の荷物を四方に散らばせて、地元の皆様が到着するのを待ちながら凌ぎます。(笑)

    ヤフシゲ

  • >>No. 8090

    <第24回 日本山岳耐久レース 長谷川カップ>のグリーンシート。
    秋の大運動会まで4日あまり、地元の山走り民族は今年もいつもの場所に”陣”を張ります。
    我々がこの大会に出始め頃は、更衣室である体育館の床には主催者側のブルーシートが敷かれておりましたが、我らグループの御大tamaさんの計らいで翌年からは我々だけ上にグリーンシートを追加し集合場所に!。っというわけで引き続き今年も緑色のシートで、常連の皆様をはじめ、あらたな仲間の皆様のお越しをお待ちしております。

  • >>No. 8089

    あ・・・そうそう!当初、予定していた北穂高、北穂高小屋への計画は安全のため、今回は見送りしました。
    雨の穂高も風情があってナカナカよろし。

  • >>No. 8088

    <2016山トピ・ロートル軍団・穂高岳ぐるり>
    日本列島がまるごと雨雲に飲み込まれた先週末、我ら山トピ・ロートル組は
    意を決して行ってきました”穂高岳ぐるり”。
    大方の予想を裏切って初日の17日の午前中までは快晴、前穂高岳の山頂では思いがけない
    360度のパノラマを楽しむこともできました。

    一日目のコースは上高地をスタートして重太郎新道を紀美子平まで行き
    前穂高のピストンから奥穂高岳からあわよくば北穂高岳を経て北穂高小屋に
    泊まるというプラン。
    ・・だっかが私がブレーキとなり大幅なペースダウン、更に午後から雨が
    降りだしたため安全面から北穂高岳には進まずこの日は奥穂高岳小屋泊となる。
    早めに小屋入りして早速、始まった酒盛りにも下戸の私は付いていけずここでも
    チームの足を引っ張ることに。
    ヤフシゲ、行動とともに反省しきり。

    山行二日目。
    この日の予定は、、まず涸沢岳だけ(洒落か?)には登っておきたいっと
    朝イチでピストン、その後は涸沢小屋~グルっと回り込んで横尾~
    上高地のゴールまで。
    ふたたび戻った奥穂高岳小屋からの下りは安全第一、慎重に、、岩場を下り、徐々に早歩きから軽いジョグ
    程度にペースを上げる。
    涸沢小屋で一息つき横尾を目指す。
    大勢のグループの横をすり抜け良いペースで進むが徐々に走りが鈍くなり疲労食が濃くなる。
    平地へ下りたところで腹ごしらえし、予想外に長い距離を走りぬいて上高地へ辿り着く。

    濡れたカラダは瞬く間に冷えるので相乗りタクシーをみつけてセイゴ車の待つ沢渡へ急ぐ。
    松本市内の温泉施設でお風呂とソースかつ丼で生き返り、渋滞の高速道で帰路に。

    今年も何から何までお世話になってしまったセイゴさん、イッシーさんには感謝である。

  • >>No. 8087

    <2016山トピ・ロートル軍団・夏山計画>
    各地に大雨をもたらす台風が行列を成して訪れている列島ですが山にはそろそろ秋の気配も感じられる頃です。
    世間の夏休みはとっくの昔に終わりまして山好きのみなさんはその疲れも癒えた頃でしょう。
    ところがドッコイ!「これから夏山に登ろうではないか」っという”異色”グループもあるのです。
    登山者でごった返す時期をわざと外して(・・と言っておきましょう)我ら山トピ・ロートル軍団はこれから夏山の計画を練り始めます。
    いつものセイゴさんプレゼンツの夏山、今年は某メンバーの予てよりのリクエストであった 奥穂高~前穂高~北穂高めぐりっとなりました。
    日程は9月17日(土曜日)午前1時に最寄り駅前を出発、車とバスを利用して午前6時前には上高地着・スタート~紀美子平~前穂高ピストン~奥穂高~北穂高(小屋泊)、翌日18日は涸沢小屋~上高地までの二日間の行程です。

    晴れればイイがなぁ~。

  • >>No. 8086

    かなり早い話ですが・・「第51回青梅マラソン」は来年2月19日に開催されますが
    ”郵便大会当日(2017年2月19日)61歳以上と高校生に限り9月1日(木)~8日(木)において専用の郵便振替用紙によるエントリーを受け付けます”となっており、尚、” 専用振替用紙は8月24日(水)~9月3日(土)までの間、青梅市総合体育館、青梅市役所(休日は宿直で配布)、奥多摩町(町役場、奥多摩文化会館)にて配布いたします”とも。
    ネットの申し込みが苦手であり権利のある(笑)私は明日、入手してこようと思います。
    同じ思いのご同輩のみなさま忘れないようにしてください。

  • <御岳山のレンゲショウマ>
    今日は立秋、季節は秋だが連日、うだるような暑さが続きます。
    毎年、この時期になると御岳山のレンゲショウマを思い出します。
    数日前に日の出山に出向いた際、ひと山越えて訪れてみましたら・・
    まだ、硬いつぼみも目立ちますが今年も可憐な花を咲かせておりました。
    もう、しばらくは我々の目を楽しませてくれそうです。

  • >>No. 8084

    久々の投稿です。
    しかも、またロゲねたで申し訳ないッス!。(若者風に)

    オリエンテーリング日本上陸50周年記念行事でもある八王子フォトロゲイニングにヤブ漕ぎ隊として出場してきた。
    今回はチーム力強化を図り新たに”うめづ氏”を投入し、
    汗臭さとアルコール臭さと男臭さの布陣で挑んだ。

    地図を受け取ったのがスタート直前、作戦会議の時間もままならず、短い時間の流れの中でウワついた気持ちのままスタート。
    ”八王子は広い!”アレコレ悩んでも大した策も出ないので兎に角、走りなれた
    滝山城址公園を含む南側から攻めることにする。
    この地域、高得点ポイントがいっぱい!。
    案の定、多くのチームが前後して行動していた。
    おなじみのクリプトナイトさんをはじめ、健気に走る小学生とお父さんの親子チームやら皆さん強力なライバルばかり。

    結果、高得点を積み重ねた我らヤブ漕ぎ隊であったが、何回かのコースミスを連覇。
    終盤ではヤフシゲが脱水による痙攣と大幅なブレーキとなり、イッシー氏とうめづ氏のサポートを得ながらも大撃沈で・・
    男子5時間の部、11チーム中5位に沈んだ。

    混合チームでは過去、何回も入賞、優勝経験のあるコチャーリーさんたちが3位、
    クリプトナイトさんチームも入賞を逃すというハイ・レベルな大会であったので
    ヤブ漕ぎ隊としては上等か!?。
    そんな中でヤブ漕ぎ隊女子部が同部2位入賞を果たしてくれたことがせめてもの救いだ。

  • <フォトロゲイニング寄居2016に出場してきました>
    すっかり山を駆けなくなってしまったヤブ漕ぎ隊(相方イッシーさんと)ですが、
    まだ梅雨入りする前の5月後半に埼玉県は寄居町で行われたロゲイニングの大会に
    出場してまいりました。

    当日は朝から気温がグングン上昇。
    更に「今朝、熊の目撃情報がありました・・」っとの町内放送にギクリッ。
    熊には会いたくないけど暑さをしのぐには涼しい山の中へ逃げ込むことが賢明っと
    即、作戦を決行。
    駅南側の〝鐘撞堂山”(標高330メートルほど)を含む森の中で涼をとったのが功を奏したか
    ・・・なんと男子5時の部で優勝をしてしまったのです。

    後半、めまいと立ちくらみでフラフラになったヤフシゲですが表彰式にはスックと立ち上がり
    壇上へと登ってシッカリ賞状と商品を受け取っていました。
    相変わらず欲の皮は突っ張っていますねー。

    ちなみに当日、お友達と参加のヘロリンさんは層の厚い混合の部で高得点での2位、さすが”普段コース・ディレクター”のチカラを発揮いたしました。

  • 初夏のすがすがしい天気も一段落し、そろそろ鬱陶しい梅雨の気配も感じられるように
    なりました。
    かれこれ、1ヵ月も前のこと・・
    春先にイッシーさんから耳よりの情報が舞い込み、今年、にわかに参加が決まった埼玉県は
    外秩父七峰縦走ハイキング大会。
    主催は東武鉄道さん・・太っ腹で参加料がいまどき驚きの無料。
    この無料というのにめっぽう弱いアタクシ、迷わずエントリーでした。

    たしか、前の晩が大雨で・・心配された天気も当日には上がり絶好のウォーキング日和。
    むしろ暑いくらいでした。
    スタート地点は東武小川駅と竹沢駅のいずれか、ゴールは42キロ先の寄居駅。
    コースは七峰縦走というくらいですから標高900メートル足らずの山々を時計回りに七つ歩き倒すというもの。
    規則には”走らず”と謳ってあるものの結構、トレラン風の方々の走る姿もチラホラ。
    だが、バカまじめの我ら、キッチリと歩き通してめでたく寄居駅に到着。
    抜いても抜いても抜き切れないほど参加者は多いですがなかなか楽しいイベントです。
    興味のある方は来年、ぜひとも参加してみてはいかがでしょうか。

  • >>No. 8080

    <OTKの打ち上げ兼反省会>
    一昨日、14日の夕刻に行われたOTK打ち上げ兼反省会。
    タマ御大やせいご組長、名物エイドのクリプトナイトご夫妻や都合の付かなかった
    皆さまの参加はありませんでしたが賑やかに開催することができました。
    われらグループの名司会・進行役であるハリマネさんを中心に、出席メンバーの紹介やら
    近況報告などなど・・ほかのお客さまから苦情が出るほどの盛り上がりの中、
    楽しい時間を過ごすことができました。
    あら?・・わたし、反省ってしたのかな?。
    ってことで相変わらず懲りないヤフシゲめでございます。

    出場選手や応援の方、私設エイドの方、総勢40名にもなる皆様のご協力の下、
    無事に終了することが出来ました今年のOTK、本当に感謝・感謝でございます。

  • OTKのリザルトに訂正箇所がありました。
    大変、失礼をいたしました。

  • >>No. 8076

    ブドウやフローズンパインは新しい試みのようですね。
    クリプトナイトさん、また良いところに目を付けましたね!
    ・・ん?ブドウとな?まだ私の口には入っていませんが。
    そして噂の柴漬けですね・・これも芋ノ木ドッケでは評判のメニューです。
    近い将来、芋ノ木ドッケがエイドの部で鴨沢を超える日もあるかもしれませんね。
    まだ人数じゃ勝っているんですがネ!。(笑)
    飲み物は腰に手を当てるのが基本ですが”半凍結”ってのが想像をかきたてますね。
    HALさん、来年の予約ですかー!私の認〇症が進んでなければOKですよ。

  • >>No. 8075

    sokenさん、まことに残念ですが・・承知いたしました。ご友人の結婚を盛大に祝って差し上げてください。

  • >>No. 8073

    <OTKの反省会・打ち上げ>を開催いたします。
    下記のようになりますがご都合のつく方は是非、ご参加を!。

    5月14日(土曜日)午後5時30分より
    場所・・いつもの羽村駅徒歩5分のブッフェ・四季菜(tel042-570-4401)
    会費・・飲み・食べ放題3,000円(ソフトドリンク自由の食事のみ1,200円の方も歓迎です)

    私は反省すること「大」ですが皆様はフリートークの花を咲かせてください。

本文はここまでです このページの先頭へ