ここから本文です

投稿コメント一覧 (498コメント)

  • >>No. 8910

    しまちゃんはミィーさんを避けているのではなくて、好きな人と一緒に居るのが良くて、お客様は敬遠というタイプなんだと思いますにゃ
    みるもお客様が来ると忍者のように消えますにゃん
    気の小さい子だとご飯で釣っても普段と違うと出て来ないというのは珍しくありませんのでご安心を
    でも、すでに野良からシェルター、預かりボラさんへと環境が変化しても、居心地がよければ馴染んでいる様子だから里親が見つかればすぐにご機嫌にゃんになると思います

    誰か来たらドロロンにゃ、みる&ボイズでした

  • >>No. 8907

    おめでとうございます
    ローストチキン、パリッとした皮が美味しくて独り占めすると周囲から顰蹙を買ってしまう悩ましい料理だにゃん
    ボイズ家のお正月はみると二人だけだったので御節も作らず、日持ちのする献立を作り置きしてしのいでましたにゃ
    ゴロゴロさんのお仕事は浮き沈みが結構あるようですにゃ、ボイズも若い頃はタッチアンドゴーの低空飛行を繰り返していて大変でした
    もう残り寿命ありませーん、って頃にやっと安定という皮肉
    でも、安定すると養う社員とその家族が凄い人数なので、無責任に放り出して全部売ればジャンボ宝くじ10連発分だしなぁ、なんて不謹慎な考えが頭をよぎってますにゃ
    欧米のオーナーならとっくに売却してるにゃん

    そのときはおすそ分けで焼きカツオ山盛りくれにゃ、みる&ボイズでした

  • >>No. 8904

    おめでとうございます
    にゃんこって意外と賢くて、しかも、穏やかに語りかけてやると言葉は理解していなくてもこちらの気持ちをちゃんとわかっています
    しまちゃんの動画を見ていて、ミィーさんが「こら」といった途端にソワソワ、キョロキョロしだして「あれ?私が何か悪いことしたのかにゃん?? また人間に怖いことや痛いことされたら嫌だにゃん、ひとまずどこかに逃げるにゃ」という感じでした
    でも、このときしまちゃんはなにもしていないので、そこに居ることで𠮟られたと思ってしまうんですにゃ
    このあたりのにゃんこ思考回路は理解しておかないと上手く付き合えないんです
    以前に猫を𠮟ってはいけない、𠮟っても理解できないと言ったのはそういうことなんです
    逆に言えば、タイミングよく上手に𠮟ったり褒めたりすると言う事を良く聞いて正しく行動します
    その茶トラは愛想もいいし人慣れしていて物怖じしない子なのでどこでも暮らせます
    逆にしまちゃんはこういう活発で積極的な子が少し苦手で距離を置くと思います
    あの写真のみるは、ブルーシートの下でモゾモゾして遊んでいたので、上からツンツンして追い出そうしていたら、ほふく前進して端っこから仰向けでにょきっと顔を出した瞬間です、またすぐに引っ込みましたけどにゃ

    おら一人っ子が好きだにゃ、みる&ボイズでした

  • >>No. 8900

    ミィーさん、しまちゃんのトラウマだけれど、動画を見ていてひとつ判ったよ
    しまちゃんのトラウマ、略してしまウマ、うーーーん、何か違う動物になってしまった (^^;
    冗談はさておき、唐草模様のキューブに入ってご満悦で周囲を眺めていたのに、突然顔をそむけてスゴスゴと立ち去ったので何なんだろうと思って見直すと、直前にミィーさんがなぜかしまちゃんに向かって「こら」って言ってるんです
    しまちゃんは、この「こら」に反応して、そこに居ることを𠮟られたと思ってそそくさと退いたのです
    どうも、何度も人間に「こら」と言われ、そのときに叩かれたり追われたりしたことで、しまちゃんが萎縮するキーワードが「こら」なんだと思います
    安易に使うとそれがきっかけで厄介なことになるから注意しないといけません、うっかりトイレのタイミングだっただけで二度とトイレが使えなくなることもあるよ
    しまちゃんに「こら」を使うのはよほどの悪行のときだけで、基本使わないのがいいと思う
    預かりさんはそのあたりを心得ていて、お布団で粗相したときも𠮟らず、粛々と片付けているので、その後もお布団に入っているけれど、もし、𠮟っていたら二度と入ってこないでしょう、にゃんこは意外と賢くて飼い主が怒ったことは絶対繰り返さない子が多いです
    私も、みると暮らし始めのころ、ベッドには用心していてブルーシートをかぶせていました、乗るとカサカサ音がするのを猫は嫌うので猫除けにはいいのですが・・意に反してみるは下にもぐって遊んでましたけど(写真参照)
    布団やソファみたいにフカフカしたものに乗っていると気持ちよくなって、フミフミしているうちに興奮性失禁してしまうんですにゃ
    猫の扱いに慣れている人でないとしまちゃんを飼うのは意外と難しいよ

    おら期待を裏切るのが得意にゃ、みる&ボイズでした

  • >>No. 8900

    動画見ましたー
    しまちゃんの家猫修行は順調な様子
    あまりストーブのそばでじゃらしを振ると勢いでやけどさせますからご注意
    みるは保護されたお宅で石油ストーブに顔を突っ込んでヒゲにパンチパーマかけてしまったにゃ
    一緒に居る茶トラはベンガルという血統種とのミックスで不思議なヒョウ柄がありますにゃ、大きくなると模様がくっきりしてきっとカワイイよ
    最近のノラはみるも含めて純血種混じりがすごく多い
    安易にペットショップで購入して、避妊もせずに外に出したり、人間の都合で捨てられたりしている子が多いという証で少し悲しいにゃー
    ミィーさんもこういう実態を見てしまうと、周囲でペットをカワイイという衝動だけで購入する人が居れば軽蔑してしまうと思うにゃ
    みるは少し混ざっているっぽいけれど、要件は満たしているので血統書なしのなんちゃってアメショですが、こんな子をどうして捨てるのか、はたまた、迷い出て帰れなくなったのか、いずれにせよしまちゃんの災難を含めて全部人間が悪い
    にゃんこの天敵は人間でした、でも、運良く救ってもらえて良かったにゃー
    という今年の締めくくり

    おら天敵の家に住み着いてるにゃ、みる&ボイズでした

  • >>No. 8898

    きっとそうですよ、生粋のノラで人恋しいということは滅多にありません
    筋金入りのノラでも、美味しいものであっけなく陥落する子も居ますが、大抵は慣れるまでかなりの期間を要します
    しまちゃんは、引き取り手が見つからなくても預かりさんがうちの子にしても良いと思ってもらえるくらいなら、里親はきっと見つかります
    ある意味、どんな形であれ一番幸せなにゃん生をつかみ取れる幸運なにゃんこなのかもですにゃ

    皆様、良いお年をお迎えくださいませ

    みる&ボイズでした

  • >>No. 8896

    預かりというのはそんなこんなもすべてひっくるめてなので気にしなくていいです
    初日にお布団に入ってくるなんて、ノラだったとは思えないですね
    もしかしたら生まれたときは家猫で、お布団を覚えているのかもしれません
    一度おしっこして臭いの付いた布団に乗ると、またもよおすので仕方ないんです
    お気に入りの寝床なら汚さないので𠮟らずにまた入れてあげれば、二度は失敗しないんです
    でも体調が悪かったり、何か強いストレスがあるとまたやらかすかもですが・・
    私もらてが来たとき、初日にイタリア製の20万円のソファをやられて速攻で粗大ゴミになってしまいましたよ
    しかも、回収に来てもらうまで軒下に出しておいたらノラちゃんがまた留めを刺してました
    ミィーさんの気が済むなら、何か別な形で役立つものをプレゼントして埋め合わせしてあげるのも良いですが、過剰な気遣いは無用です
    みるはいつも一緒にお布団で寝ていますが、たまによだれでシーツを汚すくらいで大失敗は今のところありません
    ただし、私はみるがいつも乗る位置にはシーツの下に大きなペットシーツを敷いてあり万一のときでも被害がシーツだけで済むように予防しています
    にゃんこと暮らすには、いかに𠮟る要素を先回りして排除しておくかが大切なんです

    おら自分専用のホカペがあるからお布団はちょっとだけ
    みる&ボイズでした

  • >>No. 8893

    みるもトラウマを抱えている子でしたが、ここで2年暮らしたらすっかり開放されたようです
    最初の頃は単なるビビリだと思っていたけれど、私の動きをいつも見ていてちょっとしたことでビクッとする様子から、多分子猫のときにどこかに入り込んで追い掛け回されたとか、しまちゃんみたいに立ち入り禁止のところに入って叩き出された経験があり、人間は突然自分を嫌って攻撃すると思っていたようです
    猫嫌いな人でなくても都合の悪い場所に入られるときついことをするのは仕方ありませんから、こればかりはどちらも責められない
    でも、好きな人と一緒に楽しく快適に暮らしていればそんなトラウマもほぐれて本来の甘えん坊に戻ります
    一見、聞き分けが良くて大人しい子の方が意外なトラウマを抱えているので、そういう子は感情の起伏が激しい人との暮らしに向きません
    なんとなく、どんな里親が合うのか見えてきましたにゃ
    保護期間と言うのは、そういう個性やハンディを見分けるのにも良いので、ノラ暮らしの長い子には必要な緩衝材なんですにゃー
    みるは昨晩、私の焼きサンマに目がくらんで、ちょっとトイレに席を外した瞬間「泥棒猫」になってしまい𠮟られて落ち込んでますにゃ、でも、一晩寝たらもう忘れてるっぽい

    やっぱりにゃんこはにゃんこ、油断大敵のみる&ボイズでした

  • >>No. 8889

    そういえば、ボラさんにもお店の駐車場で受けた怪我のことを話しておくほうがいいですよ
    しまちゃんは子供にトラウマを抱えているかも知れないので、良く似た年の子供のいる家庭だと出くわした途端にパニックになる可能性があります
    そうなると出戻りになってしまうし、ストレスから移動させるだけで体調を崩すようになることもあるので後々面倒なことになります
    関係が悪くなる要因は最初から排除しておくのが良いでしょう
    今のボラさんの環境は合っているようなので、似た家庭環境の里親を選ぶのが良いと思いますにゃ

    みる&ボイズでした

  • >>No. 8890

    祖母は5年前に他界しています、格言は曽祖母からの受け継ぎのようです
    この曽祖母というのも大変裕福な人で、ヘソクリで1万坪の土地を衝動買いするような人でしたが、苦労しているのでそれを鼻にかけるようなことはありませんでした
    でも、そういうしっかりした人の子供ってどうも軟弱なのが多いですにゃー
    祖母は戦争で失ったものが多いので気が張っていましたけどにゃ

    しまちゃんはこれからボラさんの家でたくさんの来客をお迎えして、ビビリ克服するのが大事なのでミィーさんも時間が取れるときにはできるだけ訪問してあげるのがいいにゃ
    きっと、お客様も怖くないと解かれば甘えるとまでは行かなくても引っ込んでしまうことはなくなって、一緒に寛ぐようになりますにゃ
    ケージは逃げ込んだというより、今日はここまでという区切りで帰る個室みたいに思っているのでしょう
    捕獲が簡単に出来たということは、もともとお籠もりが好きな子なんでしょう
    猫は初めての場所や環境では本能的に暗くて狭い場所に入って周囲の様子を観察します
    そのため、新しい家に迎えるときにもそういうコーナーを作っておくとすぐに入ります
    みるは一週間も籠もっていましたけどにゃ
    家猫修行と里親のご縁って不思議なもので来るべきときにはちゃんと出会いがあるものです、そういうときにはためらわずに出してやるのも愛情なんだにゃー

    おら、もともとお外暮らしだったから婿入りだったにゃ、みる&ボイズでした

  • >>No. 8884

    祖母は仕事の上下関係で言うことは上司として毅然と言いましたが、それ以外のことで口出しすることはありませんでしたし、従業員間の人間関係での不平不満も聞くだけでそれ以上はなにもしませんでした
    今回のような愚か者親子丼はたぶん言ったところで口ごたえしか帰ってこないし、のらにゃんなどゴミのようにしか思っていない人も多い、実際、今回のことでミィーさん以外はみんな同程度だと分かったはずです
    そんな人たちからすれば、保護して医療費や餌代を負担するなどということは「とんでもない負担」だと感じるでしょうから、落差は永久に埋まりません
    しまちゃんは預かりさんのところであれだけ甘えることができるのなら、そんな預かりさんが合格を出した里親なら大丈夫ですにゃ、はやく送り出してあげようにゃ
    それから、お膝に乗せてみたければ次回訪問したときに、ボラ奥さんがいつも膝に乗せている場所にミィーさんが同じように座れば乗ってくるかもですにゃん
    ボラさんは「同じ場所なら誰でも良かったのかよー」って落ち込むかもですが、お試しあれ

    おらびびりだから知らない人には乗らないにゃ、みる&ボイズでした

  • >>No. 8882

    しまちゃんは、中に入れば歓迎してもらえると思っていただろうし、そのまま住み着いてしまいたかったんだと思います
    それに、にゃんこは常に好奇心のかたまりで興味が沸くとずんずんと進んでしまいます
    そういう意味では、ミィーさんが勝手口付近で構ったのも良くなかったということです
    入られて困るなら、入り口から離れたところで構ってやり、テリトリーをはっきりさせておかないといけません

    愚か者親子ですが、
    私の祖母の格言(もどき)でよく言っていたことがあり
    言えばわかる人は言わなくても自分で気付く、言われないと判らない人は言っても判らないし、言うと逆恨みを買うこともあるから放っておきなさい、と
    何百人も使用人が居た大女将の言葉でごじゃる
    また、西洋占星術の中に「今は今」という言葉があります、太古の昔に賢人が残した言葉です、過去から学ぶことはあっても過去を変えることは出来ません
    しまちゃんは、もう愚か者から離れることが出来たので、やるべきこと、できることをしてあげて結果よければすべてよし、と割り切ってしまうにゃ
    私もこの一件はこれで良かったのだと思いますにゃん
    ミィーさんも、生き物を救うということの深い部分を体験できて、少しの出費はあるけれど、それでしまちゃんの幸せが買えるのだからお金も生きますにゃ

    みる&ボイズでした

  • >>No. 8880

    にゃんこの思考回路を理解している人は絶対に𠮟りません、𠮟っても判らないというのが正しいところ

    そのときのしまちゃん回路で考えると、
    いつも食べ物をくれる人が居るところに通うにゃん
    あれ、今日は入り口が開いているにゃ
    中に、いつも可愛がってくれる人が居るから逢いにゆくにゃん
    こんにゃちわー
    と、まあこんな感じで入ってきただけなんですにゃー

    こんなとき、簡単な方法は行く手を団扇のようなもので遮って目線を遮ると後ずさりするから、そのまま出口に誘導してやって「入ったらダメよ」と静かに言って扉を閉めれば次から入ろうとしません
    慌ててパニックになって追い出した従業員は無知な人です、もし、そのとき戸を開け放しにしたことで子供をヒステリックに𠮟ると、子供はその怒りをそのままネコに向けて行動します。ま、親子揃って似たり寄ったりですにゃー
    保護して、愚か者から遠ざけて正解ですにゃ

    おらはボイズ家に住み着いて正解にゃ、みる&ボイズでした

  • >>No. 8876

    低いときも高いときも自覚症状があるのでわかります
    私のように詳細なデータを取っていると、採血するタイミングをコントロールして初めてかかる医者なら簡単に騙せます

    ゴロゴロさんが注意すべきは、もし、すでに糖尿病ならこのような変動を起こしているから、三つのパターンが想像できるはず
    1.HbA1cが高くて、しかも血糖値が高いときに受診すれば即投薬開始になってしまう
    2.HbA1cが正常範囲の上限で血糖値が普通のときに受診すれば「食事に気をつけて暫く様子を見ましょう」となってなにもしない
    3.HbA1cが正常で低血糖のときに受診すると異常なしと判断される
    この三つは全部誤診で患者は被害を被りますが、街医者だと普通にいつでもどこでもやらかす失敗
    かなり継続的に診察、検査を繰り返さないとわかりにくいんです
    食後血糖が急激に上がるタイプの人は「糖負荷試験」というのをやらないとダメですしね
    用心されたし

    おらは無用心、みる&ボイズでした

  • >>No. 8877

    動画見たにゃん、お膝に乗ってご機嫌なとき、にゃんこはあんな風に尻尾でテンポとりますにゃ
    好きな人だと歩いているときに足元に擦り寄って尻尾絡めてくるにゃ
    健康状態は良さそうですし、好きな人にならちゃんと甘えられるようになっていて、数ヶ月前まではノラだったと思えないくらい進歩してますにゃー

    翻訳は大雑把に、
    あなたのビデオを公開する準備は出来ていますか?
    ユーチューブからのお知らせ
    ミィーニャン様
    もう、後はあなたのビデオを公開するだけまで完了していますにゃん
    にょろにょろ~

    おらのビデオも公開してにゃ、みる&ボイズでした

  • >>No. 8873

    参考までに、ボイズの今年のデータを貼っておくにゃ
    典型的な糖尿病患者の変動パターンで、これだけ上下していてもHbA1cは6.0です
    また、空腹なのに200超えとか極端に高いときは、甘いもの食べたとかではなくて内臓疾患や神経症のストレスで体が防御のために血糖値を上げたためです
    これは「カウンターホルモン」で検索すると色々出てくるから勉強されたし
    ということで、上と下のどちらのタイミングで医者にかかっても、数値だけだと誤診されることが理解できると思います
    糖尿病だ、暴飲暴食だ、運動不足だと決め付けてモノを言う医者に当たったらさっさと見切って糖尿病専門医をあたるほうがよろし
    この投稿をプリントして持って行くとヤブは黙り込んでしまうにゃ

    みる&ボイズでした

  • >>No. 8869

    しまちゃんはミィーさんの決断で一番幸せなにゃん生への第一歩を踏み出せました
    にゃんこはちゃんと幸せキャッチの本能をDNyAに持っているから、きっとしまちゃん自身が努力して一杯甘えて愛されるにゃんこになると思います
    ミィーさんにとって里親が決まってサヨナラするのは寂しいことではありますが、それがしまちゃんの終生の幸福への入り口なので笑顔で見送ってあげようにゃ
    ボラさんはミィーさん以上に愛着や思い入れがあるから審査厳しすぎて里親決められないなんて笑い話も良く聞く話、ボラさんのほうが別れるの寂しくて大泣きしてしまうかもにゃ
    しまちゃん、がんばって早く次のステップに踏み出すにゃ、みるも応援だにゃん

    みる&ボイズでした

  • >>No. 8868

    糖尿病でなくても知っておくほうが良いのが日本人の白米好きの欠点
    白いご飯をお茶碗一杯食べるのと、同じ重さのコーラを飲むのとで、摂取される糖分の量が同じだと理解すると節制という言葉の意味が分かると思います
    それに甘い酢を混ぜた酢飯なんぞは殺人罪で逮捕されてもおかしくない食べ物
    その昔、農耕の重労働でも肉や卵などの蛋白質を摂れず米や雑穀だけでしのぎ、しかも、その貴重なエネルギー源も9割を年貢でまきあげられていた粗食時代のDNAを持つのに、今の飽食は大変危険
    ゴロゴロさんの食生活は育ち盛りの子供でも過剰気味な内容なので、よく再検討されるのがよろし

    みる&ボイズでした

  • >>No. 8868

    以前に私の血糖値データを掲載したことがあるので、もし見ていたら分かると思いますが血糖値は医者で測っても、あくまでその瞬間の数値に過ぎずあまり参考になりません
    HbA1cは糖尿病の指針となるものですが、これとて下げればよいということではなくて、その人の体質や体格、内臓の健康度でも適正な値と言うのはかなり開きがあり、5.6だから良くて6.5だとダメというような単純なものではありません

    私がトライアスロンをやっていたとき、意図的にHbA1cを一ヶ月だけ8.1まで上げるなんていうこともやりましたが、医者がこの段階だけ見れば即座に治療しろとなりますがレース一回出ただけで2週間後には5.4まで下がっていますので実際には糖尿病ではなく、一時的な炭水化物のオーバーフローで平均血糖が高いまま推移しただけなんですね
    でも、これを何度も繰り返すと膵臓がダウンして糖尿病になってしまう

    日常生活における運動量、これ、仕事で消費するのとスポーツで消費するのは性質が違うから肉体労働の人でもきちんと運動しないと糖尿病になります
    ウォーキング程度の負荷で改善する人も居れば、毎日5キロのランニングしても良くならない人も居るということです
    病気と言うのは、まず、そのメカニズムを理解し、たくさんある治療の選択肢の中から最適な組み合わせを見つけることから始めないといけませんので、かなり真剣に取り組まないと病気の進行がお先に失礼、ということになりますのでご用心

    みる&ボイズでした

  • >>No. 8864

    しまちゃんの動画見るの楽しみにしてますにゃん
    湯中部にアップしてリンク張るのが簡単だと思いますが、動画にはフォーマットが色々あって変換しないと使えない場合がありますにゃ
    Windowsならムービーメーカーとか、タダでダウンロードできる動画編集ソフトがあるのでひとつ入れておくといいです

    しまちゃんが特定の人にだけべったりなのはそういうタイプの子なので心配は要りません
    新しい環境でも、そこが気に入って仲良くできる人が居れば必ず適応します
    たぶん、今まで出会った人間とは大違いにボラさんが可愛がってくれるので、甘えるのが嬉しくてたまらないというところですにゃ
    もともと小さい子のようですが、子猫のときにあまりご飯にありつけなくて、その条件に適応するため大きくなれなかったのだと思います
    でも、食欲旺盛で下痢もしていないようなので、これから大きく育つかもしれないので乞うご期待

    みるは初対面の印象が「でかい」というくらい大きな子で、うちに来たときすでに6キロ近くありました、そしてここでモリモリ食べてまた1キロ増えてしまい、ただ今ダイエット中だけれど、生まれつき大きい体格のようです
    普通、にやんこって歩くときはヒタヒタと静かなのに、みるはドスドスどすこいと騒がしい

    A1cが6.0程度なら、食生活に注意していれば大丈夫ですにゃ
    6.5超えたら黄信号点灯なのでご用心

    ゴロゴロさん沈黙しているけれど大丈夫かにゃ・・ちと心配

    おらデカくても気にしてないにゃ、みる&ボイズでした

本文はここまでです このページの先頭へ