ここから本文です

投稿コメント一覧 (2コメント)

  • まだまだ低空飛行のそーせいグループ。
    目先では苦しい展開が続きますが、そもそも製薬は長期スパンで見ていくもの。
    ということで10年先にテレビCMが流れて一般にも認知される会社になること夢見て。。。

    ナレーション:時は幕末、維新の大業を成し遂げた長州藩には未知の事柄に対する果敢な挑戦と、それらを容認する風土があった。
    吉田松陰:殿、これからは身分を問わず多くの人材を登用すべきです!
    毛利敬親:うむ、そうせい。
    高杉晋作:殿、世界の情勢を見たところ、これから藩の近代化を推し進めるべきです!
    毛利敬親:うむ、そうせい。
    (ここで長州出身の多くの志士の肖像が流れる)
    ナレーション:製薬で未来を「創生」します。そーせいグループです。

  • 個人的な考えですが、ここの株価の長期的な安定上昇のためには大株主の存在が不可欠だと思います。
    個人投資家が多くをしめる現状では、確かに一時ものすごい上昇を演じることがあっても
    逆に暴落する速度もものすごく、大変に脆弱な動きになってしまいます。
    ガチホだ安くなれば買い増しだ、といっている人だけでは小口だし、それ以外の人は少しでも急騰すれば
    売り抜ける気満々だし、個人は人数が多くだけそれだけ思惑がバラバラで、しかも流れ左右されやすいため
    上下いずれにしても一方向に動きやすいです。
    ピーター氏も個人投資家が多いことを問題視されていたようなので、今後、その手腕に期待したいところです。

本文はここまでです このページの先頭へ