ここから本文です

投稿コメント一覧 (667コメント)

  • >>No. 3816

    【Re^3:(また)地銀の経営統合】

    地銀同士の合併は珍しくなくなってきましたが、それにしても多いですね。
    K西Aーバンもどこに向かうのやら?

  • フランセの製造設備を活用するのか、フランセの縮小に走るのかはわからないが、合併することで、叩かれることはなくなると思います。フランセの販売箇所をシュクレイの販売に差し替えるとか考えているのでしょう。(特に都内)

    単純に言うと買収はやはり失敗では?

  • >>No. 931

    他社資本をさらに入れて成長を加速する考えはないのだろうか?
    (増資なので株主には一時的に嫌われますが…)

    M3 is just getting started

    は実は燃料(資金)を大量に積んで大きく飛躍したいと言う願望なのでは?
    少なくともソ★ーの延命のための資金(配当)で成長が遅くなっているという落ちは
    勘弁してほしい。

  • この結果を見ると、経営していると感じますね。
    どこかの会社と違い、買収した会社も戦力化しているし。
    利益余剰金が着実に積み重なりと言いたいところですが、
    多分またどこかで(自己資金の範囲内で)買収するでしょう。

  • 1Qでずっこけているから、利益が出るまでは市場が信用しきれていないのでは?

    但し、順調に利益を積み重ねられれば、買われることでしょう。それにしてもシュクレイの伸長は
    凄いの一言。(通常は売り上げの伸び以上に利益も増えますからね)

  • >>No. 3814

    【Re:(また)地銀の経営統合】

    この話題で思い出しのですが(笑)、関東の地銀も合併とか統合とか提携とかの話題が出ていたと思います。
    私の関係するところでは、融資関係は大いに影響が出てきます。

    具体的には銀行名を書けないのですが、とある地銀同士が持ち株会社の下に入る形で統合することになっている某地銀さんです。融資で何が起こるかと言うと、統合前にポジションを確保したいのか預貯金活動や融資実績を確保することが当然のように起きてきます。(ものには当然限度があるのですが、ボーダーライン上では結果が違うくらい影響してきます)

    私の例では、(うちにしてと声を掛けてもらった銀行)

    統合予定の地銀Y ほぼフルローンの融資(正確には99%)
    外国系のS銀行 9割融資
    Rなる都銀  7割融資

    金利次第ですが、手元資金も確保しておきたい(トラブル対応用:笑)ので、第一優先は地銀Yになります。余談ですが大手Y浜銀行は渋いので、7割~8割程度になるかと思います。(金利は住宅ローン並みに1%前後になるとは思いますが…) 通常は不動産業者経由で融資の打診をするとクライアント(今回の場合では私)とコンタクトを取ることはないのですが、本当に案件が欲しかったらしく途中から直接会話をするありさまでした…。(社内稟議も順番を入れ替えた可能性が高いです)子会社で実質保証するらしく、この保証会社で私を保証してくれたら、ほぼ融資は通過します。(ほぼと言ったのは分筆がされていないので、登記待ちになっている関係)

    関西地区は知りませんが、首都圏地区は資金がだぶついて、かなり不動産融資に流れている感じを受けます。(収益不動産の)売り出し価格が上昇する訳です。

  • >>No. 3953

    【Re:越年】

    旅行中で本日やっと書けますが(笑)、来年も引き続きよろしくお願いします。
    ここ数年は旅先(東北【2014年】・能登【2015年】・五島列島【2016年】)での投稿になりますが、投稿ネタがありましたら引き続き…。(以下省略)

    個人的には、税理士にお願いするための資料関係のまとめが本年の仕事初めになりそうです。
    参加機会が減少気味ですが、よろしくお願いします。(兼業も大変です)

  • 為替予約の状況からは円安になるほど為替予約をしていない他社との差が出てくるので、しばらくは順調に業績も推移すると読めば、素直に買ってくるでしょう。そこまで調べていないと怖くて買えないですが、木曜日にプロ(アナリスト)相手に説明会を開催しているのでそれはないと信じたいですが。

  • 【円安進行中】

    輸出がメインの製造業はいいのでしょうが、海外からの物の購入がメインの人や企業にとってはいいこととは言い難いです。とは言えアベノミクスで紙幣を数字上は膨らませましたら、相対的に円の価値が下がったともいえます。

    結果論的には、
     1)金融緩和で時間を稼いでいるうちに成長戦略なるものを稼働させて、GDPの拡大による自然な成長に
       よるデフレ脱却を目指す
       →単純に数字上の通貨発行量が増えただけでした…
     (補足)何故、数字上かと言いますと、テクニカル的には市中銀行が担保として提供した国債の預け入れ残高を
         数字上で増やすだけで、実際の通貨を発行している訳ではない
     2)国債の利子の支払いだけで、国家予算規模になっては困る訳で、原理的に国債の利子の支払いを抑えたい
       動機が常にある。
       →いわゆる金融抑圧と言いますが、大量に国債を発行している状況からこの政策を採用しないと
        国家がパンクします。(笑)
     (補足)幸いにして、日本の国債はビックプレーヤー【年金・保険等の資産運用資金・企業年金】等の機関投資家の引き受ける額が大きすぎるために、海外の投資家の参入余地は少ないです。つまり、金利を大きく上昇させる動機がとても低いです。
     3)日銀の国債引受額がそろそろ50%を越えてくるので、いつ【ファイナンス】状態であると市場が認識するのかが急激な円安になるかの分岐点になりそうです。

  • 【カジノ法案】

    何回かトライしてはボツになっている法案ですが、急に通過することになりそうな雰囲気です。
    LスベガスSンズあたりが、進出してくるのは目に見えていますが、日本全国に広域にわたり普及(?)
    しているパチンコ店との競合はどうするのでしょうか?

    他人事ながら心配です。Y浜市民としては治安の問題があるので、誘致は遠慮して欲しいと思いますが、
    女性市長なので在任中は大丈夫かと。一層のこと、東京湾に人工島でも作りますか?

  • 今月あたりから売り上げのピークを迎えるのに 株価が先にピークとは?
    会社の開示状況が悪いのも影響していそう

  • >>No. 3804

    【Re:アパートローン仮審査申請】

    自己レスです。
    仮審査は先週終わりましたが、不動産会社の担当者がう★病でダウンして2か月間そのままで
    あったと、銀行の担当者から告げられた時にはめまいがしました。何かペナルティを用意
    したいと思います。(余談ですが、Y銀行の担当者も結構凄いです。口調は穏やかなのですが
    ずばずば物を言うタイプです。その相手に不動産会社の担当者を差し置いてお話をしている
    こと自体凄いことですが、どうなのでしょうか? 一様、不動産会社の紹介と言うことにな
    っています:笑)

    さて、晴れて本審査と行きたいところですが、分筆がされていないととかで、書類の受け取り
    事態が止まりました…。本当に使えないと思ったのですが、パッケージローンのような楽な
    銀行としか取引をしていないせいかもしれません。

    注:分筆とは土地を分割登記すること

    つまり、買い取った土地を2つに分けてアパートを建築後に販売する予定でしたが、普通の
    銀行が審査することでNGと言う訳です。(この不動産会社の紹介物件をRそな銀行に持ち
    込んだ際は私が資料の用意や質問の回答をさせられた苦い思い出が…)不動産業界は基本的に
    会社でなく人ですが、ひどい扱いです。(現在の窓口は怪しげな女性です。自分の仕事しか
    しない典型的なタイプというのでしょうか。不動産投資会社には向いていません。転職を
    お勧めします)

  • 強いの一言!

    確変モード突入か?

  • 確変モードに突入か?
    というくらい一直線ですね。

  • この業績からするとボーナス期間に入ったような感じを受けます。時価総額的にも今までの
    割安株での放置は機関投資家にとっても成績の悪化になることから後追いで購入するのは目に
    見えてきます。

    日★ハムに比べてとか言われだすと、PER自体の見直しが入るので、凄いことになりそうです。

  • 厳しいと思っていた2Qで挽回したのだから3Q以降は…
    妥当な評価ではないかと。

  • ここで勇気をもって(信用で)売り向かう人がいると凄いことになりますが、多分いないでしょう。
    思いっきり持って行かれますから。

    各子会社ごとの分析を見るとシュクレイの伸びが異様ですね。フランセを何故買収してしまったのだろう?
    (シュクレイへ供給する数量を確保するためにラインが欲しかったのか?)現時点では謎です。

  • 半期でみるとしょぼい気もしますが、各Qごとに分解してみると2Qでかなり盛り返していることがわかります。
    1Qでショックの下げを演じたので反発をするか? またずっこけるとみて様子見かは明日のお楽しみということで。
    (今日の上昇が決算内容の漏れであれば、当然UPでしょうし…)

  • 中間期に特損処理をして調整しているところをみると余裕でしょう。
    同業の苦境をよそに何故ここまで儲かるのか?

    居酒屋は不況業種だと思っていましたが。

本文はここまでです このページの先頭へ