ここから本文です

投稿コメント一覧 (114コメント)

  • ドバイでは7月から、人間が搭乗する空飛ぶタクシーが運用開始になるそうです。実際の運用にあたっては、克服しなければならない、さまざまな問題が出てくるでしょうが、第一歩を踏み出した事によって、人類の交通体系には大きな変革がもたらされるであろうと、私は考えています。

    地上の交通には道路が必要で、それには用地買収や工事費など大きなコストがかかります。また、車はタテヨコには進みますが、上下には進めません。

    それに比べると、空飛ぶ自動車、つまりエアカー《またはスカイカー》は本体の最初の開発コストはかかりますが、道路は不要で、タテヨコ斜め、どの方向にも進むことが出来ます。そして移動する空域を何層にも取ることが出来ますので、渋滞などは、ほとんど起きないと思います。

    道路に接していないので抵抗は少なく、スピードを出すこともできます。ただもちろん、ひとたび事故が起きた時には死亡事故となる場合が多く、立体的な交通整理が必要で、それは人間に任せておいては危険が大きいと思いますので、AI《人工知能》による自動運転が義務づけされる事になると思います。

    動力源をどうするかは課題の一つですが、技術革新のスピードは早く、小さなエネルギー源で動かすが出来るようになるまで、さほどの時間は掛からないのではないかと、私は思います。

    私は、根が幼稚な単細胞生物なので、こんな事を考え始めるとワクワクしてきます。

    海山

  • まもなく、花見シーズン到来となります。今年はどこへ行こうか、迷っている人も多いと思います。もし京都方面へと思われたなら、たぶん、まだ知らない人もいらっしゃると思いますので、私のおすすめの場所も参考にして頂けたらと思います。

    原谷苑という、金閣寺の南西方向にある個人所有の山ですが、近年、急速に人気が高まって来たようです。広さ4000坪といえば桜の名所としては小さい方だと思いますが、その見事さには、訪れた人の誰もが感動するはずです。以前は近くの人や、親戚、友人だけに解放していたそうですが、噂がひろまって一般公開することになったようです。

    ただここは道幅は狭く、駐車場もないので、バスやマイカーでは行くことが出来ません。金閣寺周辺からタクシーで行っていただく事になります。

    海山

  • たぶん、皆さんはご存知ないと思いますが、3月11日に《チアダン》という映画が全国公開されます。これは地方のある高校のチアダンス部が、2006年に部を創設して、僅か3年で全米チアダンス大会で初優勝したかと思うと、更にその後2013年から2016年まで4年連続優勝してしまったという、奇跡のような、実際にあった話を映画化したものです。

    チアダンス全米優勝というのが、どれほどの権威のあるものかは私も知りませんが、実は、このモデルとなったのは福井商業高校という、私の2番目の妹が通った県立高校です。かつては甲子園の名門校だったのですが、北野さんという名物監督が退任してしまってからは、野球は弱くなってしまって、代わりに、その野球部の応援をしていた、バトン部を母体に生まれた、チアダンス部が脚光を浴びるようになってきました。

    お国自慢の話で申し訳ないのですが、広瀬すず、天海祐希なども出演するので、お時間と興味のある方は見に行って頂けたら、嬉しく思います。

    海山

  • 北陸にも、春が近づいてきたようです。まだ暖かいとは言えませんが、今日は、風もなく、ときおり晴れ間も見える、穏やかな日和となりました。
    友達との会話では、ふきのとうが話題になりました。

    京都から帰ったばかりですが、今年はどこへ桜を見に行こうかと、もう考え始めています。

    海山

  • 2日間の短い旅でしたが、やはり旅は楽しいものです。寒いだろうと思って、いっぱい着込んで行きました。荷物と合わせて10キロ近くになったと思いますが、元々、自分の身体が軽いので、重さは気になりません。70キロ、80キロある人は、荷物を持たなくても私が20〜30キロ持って歩くようなものですから、大変だろうと思います。

    アキさんの言われる高山寺とは高台寺の間違いでしょうか?
    それとも右京区栂尾山にあるという、鳥獣戯画で有名な高山寺でしょうか? 高山寺なら私は行ったことがないし、今日行ったところからは、だいぶ離れていますが・・・

    高台寺前の、ねねの道のあたりには、確かにおしゃれな茶店があったような気がします。高台寺の境内でお抹茶を頂こうかとも思いましたが、まだ疲れてなかったので休む気持になれず、そのまま元の四条通りに向かいました。

    海山

  • 昼食後、バスで京都駅まで行き、そこから歩いて鉄道博物館まで行きました。近いと思っていましたが、意外に遠く、30分ぐらいかかったような気がします。
    それはいいのですが、行って見たら今日は休館日だと言われてがっくりです。もう帰りは歩く気がしなかったので、バスで京都駅へ戻り、お茶を飲んで4時40分初のJRで帰途についたところです。

    写真は昨日、清水寺から五条坂を望んだ辺りです。白梅が綺麗に咲いていました。

    海山

  • 今日は朝からよく晴れています。ホテルを出て、八坂神社を通り抜けて高台寺へ行き、そこから石塀小路を通り抜けてまた四条通りへ戻り、歩いて四条河原町から錦小路へ行きました。
    高台寺は何回か行きましたが、いつも時間に追われ、ゆっくり見た事はありません。今日は時間を気にしなくていいので、1時間半ぐらいかけてゆっくり庭を回りました。

    自分の足で歩けるのは幸せです。錦小路で少し買い物をして、昼食のうどん屋さんへ入った時には1万歩を超えていました。若い頃は平気だったのですが、今は、1万歩以上歩くと結構疲れます。東京オリンピックまでこの足が元気でいてくれたら、開会式か閉会式を見に行きたいと思っています。

    写真は秀吉の正室の《寧々》こと《北の政所》が伏見城から移築した茶室です。高台寺の後方の少し高い位置にあります。

    海山

  • ホテルで一服して、ひと風呂浴びて、外へ出ました。夕食をどこでとるかは決めていません。花見小路、四条通りを行き来し、ひととおり見ました。美味しそうな店がたくさんありますが、お腹はひとつ、田舎者は迷います。
    四条通りの京漬物屋さんの2階で、すき焼き御膳というのを注文しました。

    味音痴の私の言うことですから当てにはなりませんが、美味しかったです。

    海山

  • 京の街はこんな季節でも賑わっています。着物姿は京の街によく似合いますが、ほとんどはレンタルで、レンタルの着物を着て歩いている人のうち、半分以上は中国人ではないかと思います。見ただけでは分かりませんが、喋っているのを聞いて分かります。

    町歩きを楽しんで、アパホテルにチェックインしました。部屋は狭いが清潔そうなので、文句は言いません。場所は八坂神社のすぐ近くで花見小路とも近く、一等地と言ってよいでしょう。

    海山

  • 清水寺も五条坂も1〜2度は来たつもりでいましたが、来て見て、初めてだということが分かりました。

    海山

  • 夢二カフェの入っている建物は五龍閣といって明治の起業家《松風嘉定》の邸宅だったそうで、国の登録文化財の指定を受けているそうです。

    海山

  • 店内もいい雰囲気で料理もおいしく、滅多に誉めない妻も、ここ素敵ね、と言いました。

    海山

  • 京都駅へは30分遅れで着きました。急ぐ旅ではないので、問題はありません。タクシーで五条坂へ行き、清水寺周辺を歩いてちょうどお腹も空いてきたので、夢二カフェというところで昼食をとる事にしました。ここは大正10年に建てられた、元は清水焼の窯元だったところです。おしゃれな店です。


    海山

  • 福井市内ではもうほとんど雪は消えていますが、ここ滋賀県はまだかなりの積雪があります。琵琶湖西岸を走る湖西線は風が強いといつも徐行運転になるのですが、今日も先ほどから、ノロノロ運転が続いています。少し遅れそうです。

    海山

  • 久しぶりの冬の旅は、小雪の舞う中の出発となりました。昔、スキーにはよく出かけましたが、スキー目的でない冬旅は初めてです。
    京都までJRで80分です。昨年夏以来、半年ぶりです。京都へはもう何十回と行っていますが、まだまだ知らないところがたくさんあります。今回は取りあえず五条坂へ行く事は決めていますが、その他にどこへ行くかは決めていません。どんな出会いがあるか、楽しみです。

    海山

  • 先日、テレビで京都の五条坂のことが放映されていて、近いうちに行って見ようと思っていたのですが、妻も私も21,22日には、何も予定が入っていないことが分かったので、この日に行く事にしました。
    宿泊先は、何かと話題の多いアパホテルの様子を見て見ようという、野次馬根性も手伝って、アパ祗園店を予約しました。

    アパホテルの元谷芙美子社長は福井市の出身で、福井信用金庫の森田支店に勤務し、窓口業務を担当していたそうです。当時を知る私の知人は、あの子があのような形でテレビの宣伝に出るようになるとは思ってもいなかったと言っていました。それはまだ石川県と福井県で
    ホテル展開を始めたばかりのことで、今のように全国で400店舗以上となり、南京大虐殺の本が問題になるとは、思ってもいなかったと思います。

    海山

  • >>No. 23846

    私は、朝食は野菜ジュースだけです。りんごを250〜300グラム、人参を200グラム、パプリカやセロリがあれば少々、キャベツとレタスを大きな葉っぱ2〜3枚づつ、それにレモンを一切れ入れてジューサーにかけて出来上がりです。これが毎朝の私の仕事です。
    それを、妻が小さなコップに一杯飲んで、残りを私が飲みます。それで野菜の1日の必要量は確保出来ています。

    昼はうどんか、ソバ、またはパンがほとんどです。夜は無農薬の玄米ごはんを軽く茶碗一杯ですが、おかずは好きなものを好きなだけ食べます。しかし、胃袋が小さいので多くは食べられません。この食生活のおかげで身長、体重はほとんど羽生結弦と同じという体型を維持しています。空腹感は感じません。

    大きなおにぎりさんの参考にはなりませんか?

    海山

  • >>No. 23838

    大きなおにぎりさんの膝はかなり悪いようですね。私などは昔から体が弱く、よく病気をしたものですが、今は、普段は何の問題もなく、山登りまで出来て幸せです。
    アメリカでは医療保険制度も日本のようには、完備されていないようで大変ですね。難しいかも知れませんが、体重を落とすなどして膝の負担を軽くする事は出来ないのですか?

    ご存知と思いますが、ロボットスーツ、マッスルスーツ、またはパワーアシストスーツというような、歩行を容易にする機器があります。お値段はかなり高いかも知れませんが、ご検討された事はありますか?

    海山

  • 癲癇の人に追突されたら、修理代も出ないとは、初めて知りました。ただ、癲癇でなくても、その人が保険入っていなくて、お金の無い人だったら、無いものは出せない、という場合もあると聞いたことがあります。弁護士を使って訴えても、支払い能力がなければ事実上弁済は不可能で、弁護士費用だけ余分にかかる事になるようです。

    全ての車に自動ブレーキ装置が義務づけされるようになったら、こういう問題は少なくなるでしょうね。

    海山

  • 久しぶり、といっても1週間ぶりですが、今日も文殊山です。3日に一度ぐらいはと思っているのですが、雑用があったり、体調不善や天気の具合などもあって、今月はこれでやっと3回目、今年に入ってからも8回目です。

    意外に思われるかも知れませんが、文殊山は今がベストシーズンです。道は雪解けの為ぬかるんでいますが、靴は森林作業用のスパイクのついた長靴なので、歩くのに支障はありません。もう少し経つと花粉が飛んできます。花粉が治まって暖かくなると虫が飛んできます。蛇も出てきます。怖くはありませんが蛇はどうしても好きになれません。熊も出てきます。文殊山では熊を見かける事はほとんどなく、人が熊に襲われた事はありませんが、麓の村ではたびたび、熊の目撃情報があります。

    山で、昔私の会社でパートで働いていたおばさんに会いました。彼女の話から、同じく私の会社にいた番頭格の男が結婚したと聞きました。65歳で初婚です。真面目で几帳面で真っ正直な男なので、なんとか良き伴侶を見つけてやりたいと、私たちも努力したのですが、背が低いので縁談も少なく、決まりかけるとお母さんが反対したり、という事で、今まで機会が訪れなかったので、ほんとによかったと、思います。どういう女性なのか気になりますが、周りで騒ぎ立てるのは本人も望まないでしょうから、しばらく、そっとしておいてやろうと、思っています。私にとっては、今年1番の嬉しいニュースです。


    海山

本文はここまでです このページの先頭へ