ここから本文です

投稿コメント一覧 (2805コメント)

  • 日本は既にアメリカを許し世界は日本を許しているのです!
    そして実際には、日本に戦争犯罪者は一人もいないのだ!
    未だに引きずり日本を叩いているのは韓国と中国のみ!


    大東亜戦争終結後の「極東国際軍事裁判」(東京裁判)とは、戦勝国が敗戦国を一方的に裁くとの理不尽で、裁判との名を借りただけの、連合国(国連)による日本への復讐の儀式であった。

    A級戦犯「平和に対する罪」
    B級戦犯「通例の戦争犯罪」
    C級戦犯「人道に対する罪」
    というこじつけの意味でつけられたのだ。

    当時の国際法ではB級戦犯のみが国際法で有効でした。
    A級戦犯とC級戦犯は、事後法で国際法的な根拠がなかったのものです。


    1952年(昭和27年)4月28日のサンフランシスコ平和条約発効で、日本が主権を回復しました。
    1952年5月1日、木村篤太郎法務総裁から戦犯の国内法上の解釈についての変更が通達されて、戦犯拘禁中の死者はすべて「公務死」として、戦犯逮捕者は「抑留又は逮捕された者」として取り扱われる事になりました。

    1952年4月に施行された「戦傷病者戦没者遺族等援護法」も一部改正されて、戦犯としての拘留逮捕者については「被拘禁者」として扱い、当該拘禁中に死亡した場合は、その遺族に扶助料を支給する事になりました。

    戦犯とされた方々のために、衆参合わせて4回の国会決議もされて、名誉回復がされました。

    1952年6月9日に、「戦犯在所者の釈放等に関する決議」が、12月9日に「戦争犯罪による受刑者の釈放等に関する決議」が全会一致で可決されました。

    1953年8月3日に「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」が、1955年7月19日に「戦争受刑者の即時釈放要請に関する決議」が可決されました。

    日本はサンフランシスコ講和条約11条により、東京裁判を受け入れたので戦犯が有効という主張は誤りで、
    日本が受け入れたのは、「刑の執行継承」であり「裁判の判決事由」ではありません。

    つまり、連合国が戦犯として裁いた人たちは罪人ではないのですから、A級戦犯を含めた「戦犯」という方々とは、すでに国内的にも国際的にも存在しません。


    《靖国神社に要人が参拝した事がある国々 》

    【アジア】
    インド、台湾、タイ、チベット、インドネシア、マレーシア、スリランカ、パキスタン、イラン、
    ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ソロモン諸島、シンガポール、韓国

    【アジア以外】
    アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、オランダ、スペイン、フィンランド、
    ポーランド、スイス、ルーマニア、リトアニア、アゼルバイジャン、トルコ、スロベニア、
    オーストラリア、ニューギニア、パラオ、トンガ、アルゼンチン、ブラジル、ペルー、チリ、
    エジプト、パナマ、イスラエル、南アフリカ

    歴代首相は戦後58回も参拝して、A級戦犯合祀後も20回参拝していた。

    だが、昭和60年8月7日「朝日新聞」の加藤千洋記者が突如、8月15日に予定していた中曽根首相の靖国神社参拝を「中国が問題視」などと批判記事を掲載した。

    予定通り、8月15日、中曽根首相靖国神社参拝 ※しかし中国からの抗議なし 。

    同年8月26日 社会党田辺総書記長らが急遽訪中。
    (1980年(昭和55年)田辺誠は総評から3000万円の建設資金を南京市に寄付し、その資金で南京大虐殺紀念館が建設された。)

    8月27日 中国副首相が初めて靖国神社参拝を批判しだした。


    全て、反日の朝日新聞や社会党の輩が中国に焚きつけた「靖国問題」ではないか!
    日本国内の反日が数々の中国や韓国との摩擦の原因を作っているのだ!


    靖国参拝を批判しているのは「韓国」と「中国」だけである!!

    世界各国の共通する認識は
    「いかなる国家も、その国家のために命を捧げた国民に対して敬意を払う権利と義務がある」
    なのです。
    日本人は世界に向けて堂々と立ち振る舞い、決して発展途上国でまだ建国70年にも満たない韓国や1党独裁の共産主義ファシズム中国に諂う必要はないのです。

  • 【慰安婦問題いまだ終わらず】朝日新聞の大誤報原因 「誤解」解くには外務省が率先して発信を
    (夕刊フジ)


     問題は、慰安婦が誤解されて世界中に広まっていることです。慰安婦は給料を貰い雇用され、自由もありました。ところが、海外では「慰安婦は日本軍が拉致して強制的に性奴隷にした」「数十万の10代初めの少女たち」と信じられているのです。

     昨年末の日韓合意で、外交上では「慰安婦問題は最終的かつ不可逆的に解決」されました。それから1年がたとうとしていますが、本当に解決したのでしょうか。

     いいえ、とんでもない。「慰安婦=性奴隷」はそのままで、日韓合意に反発する慰安婦支援団体の反日活動は、さらに激しくなっています。

     慰安婦の誤解が広まった原因は、朝日新聞の大誤報に加えて、日本政府が長い間、海外に事実関係を説明せず、「筆舌に尽くしがたい苦しみを思うと心が痛む」などと謝罪を繰り返してきたからです。「日本はよっぽどひどいことをしたんだろう」「政府だって認めているじゃないか」と思われてきたのです。

     日韓合意には「国連等国際社会において、互いに非難・批判することは控える」とあります。今年2月、スイス・ジュネーブの国連欧州本部で、女性差別撤廃委員会がありました。合意後初めて慰安婦問題が国連で話し合われる場です。

     同委員会には「慰安婦=性奴隷」と主張する日本の女性団体(約100人)も参加しました。韓国の親北朝鮮系団体の弁護士も発言しました。私も参加し、「慰安婦は性奴隷ではない」と訴え、固唾をのんで日本政府の答弁に注目しました。

     日本政府団代表の杉山晋輔外務審議官(現外務次官)は、次のように発言しました。

     「日本政府が発見した資料には、強制連行を確認できるものはない。吉田清治氏の女性狩りの捏造本を、朝日新聞が報じて国際社会に影響を与えた。慰安婦20万人は裏付けがない。性奴隷の表現は事実に反する」

     日本政府が国連で慰安婦問題について、これだけはっきりと発言したのは初めてです。外務省もやればできるのです。事実関係を明確にすることは、決して相手を非難することではなく、誤解を解くものです。

     実は、外務省は昨年から国連に対し、杉山発言と同様の報告書を何度も提出しています。外務省は、今すぐホームページを修正して、この見解を一番目立つところに掲載するべきです。政府が率先して発信することが、世界に広まった慰安婦の誤解を解くのに絶対必要なのです。


    《カナダ-イスラエル友好協会の慰安婦文書について》
    (日本語訳)

    戦争終了後、占領下に置かれた日本の戦時行動は完全に調査された。(戦時犯罪の)当事者たちは東京裁判に於いて有罪判決を受ける事になった。裁判官の1人であるインドのパール判事は出された訴訟結果に於いて結果が過度であるとして反対意見を出したが、1952年にアメリカの占領が終了後に日本は合意書に署名し、その判決と判決を受け入れた。政府の陰謀により20万人もの女性を性奴隷にしたと思しき出来事が、(日本を裁くための)裁判官が、これほど重要な出来事を見落とすとは到底考えられない。

    (日本)軍慰安所の問題は米国当局によって調査された。機密解除文書によると、ほとんどの場合、日本軍は娼婦を雇ったという結論が出ています。そう、性奴隷という陰謀は見出されなかった。

    これまでのところ、運動の支持者は性奴隷の陰謀について説得力のある文書を提出していない。記録遺産提出時にユネスコに提出した文書でさえ、ユネスコと申請者によって秘密にされています。 1993年、日本政府は、いわゆる「河野談話」で、戦時中の軍の売春宿の存在を認めましたが、それはアメリカ人が収集した情報とは何の相違もなかった。慰安所という施設の存在が良いものであるとは言えないが、それは(イスラエル・ホロコーストとは)別のホロコーストを引き起こしたという主張からは程遠い。


    申請者は、大量虐殺の証拠がないにもかかわらず、3.4節でホロコーストが行われていると主張している。  (抜粋)




    ご存知のように、南朝鮮は現在に至るまで、説得力のある史料を提示してきた事は一度もありません。アメリカで行われた裁判にでさえ資料を提出できずに棄却されました。

    ここでは省きましたが、仮に日本軍慰安婦がホロコーストであるなら、中国が行なった120万人にも及ぶチベット人の虐殺や数万人にも及びチベット女性に対する陵辱、そしてベトナム戦争における南朝鮮軍による(50万人にも及ぶ)ベトナム人女性への暴虐と陵辱は、日本軍慰安婦以上にホロコーストに近いとまで書いています。

    まとめると、調査をし尽くしたアメリカ軍でさえ慰安婦は戦争犯罪として認めることができず、当事国の中南でさえ証拠を出せず、また、中南の行なった陵辱行為の方がホロコーストに相応しいという、金田真っ青の論法で「慰安婦 = ホロコースト(性奴隷)」を真っ向からブッタ斬りしているのがこの文書なのです。



    要は、吉田清治も「従軍慰安婦」は単なる小説であったと認め、朝日新聞も捏造であったと認めているのに、いまだに反日や反日在日朝鮮人が日本を貶める発言を止まない事で、「日本国民」全てがレッテルを貼られているのです。
    当時の慰安婦は、単なる「職業売春婦」であって自由もあり「強制連行」の証拠を未だに韓国は提示していません。(あるわけがないので・・・。)

    近隣国だからと言って、こんな韓国や中国の様な発展途上国の戯言を日本は相手にして聞く必要は一切ありません!
    今回の「カナダ-イスラエル友好協会の慰安婦文書」によってレッテルであり捏造だと認められたことにより、広まってしまった捏造のレッテルが早く解消されることを望んでいます。

  • IR法案が衆院で可決しました。

    反日野党民進党はいつものように退席。

    しかも「IR法案」を「カジノ法案」から「賭博」と言い出した!
    そして「拙速だ、ギャンブル依存症の対策も出来てない」との反論。

    ならば今すぐ「パチンコ依存症対策」をやれ!!!
    そこら中にあるパチンコ屋の方が害があるだろう!
    田舎にいては例えカジノが出来たとしても毎日新幹線で東京まで行ってやるバカはいない!
    しかも自国民なら入場料を1万円程度取る形にしたら、貧乏人に手の届くギャンブルにはならない。
    そもそも外国からの観光客向けの経済政策の一つなのに、アホとしか言いようがない!

  • 明日、12月7日に自民党安倍総理・民進党蓮舫の間で党首会談が行われる。

    アゴラ・新田 哲史
    (より抜粋)

     総理は二重国籍問題にどこまで関心があるのか?

     とはいえ意表をついた筋書きも考えられないわけではない。

     肝心の安倍総理のこの問題に対するスタンスはどのようなものか。おさらいすると、二重国籍疑惑が浮上した当初は言及する場面はみられなかったが、自民党の小野田紀美・参議院議員が米国との二重国籍だったことを公表した後から、国会答弁で明言するようになった。
     
     10月13日の参院予算委員会では、自民党の三原じゅん子氏が小野田氏との比較で、国籍選択宣言を明確にしない蓮舫氏の姿勢を批判しながら質問を投げかけたのに対し、総理は「国会議員として蓮舫氏の責任において国民に対し証明の努力を行わなければならない」「小野田氏は戸籍謄本を示し、選択という義務を果たしたことを証明した」などと述べている(出典:産経新聞)。
     ただ、国会の議場以外の記者会見などの公の場では言及した様子は報じられていない。

     しかし、だからといって安倍総理が二重国籍問題に関心が低いわけでは決してない。
     むしろ静観を「装っている」と我々は見ている。
     これまでの取材で得た情報では、関係官庁から重要な情報が、官邸に報告されている模様で、総理は、政局の流れを見ながら、この問題の勝負どころを探っていることを窺わせる情報もある。

     もし順当な想定シナリオどおり、党首討論で言及がなかった場合、総理の熱烈な支持層は「アンチ蓮舫」が多いだけに、それはそれで「期待」を裏切ることになるだろう。もちろん、それは安倍総理も重々承知したことだろうから、この「ネタ」を年明けに持ち越し、眼前の蓮舫氏よりも優先したい政局上の別の思惑があることになる。

     一方、あすの党首討論で二重国籍問題が言及されることがあるとすれば、どのような展開だろうか。いくつかの政策テーマで応酬となり、総理が蓮舫氏に切り返す流れの中で話が飛び出すことが参院予算委での発言などから想起される。それが何のテーマなのか。政治のプロや勘の鋭い読者なら、いくつか思い浮かべるであろうが、楽しみはとっておきたいので、いま書くのは控えておく。

    党首討論では初対決となる“32分1本”の真剣勝負。とくと拝見したい。

  • >>No. 51950

    makaは全く懲りないバカだな。
    正しい知識もないくせに何が「国際世論」だ!
    日本人なら恥ずかしい発言だが在日朝鮮人だと通説になるのだろう。



    世界各国の共通する認識は
    「いかなる国家も、その国家のために命を捧げた国民に対して敬意を払う権利と義務がある」

    靖国参拝は堂々とするべきだ。

    逆に靖国を否定するなら・・・。
    日本を侮辱している中国の捏造南京記念館はなんなんだ?
    日本の初代総理大臣を暗殺した韓国の安重根義士記念館や記念碑はなんなんだ?



    歴代首相は戦後58回も参拝して、A級戦犯合祀後も20回参拝していた。

    だが、昭和60年8月7日「朝日新聞」の加藤千洋記者が突如、8月15日に予定していた中曽根首相の靖国神社参拝を「中国が問題視」などと批判記事を掲載した。

    予定通り、8月15日、中曽根首相靖国神社参拝 ※しかし中国からの抗議なし 。

    同年8月26日 社会党田辺総書記長らが急遽訪中。
    (1980年(昭和55年)田辺誠は総評から3000万円の建設資金を南京市に寄付し、その資金で南京大虐殺紀念館が建設された。)

    8月27日 中国副首相が初めて靖国神社参拝を批判しだした。


    全て、反日の朝日新聞や社会党の輩が中国に焚きつけた「靖国問題」ではないか!
    日本人ならこれくらいの知識は身に着けておけ!



    実際には、日本に戦争犯罪者は一人もいないのだ!

    大東亜戦争終結後の「極東国際軍事裁判」(東京裁判)とは、戦勝国が敗戦国を一方的に裁くとの理不尽で、裁判との名を借りただけの、連合国(国連)による日本への復讐の儀式であった。

    A級戦犯「平和に対する罪」
    B級戦犯「通例の戦争犯罪」
    C級戦犯「人道に対する罪」
    というこじつけの意味でつけられたのだ。

    当時の国際法ではB級戦犯のみが国際法で有効でした。
    A級戦犯とC級戦犯は、事後法で国際法的な根拠がなかったのものです。


    1952年(昭和27年)4月28日のサンフランシスコ平和条約発効で、日本が主権を回復しました。
    1952年5月1日、木村篤太郎法務総裁から戦犯の国内法上の解釈についての変更が通達されて、戦犯拘禁中の死者はすべて「公務死」として、戦犯逮捕者は「抑留又は逮捕された者」として取り扱われる事になりました。

    1952年4月に施行された「戦傷病者戦没者遺族等援護法」も一部改正されて、戦犯としての拘留逮捕者については「被拘禁者」として扱い、当該拘禁中に死亡した場合は、その遺族に扶助料を支給する事になりました。

    戦犯とされた方々のために、衆参合わせて4回の国会決議もされて、名誉回復がされました。

    1952年6月9日に、「戦犯在所者の釈放等に関する決議」が、12月9日に「戦争犯罪による受刑者の釈放等に関する決議」が全会一致で可決されました。

    1953年8月3日に「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」が、1955年7月19日に「戦争受刑者の即時釈放要請に関する決議」が可決されました。

    日本はサンフランシスコ講和条約11条により、東京裁判を受け入れたので戦犯が有効という主張は誤りで、
    日本が受け入れたのは、「刑の執行継承」であり「裁判の判決事由」ではありません。

    つまり、連合国が戦犯として裁いた人たちは罪人ではないのですから、A級戦犯を含めた「戦犯」という方々とは、すでに国内的にも国際的にも存在しません。


    追記で書いておくと・・・。

    * 靖国神社に要人が参拝した事がある国々 *

    【アジア】
    インド、台湾、タイ、チベット、インドネシア、マレーシア、スリランカ、パキスタン、イラン、
    ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ソロモン諸島、シンガポール、韓国

    【アジア以外】
    アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、オランダ、スペイン、フィンランド、
    ポーランド、スイス、ルーマニア、リトアニア、アゼルバイジャン、トルコ、スロベニア、
    オーストラリア、ニューギニア、パラオ、トンガ、アルゼンチン、ブラジル、ペルー、チリ、
    エジプト、パナマ、イスラエル、南アフリカ

    靖国参拝を批判しているのは「国際社会」というのはレッテルでしかなくでたらめな真っ赤な嘘。
    「韓国」と「中国」だけである!!


    日本人批判は構わないが、「嘘」はやめろバカmakaよ!

  • 韓国民が「反日」なんぞ1000年早いわ!!

     朝鮮全土が連合国軍の占領下に置かれていた1948年に、米軍統治下の朝鮮のみで独立することが決まると、米軍は憲法制定(制憲)国会を招集して独立準備に当たらせた。
     その際、憲法起草委員会が新国家の憲法起草と共に新国家の国号と年号も決めることになり、国号候補として「大韓民国」、「高麗共和国」、「朝鮮共和国」、「韓国」挙げられた。
     最終的には、1948年6月23日に採決が行われ、独促国民会が推す「大韓民国」が新国家の国号に決定した。

    これが韓国の建国日だ。

    今年、韓国の国定教科書にも1948年建国と一斉に統一された。

     いわば、70年に満たない歴史しか無い国が韓国である。日本から見れば南スーダンと同等の見解であってもおかしくないほどの浅い歴史の国なのだ。
     だから、日本とアメリカによって繁栄がもたらされた国であるのに「反日」である韓国に対して他の東南アジアの国々は揃って「我々の国が日本の隣にあれば今の韓国の代わりになって日本を尊敬してやまない親日国として繁栄していたのに」と韓国の日本批判に驚嘆し嘆いている。

     そもそも歴史が無い韓国民が無理やり中国や日本の歴史を捏造して自国の歴史にすり替え置いて我が物顔で語っているのが滑稽だ。
     その上国としての歴史が浅いのにアメリカに倣って大統領制などにしたから愛国心などもともと持たない韓国民個々が自分の事しか考えない民族であるがゆえに大統領でさえ汚職も後を絶たないし国としての機能がめちゃくちゃなのである。これが南スーダンと変わらないと言った理由だ。

    日本は長い間の封建制度で、農家は地主に小作人が仕え藩主が統括し、武士は旗本に仕え、そしてそれらは各地の大名に仕え、大名は将軍に仕える構造であった。
    それぞれが細かな主従関係の中で礼儀や作法や道徳を長年に渡って継続してきたのである。

    昨日今日出来たばかりの韓国に日本はモノを言われる筋合いはない!!!

  • >>No. 17265

    > > 5日放送の「白熱ライブ ビビット」(TBS系)で、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏が、「流行語大賞」トップテンとなった「保育園落ちた日本死ね」に対し、「怒りの声」だと指摘した。
    >
    > 「ガソリーヌ」「2重国籍」「バージンだと病気だと思われる」「第三者の公正な目で厳しく調査」等々 我々の「怒りの声」なら、いくらでも挙げられるのだがwww 
    > いずれにしても、NHKも含めマスゴミのほとんどが、この賞をあたかも”公の賞”の様に取り扱っていることが問題。
    > 所詮、極一部の左巻きが選ぶ、反政府意図の強い極めて偏向した賞であることを、世に知らしめることが重要である。(ユーキャンへの圧力の方が有効?)
    > 似て非なる”今年の漢字”は全国公募であり、基本的姿勢が全く違う。



    今年の漢字募集は、今日の12月5日23時59分締め切りだね!
    「在」とか「反」とか選ばれたらいいのに・・・。

  • >>No. 51935

    > http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20161205/plt1612051530002-n1.htm
    > ※ 無駄に銭をばらまくだけ、日本を弱体化させる政策だと思う。『誰もが、高校・大学の授業料が無償化とは、これ如何に。』その裏は、生活保護費の支給と同じく『人道的見地から』在日韓国人・朝鮮人や中国人も入っているのではないのか。日本人よりも外国勢力の[福祉や教育]に比重をおいてはならない。そもそも憲法は、日本人のためにある。外国人は対象ではあるまい。生活保護費と同様に、憲法違反ではないのか。


    同感。

    そもそも学歴重視の社会ではなく、日本は独創性や創造性の社会を目指していたはず。
    韓国人の思惑が広まって学歴社会への逆行となっているだけである。
    大学まで行って朝鮮の偏向教育で洗脳されるくらいなら独学で勉強して正しい知識を得たほうがいい場合もある。
    国立大学まで国歌や日の丸を敬わない所が実際にあるということが異常な事だ。

    反日の輩が生活保護で生活して無償奨学金で大学まで行かれて官僚にでもなられたらたまったもんでない。

    実際、日本国内の官僚・政治家・企業役員・教師・公務員と、日本の中枢まで反日朝鮮人や反日中国人(帰化したかしないかは問題でない)が蔓延った現在、どんな人も高齢になれば収入が途絶えてしまうので先行き不安な年金問題を健全化するのが先ではないか?

    とにかく「人権」「差別」などの反日たちの声を重視するより日本を愛する「日本人」を重視した政策に転換していかなければ日本は必ず転覆してしまう。

    生活保護に関しても、在日朝鮮人と帰化の1代目・2代目・3代目・4代目と明治以前からの純粋な日本人と支給する額に差を付けないと不公平だし、帰化しても再度外国人や帰化人と結婚した場合は、初代帰化と見なすことも重要だと思う。


    そもそも先日発表した民進党の掲げた経済政策は「消費税10%増税」と「こども経済大臣」の設立などしか見当たらず、とても日本の景気を回復するための代物と言えない幼稚な公約であり、反日の野党に政権を渡したら日本は最後だなという危機感を抱いただけであった。

    散々反対して批判して、でも民進党自らは何の経済政策も無いじゃないか!!!ボケ!!!

  • >>No. 17257

    ここに「鳥越○ね」と書き込むと即消されます。

    それほど多くの人の怒りがあったのかもね。

  • 5日放送の「白熱ライブ ビビット」(TBS系)で、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏が、「流行語大賞」トップテンとなった「保育園落ちた日本死ね」に対し、「怒りの声」だと指摘した。

    1日に「2016ユーキャン新語・流行語大賞」が発表となり、「日本死ね」がトップテンに選ばれた。この「日本死ね」とは匿名ブロガーが保育園の抽せんに落ちた怒りを綴ったエントリー記事に由来するもので、マスメディアでとりあげられるなど当時大きな反響を呼んでいる。

    この受賞結果に対し、タレントのつるの剛士が自身のTwitter上で「なんだか日本人としても親としても僕はとても悲しい気持ちになりました」と嘆くなど、疑問視する声も上がっている。

    番組独自のアンケートでも、「日本死ね」を「流行語大賞」のトップテンに選んだことに「反対」する声が77%に達し、「賛成」の23%を大きく上回っている。

    昨年まで「流行語大賞」審査委員長を務めた鳥越氏は、「日本死ね」のトップテン選出に賛成と回答した。「日本死ね」がショッキングな言葉ではあると認めながらも、日本の待機児童の問題はこうした言葉を使わざるを得ないほど深刻な状況になっており、政府や自治体はこの問題になんら有効な手立てを打ってこなかったとコメント。

    そして、鳥越氏は「それに対するいち母親の怒りの言葉が、『死ね』という表現になっているわけです」「だから、『死ね』という言葉だけに引っかかってしまっちゃ、その全体を見誤ってしまう」とも指摘した。「日本死ね」は「日本の今年の実相を表す言葉」だというのだ。

    その後、カンニング竹山がつるのの言い分に理解を示した上で、山尾議員が表彰式に出席したことに「すごく違和感がある」と表明したところ、鳥越氏は「山尾さんが国会でこれ(「日本死ね」)を取り上げたことによって、一躍全国的な問題になったんです。ブログはブログでその前からあったんだけども、問題にならなかった」と応じていた。

    なお、鳥越氏は審査委員長にとどまった場合、「日本死ね」を選出していただろうと語っている。

  • >>No. 51919

    makaもういいよ。
    今まで質問に一切答えず、日本人や安倍総理だけを批判し、在日や韓国などには一切の批判が無く反日発言しかしないし、反日在日朝鮮人確定だから。

    日本の事も詳しく知らないみたいだし、低能バカはお前自身だと自覚できないなら病気だからmakaバカは。

  • 日本のパチンコ業界は「韓国政府直営のカジノ」でもあった!

    日本のパチンコ屋の5割が韓国系であり韓国政府直営のカジノと言えます!
    また4割が北朝鮮系であり、共に民団も関与しています。



    (なでしこりんさんブログから抜粋)

    ......ちなみに 在日・民団の団長はパチンコ屋の呉公太(オ・ゴンテ)。彼が日本人に成りすます時に使う通名が「呉本公太」。民団の代表だって通名使用者って面白い連中ですね。ちなみに在日韓国朝鮮人の90%が本名を名乗らずに「日本人成りすまし生活」を満喫しているんだとか。「なりすまし」って恥ずかしくないのかな?

    ちなみに在日韓国朝鮮人にパチンコ屋多いのは「韓国政府の援助がある」からって知ってましたか?

    ......韓国政府 から在日に融資されるお金は「本国支援金」と呼ぶんだそう。もちろん「はした金」ではなく数百億円単位のお金。そうでもなきゃ在日韓国朝鮮人パチンコ屋があれほど増えはしないでしょう。日本国内にあるパチンコ屋は「韓国政府直営のカジノ」と見えないこともありません。 → 在日韓国人犯罪!所得税約3000万円を脱税!民団との関係はあるのないの?

    ......そりゃ、民進党と共産党は「日本のカジノ」には猛反対するわけです。だって民進党と共産党の大スポンサー様の死活問題ですからね。民進党と共産党を「日本の政党」と思っていたら大間違い。民進と共産は「中国と在日の飼い犬」だったわけです。今後の民進党と共産党の「働きぶり」にも注目しましょうね!



    わたしも日本の為に在日に嫌がらせを受けながら頑張っている「なでしこりん」さんのブログを最近目にしたばかりで、在日韓国朝鮮人にパチンコ屋多いのは「韓国政府の援助がある」なんてしりませんでした!
    「通名制度」と「成りすまし」には注意しましょう。
    ここにもmakaという在日朝鮮人の日本人保守の成りすましがいます。

  • >>No. 17222

    > もうそろそろ日本から韓国朝鮮人パチンコ屋が消えてもいいんじゃない?
    > 民進党と共産党は中国と韓国の手下!
    > 日本人の利益は絶対に守りません!

    同感ですね!

    ......ちなみに 在日・民団の団長はパチンコ屋の呉公太(オ・ゴンテ)。彼が日本人に成りすます時に使う通名が「呉本公太」。民団の代表だって通名使用者って面白い連中ですね。ちなみに在日韓国朝鮮人の90%が本名を名乗らずに「日本人成りすまし生活」を満喫しているんだとか。「なりすまし」って恥ずかしくないのかな?

    ちなみに在日韓国朝鮮人にパチンコ屋多いのは「韓国政府の援助がある」からって知ってましたか?

    ......韓国政府 から在日に融資されるお金は「本国支援金」と呼ぶんだそう。もちろん「はした金」ではなく数百億円単位のお金。そうでもなきゃ在日韓国朝鮮人パチンコ屋があれほど増えはしないでしょう。日本国内にあるパチンコ屋は「韓国政府直営のカジノ」と見えないこともありません。 → 在日韓国人犯罪!所得税約3000万円を脱税!民団との関係はあるのないの?

    ......そりゃ、民進党と共産党は「日本のカジノ」には猛反対するわけです。だって民進党と共産党の大スポンサー様の死活問題ですからね。民進党と共産党を「日本の政党」と思っていたら大間違い。民進と共産は「中国と在日の飼い犬」だったわけです。今後の民進党と共産党の「働きぶり」にも注目しましょうね!

    (なでしこりんブログ抜粋)

    日本でのパチンコ推進に「韓国政府」の援助が関わっていたことには驚きました!

  • >>No. 17220

    IR法案成立で、実際に施行されるとしたら他国のギャンブル場を参考にして、外国からの観光客はパスポートチェックと正装やボディチェックを必要とし、自国民の場合、例えばシンガポールなどは自国民は入場料約8000円をとって入場させています。
    それにより自国民の依存を回避しているみたいです。

    日本国民の為の財源として「IR法案」は成立したわけであるし、立地条件として観光地である事や大きなホテルが隣接していることとか「基本的には外国からの観光客向け」の設定になるわけですから民進党や共産党が反対している理由がプロパガンダ以外の何物でもないのです!

  • 「IR法案」 を勝手に「カジノ法案」と呼ぶのはパヨクの常套手段。「日本の安全保障に関する法案」を「戦争法案」と勝手に呼び変え印象操作をしていたのは記憶に新しいですね。私は基本的に「外国人を日本に入れる」こと自体が「日本の治安」と関係するので、どちらかというとこういう「開放政策」には消極派。外国人(特に中国人と韓国人)の日本入国はもっと厳しく審査すべきとさえ思っています。

    ......ところで、民進党と共産党が叫ぶ「カジノ法案」で一番困るのは誰だと思いますか? これはズバリ、中国と韓国、そして在日韓国朝鮮人たちですよ。まずは中国。アジア地域のカジノと言えば「中国領マカオ」ですよね。マカオから揚がる莫大な収益が中国共産党幹部の懐を潤しているのは間違いのないところ。もし日本のどこかにマカオクラスのカジノ付きリゾート地が誕生したら・・・・。マカオはつぶれるかもしれません。だって、観光や治安を総合的に見れば日本の方が圧倒的に上なのは世界の常識ですから。

    ......韓国にも カジノはあります。それでも「場末感」が強すぎてそれほど人気はないそう。もちろん、日本に「IR(統合型リゾート)」ができたら韓国にとって死活問題でしょう。だれもあんな「キムチくさい」国に行きたがりませんからね。



    IR法案成立で一番困るのは誰だと思う?中国と在日韓国朝鮮人の代弁する民進党と共産党の正体!
    NEW!2016-12-04

    http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12225624972.html


    パチンコが世界のカジノと比べてどれだけ異常なギャンブル性をもっているのかを比較すれば、諸悪の根源「民団」や「パチンコ業界」と繋がっている民進党・共産党がプロパガンダをもって批判反対している理由が一目瞭然です!

  • >>No. 17207

    IR法案成立で一番困るのは誰だと思う?中国と在日韓国朝鮮人の代弁する民進党と共産党の正体!
    NEW!2016-12-04

    http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12225624972.html



    「IR法案」 を勝手に「カジノ法案」と呼ぶのはパヨクの常套手段。「日本の安全保障に関する法案」を「戦争法案」と勝手に呼び変え印象操作をしていたのは記憶に新しいですね。私は基本的に「外国人を日本に入れる」こと自体が「日本の治安」と関係するので、どちらかというとこういう「開放政策」には消極派。外国人(特に中国人と韓国人)の日本入国はもっと厳しく審査すべきとさえ思っています。

    ......ところで、民進党と共産党が叫ぶ「カジノ法案」で一番困るのは誰だと思いますか? これはズバリ、中国と韓国、そして在日韓国朝鮮人たちですよ。まずは中国。アジア地域のカジノと言えば「中国領マカオ」ですよね。マカオから揚がる莫大な収益が中国共産党幹部の懐を潤しているのは間違いのないところ。もし日本のどこかにマカオクラスのカジノ付きリゾート地が誕生したら・・・・。マカオはつぶれるかもしれません。だって、観光や治安を総合的に見れば日本の方が圧倒的に上なのは世界の常識ですから。

    ......韓国にも カジノはあります。それでも「場末感」が強すぎてそれほど人気はないそう。もちろん、日本に「IR(統合型リゾート)」ができたら韓国にとって死活問題でしょう。だれもあんな「キムチくさい」国に行きたがりませんからね。

    ......民進党と共産党 が必死になる最大の理由は日本の国内のパチンコ屋への打撃が大きいから。そら、民進党と共産党は在日韓国人の民団、在日朝鮮人の朝鮮総連の代弁者ですから。実際問題、パチンコ産業はすでに斜陽化しており、日本全国で店舗数が減少しています。これで「IR法案」と「禁煙法案」が成立したらもう完全にアウト!民進党や共産党が「IR(統合型リゾート)法案」に抵抗するのは、彼らの金主からの命令があるからでしょうね。



    下の票を見て頂ければ、民進党の低能チビ安住が「カジノ法案は日本をギャンブル漬けにするのか」といったプロパガンダがいかにでたらめな事であるか一目瞭然ですね!

  • >>No. 17180

    現在の蓮舫の自宅を調べたら目黒区大橋なので、明らかに世田谷区北沢のARIA北沢という住居は何なのかわからない。
    後援会事務所かとも思ったが住所は議員会館になっている。

    収支報告書で記載されている年間400万円弱経費で掛かっているこの「事務所」は是非与党は追及して欲しい!

  • 旦那はぼろ糞なのに、蓮舫が密着しているこの隣の男は誰?

  • >>No. 17178

    蓮舫の収支報告書から、不明な事務所費と光熱費が見つかった。

    おかしいなと思ったので色々と調べてみた。

    蓮舫は、2010年6月9日にも自民党から、事務所費を不正処理した疑いがあるとして、質問主意書を当時の議会に出されていたが、回答はなかった。
    しかし、報告書に登録した「主たる事務所」は東京都目黒区の蓮舫氏の自宅であったとし、蓮舫氏の個人事務所は賃借料の不要な参院議員会館しかなく使用実態が不明瞭な自宅に賃借料を設定していた。

    しかし、今回は家賃60万円の自宅でもない事務所でもない場所が収支報告書に記載されており事務所費もしっかり計上されていることから、誰が住んでいて事務所以外のどのような用途で賃貸借し計上しているのか不明だ!

  • 東日本大震災の津波による3万人にも及ぶ死傷者。

    もし蓮舫による災害対策費の仕分けが行われていなかったら、間違いなく多くの日本国民が助かった事でしょう。

    自らの二重国籍の説明責任と戸籍公開をしていない蓮舫は、この仕訳による多くの死傷者に対する陳謝も菅直人とともに一切行っておりません!

    わたしはこの事実を絶対に忘れません!

本文はここまでです このページの先頭へ