ここから本文です

投稿コメント一覧 (594コメント)

  • 昨年12月に ”青森県弘前市と弘前大学医学部付属病院が、ロボットスーツ「医療用HAL」を導入 " のニュースが出ましたが ttp://aomori.sugisan.biz/ao/?p=9842
    土曜日にこの記事に関係したイベントがありました。
    http://www.hirorosquare.jp/upimages/event_file_1_00007242.pdf
    日曜日には山海社長や中島先生の講演もあります。
    ttp://www.city.hirosaki.aomori.jp/oshirase/jouhou/life-innovation-symposium.html
    12月のニュースには ” 弘大病院には来年2月ごろの導入を目指しており、関係者は「北東北のHALの拠点を目指す」と意気込んでいる。” と書いてありますし、再生医療にもCyberdyneの製品が使われるようです。 これからは弘前にも注目ですね!!

  • ISOから1年に6回出ている ISO focus magazine というのがあるのですが、そこにCyberdyneのことが紹介されていました。
    ttp://www.iso.org/iso/isofocus_120.pdf (16ページ目:INSPIRING INNOVATORS のところです)

    今回の ISO focus magazine には空港の現状や将来のことがいろいろ書いてありますが、特に気になったのが 13ページ目の ISO 55001 のところです。" Genevaʼs international airport achieved ISO 55001 certification(ジュネーブ国際空港がISO 55001の認証を取得)" と書いてありますね。
    ISO 55001 のことは知らなかったのでちょっと調べてみました。私には難しく感じたのですがこのサイトがなんとかイメージできました。http://www.jaco.co.jp/pdf/ctlg_assetms.pdf
    2ページ目の”アセットマネジメントシステムの概要”に書いてありますが、1ページ目のPDCAに加えて組織全体のPDCAサイクル、及びシステム全体をまとめた国際規格ということです。
    2ページ目には世界で ISO 55001 認証を受けているところも書いてありますが、ジュネーブ国際空港は空港としては欧州の空港では始めて ISO 55001 認証を受けた空港となりました。
    ” Genève Aéroport obtains the ISO 55001 Certification ” で検索。( AFNOR :フランス規格協会)
    なんだか空港全体がISO規格になったって感じですね。
    私はこれを見て、昨年8月、山海社長がシティグループ山口さんとの対談で、フューチャーエアポート(未来空港)と仰っていたのはこの事も関係しているんじゃないのかなって思いました。おそらく他の主要な空港もISO 55001 認証に向けて動いているのでしょう。そういった空港でCyberdyneの製品が使われるのでしょうね。

  • ドイツのサイトに福島県内堀知事さんのドイツ訪問のことが出ていました。
    " Fukushima aktuell: Frühere Sperrzonen-Klinik durch Crowdfunding vorerst gerettet " で検索!(最後のところです)

    福島県は郡山の生産拠点だけに注目しがちですが、イノベーション・コースト構想というものがあります。
    http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/list275-1006.html
    この中でロボットテストフィールド・国際産官学共同利用施設のイメージはこんな感じです。(3ページ目)
    http://www.city.minamisoma.lg.jp/index.cfm/8,30508,c,html/30508/20160614-153257.pdf
    山海社長は福島民友のインタビューで「イノベーション・コースト構想についてはできることはとことん協力したい」と仰っていますから構想のすべてに関わるつもりかもしれませんね。

    郡山で作られたCyberdyneの製品には Made in Fukushima と書いてあるのでしょうね。それがこれからドイツをはじめヨーロッパ、そして世界中に輸出されるようになるのでしょう。内堀さんは 「CYBERDYNEを含め、福島といえば“ロボットバレー”なんだということを世界に訴えていけるように進めていきたい」と仰っています。
    今回はNRW州政府首脳との会談や現地企業向けセミナーを行うということですが、郡山の生産拠点やイノベーション構想、世界的な医療関係の企業など環境が整っていることもアピールして、NRW州の企業が福島県に拠点を置いてもらえることもお考えなのではないのでしょうか。福島県をNRW州のようなところ、またはそれ以上にするお考えかもしれませんね。

    こういったことを踏まえて内堀知事さんの記者会見をもう一度見たら今回のドイツ訪問は地方自治体どうしの単なる交流というものではなくものすごく大きな世界なんだなって思いました。

    :::::

    「ロボサポート山口」の記事が出ていました。
    http://mainichi.jp/articles/20170112/ddl/k35/020/523000c

  • 15日から福島県の内堀知事さんがNRW州を訪問します。10日に記者会見がおこなわれました。
    https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/chiji/ (~3分18秒あたりまで)
    16日のプログラムがありました。
    https://www.jetro.go.jp/ext_images/germany/topics/Programm_Fukushima-Seminar.pdf (2ページ目が日本語です)

    福島民友の山海社長インタビューでは今年中に郡山の生産拠点が本格稼働するということですからNRW州との関係も含めてホントに楽しみですね♪♪

    *(ご存知の方も多いと思いますが)NRW州について・・・
    http://toyokeizai.net/articles/-/25449

  • No.583

    強く買いたい

    10日はCyberdyneに関…

    2017/01/11 01:45

    10日はCyberdyneに関係した記事と山海社長の講演がありました。

    介護ロボット効果検証 負担軽減、報酬改定に反映
    http://www.sankei.com/photo/daily/news/170110/dly1701100017-n1.html


    「技術×事業化スキル」でイノベーションを巻き起こす
         ―つくばの新しいカタチ―
    http://tsukuba-gi.jp/wp/wp-content/uploads/2016/12/170110%E9%96%8B%E5%82%AC%EF%BC%BF%E7%A2%BA%E5%AE%9A%EF%BC%BF%E7%B7%A0%E3%82%81%E5%88%87%E3%82%8A%E3%81%AA%E3%81%97%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC.pdf

    :::::

    それから以前からのホルダーの方はご存知だと思いますが数年前にHALのデザインコンテストが行われました。
    " カーステン・ブルン氏が就任 - バイエル " で検索! (6~9ページ) *画面が出にくいかもしれません。
    衣服のようなHALのことは山海社長は以前からインタビュー等で仰っていましたよね。

    前に出たこの記事もそのことかもしれません。http://www.nikkei.com/article/DGXMZO77856810S4A001C1000000/
    もうそんなに遠い将来ではありませんね。オリンピックの時は衣服のようなHALを着た方がたくさんいるかもしれません。
    この製品もバッチリ特許で守られているんでしょうね。とっても楽しみです♪♪

  • 国立精神・神経医療研究センター病院は NCY-3001試験 治験実施施設でした。
    この日経のニュース、この先HALとの複合療法が行われるかもしれません。

    " 筋ジストロフィーの治療薬候補発見 国立精神・神経医療研究センター " で検索。

    *****  

    大分ロボケアセンター 代表取締役の安永さんのインタビューが出ていました。
    http://creativeoita.jp/features/673/

    *****

    それからこれは未投稿だったのではないかなと記憶しているのですが、昨年行われたつくばG7での山海社長の講演です。昨年の講演ですがHPでは発表されていない内容もあります。発表されていないだけでもう始まっていることもあるかもしれません。G7の担当大臣を前にしての講演ですからPRするぞって気合いが入ってたことでしょう。こうして担当大臣を前に講演をしていればG7各国へも進出しやすいですよね。(長文です)
    ttps://www.pref.ibaraki.jp/g7/j/index/news/documents/08_siryo_4syou.pdf
    *223ページ の左側 (3)基調講演 2 ~

    今年は他にも予想される大きなニュースがいろいろあって楽しみですね♪♪



                                              名前かえました・・

  • 長期のホルダーにとってはこういった情報はとても大切にしたいですね。一人のお客様を大切にするとその方から紹介されてたくさんの方々・企業へ広がりそれが大きな売上になり株価上昇へとつながっていきます。テレビや新聞などのメディアを見た方・企業等からも会社へ問い合わせ等の接触もありそれが契約へつながる可能性もあります。山海社長の講演や賞の授賞式などもそこでいろんな方々と知り合って提携の発表も考えられます。詳しいことは言えませんが実際にそういうことがこれまでありました。いろいろなニュースや発表からその先にどんなことが考えられるのかを見ていきたいですね。 情報の提供ありがとうございました。


    福島民友の山海社長のインタビュー記事が出ていました。
    "【ふくしま産業革命】スペシャリストに聞く サイバーダイン社長・山海嘉之氏 " で検索!
    福島にあるのは工場ではなく生産拠点・生産施設です。山海社長もHPでも工場という言葉は一言も使っていません。


    ドイツNRW州の障害とリハビリテーションスポーツ協会 情報パンフレット2017/2016 にCCRが載っていました。
    ttps://www.brsnw.de/fileadmin/Downloads/brsnw_2016-gesamtFinal.pdf (39ページ)

  • No.52

    強く買いたい

    ブルームバーグにRapyuta…

    2017/01/05 11:05

    ブルームバーグにRapyuta Robotics の記事が載っていました。
    " スリランカの幼なじみ2人が日本で手掛けるロボ事業-上場も視野 " で検索!

    2年前のRapyuta Roboticsへの出資はCyberdyne主導で行われました。記事には上場のことが書いてあります。当時、山海社長が支援することを主だったところにアピールしていたらRapyuta社にも届いて「日本で上場するなら支援してあげよう」という条件を出したのですが、それが実現していく可能性が出てきたようです。サイバニックシティでもRapyuta社は出てくるでしょう。
    警備ロボットは私有地又は人の少ない夜間に行われることが多いため、ロボットに対する法律規制が適用されにくい市場ということです。

    Rapyuta社はドローンの魔術師と言われるETH・ラファエロ・ダンドレアさんの研究室から誕生した会社です。
    これからRapyuta社の動きから目が離せませんね♪♪

    ソフトバンクとCyberdyneはこれまで直接的なつながりは見えてきませんがこの記事のように間接的なつながりのあるような記事等は出てきました。これから提携があるといいですよね♪♪

  • No.900

    強く買いたい

    おはようございます♪ ポ…

    2017/01/04 08:59

    おはようございます♪

    ポーランド・テレビ(TVP)で、「医学における驚くべき」のニュースの中でHALが紹介されました。TVPはポーランド全土が放送エリアの公共テレビ局です。
    http://wiadomosci.tvp.pl/28439826/niezwykle-odkrycia-w-medycynie (18秒~33秒)
    ポーランドではもうたくさんの方々がHALをご存知なのでしょうね♪♪

  • 新年あけましておめでとうございます♪ 今年もどうぞよろしくお願いします♪♪

    週刊東洋経済に山海社長の記事が出ていました。
    ” ソサイエティ5.0の姿がまもなく浮かび上がる 山海嘉之 ” で検索!
    *私のパソコンではYahoo Japanでは出せなくて、Googleで検索して 週刊東洋経済 2016年12/31-2017年1/7新春特大合併号 のところをクリックして出た画面の下の方を見ていくと全文が出てきました。

    :::::

    昨年暮れにFDAでSPINRAZA™(一般名:ヌシネルセンナトリウム)承認のニュースが出ましたね。SPINRAZAは米バイオジェン社の販売(開発はIonis Pharmaceuticalsでした)で、日本にも会社があってニュースも出ていました。
    https://www.biogen.co.jp/ja_JP/news-insights/japanaffiliatenews/2016-12-26-news.html
    " ほぼ一週間で米国の医療関係者に対して出荷可能となる予定です ” と書いてありますからすごく早いんですね。
    すべてのプレスリリース を見ていくと、9月29日付のニュースにFDAへの承認申請を完了のことが出ていますから約3ヶ月で承認されたんですね。 12月12日付には日本でも承認申請のニュースが出ています。EUでは10月に申請されているんですね。日本でも同じくらいの期間で承認されるといいですよね。たぶん中島先生は特区だけでなくこちらの意味でも「SpinrazaとHALとの複合療法が今後楽しみです」と仰ったのでしょう。

    アメリカのCleveland ClinicのHPにアメリカのSMAの患者数などの情報が出ていました。
    ttp://my.clevelandclinic.org/health/articles/spinal-muscular-atrophy-sma
    国によって随分人数が違うんですね。 

    :::::

    アメリカのテレビPBSとFOX News、ニュースサイトのNBC News,それからカナダのテレビCBCとCTVにHAL®作業支援用とHAL®介護支援用の特集番組を考えていただけないでしょうかとメールしてみました。字数制限がなかったので資料も添付できました。 ダメモトなのですが取り上げてもらえたら嬉しいです。

  • アメリカの医療関係の求人サイトのニュースで「すべてを変える5つの健康技術の革新」の記事の中に、HAL®介護支援用と、理研と東海ゴムのRIBAが入っていましたのでチェック☑しておきました。
    5 Health Technology Innovations That Will Change Everything で検索♪
    *1.Robotic Health Providers(ロボット医療提供者)の最後のあたりです。

    LinkedInには、このサイトのことを MedReps.com is the industry's largest site for medical device, pharmaceutical, & biotech sales jobs & career resources. 9,000+ jobs & 29,000+ members.
    と書いてありますのでたくさんの方々が見ているのでしょうね。 アメリカの医療関係者の皆さんは、HAL®介護支援用のことはもうご存知なのかもしれませんね。

  • ニュースサイトのNBC NEWSの方は送れるのですが、テレビの方は私のやり方がよくないのか送れませんでした。

    有名なメディアは他にもありますので調べてそちらの方にもメールしてみようと思います。
    お返事ありがとうございました!

  • 最後のメールが送れなかったのはCBSではなくNBCです。

  • ドイツの別のサイトにもCCRの記事が出ていました。昨日のサイトよりこちらのほうが読みやすいかもしれません。
    Silberhochzeit mit Rollator statt Rollstuhl  で検索♪
    このサイトを運営している会社はオランダとの国境近くにあってオランダの人たちもよく見るサイトのようです。


    私ダメモトでアメリカのABCとCBSのテレビ局に作業支援用HALの特集番組を放送していただけないでしょうかとメールしてみました。ABCの方は自動返信がきて、CBSの方はメールを受け取った旨の返事が出ましたからどちらも一応届いてはいると思います。文字数に限りがあったのですが製品の要約と、ABCの方は資料等のURLを添付できました。ホントはアメリカの大きな建設業界とか運送関係といった企業や組織にもメールしたいのですがそういったところとの接触は会社がすることなのでメールしませんでした。医療用HALは申請とか承認とか大切な時期なのでそっとしておいた方がいいと思いました。
    テレビ局には1日にたいへん多くのメールが来るそうなのでどうなるかわかりませんが採用になるといいですね。

    CBSにもメールしたかったのですが Please enter a valid email address. の表示が出てしまい送れませんでした。フリーメールではなく本来のメールアドレスを、コピーではなく文字入力で打っても同じ表示になってしまうのですがどういうことなのかご存知の方がいたら教えてください。

  • ドイツのサイトにCCRの記事が出ていました。
    http://www.noz.de/lokales/lohne/artikel/825414/wietmarschen-querschnittsgelaehmter-geht-zum-altar#gallery&0&0&825414

    :::::

    それからCyberdyneはNatureのOutlookのスポンサーですが札幌医科大学もスポンサーになっていますね。
    http://www.nature.com/nature/outlook/regenerative-medicine/index.html?WT.mc_id=SPG_NA_1612_OUTLOOKREGENMED_PORTFOLIO#editorial (赤っぽくて年号があるロゴです)
    スポンサー同士つながりがあるからこういった形でスポンサーになったのではないのかなって思うのですが、札幌医科大学がニプロと共同で「再生医療研究開発センター」竣工のニュースが出ていましたのでチェック✔してみました。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLRSP432144_W6A221C1000000/
    難しいことはわからないのですが、幹細胞というのは分化能力によって分類があって、iPS細胞(人工多能性幹細胞)は "多能性" に分類されて、札幌医科大学の間葉系幹細胞は "多分化能" に分類されるということですから違う分類なんですね。
    これからCyberdyneと関係が出てくるといいですね♪

  • おはようございます♪ Spinraza承認のニュース、すごいですよね!
    アメリカで承認ですからシアトルの医療施設に動きがあるでしょうし、日本でも動きがあるでしょうし、きっとドイツでも動きがあるんでしょうし、、、そうなると日米独共同で連絡をとりながらHALとSpinrazaの複合療法をすすめていけたらすばらしいなって期待しているんです。

    それから保険についてなんですけど、経営者保険については大同生命、損害保険についてはAIGが出てきました。 同じ情報をお持ちかもしれませんが、先週ある国の大変巨大な保険会社の方が3日間にわたって日本の社会保障や高齢化についてインタビューを受けている記事が出ました。今年になってCyberdyneに言及した記事が出たり山海社長とご一緒の写真があったり、今回も異業種とのコラボレーションといったことを仰っていて、一般の生命・医療保険についてはこの会社がCyberdyneと提携すると私は確信しています。生命・医療保険はたいへん大きな市場規模ですし大変インパクトがあることでしょうね。(私より会社発表の方がサプライズになりますので具体名は控えました)

    *JCNさんもお返事ありがとうございました♪

  • 12月14日に大分ロボケアセンターにベトナム・トルコからヘルスケア関係の方がお見えになり、ベトナムのテレビ局の取材があったのですが
    http://oitarobocare.blog.jp/archives/1063092969.html
    その時の様子がベトナムのVTV(ベトナムテレビジョン)で放送されました。VTVはベトナムを代表する国営テレビ局です。
    Nhật Bản cấp phép cho robot hỗ trợ vận động で検索.。!  .:*・゚Merry-X'mas:*・゚。:.*
    *ベトナム語の原文の方でないと放送が見れません。
    ベトナムはロボットやテクノロジーのレベルが大変高く海外からも企業がどんどん進出していますが、このテレビを見てベトナムからも日本へ来てHALを体験する方たちがたくさんいるでしょうね。

    。。。。。

    ちょっと調べてみましたが、SpinrazaはBiogen社が開発した薬で脊髄性筋萎縮症(SMA)について米国で承認された初めての唯一の治療薬なんですね。これはすごいニュースですね!
    ( ” FDA Biogen Spinraza " で検索するとSpinrazaが承認されたという情報がいろいろ出ています。)

    そして中島先生が ”SpinrazaとHALとの複合療法が今後楽しみです ” と仰っているのはCyberdyneのHPにも出たこのニュースのことを仰っているのではないのでしょうか。http://www.cyberdyne.jp/company/PressReleases_detail.html?id=1615
    ですからこれは間違いなく実行されるのではないでしょうか。

  • No.204

    強く買いたい

    中島先生のFacebookにF…

    2016/12/24 16:47

    中島先生のFacebookにFDAのHPニュースに関係したとってもすごい投稿がありました!♪
    ” 中島孝 新潟病院 Facebook ” でクリック!!
    脊髄性筋萎縮症の薬SpinrazaとHALとの複合療法で小児と成人両者にFDAが認可というのがどのくらいすごいのか専門外の私にはわかりませんが、HAL治療の中心的医師である中島先生が「実にすごい」と仰るのですから物凄くすごいのでしょうね!! このFacebookの投稿は中島先生からのXmasプレゼントですね♪♪

  • 政府は22日、来年度予算案を決定しました。社会保障費については,今回の予算編成では全体の3分の1を占めていて、来年度は過去最大の32兆4735億円に膨らみます。社会保障費の増加に歯止めはかかっていませんし、保険会社にも保険商品等について国からいろいろな要請が来てるかもしれませんね。
    AIGジャパン・ホールディングスのNoddinさんがCyberdyneとの会見で、商品の具体的な中身については「2017年初頭には結論に達するのではないか」と仰ったのは社会保障費も見てからにしたいというお考えもあったかもしれません。

    ご存知の方もいると思いますがAIGジャパン・ホールディングスのグループ会社にはAIU損害保険があって、ここは大同生命と業務提携していてお互いに代理店業務もしています。
    例えばこういった商品があります。 http://www.aiu.co.jp/business/product/hjk/ogata_l/index.htm
    ですからこれから発表されるCyberdyneが関係する保険商品は、保険会社ごとに別の商品かもしれませんがこの2社が一緒ということも考えられます。

    外国損害保険協会(FNLIA)という協会があって世界的に有名なたくさんの保険会社が加盟しているのですが https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E6%90%8D%E5%AE%B3%E4%BF%9D%E9%99%BA%E5%8D%94%E4%BC%9A
    Noddinさんはこの協会の会長でいらっしゃいます。すごい方なんですね。
    http://www.fnlia.gr.jp/about.html(会員会社一覧を見ると各社のHPが見れます)
    他の会社もAIGとCyberdyneがどんな保険商品を出すのか注目していることでしょう。

  • No.930

    強く買いたい

    韓国のサイトにCyberdyn…

    2016/12/21 11:42

    韓国のサイトにCyberdyneの記事が出ていました。HAL®作業支援用と会社のことが書いてあります。
    [이코노미조선] 일본 공항에 짐 나르는 로봇 등장…몸 쓰는 일도 '꿀알바' 만드는 이것 で検索!
    腰HALは装着者がどんな力を発生しようとするかに応じて全部ロボットが装着者の脳神経系の情報を読み取りながら動きます。スイッチのON/OFFのレベルではありません。身体とつながって動いているということになります。これはホントにすごい製品ですよね。海外でも多くの国々・企業がとても関心を持っていることでしょう♪♪

    :::

    神奈川県は20日で介護ロボット導入の補助金受付を終了したようです。たくさんの申請があったのでしょうね。
    http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f420373/p968164.html
    青色の ” 補助金の詳細や申請書類のダウンロードはこちら! ” をクリックするとサイバーダインのリンクも出てきます。

    ” 介護ロボット導入支援事業費補助金 " で検索すると全国のたくさんの自治体が出てきます。

    :::

    20日はPezy Computing 齊藤社長さんの書籍 『エクサスケールの衝撃』抜粋版「プレ・シンギュラリティ 人工知能とスパコンによる社会的特異点が迫る」が出版されました。
    https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-83244-9

本文はここまでです このページの先頭へ