ここから本文です

投稿コメント一覧 (1176コメント)

  • >>No. 4796

    長井様、おはようございます。
    OPECでは北半球が冬場を迎えたこの時期
    産油国間の減産合意が久し振りに決まりました。

    先ずは原油価格がバーレル当たり10ドルは軽く
    跳ね上がるようですが、暖房用灯油が欲しい家庭
    としては、しばらくの間は早め早めの購入で少し
    でも値上げ対策として足掻きましょう。^_^;

    いつもはポリ缶で3缶づつ買いますが、早めに2缶
    だけでも買って置いて正解でした。♪

  • >>No. 4797

    man***** 殿、おはようございます。

    安倍首相が、ウラジミールと呼ぶには早過ぎます。
    親しみを演出している気持は判るが、今、ロシアが
    北方領土を軍事基地化を何故ここに来て始めたかに
    注目すべきでしょう。

    日本が警戒心が募らせるのは普通で当たり前の事で
    しょう。

  • >>No. 4792

    man***** 様、台湾産の表示のウナギは見かけませんね。

    中国産は確かに値段が相当安く出回っていますが、買えません。
    中国産の横に高い値段の鹿児島産も並んでいます。
    貧乏人ですが、こちらの高い価格の方に手を伸ばします。(^_^;)

    それにしても、ウナギ料理の店もすっかり高くなったけど、それでも
    こちらを食します。
    良く行くウナギ屋さんは産地と養鰻業者の名前と写真を店内に出して
    ましたヨ。

  • 自民党政治は高齢者にさらに厳しくなった。

    厚労省塩崎大臣、役人の責任逃れに好都合の男か。
    役人の無能さもあるが、塩崎大臣もだらしがない
    と言える。

    確かに高齢者人口比率は増えている。
    出生率は上がらないままのこう着状態、または
    更に産めない産むのが怖い社会へ入って来た。

    私は安倍総理を外交においては良く頑張っているとは
    思っている。 しかし、また今度もいうが、内政では
    さらに評価を下げたくなった。

    いつも言うが、民進党、共産党中心のこれら野党は更に
    評価できない事は言うまでもないが・・・。

    私も含めた70代の人間は、消費をさらに抑えて生活を
    しなければならないと覚悟しています。

    30代40代の若い家族や独身者も貯蓄率は更に上がって
    いるとの報道を考えるべきでしょう。
    意味は、お互いに将来の不安に備えてです。

    貯蓄で必死に生活防衛をする姿は政治家や官僚達には
    理解できていないようですね。
    国民にコントロールされる政治家、官僚の時代にならない
    限り総公務員化して破滅したギリシャと同じ道を歩む事
    二なるのではと危惧します。

  • 小池都知事頑張れ!

    金の亡者ども、権力の亡者どもを叩き潰すには
    正攻法が小池百合子の生きる道だ!

    今回は非公開、報道陣をシャットアウトしての
    4者会談となっている様だが、当然、都知事側
    からの要請ではないだろうと理解している。

    組織委員会の無能さばかりが目立ち、それに金魚
    の糞の珠代ちゃんだ。♪

    珠代ちゃん、貧乏くじを引いたようなものだろうが、
    後先を考えず物を言い過ぎて自業自得だった事が
    よく分かった事だろう。
    怖くて森元の傍から離脱出来ないのが見え見えだネ。

    小池都知事は市場問題で更に3か月間の減給を発表
    した様だが、必ずいつかは大きくなって戻って来る
    だろう。 それが復給増額ではなくても・・・。♪

  • >>No. 1883

    12月15日、安倍首相の故郷、山口での日ロ首脳会談が
    組まれています。
    安倍首相にとって、これまでの外交政策全般にも反省を
    促す会談が想像されます。
    事前のリマの会談後の言葉と表情には、その様なイメージ
    が感じられ、報道陣も一斉にそれを読み取り決めつけるか
    の如き報道がなされています。

    山口での会談で、プーチンは安倍首相に屈辱を味わせる事、
    ぶち壊しになる一方的な雰囲気になる事はないかも知れない
    だろうが、振り出し或いは得るものが互いにないものになる
    可能性もありますね。

    先ずは安倍首相としてロシアの北方領土ミサイル配備を厳しく
    問い質す姿勢が取れるのかどうかを、国民の一人として見て
    みたい。

    ロシアのミサイル配備は敵対行動以外の何ものでもない。!!
    ロシアに対しては強い言葉が欲しいが、安倍首相には今後の
    為にもしっかりとした対ソ姿勢を示して欲しいものです。

    地元山口への招待は、意に反したものになる気がしてならない。

  • >>No. 4784

    man***** 様、そう言えば・・・。
    私がスーパーで買う生鮮食品は基本的に産地を
    確認します。(^_^;)

    例えば魚介類の刺身には単品の場合は産地が表示
    されているので安心して選べます。

    だけど、刺身でも盛り合わせとなると産地表示は
    ありません。
    同じ場所で買うなら単品のものから想像して、これは
    国産だと判断するよりほかありませんね。

    もっと消費者に産地をしっかり表示する事を心掛けて
    欲しいですね。
    問題の有った地域からのもの、環境汚染のひどい地域
    からの農産物、海産物は避けるように心がけるほかない
    と云ったところでしょうか・・・。(^_^;)

  • >>No. 1880

    北方領土返還の話は消えた、経済協力の話も
    消えた。
    日本は勝手に夢を見続け、自己満足の未来の
    想定だけを追い続けた。

    tig***** 殿や あ~あ 殿が感じられた通りで
    あり、一抹の不安が残ります。

    TPPは米国主導の筈だったにも拘らずに
    大統領就任後に直ちに交渉停止を発表。
    日本は法案を通過させた上で米国説得を
    続けたいと言っている。

    中国はこれを歓迎するとしているが、トランプ
    はその中国に対して貿易不均衡対策を打ち出した。
    高率輸入関税を課し、為替介入、不当廉売などを
    取り上げている。

    トランプに対する評価は我が国だけでなく、世界も
    今は評価を控えている。
    なにせ、経済、外交、政治の実績はゼロでは就任後
    の実際行動、発言を待たねばならないと思う。

    安倍外交は正念場を迎えている。
    日本の他の政党、民進党や共産党ではこの流れには
    対応できる筈もない以上は、安倍総理、頑張れ!と
    言うより他ない。

  • 米国の大統領選挙は選挙人の獲得数で決まる。

    しかし、投票数では200万票という大きな数字で
    クリントン氏の得票が多かったとの事です。
    米国の歴史上、過去には2000年の大統領選挙の際
    にも得票数でゴアー氏が50万票ほどリードして
    いながら大統領選挙に落選した事がありました。

    でも、クリントン氏の場合は200万票です。

    これでは、多少米国民感情が荒れてもそれを私達他国
    の者には何が起きたのだと、疑問を持っても仕方がない
    と思われますね。

    選挙後も尾を引くクリントン支持者の気持ちは何処に
    向かうのかと気になります。

  • >>No. 4780

    ご都合主義には全く呆れますね。
    米国をWTOに提訴の話が出て来ましたネ。

    国際機関の利用価値さえも自分に都合が良い
    時には直ぐに提訴などと言ってます。

    オランダのハーグ仲裁裁判所の決定は「紙切れ」
    と放言して置きながら、まァよくやりますね。

    米国もWTOで裁定が米国不利の際にはWTO裁定
    を「紙切れ」と言っても良いかも知れませんね。
    (^_^;)

  • トランプ氏がTPPのカードをめくりました。

    TPPは就任と同時に交渉取り止めのカード
    に決定しました。
    次のトランプカードは何?
    対中政策、南シナ海、日米安保、今カードを
    開く前にカードをシャッフル中・・・。

    アメリカファーストとは孤立主義の事?
    時代錯誤? 
    米国内でも世論沸騰の勢いも強くなって来て
    いるが・・・、そして小さな衝突、実力行使の
    動きも強くなっている様だが・・・、大丈夫?

    日本も憲法改正など自国を自分で守る覚悟を示す
    時期、検討すべき時期に入ったようです。
    しかも、事は急ぐべしじゃないでしょうか。

    東南アジア諸国も昔の植民地主義にだけは戻らぬ
    様に、自分の意思をもう一度振り返り、しっかりと
    見つめ直す必要が出て来ていると思う。

    昔は欧州各国だったが、今はそれに代わる国が段々と
    武力攻勢を強めている事を快く受け止めてはいない筈
    だが・・・。

    色々な言葉を弄してはいるが、言葉と行動の乖離の大きさ
    には目に余るものがある。

    日本のやるべき事をここに来て見つめ直す必要がある。
    それが今であると同時に・・・。

  • >>No. 1876

    矢張りこの機会を逃したくない日本政府の
    考えがロシア側にモロに見透かされている
    というところでしょうか。

    メドヴェージェフ首相が次期大統領の可能性
    は強いと思われます。
    彼が大統領になれば話は消える可能性が大です。
    返還の話が消え、経済協力の話も当然消えます。
    そして北方4島の軍事基地化が一気に進む事も
    日本としては意識に在ります。

    私の心には終戦時のどさくさにソ連が行った方策
    がどうしても消えずにいます。(^_^;)

  • >>No. 1874

    >続き
    私達の記憶というよりも記録にある意識は、終戦時のソ連からの
    一方的な不可侵条約破りの行動だけでなく、その後のシベリア、
    ロシアでの抑留者への対応なども知っています。

    リマでの会談は、12月のプーチン大統領の訪日の際の話し合い
    は楽観は許されないものがあるかも知れないが、過去のエリツイン、
    ゴルバチョフ以来の可能性の到来だろうとは思います。

    4島返還の可能性と経済支援による双方の繁栄に大きく寄与する
    会談が行われることを期待してやみません。


    スミマセンでした。<(_ _)>

  • >>No. 1873

    >訂正文を貼りつけます。
     文章の下手くそさは同じです。<(_ _)>

    ☆リマでのAPEC会合でプーチン大統領と面談した
    時間は1時間以上だった。
    30分ほどのいつもの遅れての会談スタート、当初予定
    時間は1時間、実質1時間15分~1時間半(?)程続いた
    様だ。

    内容は分からないが、慎重な言い回しと記者会見の表情
    からは12月中旬のプーチン大統領の訪日が楽ではない
    厳しいもの(元々厳しい!)が想像される。

    世耕経済産業大臣の補佐振りは際立っているというか、良く
    頑張っている様だ。
    相手はロシアだという事、決して自信過剰にならない様に
    自信を持ち過ぎ、かつガードが緩いなどとい事だけは注意
    して頑張って下さい。

    岸田外務大臣がロシアの外務大臣ラブロフ氏の会談の結果を
    安倍総理に報告の際には世耕氏も一緒に聞いて欲しい。

    最近にない交渉進展の機会に恵まれているのは間違いない。

    しかし、このチャンスがロシアにとっても今は苦境にある
    経済、外交による部分から起きていて、何らかの打開策の
    一つが日本とのより一層の国交完全復活である平和条約や
    再度の戦前の不可侵条約的な締結が基本となり、北方4島も
    当然、返還する事も意味している。

    手順、段階も事前に踏むステップを決めて行けるのかどうか。
    ロシアに対して、何も樺太や千島の話まではする気が無いのは
    戦後すぐの状況からも考えられない。

    しかし、戦後すぐの状況からも北方4島は日本に早く帰属させる
    べきだと考えています。
    私の考えが間違いであれば、ロシアに詳しい人から反論や意見を
    聞いてみたい。

  • >>No. 1872

    1872は取り消したいが方法を知りません。(^_^;)

    投稿後に気づいたことが有ります。
    文章が長くなりそうだったのと、時間が掛かりそう
    な状況になり途中で別はコピー保存しました。

    再度、投稿したら間違った状態でした。
    急ぎ、文章はそのままの状態ですが取消します。<(_ _)>

    また後ほど・・・。

  • リマでのAPEC会合でプーチン大統領と面談した
    時間は1時間以上だった。
    30分ほどのいつもの遅れての会談スタート、当初予定
    時間は1時間、実質1時間15分~1時間半(?)程続いた
    様だ。

    内容は分からないが、慎重な言い回しと記者会見の表情
    からは12月中旬のプーチン大統領の訪日が楽ではない
    厳しいもの(元々厳しい!)が想像される。

    世耕経済産業大臣の補佐振りは際立っているというか、良く
    頑張っている様だ。
    相手はロシアだという事、決して自信過剰にならない様に
    自信を持ち過ぎ、かつガードが緩いなどとい事だけは注意
    して頑張って下さい。

    リマでの会談は、12月のプーチン大統領の訪日の際の話し合い
    は楽観は許されないものがあるかも知れないが、過去のエリツイン、
    ゴルバチョフ以来の可能性の到来だろうとは思います。

    私達の記憶というよりも記録にある意識は、終戦時のソ連からの
    一方的な不可侵条約破りの行動だけでなく、その後のシベリア、
    ロシアでの抑留者への対応なども知っています。

    岸田外務大臣がロシアの外務大臣ラブロフ氏の会談の結果を
    安倍総理に報告の際には世耕氏も一緒に聞いて欲しい。

    最近にない交渉進展の機会に恵まれているのは間違いない。

    しかし、このチャンスがロシアにとっても今は苦境にある
    経済、外交による部分から起きていて、何らかの打開策の
    一つが日本とのより一層の国交完全復活である平和条約や
    再度の戦前の不可侵条約的な締結が基本となり、北方4島も
    当然、返還する事も意味している。

    手順、段階も事前に踏むステップを決めて行けるのかどうか。
    ロシアに対して、何も樺太や千島の話まではする気が無いのは
    戦後すぐの状況からも考えられない。

    しかし、戦後すぐの状況からも北方4島は日本に早く帰属させる
    べきだと考えています。
    私の考えが間違いであれば、ロシアに詳しい人から反論や意見を
    聞いてみたい。

    の返還

  • 安倍ートランプ会談、想定されることは色々あるだろうが、
    全てはこれからであって、方向付けをするのは少しだけ
    待った方が良い。
    今はあらゆる可能性を広げて、まさかという言葉を使う事の
    無いように準備しながら対話を続ければ良いでしょう。

    一番最初にトランプ氏が会った海外首脳では安倍首相が最初
    となった。
    日本がアメリカを最優先に考えている事はトランプ氏も理解
    出来た事でしょう。
    私達は、政治家実績、外交実績のゼロのトランプ氏に対して
    外交政策、経済政策を彼が考える時に、常に日本を、安倍総理
    の顏を思い浮かべて事に臨む可能性がより一層というか、少し
    は高くなる筈だとその可能性も持ちたい。

    勿論、より良きパートナーとして、こんな時「安倍だったら・・・」
    と思う事があればと願いたい。
    悪しきパートナーとして、「安倍の野郎なら・・・」なんて思わない
    で欲しい。

    次々と各国首脳との色々な形式の会談、電話会談、面談などで話題に
    なっているのがその時間の長短などの様だ。

    社交辞令も含めて安倍ートランプ会談は無難にスタート出来たという
    解釈で止めて置いて、あらゆるレーダーを張っておきましょう。

  • 博多駅前通りの大きな陥没事故の修復が
    事故後7日目には修復、復興した。

    世界各国の高い評価を嬉しく思います。

    日本政府、福岡県政を世界が褒め称える言葉で
    溢れかえっています。♪

    何よりも、福岡市市長の高島総一郎市長の判断
    と決断、次の指示が関係者へ素早く伝わった事
    と関係者の皆様が直ちに市長の要請、指示に呼応
    してくれた事でしょう。

    今回の復旧の真の功労者は市長と現場に従事した
    企業と社員、協力会社の方々であり、指令を発信
    し続けた現場責任者の的確な判断だったと思いま
    した。

    真に褒め称えるべき人々には少しズレが有りますが、
    いづれにしても、日本人の団結力、行動力と素早さ
    に対して、世界が改めて認識を深める事になった事は
    本当に喜ばしい事と嬉しくなっています。♪!(^^)!♪

    今回の事故発生寸前の異変を感じ、直ちに作業現場から
    避難し、かつ外の道路封鎖に早急にカラーコーンを立て
    車両転落、人心災害を未然に防いだ上で警察へ連絡した
    現場作業従事者の行動にはしっかり訓練されたものが
    感じられました。

    土木工事においては、工法などに疑念が生じ、工事業者への
    減点の問題があり、減点対象とはなる事もあるやも知れない
    が、逆にその後の処理の全ての見事さについては、必ずや、
    大きな評価点数対象となるものと信じて止みません。♪

    このニュースの2ヶ国を除く多くの海外の評価を追ってみると、
    日本という国の信頼向上にこの事故は大きく寄与、貢献した
    事を感じております。!(^^)!

  • >>No. 1868

    面白い話だが、選挙人数ではトランプ氏が獲得人数で勝利、
    全体の得票数そのものではクリントン氏の勝利だとの話が
    出て来た。
    単なる参考にしか過ぎない。
    当選の対象は選挙人数の獲得状況により決まる約束事がある
    以上は、得票数については面白い話だったとしかならない。

    我らが安倍総理、米国訪問でクリントン氏とは会ったがトランプ氏
    は無視した感じになって、気まずい雰囲気じゃないでしょうか。(笑)
    早速、トランプ氏に当選祝いの祝電は流したものの今後が大変かも
    知れませんね。

    小池都知事じゃないが、アメリカファーストと口にして来たトランプ氏
    としては言葉通りにはならないと思うが、今回の選挙戦においては、
    保護主義、孤立主義を思わせるかの如き言葉の連続だった。
    同時に、私達は強いアメリカという言葉も何度も耳にしました。

    私は、アメリカが強いリーダーシップを発揮する事を願っている部類だ
    と思っています。
    弱いアメリカ、確かにリベラルな寛容の国アメリカとして、民主党政権
    時代に特徴的な事は今までと違った多くの移民による人口増加が起きた
    様です。

    既存の米国人にとって、新規移民の人々による一般生活への影響は大きな
    混乱と弊害を生み出し、トランプ氏の強烈な排他的入国制限の言葉は
    いわゆる旧アメリカンの労働者達とその家族には救世主の言葉と考えられ
    たのかも知れません。

    これからしばらくの間は、当選後の彼の一挙手一投足が話題に上る事でしょう。
    なにせ、これまでは政治家としての実績がゼロの彼が発する言葉を、その意味を
    分析しながら判断を積み重ねて行くしかないでしょう。

    彼がどんな政治家像を見せるのかを都度々々見ながらというのも大変な事では
    あるが仕方がありませんね。
    世界の動きも、もう一歩混乱に拍車が掛かるのでしょうか。

  • >>No. 1867

    トランプ氏、過半数270人の選挙人確保を
    上回ったようです。

本文はここまでです このページの先頭へ