ここから本文です

投稿コメント一覧 (3425コメント)

  • ああああ
    願望です

    リサネイサンは10万持ってる
    (^∇^)
    あと25万株k君

  • 岡ちゃんが9万株オプションか
    コツコツ貯めた株数をもう少しで超えられる

  • 発表からオプション分の3%
    下落済み完了
    オプション発表から10日以上間がないと
    IRないので
    その間株価見ないで過ごそう
    (^∇^)
    ストップオプション
    次のIRは13億の助成金つき
    依存症のフェース2b開始

    アルコール依存症で
    オピオイド依存症
    ダブル依存(^∇^)

    もうちょっとビッグなIR
    決算までには盛り上げてくれええ

  • 命懸けで飲んでオクレ
    (^∇^)
    確か別の神経変性疾患になる副作用があって
    その疾患に効くのが166というオチ

  • 確か$30ぐらいのストップぷションが
    コウシ期間が終わって
    その代わりの
    ストップオプション
    だから数も大
    ストップオプション
    ストップオプション

  • >>No. 2587

    占い師

    売らない
    (^∇^)

    占う

  • 決算発表前にポジティブなIR求む

  • 追加スマスタ
    4000株これで今年は最後
    ああああああ

  • 221は棚上げ
    キッセイは
    分売り

  • 日本だとケタス処方薬で簡単に手に入る
    アメリカでは新薬候補イブジラスト

    そういえば去年の今頃
    夏までーーーとまった
    今年また夏までとまっている

    ブラックロック

    「ブラックロックは1988年に証券会社ファースト・ボストン出身のラリー・フィンク氏によって設立されました。リーマンショック後、米メリルリンチと英バークレイズから運用部門を買収し、世界最大の資産運用会社に成長しました。世界中で株や債券などを幅広く運用し、グループ全体の運用資金残高は総額5.1兆ドル(約518兆円)に達します」

     日本のGDPに相当する超巨額の運用額を誇る同社は日本国内での運用額もケタ違いだ。

    「2年前の調査では、ブラックロックがグループ全体で保有するTOPIX500社の構成銘柄の評価額が約10兆7680億円に達した。これは日銀の保有する日本株に匹敵する巨額の運用です。同社は日本経済全体の“大株主”のような存在であり、市場に与える影響力は絶大です」(同前)

     実際、ブラックロックが5%以上の株式を保有するとして提出した「大量保有報告書」を確認すると、3大メガバンク、三井物産、伊藤忠商事、大和証券G、マツダ、ニコン、JXHDなど、日本が誇る一流企業がズラリと並ぶ。これにメディシノバを足してくれ

  • ALSの既存薬薬は限定的
    25人に166中止(既存薬は継続)
    2週間後に下肢の機能が統計p<0.001で落ちた
    普通患者サイドより
    投薬継続運動が起きると思うが
    ベンジャミン先生のところは
    単独施設での治験
    先生と患者の合意があれば
    ほぼアンメソッドの領域により
    特例的に可能じゃと思うが
    治験後投与は可能(他の治験病院などに相談なし)
    だが、やってるかどうかわからん
    知りたい


  • NeuroNEXTは、本プロジェクトに助成金を供 与しているNIHの支部、NINDSが学術会、民 間財団、医薬業界と提携して神経疾患治療の 研究をするために設立しました。イブジラスト
    (MN-166)は、NeuroNEXTで行われる臨床 研究の最初の薬剤に選ばれました。

    最初に選ばれた、このプロジェクトは最初から
    失敗したくない
    よって最も可能性がある166が選ばれた
    これからたくさんあるだろう神経疾患の最初のプロジェクトに166が選ばれた
    イブジラストはまず神経疾患で有望な
    10の化合物に選ばれた
    さらにそこから、最初の初の薬剤に選ばれた

    夏のNASHも楽しみじゃ

  • ここを東京事務所に聞いてくれえええ
    終わった治験の継続

  • 月に255名の登録患者の約半数であ る127名が96週間の治験期間を完了し、当初より予定していた有効性 に関する中間解析が実施されました。

    その後127名の人の投薬はどうなってる??
    よかったら継続しとるはずじゃが

    ALSの25人も終わってるが
    その後下肢の筋力が落ちた
    再び166を投与されとると思うが

  • 不安な要素
    IPFについてはわからない

    アルコールに関しては
    喘息で処方されたピナトスを
    30ミリ
    朝昼計60ミリ飲んだら
    全く酒がほしくない

    何回やっても同じ
    ただし、なんか意欲が落ちたよう

    という話を聞いた

    メリット、アルコール依存症を治す
    デメリット、やや意欲が低下する

    メリットの勝ちじゃ
    これは参考にせんほうがええかも

    依存症ではないが酒がなかなかやめれない人
    は抗酒剤より166のほうが優秀じゃと思う
    (^∇^)

  • ALSに関しては2016/4に以下が
    発表
    2016年4月には中間解析結果が発表されている(25人、6ヶ月間の解析結果)。解析結果によると、ALS障害レベルを判定するALSFRS-R(改訂版ALS機能評価スケール)※において、プラセボ群に対して悪化率(症状の進行度合い)が22%抑制されるなどポジティブな結果が得られたとしている。特に、嚥下機能については50%、上肢機能については38%、プラセボ群に対して悪化の進行度合いが抑制される結果となっている。

    最初の60人はエンロールされてるじゃろうから
    予想では今年の4月の学会では60人分の
    解析発表はあるんじゃなかろうか
    今度はp値を出して欲しいが

    後が全員オープンなら
    前の盲検は解放され統計処理できるんじゃろうか
    詳しい人教えて

  • >>No. 2568

    MSは5月ぐらい

    NASHはフィスコのレポート

    現在の開発状況としては、2016年3月より高中性脂肪血症を伴うNASH及びNAFLD患者を対象としたフェーズ2治験(40名予定)が開始している。スクリーニング期間(最長4ヶ月間)と治療期間(12週間)と合わせて約7ヶ月間程度となっており、2017年夏頃を目途に終了する予定となっている。評価項目としては、安全性や忍容性のほか、血清脂肪パネルやコレステロール値などの検査、MRIによる肝臓評価などが行われる。

    というわけで夏

    ALSは治験期間は1年
    1、最初の半年2重盲検
    2、後の半年は全員166投与(オープン)
    1、の成果が重要
    という意味では
    20175月〜6月に決着

    その頃にメタンフェタミンフェーズⅡ終了という
    噂?もう4年経ってるし
    株主通信の経過やじるしも進行性多発性硬化症と
    大体同じ(^∇^)

    後4月までにはオピオイド依存系の
    フェーズ2bは始まるじゃろう

    あと新しい適応でのチャレンジ
    これは2016/12までの課題が未達成
    引き続きーーー(^∇^)

    001特発性肺線維症はフィスコによると
    2018までに後2年間??

  • >>No. 2565

    そうなんですね、ありがとうございます
    ちょっと残念じゃが
    そうして株主が変わって
    株価のステージが上がる
    (^O^)/

  • 宝島
    お前に聞きたいことがある

    ベム
    なんでも聞いてください
    丁寧に答えます

    宝島
    それでは
    貸株をすると保有株数の表示がその分下がるという理解でええか?

    ベム
    え〜と
    わかりません

    宝島
    F投信は貸株も合わせると10%ぐらい
    でええか?

    ベム
    え〜と
    え〜と
    わかりません

    宝島
    貸株をするとその分の議決権はなくなる?
    優待権はなし?、配当は?

    ベム
    え〜と
    え〜と
    え〜と
    わかりません

    全員((((;゚Д゚)))))))

    というわけでネットではイマイチわからんので
    解説よろしくお願いします。

  • 60万株追加して合わせて5%超えたので
    報告という事で良いですかああああ

    潜在的も含めて
    順位は思いついたまま
    1、馬のオッチャン
    2、キッセイ220万株
    3、いわき社長
    4、ヒワマン会長
    5、黒ロック180万株
    6、F投信
    あとよろしくお願いします

本文はここまでです このページの先頭へ