ここから本文です

投稿コメント一覧 (1473コメント)

  • >>No. 16233

    おばんです

    日本人のカネが外国人に吸い取られる・・・ということも

    ありそうですな。

  • >>No. 16234

    おばんです

    政治は一般人に嘘の情報しか与えないことが多々あります。

    戦争になると、その傾向は更に強まるんですな。

    朝鮮戦争では韓国の李承晩大統領が、国民には国連軍が助けてくれるから動くな、安心していろ、といいながら、自分自身はさっさとソウルを捨てて逃げた。

    そして新聞も、韓国軍の反攻という事実と異なる報道をして
    国民騙しに一役買っていたということです。

    李承晩は先にソウルを脱出し、北の軍隊が追いかけてこないように
    橋を爆破したという話もあります。
    国民の命を守るべき指導者が、国民を見捨てて、自己保身に走った・・・

    日本も同じです。

    政府の言うことを丸ごと鵜呑みにしてはならない、そういう姿勢が必要ですなー

  • >>No. 16235

    おばんです

    「死」はタブー、忌避したい語ですからなー

    政治関係ならば、安倍首相に迷言があります。

    三権分立について、本年5月16日に安倍氏が国会で答弁したものです

    質問した野党議員に対して・・・

    安倍氏答弁・・・

    「議会の運営について 少し勉強していただいたほうがいい。

     議会については、私は『立法府の長』です」 

    と言ってのけたものです。

    しかも相手議員を小馬鹿にしたその口からですよ・・・

    政治は国民全員のものですから、これあたりを 
    大賞候補にえらんでおいたらよかったんですよ。

    国民の間で取り沙汰されなかったのが不思議ですなー

  • >>No. 16236

    おばんです

    今日は午前中は雨、午後は曇り、夜になって晴れましたが
    一日中厳しい風でした。

    菜園の雑草をぬきとり、土を天地返ししている間、強風にあおられたゴミが
    目に入り難渋しました。

    ゴミよけの眼鏡をしているのに入るんですよ、風の作用はすごいものです

    今夜は星がきれいにみえます。
    明日は晴れそうですなー

  • >>No. 16209

    おばんです

    流行語大賞というものですが、人口に膾炙率が高かったのかといえば
    あながち、そうでもないようですな。

    大賞を決めるために投票した結果が、市井において実際に流行っていたのか、と疑念を抱く男がいました。

    お祭りのようなものであるので、国政調査のような正確さはいらんでしょう・・・に落ち着きましたが、その人物の疑念は着眼点としては
    面白かった。

    ニュースによると・・・

    「神ってる」は、今年6月のプロ野球セ・パ交流戦で、広島東洋カープの鈴木誠也選手が2試合連続サヨナラ本塁打を放ったとき、緒方孝市監督が使った言葉。

    「神がかっている」を今どきの言葉風に表現。
    好調を維持して25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島を象徴する言葉となった。

    とありましたが、まさに神がかり的成果でした。

    監督は天に昇る気持だったはず、しかも流行語大賞もつかみ、大したものです。

  • >>No. 16212

    おばんです

    我が家では菜園にハコベが生えています。

    ハコベは昔小鳥の餌にした覚えがあるのですが、

    ということは人間がたべて大丈夫なものなんでしょうなー

    食したいというわけでなく、気になっただけですが。

    銀行預金していても利子がでるわけでなく、最悪の時代ですなー

    銀行は今や外部金庫でしかありませんな

    定期預金利子が8%あった時代が嘘のようです。

  • >>No. 16213

    おばんです

    そうでしたな、パパブッシュ氏は使命感の強い人物であったと思います。

    米ソ冷戦の終結は勿論偉業ですが、彼は空軍に志願し命の危険にさらされた
    体験もありますから根性が座っているんですな。

    同じように大統領になった息子のブッシュ氏の方は兵役回避したような話があります。
    親子でも違うものですな。

    パパブッシュ氏の名前を冠した戦艦があります。
    パパブッシュ氏の業績がそれだけ評価されたということでしょうな。

  • おばんです

    今夜は雨になりました。

    やや冷えですがストーブをつけるほどでなく、ハロゲンにしています。

    明日は出かける予定があるので、夜半に雪にでもなると面倒・・・

    そんな風に思いながら、雨音を聞いています。

    山間部の冬期は足止めが、一番の心配ごとですなー

  • >>No. 16158

    おばんです

    こう言っては何ですが、普通の風邪でよかったですなー

    インフルエンザが流行っていて、学級閉鎖も出ているそうです

    免疫力が低下している我々には脅威ですよ。

    早く治りそうでよかったですな

    お大事に。

  • >>No. 16161

    おばんです

    日本では徳川幕府がはじまったのが1603年ですから
    1660年は藩政が基盤にのってきたころですなー

    そして古来からの神話を含む皇統崇拝絶対主義が当然視されていた時代です。

    英国の科学的な開明はすごいですな

  • おばんです

    今日は朝のうちは晴れていましたが午後は曇りで寒かった。

    ウォーキング中にしゃがみ込んだ人がいましてな、

    一緒に歩いていた誰かが携帯で救急車を呼びました。

    顔見知りで挨拶を交わす程度の間柄でしたから

    どこに住んでいる人なのかわからない

    家族に連絡がつかなくて、警察に任せました。

    私たちの年齢は、何時なんどきに何が起きるかわからない。

    寂寥感が増すばかりです

  • >>No. 16147

    おばんです

    気分は体調で変わりますなー

    動きたくない時は体調がよくないサインときめて

    無理しないようにしています。

    お互いに無理しないで生きていきましょう

  • >>No. 16150

    おばんです

    不二子さんも山歩きでしたか・・・

    ウサギの換毛は環境の色に合うようになっているようですな。

    素晴らしい天の摂理ですな。

  • おばんです

    雨の合間に裏山へ入ってきました。

    森の中は枝の広がりが雨を受けて傘なしで歩けました

    まあ、これも小雨だったからですが・・・


    渓流に魚影なし、やや寂しかった


    おかしなもので 見ると おぉ元気か・・・という気分になり

    世界が広がるというか 未来に期待が生まれて、自身が活気付くのです。

  • おばんです

    おかえりなさい

    旅の疲れは大丈夫ですか

    ゆっくり休んでください

  • >>No. 16115

    おばんです

    今朝の福島沖の地震は、東北大震災の余震だそうですよ、

    ということは、あーちゃまがご想像のように震源が岩手沖から

    福島沖へと移動したようなものですなー

    次は東京湾ですかな。

  • おばんです

    今朝は驚きましたなー

    小生のところの揺れは大したことがなかったのですが、

    震源地が福島沖であったことに驚いたのです。

    朝5時59分、M7.3、震度5弱で、3メートル津波警報もでました。

    幸い、津波の高さは1メートルほどですんだようですが・・・

    2011年から5年、原発立地県の福島は恐怖の再来を思ひ、
    生きた心地がしなかったでしょう、

    お見舞い申し上げます。


    ところで関東甲信地方、23日夜から24日にかけて雪になりそうですな。

    上空に寒気、太平洋に南岸低気圧が配置となる見込みです。

    降れば、11月の雪は54年ぶりだとか、半世紀ぶりの雪になる。

    大雪にならないことを願っています

  • >>No. 16080

    おばんです

    権力の暴走はロシアだけでありません。

    日本では治安維持法というものがあり、体制批判したものが検挙され過酷な
    運命をたどっています。(1925年制定・施行ー1945年廃止)

    小説家の小林多喜二などは小説の題材に特高警察をとりあげたかどで検挙され
    拷問死させられた事件は何方さんもご存知と思います。

    この治安維持法は敗戦後に廃止され、現在は破壊活動防止法(破防法)があります。

    この法律は政治目的とする暴力的破壊活動団体の規制・・・とありますが、
    共産党がこの法律により監視対象になっているそうです。

    権力サイドが不穏当とみなしたデモや集会も破防法適用になる。

    また安倍政権が成立を期している特定秘密保護法案。

    秘密保護の名のもとに権力サイドの恣意的運用次第で個人がいわれなき罪に陥れられる可能性があります。

    体制批判につながる思想・発言・出版・集会などが全部潰される社会になるのはさほど遠いことではないでしょうな。
    1925年に逆戻りです。

    法案を国民に説明するときの政権は、いわゆる赤ずきんをかぶった狼と同じで親切・善良な老婆を演じる。

    国民は政府を100%信用するというわけです。

    人が善いというよりは、無思慮なんですな。

    政治とは国民が監視し批判しなければ、暴走するということを知らない。

  • おばんです

    夜は気温が急降下しますなー

    ファンヒーターでは物足りず、今夜は暖炉に火をいれました。

    暑くなるのではと案じていましたが、なんのその、非常に快適です。

    今日は落ち葉の始末、雑草の刈り取りなどで昼間がおわりました。

    大したことはできないものですなー

  • おばんです

    当地は夕方から雨、折角の巨大満月を見る事ができなかった

    満月になった月が最大接近するから大きく見えるのですが
    そういう日はそうそう頻繁にないので、今夜は是非見ておきたかった。

本文はここまでです このページの先頭へ