ここから本文です

投稿コメント一覧 (1395コメント)

  • 折句 雨よ降れ

        雨嫌いされど背に腹替えられず
            軒先吊るす雨降れ坊主

    「雨よ降れ」で・・・

        明けの空目に入る青さと陽光に
            ふさぐ思いの零細農婦

     このところ雨が降らず、たまに雨の予報が出てもお湿り程度で、まるで干ばつである。さぞ農家は大変だろうな。当方雨は大嫌いだが、こう乾燥が進むと体調にも影響が出そうである。我が家の農婦は畑に水運びをしている。ご苦労さん。

  • 折句 影薄く

        暗殺のニュースアジアを席捲し
            トランプニュース影薄くなり

    「影薄く」で・・・

        過熱する現地報道嘘あるが
            筋は明白苦労す裏付け

     金正男氏暗殺が起きて一週間余、アジアの報道機関はこのニュースで持ち切りのようだが、お陰でトランプ関連ニュースの影が薄くなったように見受けられる。報道戦に北朝鮮は他国の非難で参戦してきたが、中国はだんまりである。何れ参戦するだろう。またベトナム、インドネシアも巻き込んできた。野次馬は益々目が離せなくなるな。

  • 折句 後悔か

        ポピュリズム利用し成った大統領
            選んだ国民今後悔か

    「後悔か」で・・・

        これほどに迂闊に物言う彼の人は
            今に更なる過酷な試練が

     スエーデンのテロ発言とか、真偽を確かめず、また前言を取り消すとか発言の軽さに米国民ならず世界が驚いている。米国では連日デモが起きているが、英国でも来訪反対デモが100万人に達し、議会でその要求が審議されているとか、この人任期を全う出来るのか怪しくなってきた。ニクソンや韓国の二の舞になるのかも?

  • 折句 雨水節

        温み増し雪を溶かして雨となす
            梅は満開節句は近し
     
    「雨水節」で・・・

        鶯の姿見えねどいい調べ
            晴天にこだま伝う春の気

     一昨日は雨水節でしたが、雪国ではまだまだ雪に悩まされているのでしょうね。早く雪が消えて欲しいものです。当地方は好天に恵まれていますが、雨が長期間降らず、空気が乾燥してこれも困りものです。世の中なかなかうまくはゆきませんね。

  • 折句 春一番

        春一番春への誘い良かれども
            黄塵空覆い目も開けられず

    「春一番」で・・・

        遥かより流氷が運ぶ命あり
            散る氷塊に番屋は活気

     昨日は春一番が吹きましたが、土埃には閉口しました。車を運転していても前がよく見えず、中国西安の黄砂を彷彿するものでした。春一番とは聞こえはいいですが、迷惑なものですね。

  • 折句 暗殺劇 

        中世の王朝ドラマを見るような
            尊属殺人世界が震撼

    「暗殺劇」で・・・

        安住の里なき人が終に死す
            激震収まず狂騒報道

     金正男氏の殺害は世界に衝撃を与えた。権力の座に座ると叔父であろうが兄であろうが抹殺する。正に中世の物語である。これが現代とは空恐ろしい。しかしこの劇はこれで終わりではなく、必ず続編があるだろう。

  • 折句 人付き合い

        初対面調子のあったいい人は
            付き合い何故か長続きせず

    「人付き合い」で・・・

        日和見はとっつきがよく付き合うと
            後で裏切り何時しか消える

     安部さんとトランプ氏の会談は成功裏に終わったようだが、この後この関係がどのように続いていくのか目が離せない。実は私の経験では初対面で調子がよく、気が合うかと思った人とは付き合いが長く続かず、じわじわ関係がよくなった人とは長く付き合っている。結局誠実さが有るか無いかに帰結するようだ。安部トランプの関係に水を差すつもりではないが、是非良好な関係を保って欲しいものである。

  • 折句 時代錯誤

        建国日賛成集会大盛況
            反対集会参加者パラパラ

    「時代錯誤」で・・・

        自虐史観大脳に刻まる左翼思想
            国の生い立ち傲慢に否定

     昨日は建国記念日だったが、どの国にも建国記念日はある。建国日を否定し、反対を唱える人はどういう人種なのかな。神話、神道と結びつけて軍国主義復活だ、どうたらこうたら言っているのだね。終戦で思考が停止し、自虐史観で凝り固まった人なのだね。

  • 折句 首脳会談

        一幕は無事に終わって第二幕
            更に強固に二人の絆

    「首脳会談」で・・・

        周到な濃密歓待かつてなし
            今は日米団結の時
     
     最大限な厚遇で迎えられた安倍首相であるが、クレバーな首相はうまくやるだろう。国の関係も人の関係も変わりがない。誠意と信頼がすべてである。他国のディスカウント、プロパガンダをするようでは、仲良くなれる筈がない。そんな指導者は愚かというしかない。今回の首脳会談が成功裏に終わることを期待する次第である。

  • 折句 日米会談

        国力が違えば朝貢やむを得ぬ
            嫌なら軍拡憲法改正

    「日米会談」で・・・

        日本には力まだなく米国の
            介助が必要団結が力

     安部氏の米国訪問の土産物について、朝貢物品の品定めだ、なんだと新聞が揶揄していたが、日米安保で防衛されている以上、日本の立場は下でもやむを得ないことであろう。揶揄し、非難しながら、9条は守れ、憲法改正は反対だ、では筋が通らない。日本が本当に自立すればそんな戯言はなくなるだろう。自分の国は自分で護る気概のない奴に限って、朝貢だなんだと上から目線で揶揄しているのである。

  • 折句 マッドドッグ

        狂犬の行動一挙手一投足
            気になり騒ぐ某国マスコミ

    「マッドドッグ」で・・・

        待つチャンスどっと繰り出す弩級艦
            強い指揮官軍人の誉

     マティス氏の日韓訪問に某国マスコミは上を下への大騒ぎで報道していたらしいが、それだけ同氏の威光は轟いているのだと実感した。静かな学究肌の同氏の発言に対する某国国民の好戦的発言を聞いていると、呆れてしまう。負け犬の遠吠えにしか見えない。

  • 折句 調教師

        武士道を地で行くようなマティス氏は
            狂犬あらず調教師なり

    「調教師」で・・・

        緒に就いたうるさい統領教育し
            得る同盟力シナジー忘れず

     ストイックで学識者のマティス氏は狂犬と言われているが、本当は狂犬を手なずける調教師ではないかと思った次第。笑顔は優しそうだが、目の鋭さを見ると、正に武人の風格がある。日本にとってはがむしゃらトランプを制御できる人に見え、安部さんも安心したのではないか。

  • 折句 温き春立つ

        立春の顔を立てたか好天気
            春待つ人の頬を緩ませ

    「温き春立つ」で・・・

        ぬるむ水首出す土筆黄の原に
            春の気配を巽に感ず

     立春の今日は3月中旬の気候だそうで、なんとなく人々の顔を緩ませているようです。ただ暖かいのも今日だけのようで、明日からはまた寒くなるとか、一時の憩いですが、春来るを感じさせました。

  • 折句 恵方巻

        恵方巻今じゃ定着全国区
            海苔屋にスーパーコンビニかき入れ

    「恵方巻」で・・・

        縁起物ほおばる寿司はうわばみか
            万座に笑いが今日は節分

     節分の風物詩恵方巻は今や全国区の食べ物になりましたが、まるっかじりがいいのかもしれませんね。家族が集まって同じ方向を向いて大口開けてがぶりとは、笑いの要素があります。我が家も今夜は恵方巻です。

  • 折句 老害だ

        慰安婦の真実分かりし今もなお
            自説に固執す利敵老害

    「老害だ」・・・

        論外な嘘と分かれど我を通す
            異常な老害誰も支持せず

     この老害が慰安婦の強制連行を認めたことが、今の日韓関係を作ったわけだが、吉田清治の小説がでっち上げであり、朝日の報道が間違っていたと、朝日が認めた今も、発信源であるこの老害は自説に拘り、国家間が重大な岐路に立っている現在も日本政府が間違っていると攻撃している。この人間は本当に日本人なのか疑ってしまう。全くの売国奴、国賊である。

  • 折句 如月の

        如月の声に目覚めし梅の里
            暖の一声待ちて開花に

    「如月の」で・・・

        喜々として囀る小鳥が乱舞して
            銀翼も遥か野末の春天

     今日から如月、気温はまだ冬の真っ盛りですが、梅の蕾はふくらみあと一声の暖気で開花するようです。鶯の声はまだ聞こえませんが、何れ来るでしょう。春が待ちどうしいですね。

  • 折句 餓鬼大将

        やり放題まるでお山の餓鬼大将
            何時か転げることもありなん

    「餓鬼大将」で・・・

        雅風なく鬼面むき出し大得意
            居丈高では商売できず

     トランプは大統領令の乱発を続けているが、一人の方針でこれほど世界が振り回されるのは前代未聞である。まるで中世の暴君である。こんなことを続けていたら、世界は爆発するだろう。共和党にはブレーキをかける人間はいないのか?世界人類を敵にしたら彼の前途は暗いものになるだろうね。中東七か国の入国拒否は自国のみならず、世界で反対運動が起き、変更をよぎなくされている。この人4年続けられるのであろうか?

  • 折句 どんでん返し

        救国のどんでん返し有り無しや
            興味津々楽しからずや

    「どんでん返し」で・・・

        ドン出でて伝家の宝刀ガブリ振る
            英雄に弱く従う民は

     外交なんてどうでもいいと、愚民をたきつけ坂を転がり落ちて行きそうだが、そのうちどんでん返しがあるのかないのか、目が離せない。国際法もへったくれもない国なので、楽しく観察するのがいいようだ。

  • 折句 窃盗団

        窃盗団組織し派遣日本へ
            骨董盗めよ司法がついてる

    「窃盗団」で・・・

        世界的ついた呼び名が盗犯国
            失う国品段々没落

     韓国政府の当該部署が、仏像裁判に控訴するだろうが、もし上級審でも敗訴するようだったら、日本は以下の外交的施策を実施すればよい。すなわち、入出国を厳重にして、盗賊を入れないことである。当然ビザは復活、審査で身分を徹底的に洗う。発給まで六か月は必要になる。そして入国した人間は一周間ごとに動向調査票提出を義務付ける。これは全ての韓国人に適用し、水際で抑える施策である。神社仏閣の石像や仏像を大量壊した輩も韓国人。これらを見ても入国規制は急務である。

  • 折句 泥棒国家

        韓国は最早司法がない国と
            世界が認識仏像奪取

    「泥棒国家」で・・・

        どこまでも論理弁えぬ冒昧さ
            国家ぐるみでかっぱらい奨励

     韓国の大田地方裁判所が、対馬から盗んだ仏像を、中世倭寇が強奪したものと認定し韓国の所有物と要求した寺のものだとし、同寺に引き渡す判決を出した。もし控訴がなく判決が確定したら日韓関係は決定的に破たんするだろう。つまり日本国民を敵に回して修復不可能な事態になり、また世界には泥棒国家という汚名がつけられ、広く認識されるだろう。もはや同国は法治国家ではなく、ならず者集団と言っても過言ではなくなる。これで国交も終わるかもしれない。

本文はここまでです このページの先頭へ