ここから本文です

投稿コメント一覧 (52コメント)

  • 本日の日経産業新聞の記事、結びのひとつ前の段落です。
    「目下、サンバイオの臨床試験は日米で進んでいる。SB623の投与を受けた脳梗塞の患者が再び手足を動かせるようになり、会話が可能になった、といった報告が届く。」
    治験の途中でここまで書いていいのかどうかわかりませんが、少なくとも現在進行中の治験はうまく進んでいると考えていいではないでしょうか。
    危惧はいろいろありますが、明るい気持ちで結果を楽しみに待ちたいものです。

  • 記事は、「森が描いた夢は、実現に向けて最後の山を乗越えようとしている」ーと結んでいます。
    日経は、サンバイオをこのように高く評価しているのですね。
    迷うときもありますが、信じてホールドします!!!

  • >>No. 436

    > 今日の東証開示を見ると、野村が更に買い戻してますね
    > これで信用売残比率が0.5%を切ったので開示義務が無くなる
    > これからは秘密裏にどんどん買い戻すと思われます
    > ここから株価上昇が加速すると予測します

    詳細な情報ありがとうございます。
    このあと中小型株中心の相場になって、そのあとバイオに来るのではと期待してます。
    春までは楽しめるのではないでしょうか。

  • >>No. 356

    FDAに加えパートナーの大日本住友の同意も必要で、新興ベンチャーにとって資金面や他のPLへの影響を含め、極めて厳しい状況に陥ると予想。

    結構厳しい見方をされてますね。
    ふつうのベンチャーならそのとおりだと思います。でも、ぼくは楽観的なんですね。アメリカは確かに治験でサイエンティフィックにとてもシビアですが、最後はロビーでの活動がかなりものを言います。それと森さんは「金」と「人」を想像を絶するほど持ってますよね。だから、少々何かあっても大丈夫なんじゃないでしょうか。ぼくはサンバイオという会社というより森さんという「人」にかけてかなりを投資しました。夢は今年から少しずつかなって行くと確診しています。

  • >>No. 353

    > 1/2a試験結果がそのまま再現できれば主要評価項目を達成できることになるが、臨床では往々にしてイレギュラーなことが起こるので、一定の懸念を持ちつつ進展を注視している。

    経口剤と異なり、nが極端に少ないですよね。ってことは、実は、この数で有意差は厳密には統計的に言うのは無理だと思うんです。ですから、仮に有意差なしと出ても、「効果があった症例がいくつかあるんなら期間限定で上市して、つづけて見てよ。」とFDAは言うと思うんですね。そのあたりは、この薬剤の特殊性だと思います。株価もそのあたりの判断で一度はかなり激しく動くんじゃないでしょうか。それをぼくは期待して楽しみにしてるんですけどね。アキュセラと真反対のポジションだと思ってます。

  • >>No. 326

    そのとおりです。短命のただのアイドルと思ったら本格的な歌手だったーそんな感じですよ。昔の山口百恵のような銘柄だと思ってもらえばいいでしょう。

  • >>No. 321

    せらせらさん、返信ありがとうございます。画像の添付感謝です。
    一面のほぼ全部を使ったバイオの特集ーさらに三面に関連記事ですから、かなりの注力です。

    株価がどう動くかはまだ微妙ですが、カリフォルニア在住の友人の医師は、「SB623が上市されない
    確率は、カリフォルニアがアメリカから独立する可能性より低いよ。」と笑いながら言っていました。
    SB623の効果は、CBSニュースなどを通じて広く一般のアメリカの市民にも(とくに西海岸では)
    知られているようです。
    治験もきわめて順調に進んでいるようですから、統計処理など事務的な問題をクリアすれば、いい情報が
    自然と広まり、大きな動きが出て来るのではないでしょうか。「サンバイオ株を持たないリスク」が日本
    で周知されるのも、もう時間の問題でしょう。

  • みなさんあけましておめでとうございます。
    元旦の日経産業新聞一面は、「死なないカラダ」の大見出し、「38兆円市場争奪始まる」の小見出しで、2017年を再生医療の新たなスタートの年として取り上げています。関連記事を3面にも掲載し、富士フィルムを中心にとりあげていますが、1面の記事の半分を占める図表では、脳の分野でサンバイオをトップで紹介、「米国で慢性脳梗塞患者に骨髄由来の幹細胞を投与する臨牀試験(治験)を実施中、国内では外傷性脳損傷の治験中」と解説しています。
    記事は、再生医療に関して前向きなものですが、2017年が日本の企業が世界で頭角をあらわすか否かの分水嶺となる、と結んでいます。この記事を読みながら、世界の激しい競争の中で、サンバイオこそ、おそらく数少ない生き残って行くことのできる組織と人材と技術と製品をすでに有する会社だと言う思いを新たにしました。うまく行けば3月に動きがありそうな予感ですね。今年がどうぞいい年になりますように、、、、、

  • 幹細胞は冷凍保存しなければなりません。マイナス196度ー安定した温度を保つ必要があり、一部のメーカーが製造販売しています。その担当者と話をする機会がありました。明らかに急成長してるんですね。幹細胞による再生医療が「ふつうの治療」になり、さらに進歩し普及し始めているということでしょう。幹細胞による治療自体がパイを拡げ、その中でもサンバイオが際立った存在になるであろうことを、この業者の話を聞きながら実感しました。

  • > 【決算が出るのって】引けた後だと思いますよ。

    そうでしたね。
    動くのはあしたですね。
    治験はめちゃうまく行ってるんで、それに少しでも触れてくれるといいんですけどね。
    あといろいろといい話があるはずなんだけど、森さんまじめな人だから慎重ですもんね。

  • 決算が出るのって何時ころでしたっけ、、、、

  • > ヘリオスを引上げやがった なんでじゃ

    21世紀の治療法案の正式な可決の影響でしょう。
    財政難の際にFDAユーザーフィーが予算執行停止から免除されることなど具体的に細かな点まで法律に明文化された
    点が高く評価されていると思います。バイオベンチャーにとってきわめて明るい未来が開けたと言えます。

  • > 遂に損切り決意しましたが、この株の将来はあきらめていません・早く国内で治験を実施してください。

    もったいない。
    これからなのに。
    ここが辛抱のしどころのような気がするのですが、、、、
    でも、いろいろ事情がありますよね。

  • > inchosenseiさん こんばんは
    >
    > 簡単に言うと、お金持ちあるいは他のファンド等がこの株を買っている可能性がある
    > ということです
    > ただ、取引の理由はいろいろあるので、断言できず予想でしかありません

    40年近く株をやってますが、なかなかうまくなりません。
    本当に難しいですね。
    でも、しっかりデータを調べてその上でがまんすればそれなりの成果があがることを実感しています。
    もう限界で売ってしまおう、そう思ってがまんする、そしてさらに何度かがまんするーそうするとすごい勢い
    であがることがあるんですね。
    かつてコクヨがそうでした。沖電気がそうでした。最近では、大黒天がそうでした。
    再生医療は比較的専門に近い分野で、サンバイオはまれに見るすごい会社だと思いますし、リーダーとしての
    森さんもすごいと感じていますーときどきその思いと株価が乖離して迷うことがあります。
    でも、あと数年の間、信じて経過を楽しみたいと思います。
    いつも適切かつ早めのお返事感謝です。

  • > クロスは続いていますね
    > 将来のことを考えての動きには間違いないでしょう

    すみません。
    このあたりあまり知識がないもので、、、、、
    もう少しわかりやすく詳しく教えてもらっていいですか。

  • 出来高26万で38円高というのは、このタイミングでは深い意味がありそうですね。
    年末にかけて中小型株やマザーズ、ジャスダックに資金が集まるという一部のアナリストの予想が正しければ僕たちにとってすばらしいクリスマスとお正月になりそうな気もしますが、、、、、

  • > 【2月からの】相場だともう一段でかい買いが入ってきたんだろうけど、今日はどうかなぁー。
    > 1460円抜けてくようなことになるといいなぁー。

    1469円で高値引けですね。
    あした1500円を越えるといいですね。
    新興市場に資金が年末にかけて入ると予想するアナリストが多いようですが、そのとおりになればと思います。
    治験は順調ですから、あとは市場の空気ですよね。

  • > 会話なら不思議はないですが、歩行となると、確かに長い間筋肉が使われていない状況で翌日歩けるというのは、自分が競技スポーツで怪我したときの経験を踏まえると疑問が湧きます。

    ビデオで見る限りまったく問題ないと思います。
    具体的にどの部分がどう問題なのでしょうか。
    プラセボ効果なら動けるという、考え方もよく理解できません。

  • > 幹細胞が患部に到達にも時間がかかるし、わずか1日で神経再生、血管新生したなど医学的に起こりえないこと。

    脳定位手術なので、術中に到達するものと思っていました。
    細胞レベルでは、術直後から再生すると思っていました。
    再生医療には詳しいつもりでしたが、まだ知らないことがたくさんあるみたいですね。

  • > これが株価にどういう影響を及ぼすかなど誰でも分かることでしょう

    > 慢性期脳梗塞用途も同時期に似たような展開をすることになるでしょうね
    >
    > まだしばらく辛抱しなければなりませんけどね

    みんなで期待したいですね。
    先生は、最短でどのくらいの期間の辛抱だと考えておられますか?

本文はここまでです このページの先頭へ