ここから本文です

投稿コメント一覧 (24コメント)

  • 相変わらず低いお空を飛んでますね。
    今月に入って着実に下がってる。
    確か、来月10日が決算発表だったような…。
    更に厳しい状況にならなければ良いが。。

  • 低空飛行のうちは良いが不時着でもしたら…。
    四季報厳しいね。

  • >>No. 189

    やっとこさ。。
    おもしろくなりそーでっせ。。かも。

  • 8月に入ってからのIRニュースは良い感じだね。
    チャートも少しあがって来たんじゃない。

  • みどりのほしぼし…。
    予定通りでるのかなぁー。

  • 2016/08/13 11:54

    こんなの出てたんですね。

    平成28年8月10日
    News Release

    ソフトバンクのアプリ取り放題サービス「App Pass」に 『AfterShutter for App Pass』を提供開始!

  • 報道関係各位に宛てたプレスリリースが発表されたんだね。
    結構面白いんじゃない。
    さてさて、ぼちぼちかな。。

  • No.916

    跳ねたね

    2016/07/21 17:21

    最後跳ねたね(°∀°)。
    なんだろなぁ。。

  • 日経新聞(電子版)抜粋です。。

    3つ目の分野、「コンテンツ提供」もなかなか有望かもしれない。メディア工房やメディアドゥなどが該当する。メディア工房はLINE向けに占いサービスを提供。台湾でもパソコン向けに占いコンテンツを提供するなど海外展開にも熱心だ。

    どうなるか…。

  • No.862

    LINE関連

    2016/07/13 15:51

    出遅れ銘柄だけあってここに来てようやく、
    かも…。
    占いなんか興味無いけどなぁー。

  • >>No. 803

    たまたま、なにげに見てたら目にとまったので掲載してみました。
    (^^ゞ。。
    yok***さんのコメントも結構気にしてみてますよ。

    740前後のかべを超えれば少しはひかりが見えてくるのかなぁって思ってます。
    何となくの目標は1400くらい。

    ここの会社には技術があると思いますよ。
    最近、ようやく広く認知されはじめたデジタル教科書やIOT等々。

    あまり表だってはいないかも知れませんが個人的には、Mackerelに興味を持ってます。

    運用業務は地味ですが、今の世の中デジタル社会。
    システムトラブルは会社にとって致命的ですからね。。

  • 日経ニュース 2016/5/17 19:25

    ACCESS、最終黒字

    【最終黒字】

    国内は位置情報ソリューションや法人向けクラウドサービスが伸びる。

    電子出版も好調。

    組み込み製品からのロイヤルティー収入は低調。

    海外は中国と韓国で人員適正化を実施し採算改善。

    オフィスの統合効果で経費抑制し営業黒字。

    前期のリストラ費用計上の反動で特損縮小、最終黒字に転換。

  • 儲かる投資情報のカブ知恵 TOP >人気テーマ株 >デジタル教科書関連> デジタル教科書関連銘柄

    2020年までの導入を目指す。
    【デジタル教科書関連銘柄に注目】

    3393 スターティア
    3933 チエル
    3658 イーブックイニシアティブジャパン
    2345 アイスタディ
    6629 テクノホライゾン・ホールディングス
    3681 ブイキューブ
    4813 ACCESS
    8057 内田洋行
    6098 リクルートホールディングス

  • h ttp://www.nikkei.com/article/DGXLZO02031730X00C16A5NN1000/

    デジタル教科書 動画や音声で理解しやすく
    2016/5/8 2:00日本経済新聞 電子版

    タブレット端末などのデジタル機器で見られる教科書。
    生徒が1人1台の端末を持ち、無線LANを通じて自分が使う教科書の内容を取り込むこと
    が想定される。
    紙の教科書と違い、ネーティブが話す英語の音声のほか、理科の実験や漢字の書き順の動画
    を載せることができる。
    辞書も搭載できるため、わからない言葉もすぐに調べられる。
    学習の効率が大きく高まる効果が期待できる。

  • h ttp://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21H5W_S6A420C1CR0000/

    「デジタル教科書」20年度導入へ 文科省専門家会議が案
    2016/4/22 11:50

    子供たちが学校で使う教科書をタブレット端末などに収めた「デジタル教科書」について、
    文部科学省の専門家会議は22日、2020年度に導入する案を示した。
    現在は副教材の扱いだが、文科省は17年度にも法改正して正式な教科書と位置づける方針。

    導入後しばらくは紙の教科書と併用する。
    音声や動画を活用することで、学習効果を高めることが期待できるという。
    紙の教科書のように無償化はしない見通しで、家庭や国、自治体の負担が課題になる。
    教員の指導力向上なども欠かせない。専門家会議は16年末までに最終報告をまとめる。

    学校教育法は、小中高校生は国の検定に合格した教科書を使う義務があると規定。
    デジタル教科書の正式導入には法改正が必要になる。
    文科省は小学校で英語が正式教科になる20年度に導入することで、発音の学習などでの活用
    もめざす。

    将来的に学習効果があると認められれば、デジタル教科書を主な教材として使うことも可能
    にする。
    どんな分野で教育効果が大きいかや、視力など健康への影響も検証する。

    教科書は数年に一度、国の検定を受ける。
    デジタル教科書については、検定に合格した紙の教科書の内容をそのまま載せている場合は
    検定を受ける必要はない。音声や動画も検定の対象外とする。

    企業による端末や関連教材の開発、教室の無線LAN整備なども加速しそうだ。
    調査会社のシード・プランニング(東京)は15年度に52億円だった教育用タブレットの市場
    規模が、20年度には2120億円にひろがると予測している。

  • 買えば下げ 売れば上がるぞ 何でやねん

    なんでだろー なんでだろー
    な、な、な、なんでだろー

  • <イベント情報>
    第6回スマートフォン&モバイルEXPO春
    東京ビッグサイト

    セミナー 特別講演2
    2016年5月13日(金)10:00~11:30

    h ttp://www.smart-japan.jp/seminar/

    スマホを活用した位置情報サービス事例と活用のポイント
    (株)ACCESS 取締役 執行役員 CTO 植松 理昌

  • 「文部科 学省の専門家会議が22日、『デジタル教科書 』を2020年度に導入する案を示した」(4 月23日付の日本経済新聞朝刊)などと伝えられた。…。
    ぼちぼち来ますよ!

  • 教育図書に、デジタル版教科書・教材用ビューア 「Lentrance® Reader」が採用 -教科書出版社の採用は4社目、各社デジタル教材は相互乗り入れ可能-

    教育図書は、中学校向けの技術・家庭科、高等学校向けの家 庭科、書道などの教科書、副教材、 指導書などを提供している出版社です。
    70年以上にわたる教 科書発行の実績・ノウハウをベー スにした、新たな価値の創造に向けた取り組みも進めていま す。
    この度、中学校向け教科書におて、ACCESSの「Lentrance Reader」を導入し、指導者用・ 学習者用双方のデジタル教材を、2016年4月より順次提供し ていくこととなりました。

  • 教育図書に、デジタル版教科書・教材用ビューア 「Lentrance® Reader」が採用 -教科書出版社の採用は4社目、各社デジタル教材は相互乗り入れ可能-

    教育図書は、中学校向けの技術・家庭科、高等学校向けの家 庭科、書道などの教科書、副教材、 指導書などを提供している出版社です。
    70年以上にわたる教 科書発行の実績・ノウハウをベー スにした、新たな価値の創造に向けた取り組みも進めていま す。
    この度、中学校向け教科書におて、ACCESSの「Lentrance Reader」を導入し、指導者用・ 学習者用双方のデジタル教材を、2016年4月より順次提供し ていくこととなりました。

本文はここまでです このページの先頭へ