ここから本文です

投稿コメント一覧 (824コメント)

  • 新興株、年末にかけ上昇基調続く。

  • 新興株、年末にかけ上昇基調続く。

  • 800峠に向かいますね!

  • 空売りをすると
    買戻しが出来なくなる、特徴があるようですね!

  • >>No. 175

    > > 八百円へ向かってますね(ー_ー)-☆
    >
    > 後場 行きそうですね。

    動き出しますか!

  • >>No. 134

    > 八百円へ向かってますね(ー_ー)-☆

    後場 行きそうですね。

  • >>No. 134

    > 八百円へ向かってますね(ー_ー)-☆

    調整 踊り場

  • 八百円へ向かってますね(ー_ー)-☆

  • 年初来高値更新
     更に 上に行きそう!

  • 1000円を見ているよに観得るような動き!

    値幅150円。

  • OKIは医療分野のIT(情報技術)機器の保守事業を強化する。2016年度中に専門の資格をもつ技術者を現在の100人程度から倍増させ、全国対応できる体制を整える。内視鏡などの画像データをサーバーで管理する需要が拡大している。2020年までに年50億円の売り上げを目指すそうです。

  • 医療やIT(情報技術)、観光などの先進事業に取り組む地域の中堅・中小企業を対象に投資額の最大4%を法人税から控除できるようにする。
    「機械・装置」の取得は投資額の4%の税額控除か40%の特別償却を認める。
    「地域中核事業計画」として認定されると、金融支援や専門家のアドバイス、規制の特例などの支援が受けられる。税優遇も合わせることで、地域の強みを生かして先端技術の開発や農水産物の輸出、観光、医療、教育サービスなどに取り組む中堅・中小企業を後押しする。

  • 3645
    医療やIT(情報技術)、観光などの先進事業に取り組む地域の中堅・中小企業を対象に投資額の最大4%を法人税から控除できるようにする。
    「機械・装置」の取得は投資額の4%の税額控除か40%の特別償却を認める。
    「地域中核事業計画」として認定されると、金融支援や専門家のアドバイス、規制の特例などの支援が受けられる。税優遇も合わせることで、地域の強みを生かして先端技術の開発や農水産物の輸出、観光、医療、教育サービスなどに取り組む中堅・中小企業を後押しする。

  • 七千円の株価をつけた事も あるこの銘柄
    年内 三千円位つけるかもしれない

  • >>No. 275

    「微小重力環境を活用した臓器創出を目指す三次元培養技術の開発」で検索

    ~ヒト幹細胞を用いて立体臓器を創り出す技術の開発~
    背景、目的
    臓器不全は致死的な病態であり、臓器移植のみが唯一の救命手段である。しかし、世界的にドナー臓器が不足し、iPS 細胞等から治療用ヒト臓器を人為的に創出するための技術開発が吃緊の解決課題となっている。
    移植医療に応用可能なヒト臓器の再構成技術を実現化するためには、臓器の基となる器官原基(臓器の芽)の融合により大型化を図るとともに、血管組織等の異なる組織との相互作用を再現することが必須である。
    本研究では、細胞間・組織間の相互作用にとり理想的な「きぼう」の微小重力環境を活用し、iPS 細胞等を用いたヒト器官原基創出法の高度化を図ることで、大血管系を付与したヒト立体臓器の創出を目指した基盤技術開発を行う。

    成果の活用、目指すビジョン
    ヒトiPS細胞等を用いた再生医療技術の進歩に貢献 本実験による大血管を付与した臓器創出の基盤技術開発の実現は、iPS細胞等からヒト器官原基を生み出す三次元細胞培養技術の発展を可能とし、移植可能な大型臓器の創出につながる。
    ドナー臓器不足の解消 移植可能な大型臓器の創出は、ドナー臓器不足を解消し、臓器移植が必要な患者を救済できる。


    宇宙空間においては、細胞や組織間の重力に起因する位置情報の偏りが完全に排除されるため、器官発生プロセスにおいて本来生じるべき細胞-細胞間あるいは組織-組織間の相互作用が適切に再現されることが期待できる。この立体臓器の構築にとり理想的な環境で肝芽の大型化及び大血管付与のキーファクターを捉え、地上の基盤技術の高度化に貢献する。
    MC:ヒト間葉系細胞
    EC:ヒト血管内皮細胞
    Vasculogenesis:脈管形成または血管発生 (血管のない場所に新たな血管が形成する現象)
    血管形成の再現
    国の戦略的募集区分
    臓器立体培養等の再生医療に関する研究

    立体培養 谷口 英樹
    (横浜市立大学)
    微小重力環境を活用した臓器創出を目指す三次元培養技術の開発
    h
    ttp://www.jaxa.jp/press/2015/12/20151222_kibo_fs_j.html

  • 長期で持つと 大化け するのでは と思う。

  • 「微小重力環境を活用した臓器創出を目指す三次元培養技術の開発」で検索

    ~ヒト幹細胞を用いて立体臓器を創り出す技術の開発~
    背景、目的
    臓器不全は致死的な病態であり、臓器移植のみが唯一の救命手段である。しかし、世界的にドナー臓器が不足し、iPS 細胞等から治療用ヒト臓器を人為的に創出するための技術開発が吃緊の解決課題となっている。
    移植医療に応用可能なヒト臓器の再構成技術を実現化するためには、臓器の基となる器官原基(臓器の芽)の融合により大型化を図るとともに、血管組織等の異なる組織との相互作用を再現することが必須である。
    本研究では、細胞間・組織間の相互作用にとり理想的な「きぼう」の微小重力環境を活用し、iPS 細胞等を用いたヒト器官原基創出法の高度化を図ることで、大血管系を付与したヒト立体臓器の創出を目指した基盤技術開発を行う。

    成果の活用、目指すビジョン
    ヒトiPS細胞等を用いた再生医療技術の進歩に貢献 本実験による大血管を付与した臓器創出の基盤技術開発の実現は、iPS細胞等からヒト器官原基を生み出す三次元細胞培養技術の発展を可能とし、移植可能な大型臓器の創出につながる。
    ドナー臓器不足の解消 移植可能な大型臓器の創出は、ドナー臓器不足を解消し、臓器移植が必要な患者を救済できる。


    宇宙空間においては、細胞や組織間の重力に起因する位置情報の偏りが完全に排除されるため、器官発生プロセスにおいて本来生じるべき細胞-細胞間あるいは組織-組織間の相互作用が適切に再現されることが期待できる。この立体臓器の構築にとり理想的な環境で肝芽の大型化及び大血管付与のキーファクターを捉え、地上の基盤技術の高度化に貢献する。
    MC:ヒト間葉系細胞
    EC:ヒト血管内皮細胞
    Vasculogenesis:脈管形成または血管発生 (血管のない場所に新たな血管が形成する現象)
    血管形成の再現
    国の戦略的募集区分
    臓器立体培養等の再生医療に関する研究

    立体培養 谷口 英樹
    (横浜市立大学)
    微小重力環境を活用した臓器創出を目指す三次元培養技術の開発

  • >>No. 223

    生命科学・医学研究の進歩は著しい。なかでも再生医療への期待は高い。iPS細胞を使う治療も始まった。遺伝子の切り貼りができるゲノム編集と呼ぶ技術と組み合わせ、研究や治療に使うなどの試みも広がるだろう.
     再生医療は夢の医療と呼ばれるが「不老長寿をもたらすわけではない」と研究者は口をそろえる。ただ、健康に生きられる期間、つまり「健康寿命」を延ばせる可能性はありうるでしょう。
     日本人の平均寿命は世界でも上位だが、健康寿命はそれより10年程度短いとされる。晩年を病床で過ごさずにすみ介護の負担も減れば、患者や家族にとって朗報ですね。
     京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授が世界で初めてマウスのiPS細胞を作ったのは2006年。14年には、高齢者がかかり失明に至る場合もある目の難病、加齢黄斑変性の治療にiPS細胞を使う臨床研究が実現しましたね。
     ゼロから始まった新技術としては異例のスピードだ。今後1、2年のうちに心不全やパーキンソン病などに加え、事故で脊髄を傷めた患者の治療にもiPS細胞を使う試みが始まる予定だそうだ。
     iPS細胞から臓器の一部を作って移植する研究も進むだろう。横浜市立大学の谷口英樹教授らは肝臓のもとになる立体組織を作ることに成功した。熊本大学の西中村隆一教授らはiPS細胞から腎臓組織の複雑な立体構造を再現し宇宙での実験も予定されていると記憶する。
     これらの成果を治療に使うには機能を確かめ安全性に万全を期す必要がある。一筋縄ではいかないが、道は開けようとしていますね。
     iPS細胞から元気な免疫細胞を作り、がんの治療などに使う研究もある。ゲノム編集の技術で遺伝子を操作して、がん細胞をより効果的に攻撃できるようになるかもしれない。
     再生医療には受精卵から作るES細胞(胚性幹細胞)も使える。限られたタイプの細胞や組織に育つ体性幹細胞もある。患者の状態や病気の種類によって、複数の選択肢から最適な方法を選べる時代がきて株価に反映される時期は近いだろうと思う

本文はここまでです このページの先頭へ