ここから本文です

投稿コメント一覧 (869コメント)

  • 上期経常は73%増益で上振れ着地・通期計画超過した。
    17年5月期上期(6-11月)の連結経常利益は前年同期比73.3%増の1億3000万円に拡大、従来予想の7700万円を上回って着地し、矯正歯科サイトの広告出稿が伸びた主力のポータル運営事業が収益を牽引する。人件費や広告宣伝費の削減に加え、赤字だった保証事業子会社の連結除外による採算改善なども増益に貢献した。通期計画の1億1000万円を既に18.2%上回っており、業績上振れが期待される。
    ポータルサイト運営事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は368,193千円(前年同四半期比14.6%増)、セグメント利益は234,417千円(前年同四半期比13.1%増)となりました。

    SEM事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は193,993千円(前年同四半期比9.4%増)、セグメント利益は16,164千円(前年同四半期9.9%減)となりました。

    医療BtoB事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は66,114千円(前年同四半期比8.5%増)、セグメント損失は5,006千円(前年同四半期は、セグメント損失1,628千円)となりました。

    メディアプラットフォーム事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は8,916千円(前年同四半期比393.1%増)、セグメント損失は14,813千円(前年同四半期は、セグメント損失21,123千円)となりました。

    販売代理事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は44,105千円(前年同四半期比41.6%減)、セグメント損失は169千円(前年同四半期は、セグメント利益369千円)となりました。

    事業者向けホームページ制作・メンテナンス事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は60,567千円(前年同四半期比51.7%増)、セグメント利益は12,302千円(前年同四半期は、セグメント損失4,908千円)となりました。

    今後の株価は独自性を発揮するとおもわれる。
    材料が明確化されてない!

  • >>No. 839

    平成23年9月2日
    科学技術振興機構(JST)
    Tel:03-5214-8404(広報ポータル部)
    九州大学
    Tel:092-642-2106(広報室)

    造血幹細胞の新たな維持機構を解明
    (血液産生機構の理解と制御に期待)

    h
    ttp://www.jst.go.jp/pr/announce/20110902/

  • 九大、造血幹細胞が血液細胞を作り続けるメカニズムを解明
    2017/02/21 01:00 日経速報ニュース

  • 眼科検査機器、米で開発、窪田製薬、在宅・遠隔医療に活用。
    2017/02/20 日経産業新聞

    02月16日 お知らせ
    東京証券取引所主催のイベント 「東証IRフェスタ2017」に出展します。2月24日(金)12:30から説明会会場4にて代表執行役会長、社長兼CEO窪田良による会社説明会を開催いたします。また、2月24日(金)、25日(土)はブースNo. C-14においてミニ説明会を実施いたします。

    アキュセラ・インクから社名変更

    売り上げ ZERO円 すごいですね~

    後悔 先に 立たず! 宝くじに当たったようだ ^.^

  • 眼科検査機器、米で開発、窪田製薬、在宅・遠隔医療に活用。
    2017/02/20 日経産業新聞

    02月16日 お知らせ
    東京証券取引所主催のイベント 「東証IRフェスタ2017」に出展します。2月24日(金)12:30から説明会会場4にて代表執行役会長、社長兼CEO窪田良による会社説明会を開催いたします。また、2月24日(金)、25日(土)はブースNo. C-14においてミニ説明会を実施いたします。

    アキュセラ・インクから社名変更

    売り上げ ZERO円 すごいですね~

    後悔 先に 立たず! 宝くじに当たったようだ ^.^

  • 2017/02/16 05:44

    KDDI、VR「HTC Vive」などを活用した「VRによる災害対策訓練ソリューション」をJR西日本が導入
    2017/02/15 14:45 日経速報ニュース

    Jストリーム:関係するか否は答えられないのだろうな
    KDD:メール送信ならば返信あるかも!

  • 京大iPS研、患者由来iPS細胞とゲノム編集技術を用いて日本で見出された遺伝性ニューロパチーのメカニズムの一端を解明
    2017/02/15 14:25 日経速報ニュース

    神経難病の一端解明、京大など、iPS細胞使い。
    2017/02/15 日本経済新聞 夕刊

  • *
    株式会社Jストリーム(マザーズ:4308 代表取締役社長:石松 俊雄、以下Jストリーム)は、動画アドネットワーク「MovieAD」を提供開始し、広告事業をさらに強化してゆくことをお知らせいたします。
    MovieADの特長である、動画広告とあわせて動画コンテンツを供給することに伴い、動画をお持ちでないメディアでも動画コンテンツの配信と動画広告による収益化が可能となりす。
    *
    NHKの放送のネット同時配信の制度・技術的議論が始まっている。2020年東京五輪をめどに実現を目指すものだ。
    放送のネット同時配信に厳密な定義は現在ないが、インターネット経由でスマホやタブレットなど様々な端末でテレビ視聴ができるようになるサービスと考えていいだろう。
    NHKでは過去、地震など災害時の同時配信やリオ五輪での配信実績がある。また参加者を募集しての同時配信実験も行われ、技術的ノウハウの蓄積を重ねているようですね。

  • NHKの放送のネット同時配信の制度・技術的議論が始まっている。2020年東京五輪をめどに実現を目指すものだ。
     放送のネット同時配信に厳密な定義は現在ないが、インターネット経由でスマホやタブレットなど様々な端末でテレビ視聴ができるようになるサービスと考えていいだろう。
     NHKでは過去、地震など災害時の同時配信やリオ五輪での配信実績がある。また参加者を募集しての同時配信実験も行われ、技術的ノウハウの蓄積を重ねているようですね!

    今朝の日経産業新聞買って読んでほしい(ー_ー)-☆

    情報は財産ですね。
    不本意の解釈はいやですね。

    この投稿は時間経過後 削除します。

  • >>No. 272

    NHK受信料制度

    同検討委員会は会長の常設諮問機関で、5人の大学教授と、オブザーバーとして企業法務に詳しい弁護士を加えた計6人で構成。非公開だが、後日ホームページで議事録などを公表する見通し。年内をめどに答申を目指す。

    委員は次の通り!
    安藤英義・専修大教授(会計学)
    鈴木秀美・慶応大教授(憲法)
    山内弘隆・一橋大教授(経済学)
    山野目章夫・早稲田大教授(民法)
    山本隆司・東京大教授(行政法)
    オブザーバーは平松剛実弁護士。

    委員会は上田良一会長の常設の諮問機関とする。2月中にも第1回の会合を開き、月1~2回のペースで開催する。上田会長は「放送の同時配信など放送法の改正が必要になる場合に備え、外部の意見を取り入れる」

  • アイロムグループ、京大iPSiPS細胞研の脊髄運動ニューロンを簡便に作製する技術開発で子会社の中核技術を利用

  • NHKは2日、NHK受信料制度等検討委員会を同日付で立ち上げたと発表した。放送と通信の連携、視聴の仕方など事業環境が変わるなかで、受信料制度や運用のあり方などについて検討する。委員は専修大学大学院の安藤英義教授など外部有識者5人で構成する。
     委員会は上田良一会長の常設の諮問機関とする。2月中にも第1回の会合を開き、月1~2回のペースで開催する。上田会長は「放送の同時配信など放送法の改正が必要になる場合に備え、外部の意見を取り入れる」と狙いを話しておりますので注意ですね。

  • 2017/01/31 05:06

    「Gゼロ」

  • 島津(香港)有限公司(本社:中国・香港)と、中国における販売業務提携

    ReproCELL USA Inc.

    ReproCELL Europe Ltd.

  • 4308
    民放連会長、民放のネット対応「今年中に方針」
    2017/01/26 20:10 日経速報ニュース

  • 3645
    上期経常は73%増益で上振れ着地・通期計画超過した。
    17年5月期上期(6-11月)の連結経常利益は前年同期比73.3%増の1億3000万円に拡大、従来予想の7700万円を上回って着地し、矯正歯科サイトの広告出稿が伸びた主力のポータル運営事業が収益を牽引する。人件費や広告宣伝費の削減に加え、赤字だった保証事業子会社の連結除外による採算改善なども増益に貢献した。通期計画の1億1000万円を既に18.2%上回っており、業績上振れが期待される。
    ポータルサイト運営事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は368,193千円(前年同四半期比14.6%増)、セグメント利益は234,417千円(前年同四半期比13.1%増)となりました。

    SEM事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は193,993千円(前年同四半期比9.4%増)、セグメント利益は16,164千円(前年同四半期9.9%減)となりました。

    医療BtoB事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は66,114千円(前年同四半期比8.5%増)、セグメント損失は5,006千円(前年同四半期は、セグメント損失1,628千円)となりました。

    メディアプラットフォーム事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は8,916千円(前年同四半期比393.1%増)、セグメント損失は14,813千円(前年同四半期は、セグメント損失21,123千円)となりました。

    販売代理事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は44,105千円(前年同四半期比41.6%減)、セグメント損失は169千円(前年同四半期は、セグメント利益369千円)となりました。

    事業者向けホームページ制作・メンテナンス事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は60,567千円(前年同四半期比51.7%増)、セグメント利益は12,302千円(前年同四半期は、セグメント損失4,908千円)となりました。

    今後の株価は独自性を発揮するとおもわれる。
    材料が明確化されてない!

  • 4571
    薬物送達技術を用いた創薬を目指すベンチャー企業のナノキャリアは、自社で開発中の抗がん剤「エピルビシンミセル」について、軟部肉腫を対象とした中期臨床試験を米国で開始すると発表した。
     エピルビシンミセルは、既存の抗がん剤エピルビシンに特殊な高分子を追加して球状に集まるようにした製剤。エピルビシンが高分子の内側に包まれる形になるので、正常な組織では働かず、副作用が出にくいと期待される。がん細胞に取り込まれるとエピルビシンが放出される仕組み。
     日本で固形がんを対象に初期の臨床試験を行った結果、嘔吐(おうと)や骨髄毒性などの副作用が低減する傾向が認められた。
     今回の試験対象とする軟部肉腫は、脂肪や筋肉などの軟部組織にできるがん。希少がんの一種として知られている。米国での新規患者数は年間1万2千人程度とされる。
     なお、エピルビシンミセルは2011年に興和と共同開発契約を締結していたが、昨年10月に契約解除された。今回の臨床試験はナノキャリア単独で行う。
     ナノキャリアのパイプラインについては、昨年7月、日本化薬に導出していた「パクリタキセルミセル」の乳がんを対象とした後期臨床試験が失敗に終わったほか、12月には「シスプラチンミセル」の放射線療法との併用による前期臨床試験も自社判断で中止するなど、期待外れの結果が続いている らしい。

  • 京都大学再生医学研究所 共同記者発表

    平成27 年8 月21 日
    再生医療に向けた新たなヒトES/iPS 細胞用の高機能凍結保存液
    「ReproCryo DMSO free」販売開始のお知らせ

    高機能凍結保存液 「ReproCryo DMSO free」多くは、ここに。

  • >>No. 252

    <マザーズ>Jストリーム9%安 信用規制に警戒売り
    2016/11/24 速報 イブ
    10月19日に「総務省がテレビ番組をインターネットで同時配信する『ネット同時配信』を19年にも全面解禁する方針を固めた」と伝わったのがきっかけ。同社はテレビ局が放送直後に番組をネットに流す「見逃し配信」などについて商談を始めているといい、思惑買いを集めている。

  • 2017/01/09 08:22

    >>No. 252

    2016/10/19
    朝方から買いを集め、後場に入り気配値を制限値幅の上限(ストップ高)となる前日比80円(26.7%)高の380円まで切り上げた。19日付の朝日新聞朝刊が「総務省は、テレビ番組をインターネットで同時に配信する『ネット同時配信』を2019年にも全面解禁する方針を固めた」と伝えた。動画配信事業を手掛けるJストリームに思惑買いが集まった。
     Jストリームはテレビ局が放送直後に番組をネットに流す「見逃し配信」などについて商談を始めている。岡三証券の大場敬史日本株式戦略グループ長は「短期の思惑買いが集まっているが前日まで売買が薄い銘柄だった」と指摘、明日以降の下落局面でJストリーム株を売却できない状況が出てくる可能性があると話していた。

本文はここまでです このページの先頭へ