ここから本文です

投稿コメント一覧 (876コメント)

  • >>No. 507

    > 明日から急降下!

    そう思う11 そう思わない64

    どのように 思っても かまわないが、IHIが絡んだ時に
    STであった事を経験した!
    チャートでは全員 負になっている ここは更に負に動く傾向が強い。
    IHIが絡まなくなった時はSTを経験せざるを得ないだろう。

    これが 幾年か前の総会での社長に対する「時間軸」の受け取り解釈です。
    過去の株主であった者の率直な見方ですね

    誹謗中傷する氣はないが ご精進下さい。

  • 代償大きい半導体分社化 海外勢が米韓社に資金シフトのうごきか

  • >>No. 261

    メディカルネット

    ミルテル 広島大学 マイクロRNA

    島津製作所、医療分野の新研究拠点 本社工場に
    2017/01/11 12:51
    島津製作所が11日、本社三条工場(京都市)に医療分野の新たな研究開発拠点「ヘルスケアR&Dセンター(仮称)」を設けると発表した。がんの早期診断など先端医療分野を新事業として育成する方針。2018年1月に着工し、19年1月に完成する予定だ。延べ床面積は1万9300平方メートルで、投資額は93億円。
     同社は患者から採取した血液などを分析することで、がんが大きくなる前に早期発見できる「分子診断」と呼ぶ事業を育成している。早期診断の関連機器の売上高を19年度に16年度比8割増の110億円にする方針のようだ

    島津製作所ホームページで広島大学 マイクロRNAで調べてみた
    未病!

  • メディカルネット
    ミルテル 広島大学 マイクロRNA
    島津製作所、医療分野の新研究拠点 本社工場に
    2017/01/11 12:51
    島津製作所が11日、本社三条工場(京都市)に医療分野の新たな研究開発拠点「ヘルスケアR&Dセンター(仮称)」を設けると発表した。がんの早期診断など先端医療分野を新事業として育成する方針。2018年1月に着工し、19年1月に完成する予定だ。延べ床面積は1万9300平方メートルで、投資額は93億円。
     同社は患者から採取した血液などを分析することで、がんが大きくなる前に早期発見できる「分子診断」と呼ぶ事業を育成している。早期診断の関連機器の売上高を19年度に16年度比8割増の110億円にする方針のようだ

  • ニュース
    発表日:2017年1月11日
    インフルエンザワクチン原薬製造事業に関するお知らせ
     
     当社は,株式会社UMNファーマ(以下,「UMNファーマ」という。)と2010年1月に締結したインフルエンザワクチン原薬の製造事業に関する基本協定に基づき,バイオ医薬品原薬製造会社である株式会社UNIGEN(UMNファーマ連結子会社,以下,「UNIGEN」という。)を設立し,アステラス製薬株式会社(以下,「アステラス製薬」という。)とUMNファーマが共同で開発を進める組換えインフルエンザHAワクチンの原薬製造に向け,準備を進めてまいりました。
     しかしながら,2017年1月10日付で,アステラス製薬およびUMNファーマから,組換えインフルエンザHAワクチンの製造販売承認申請を取り下げるとの発表がありました。当社として,この発表により本事業の前提が大きく変化したことは,大変遺憾です。
     これにより,当社は,本事業の継続に大きな懸念が生じたものと認識せざるを得ず,今後の対応について急ぎ検討してまいります。
     なお,当社は,UNIGENの製造設備資金および運転資金に係る債務の一部を保証しており,保証債務の残高は2016年12月末時点で110億円となっております。今回の承認申請取り下げによる当該保証債務の回収可能性について適切に評価を行ない,業績への影響が見込まれる場合には,速やかにお知らせいたします。
    以上
    ■株式会社UNIGENの概要
     ・商号:株式会社UNIGEN
     ・設立:2010年5月18日
     ・資本金:1,750百万円
     ・事業内容:バイオ医薬品の受託製造
     ・代表取締役社長:小寺 淳一
     ・本社・本社工場:〒010-1415 秋田県秋田市御所野湯本4-2-3
     ・岐阜工場:〒503-2406 岐阜県揖斐郡池田町宮地字上粕子11
     ・株主:
      株式会社UMNファーマ 260,000株(50.00%)
      株式会社IHI 260,000株(50.00%)

  • 3645
    上期経常は73%増益で上振れ着地・通期計画超過した。
    17年5月期上期(6-11月)の連結経常利益は前年同期比73.3%増の1億3000万円に拡大、従来予想の7700万円を上回って着地し、矯正歯科サイトの広告出稿が伸びた主力のポータル運営事業が収益を牽引する。人件費や広告宣伝費の削減に加え、赤字だった保証事業子会社の連結除外による採算改善なども増益に貢献した。通期計画の1億1000万円を既に18.2%上回っており、業績上振れが期待される。
    ポータルサイト運営事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は368,193千円(前年同四半期比14.6%増)、セグメント利益は234,417千円(前年同四半期比13.1%増)となりました。

    SEM事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は193,993千円(前年同四半期比9.4%増)、セグメント利益は16,164千円(前年同四半期9.9%減)となりました。

    医療BtoB事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は66,114千円(前年同四半期比8.5%増)、セグメント損失は5,006千円(前年同四半期は、セグメント損失1,628千円)となりました。

    メディアプラットフォーム事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は8,916千円(前年同四半期比393.1%増)、セグメント損失は14,813千円(前年同四半期は、セグメント損失21,123千円)となりました。

    販売代理事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は44,105千円(前年同四半期比41.6%減)、セグメント損失は169千円(前年同四半期は、セグメント利益369千円)となりました。

    事業者向けホームページ制作・メンテナンス事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は60,567千円(前年同四半期比51.7%増)、セグメント利益は12,302千円(前年同四半期は、セグメント損失4,908千円)となりました。

    今後の株価は独自性を発揮するとおもわれる。
    材料が明確化されてない!

  • >>No. 102

    > 調整は限定的!

    冷静に診ていた方が良い!

    資金が在れば買い増しでしょう。

  • >>No. 94

    IRは
    同社はテレビ局が放送直後に番組をネットに流す「見逃し配信」などについて商談を始めているといい、思惑買いを集めている。
    この辺のこと!

  • アステラス、UMNファーマとの共同事業を解除 減損40億円
    2017/01/10 17:36 日経速報ニュース
    何か いい話はないですか!

    IHI、ワクチン生産から撤退へ

    根路銘邦昭先生のワクチン製造とか!

  • アステラス、UMNファーマとの共同事業を解除 減損40億円
    2017/01/10 17:36 日経速報ニュース
    何か いい話はないですか!

    根路銘邦昭先生のワクチン製造とか!

  • 冷静にみてみましょう (ー_ー)

  • 買いたい人が多い
    「10月19日に「総務省がテレビ番組をインターネットで同時配信する『ネット同時配信』を19年にも全面解禁する方針を固めた」と伝わったのがきっかけ。同社はテレビ局が放送直後に番組をネットに流す「見逃し配信」などについて商談を始めているといい、思惑買いを集めている。 」

    商談が成立すると!

    調整には限度があるように思える!

  • 4571
    薬物送達技術を用いた創薬を目指すベンチャー企業のナノキャリアは、自社で開発中の抗がん剤「エピルビシンミセル」について、軟部肉腫を対象とした中期臨床試験を米国で開始すると発表した。
     エピルビシンミセルは、既存の抗がん剤エピルビシンに特殊な高分子を追加して球状に集まるようにした製剤。エピルビシンが高分子の内側に包まれる形になるので、正常な組織では働かず、副作用が出にくいと期待される。がん細胞に取り込まれるとエピルビシンが放出される仕組み。
     日本で固形がんを対象に初期の臨床試験を行った結果、嘔吐(おうと)や骨髄毒性などの副作用が低減する傾向が認められた。
     今回の試験対象とする軟部肉腫は、脂肪や筋肉などの軟部組織にできるがん。希少がんの一種として知られている。米国での新規患者数は年間1万2千人程度とされる。
     なお、エピルビシンミセルは2011年に興和と共同開発契約を締結していたが、昨年10月に契約解除された。今回の臨床試験はナノキャリア単独で行う。
     ナノキャリアのパイプラインについては、昨年7月、日本化薬に導出していた「パクリタキセルミセル」の乳がんを対象とした後期臨床試験が失敗に終わったほか、12月には「シスプラチンミセル」の放射線療法との併用による前期臨床試験も自社判断で中止するなど、期待外れの結果が続いている らしい。

  • 京都大学再生医学研究所 共同記者発表

    平成27 年8 月21 日
    再生医療に向けた新たなヒトES/iPS 細胞用の高機能凍結保存液
    「ReproCryo DMSO free」販売開始のお知らせ

    高機能凍結保存液 「ReproCryo DMSO free」多くは、ここに。

  • >>No. 252

    <マザーズ>Jストリーム9%安 信用規制に警戒売り
    2016/11/24 速報 イブ
    10月19日に「総務省がテレビ番組をインターネットで同時配信する『ネット同時配信』を19年にも全面解禁する方針を固めた」と伝わったのがきっかけ。同社はテレビ局が放送直後に番組をネットに流す「見逃し配信」などについて商談を始めているといい、思惑買いを集めている。

  • 2017/01/09 08:22

    >>No. 252

    2016/10/19
    朝方から買いを集め、後場に入り気配値を制限値幅の上限(ストップ高)となる前日比80円(26.7%)高の380円まで切り上げた。19日付の朝日新聞朝刊が「総務省は、テレビ番組をインターネットで同時に配信する『ネット同時配信』を2019年にも全面解禁する方針を固めた」と伝えた。動画配信事業を手掛けるJストリームに思惑買いが集まった。
     Jストリームはテレビ局が放送直後に番組をネットに流す「見逃し配信」などについて商談を始めている。岡三証券の大場敬史日本株式戦略グループ長は「短期の思惑買いが集まっているが前日まで売買が薄い銘柄だった」と指摘、明日以降の下落局面でJストリーム株を売却できない状況が出てくる可能性があると話していた。

  • 東証、Jストリーム株、トレイダーズ株の日々公表銘柄指定を解除。
    2017/01/07 日本経済新聞 朝刊
    東証、Jストリーム株、トレイダーズ株の日々公表銘柄指定を解除6日付。

本文はここまでです このページの先頭へ