ここから本文です

投稿コメント一覧 (87コメント)

  • >>No. 1133

    これといって何かがあったわけではないのですが、
    いつの間にか11月も半ばになってしまいました。
    今年もあと1か月半で終わりです。
    もう少しすると、スーパーやデパートなどがクリスマス仕様になりますね。
    私はあの雰囲気が結構好きで、毎年楽しみにしています。

    今日は仕事をお休みしました。
    昨日の15時くらいから、突然、胃の周辺が痛くなり、
    何とか定時までは職場にいたものの、とても自力で帰れる自信がなく、
    奥さんに迎えに来てもらい、家に帰り着いた途端、猛烈な吐き気と下痢で、
    お医者さんに診てもらったところ、感染性の胃腸炎だろうということでした。
    本当に突然の発症で、それまでごくごく普通に仕事をしていたのに、
    急な胃痛からあっと言う間に歩くのもしんどいくらいにまで体調が悪化して、
    さらに吐いたのは30年ぶりで、あまりの症状の激しさに自分でも心配になってしまいました。
    幸い夜には落ち着き、今日はもうほとんど回復したのですが、
    まだちょっとお腹が心もとない(笑)ので、
    念のため今日は休んで、明日からまた出勤しようと思います。

    先日、人間ドックの結果が届きました。
    例年はほとんど職場の健診にしてまいましたが、今年は手術も受けましたし、
    前回の人間ドックから10年以上経っているので、
    この辺で1度少し詳しくチェックしておこうと思い立ちました。
    結果はほとんど問題ありませんでしたが、
    気胸の原因となる「肺のう胞」と「腎臓結石の疑い」で、
    1年後に再検査という指摘を受けました。
    肺の方はわかっていることなので大したことはありませんが、腎臓結石はちょっと意外でした。
    ・・・とは言え、「1年後に再検査」という程度のことですから、
    それほど気にすることはないと思いますが、
    それを知っていれば、もし、何か体調の急変があった時に医師に伝えることで、
    場合によっては早く原因が見つかるかも知れないので、
    まあ、受けておいて良かったと思います。

    ここさん
    お仕事を辞められたのですか。
    以前から言われている過労死とは行かないにしても、
    仕事のせいで体調を崩すくらいなら、辞めた方が良いですね。
    私も、今の職場はいろいろとストレスの溜まるところではありますが、
    体調を崩すまでには至りませんし、
    何より、来年度には確実に異動できることがわかっているので、
    何かあったところで、「どうせ今年限りだから」と思ってやり過ごせるのはありがたいです。

    うちの奥さんも、昨年から続けていたパートを先月限りで辞めました。
    時給に見合わないくらい激務で、規定の時間内にはとうてい仕事が終わらず、
    いつも1~2時間残って片付けるのですが、
    契約時間以上にタイムカードの記録があると本社から指摘を受けるので、
    いったん終了時間にタイムカードを記録して、
    そこからサービス残業を余儀なくされていたとのこと。
    どう見ても俗に言う「ブラック企業」なのですが、
    家から近かったのと、一緒に働いていたパートの方たちは良い人が多かったので、
    なかなか辞める踏ん切りがつかなかったようです。
    ここさんと同じく、しばらくのんびりして、
    また良い仕事があったらしてもらえば良いと思います。

  • >>No. 1129

    9月ももうすぐ終わりますね。
    今月は何だかずっとぐすついた天気ばかりでした。
    残暑らしい残暑もなく、とってもあっさりと夏が終わってしまったような感じがします。

    天気もパッとしませんでしたが、そのせいか体調も優れないことが多い月でした。
    次男坊と末っ子がアデノウィルスにやられて39℃台の発熱が続き、
    それぞれ1週間ずつ学校を休みましたし、
    私も発熱こそなく、仕事を休むまでには至らなかったものの、
    やはりアデノウィルスのせいでお腹の調子が悪い状態が同じように1週間近く続いて、
    子供は熱で寝込むは私はあんまり食べられないわで、奥さんが食事の用意に苦労(笑)していました。
    いずれも、もう回復して日常生活に戻りましたけれど、
    私はともかく、子どもたちだけ見たら、
    インフルエンザよりも熱は高いは長く続くはで、アデノウィルス恐るべし、でした。

    来月10月は神無月。
    各地の神様が出雲大社に集まるため神社には不在になるので、「神」が「無」い「月」で「神無月」。
    一方の出雲大社がある島根では、神様が集まるので10月は「神有月」。
    まあ、これは平安以降の後付けとも俗説とも言われています。
    それはともかく、出雲大社は行ったことがなかったので、一度行ってみたいと思っていたのですが、
    ちょうど友人と休みが合い、さらに運良く枚数限定の格安切符の予約が取れたので、
    来月、出雲大社へお参りに行くことにしました。
    1泊2日なので、そんなにあちこちは回れませんが、
    出雲大社はもとより、山陰に行くのは初めてなので楽しみです。
    聞き届けてくれるかどうかはわかりませんが、
    次の異動で希望通りのところへ行けるようお願いしてきます(笑)。

    ここさん
    スマホですが、そんなに込み入ったことをしようとしなければ、操作そのものはすぐに慣れます。
    PCの扱えないうちの奥さんでも、2~3日で日常使用には不自由しなくなりました。
    料金も、ゆず家は某大規模小売店ブランドの格安スマホ(笑)で、
    2GBプランにセキュリティその他をつけても2000円そこそこで済んでいます。
    ガラケーの時とほとんど変わらない額です。
    データ量も、数字だけ見ると2GBプランでは心細いような気がするかも知れませんけれど、
    私も奥さんもゲームなどはほとんどしませんし、自宅ではwi-fiが使えますから、
    実際には毎月その半分(1GB)も使えません。
    ただ、ガラケーの2年縛りの解約料や、スマホ本体の代金、
    それにあまり納得の行かない(笑)各種手数料がいろいろとかかるので、
    初期費用はかなりの額になりますから、その点は覚悟が必要です。
    それから、ガラケーのような家族間無料通話もなく、通話料は原則として30秒20円ですから、
    気軽に「電話」として使うのは躊躇してしまいます。
    その一方で、キャリアによっては定額で通話し放題というプランもありますが、
    よくよく見ると、1回5分以内だとか、いろいろな条件があって、
    その割には定額料が1500円くらいします。
    家族間ならLINEの通話機能を使えば多少通話の質に問題はありますが無料ですし、
    1500円なんて、40分近く通話しなければ出ない額ですから、まずペイしないでしょう。
    いろいろ料金形態が複雑でわかりにくいですが、もし、変えるなら、
    自分に本当に必要な内容をしっかり見極めてから選ぶと良いと思います。

  • >>No. 1126

    何だかいろいろとバタバタしているうちに9月になってしまいました。
    8月は見事なまでに暑い日が続いていましたが、
    台風が来始めてから、少しずつ涼しい日も出てきました。
    ここ数日は昼間こそまだ30℃を超える暑い日が続きますが、
    夕方になるとなかなかに激しい夕立が降って、
    雨が上がると秋らしい涼風が部屋に入ってくるようになりました。
    これからはひと雨ごとに秋らしくなって行くのでしょうね。

    いきなりですが、先月初め、ゆず家もついにスマホ化しました。
    高校生の次男坊のクラスや部活の連絡はLINEで回されているので、
    クラスでも部活でもただひとりのガラケーユーザーだった次男坊には直接回って来ず、
    最後に友人からメールで送ってもらっていたのですが、
    さすがにいつまでも他人様の好意に甘えさせるわけにも行かないので、
    仕方なく(笑)スマホを持たせることになり、ついでに奥さんと私も・・・というわけです。
    ただ、俗に言う「格安スマホ」なので、本体はともかく、
    月々の料金は今までと1人あたり500円くらいしか違いません。
    ・・・とはいえ、今までは家族間や自宅の固定電話との通話は無料だったところ、
    今度は通話料がかかるなど、いろいろと違いはありますが、
    ここまで1か月使った限りでは、やはり便利は便利だなあというのが正直なところです。
    たとえば、先日も出張で大阪に行った際、予定と違ったところで昼食をとることになり、
    近くにうどんの美味しいお店があると聞いたことがあったのですが、覚えておらず、
    スマホで検索したらすぐにわかり、さらに現在地からお店までの行き方も知ることができました。
    もちろん、今まではなければないで済んだことですし、
    何でも後からスマホで調べればいいというようになるのは考えものですが、
    そういうこともできる「道具」として、上手に使えば便利なものだとは思います。
    あとは、自分が今まで見て「見苦しい」と感じた使い方や姿勢だけはしないように気を付けようと思います。

    ここさん
    転勤ですが、日本全国というのはあくまで「希望すれば」の話なので、
    私は多分近畿圏のどこかそう遠くないところになるはず(笑)・・・です。
    もともと関西に来たのは、奥さんの実家の近くに住むためで、
    今は車で2時間かからないくらいの距離ですが、
    奥さんは、できればもう少し近くに行ければと思っているようです。
    それもあって、次は京都市内の職場を希望しています。
    京都市内からは1時間かからずに行き来ができるので、
    もし、希望通りに異動できたら引っ越すことも考えるみたいです。
    もっとも、京都市内の物件なんて高過ぎて手が出ないでしょうから、
    京都の「はずれ」(笑)あたりになるのでしょうけれど・・・。

    娘さん、大学受験なのですね。
    学校の先生や看護師さんなど、なりたい職業がはっきりしていれば、
    行くべき大学や学部も自ずと決まってきますけれど、
    そうでなければ、大学や学部はたくさんありますし、
    しかも、ここでの選択が将来のかなりの部分を左右してしまいますから、
    簡単には決められないかも知れませんね。
    ゆず家の次男坊も来年は受験生です。
    理系コースに進みはしましたが、特にこれといって目標があるわけでもなく、
    それ以前に、目標を持ってもそれを実現できるような学力がそもそもなく(笑)、
    いったいどうなることやら、です。

  • >>No. 1123

    7月になりました。
    今年も半分が過ぎたのですね。

    ゆず地方は、先月末までずっとぐずついた梅雨らしい天気が続いていましたが、
    7月に入ってからは夏の陽射しとなり、昨日、今日と猛暑日寸前まで気温が上がりました。
    夏、暑い、休み、となればプールでしょう、ということ(笑)で、
    昨日から開場した隣市のプールへ今季初泳ぎに行ってきました。
    いくら暑いとはいえ、まだ昨日始まったばかりですし、
    大して混んでないだろうと思って行ったのですが、
    駐車場もほぼ満車で、あと10分遅かったら駐められないくらいでした。
    みんな考えることは同じなのですね(笑)。
    テスト前で部活が休みの次男坊と、暇を持て余していた末っ子と3人で、
    3時間近く遊んできました。
    当然のごとくしっかりと焼けてしまい、今年もまた真っ黒になりそうです。

    いきなりですが、来年、また転勤することになりました。
    それも、ちょっと事情が特殊なので、
    自分の好きなところへ、それこそ極端な話、北海道でも沖縄でも、
    希望するなら、ほぼ日本中どこでも行かせてもらえるというまたとない好条件で。
    それで、今、その希望をどうしようか思案しているのですが、
    まあ、これについてはまた後日書こうと思います。

    ここさん
    「太陽みたいな絵に+と-のついているキーがある」とのことですが、
    それ単体を押しても何も変わらなければ、
    「Fnキー」を押しながら、そのキーを押してみてはどうでしょうか。

    Win10への無償アップグレードは7月の末頃で終わるらしいので、
    私もどうしようか考えています。
    ただ、Win7ならともかく、8.1のサポートが終わるのはまだ当分先なので、
    きっとそれまでには、今使っているこのPCは壊れている(笑)と思いますし、
    それなら、どうしても10にしなければらない理由もありません。
    諸般の事情により、ゆず家もスマホにしようか検討が始まってしまい、
    これ以上、また何か新しく覚えるのも面倒(笑)です。
    さて、どうしたものでしょうねぇ・・・。

  • お久しぶり・・・なんていうレベルではありませんね。
    もう、5月も終わりになってしまいました。
    毎日がものすごい速さで過ぎて行きます。

    新しい職場に異動して2か月近くになりました。
    同じ業界ではあるものの、業種も仕事の内容も全く別物で、
    とっても気疲れのする立ち位置の仕事になりました。
    そして先月末から、とある行事のプロデュースをすることになり、
    GWが明けて以降、毎日6時半に職場に行って、20時過ぎに帰る日が続いています。
    平日はその行事の準備や手配で手いっぱいで、本来の仕事はほとんどできないので、
    毎週、土日のどちらかを使って、たまった仕事を片付けています。
    今まで、何かイレギュラーなことで1日や2日早出や残業をすることはありましたが、
    ほぼ1か月ずっとこんな仕事の仕方をしたのは初めてです。
    ただ、これからもずっとこんなに忙しいかというと、そうでもなく、
    年に数回実施する行事の時だけ、ある程度の期間忙しいようです。

    そして、嬉しいこと(笑)に明日から1週間、研修で東京へ行きます。
    研修では早出も残業もないので、ちょっとのんびりできそうです。
    おまけに、行事も今週中には終わる予定なので、研修から戻ってからも、
    もう、そんなに忙しくはない・・・はず(笑)です。
    予定では、次の行事は10月末。
    例年9月に入ったあたりから準備を始めるようなので、
    その頃から、また大変な日々が続きそうです。
    まあ、そんな先のことを憂いても仕方がないので、
    まずは東京で前々職場の仲間と会うのを楽しみにします。

    ここさん
    ずいぶん亀レスになってしまいましたが、3年前に入院したのも同じ気胸です。
    あの時は左肺で、手術はせずにドレーンで処置しましたが、
    3月は右肺で、どうも穴が塞がっていなかったようなので手術になりました。
    本当なら、その後に再発した左肺も手術を勧められたのですが、
    程度が軽かったのと、年度末で入院したくなかったのとで、自然治癒を待ちました。
    でも、この次に再発したら、今度は手術です。
    この疾患は特に原因らしい原因はないので予防のしようもなく、
    しかも、発症する人は何度も発症しますし、
    治療も基本的には手術かドレーン留置の外科的処置でしばらく入院になるので、
    なかなか厄介です。
    手術した右肺はともかく、左肺は2~3年のうちに再発するような気がします。
    ドレーンにしても手術にしても、けっこう痛いので、ちょっと憂鬱です。

    ところで、画面の明るさの調節はできるようになりましたか?
    PCによってはソフトウェアで調節できる機種もあるのかも知れませんが、
    基本的には本体側の操作でできるはずです。
    多くの場合、ファンクションキー(Fnキー)+F1~F12キーのいずれかで、
    音量や明度などを調節できます。
    F1~F12キーに何かしらの絵が描いてありませんか?
    例えば、スピーカーの絵に+や-が付いているのは音量ですし、
    明度は太陽のような絵に、やはり+や-が付いています。
    私のPCでは音量はF2とF3で、明度はF11とF12です。
    今度見てみてください。

  • もう3月も終わりです。
    年明けから年度末にかけては常にバタバタするものですが、
    前回の書き込みから今日まで、もう2か月近くが経っていました。
    本当にものすごい勢いで日が過ぎています。

    先日、と言っても2月の初めでしたが、
    転勤の内示を受けたという話を書きました。
    そしてその直後、気胸を発症して緊急入院となり、
    手術を受けて10日間ほど入院しました。
    まあ、この疾患そのものは生命に関わるようなものではありませんし、
    手術も全身麻酔なので、目が覚めたら終わっていましたが、
    術後当日はベッドから起き上がらせてもらえず、
    点滴やドレーン、カテーテル、
    各種モニターや血栓防止のコンプレッサーが装着され、
    かなりしんどい思いをしました。

    そして退院後、すぐに出勤できたのはいいのですが、
    立て続けに仕事でトラブルが発生してその対応に追われ、
    そうこうしているうちに3月になったかと思ったら、
    奥さんがインフルエンザになり、当然のように(?)私にも感染。
    仕事を5日間休むことになりました。
    インフルエンザにかかったのは実に30年振りくらいでしたが、
    熱もさることながら、全身の関節や筋肉が痛くてまともに寝返りもできず、
    これもかなりしんどかったです。

    それだけでは済まず(笑)、
    インフルエンザが治ったところで気胸の術後定期診察を受けたのですが、
    その際に撮ったレントゲンで、
    先月手術を受けた側と反対の肺で気胸が発症しているのが見つかりました。
    また緊急入院、手術かと思うと、さすがの私もちょっと呆然としましたが、
    幸いにも程度が軽かったため、
    そのまま経過を見ながら自然治癒を待つことになり、
    先日の診察で「ほぼ治癒」しました。

    また、何度か診察に通っているうちに3月も半ばを過ぎ、
    お山の学校に行っていた末っ子の留学期間が終了したので迎えに行ってきました。
    親許を離れ、同じ世代の子供たちとの寮生活や、
    全校生徒40人ほどのひとりひとりに目も手も届く学校生活、
    そして地域の皆さんや豊かな自然とのふれあいを通じて、
    たくさんのことを学び、経験し、
    いろんなことができるようになって帰ってきました。
    この1年間が彼にとって人生の財産になったらいいなと思います。

    明日は現在の職場への最後の出勤。
    新しい仕事では、早速何だか面倒な指示を受けていますが、
    まあ、ぼちぼちやっていこうと思います。

  • 先日の寒波以降、ゆず地方は少し暖冬気味で、
    朝も氷が張らないどころか、まともに霜も降りない日が少なくありません。
    昨夏もほんの一時猛烈に暑かっただけで、
    後はぐずついた天気が続いて、そのまま秋になってしまいましたし、
    何だか季節らしさが感じられなくて、ちょっとつまらない(笑)です。

    いきなりですが、4月から転勤することになりました。
    先日、新年度の異動の内示があり、
    私はあまり関係ないと思っていたのですが、名前が挙がってしまいました。
    ただ、転勤先も同じ市内なので、引っ越しはありませんが、
    今は歩いて5分の「通勤」が、今度からはバイクで20分ほどになりますし、
    ちょっと仕事の内容が変わって、服装もスーツ&革靴になるので、
    スーツと靴を買わなければなりません。
    今までも出張や研修でスーツを着ることはありましたが、
    せいぜい数日程度のことで、
    今回のように、ずっとスーツを着て仕事をするなんて就職以来初めてなので、
    何だか窮屈そうで、ちょっと憂鬱です。
    勤務体系も、今度はほとんど当直がなく、カレンダー通りの出勤で、
    毎日必ず帰れるのは気分的に楽ではありますけれど、
    一方で当直明けがありませんから、出勤日数は体感的に増えることになり、
    これも、うーん・・・といったところです。
    まあ、そんなことを言っても何も変わりませんから、
    早く仕事に慣れて、これまた早く次の異動に期待(笑)しようと思います。

    ここさん
    地域の役員さんを引き受けられたとのこと。
    すごいと言うか、えらいと言うか、それよりいろいろと大変ですよね。
    ゆず家の地域はなかなかに古い土地なので、
    自治会関係は、何だかよくわかりませんが慣例で回っているようです。
    ただ、学校の役員は、いろんな担当がある上に、
    子供が高学年になるとリーダーをさせられ、
    かと言って低学年の子の親御さんはさらにその下の子に手がかかるしで、
    役員決めは毎年苦労しているようです。
    私などは、そんなになり手がいないような役員なら、
    いっそなくしてしまえばいいのになんて思うこともしばしばですが、
    なかなかそうも行かないのでしょう。
    でも、そうやってやってくれる人がいるから、いろんな運営ができるわけですし、
    みんながそれぞれにお互いさまの気持ちで協力し合えれば、
    もっと楽にできるのにと思います。
    まあ、世代が進むにつれて、考え方も感覚も変わって行きますから、
    いずれはもう少し合理的な形になるかも知れませんね。

  • 今日のゆず地方は、朝の冷え込みこそ氷点下にはならなかったものの、
    そのまま日中もほとんど気温が上がらず、時折小雪のちらつく寒い1日でした。

    先日、健康診断の結果が届きました。
    血液検査の数値も全て基準値内で、レントゲンや心電図も問題なく、
    所見欄のコメントは「異常を認めません」の一文だけ(笑)でした。
    当初に比べると、今は食べるものもずいぶん適当になっていますけれど、
    週の何日かなりともある程度の運動を続けているのが大きいのだろうなあと思います。
    まさに、「継続は力なり」ですね。
    昨年1年間の総お散歩ラン距離数は700km足らずでした。
    確か、一昨年も同じくらいで、
    「来年は目標1000km」なんて言っていたような気がします。
    今年はできそうにない目標は止めて(笑)、
    堅実なところで「前年比プラス100km」を目標にしてみようと思います。
    単純計算で1か月あたりプラス8kmそこそこ。
    いつものコースが約5.5kmなので、
    昨年のペースより2か月で3日多く走ればいいわけですから、
    そんなに難しくないような気がするのですが、さて・・・?

    ここさん
    私も昨年の7月末からずっと歯医者に通っています。
    昨年の初めころに歯が痛くなり、神経を抜く処置を受けて、
    一旦は6月に治療を終えたのですが、
    1か月くらい経ったところで、その処置を受けた歯がまた痛くなり、
    どうやら神経が完全に取り切れていなかったようで、
    それからずっと、歯の根っこの掃除をしては消毒薬を詰める処置を繰り返して、
    先日、ようやく一連の処置が終わりました。
    来週、歯石取りをしておしまいです。
    歯痛というのは、忘れた頃にやってきて、
    一度始まると、治療が終わるまでに長い時間がかかるんですよね。
    80歳で自分の歯が20本残っているのが理想と言われていますが、
    この調子だと、ちょっと怪しいです(笑)。
    マメに歯磨きはしているつもりなのですけれどね・・・。

  • あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いいたします。

    世間様は明日から仕事始めという方が多いと思いますが、
    私はひと足お先に、今日から仕事でした。

    今年は元旦に春日大社へ初詣に行ってきました。
    毎年のことながらすごい人出で、
    途中、何度も進んでは止まりを繰り返して、何とかお参りをしてきました。
    そして、運命の(笑)おみくじ。
    昨年は「凶」だったので、今年は・・・と思いながら引いたのは・・・「大吉」。
    ここ数年、「凶」と「大吉」を交互に引いています。
    そんなに波乱万丈な人生は望んでいないのですけれどね・・・(笑)。
    この調子で行くと来年は・・・なんて思わなくもありませんが、
    とりあえず、今年1年は気分良く過ごせそうです。

    そして、昨日は奥さんの実家にお年始に行ってきました。
    私は先に京都へ行って、こちらも毎年お参りしている五条の若宮八幡宮へ。
    この神社は別名「陶器神社」と呼ばれ、陶芸や芸術全般の神様と言われています。
    私もわずかながら陶芸に関わる身なので、
    技術の向上その他諸々をお願いして、お札をいただいてきました。
    ついでに四条から三条あたりを少しぶらぶらしましたが、まあ、すごい人出でした。
    道路は渋滞、お店はどこも行列で、何をすることもできず、
    お義父さんの好物の甘栗だけ買って、早々に退散してきました。
    やっぱり京都はオフシーズンの平日に限ります(笑)。

    ここさん
    帰省はいかがでしたか。
    昨日は京都駅も大混雑でしたし、奥さんの実家から戻る途中、名神高速の横を通ったら、
    あちこちでかなりの渋滞が発生しているという表示が出ていました。
    でも、年に1~2回のことですし、
    じいちゃんばあちゃんも孫たちに会うのを楽しみにしているでしょうから、
    そのくらいは仕方がありませんね。
    末っ子も明後日にお山へ戻ります。
    夏休みに帰ってきた時よりも、またひと回り成長していました。
    残り2か月ほどですが、いろんな経験と思い出を重ねてくれたらいいなと思います。

  • 気がつけば12月も半ばを過ぎ、今年も残すところあと10日足らずとなりました。
    ゆず地方は、先日の水曜日あたりに降った雨を境にぐっと寒くなり、
    ここ数日は最低気温がひと桁前半で、朝のラン散歩時は息が真っ白です。

    今月の初めに新しい車が来ました。
    今回は軽自動車にしたので、大して期待していなかったのですが、
    走行性能も居住性も予想以上に良くて、
    おまけにレーダーブレーキやバックモニターなど、前の車にはなかった装備がついて、
    何だか一気に文明が進化した(笑)かのような気分です。
    車両保険の額が上がった分、車の保険料は増えましたが、
    税金は1/4になり、燃費も向上したので、
    ランニングコスト全体としては、こちらもかなりのスケールダウンです。

    ところが、何かが壊れる時というのは、不思議と重なるもので、
    先日の車の故障からほどなく、2階のシャワートイレの調子が悪くなりました。
    仕方がないので買い替えることにして、
    新しく買ったシャワートイレを1階に設置し、
    それまで1階に取り付けてあったシャワートイレを2階へ移すことにしました。
    ネット通販で市価より2万円近く安く購入して、2台とも自分で取り付け。
    これでかなりのコストダウンに貢献しました。
    ・・・と思ったら、今度は食器洗い乾燥機が使用不能に。
    こちらもネットで市価より1万円近く安く手に入れることができ、
    もちろん自分で取り付け。
    さらには、前の車のスタッドレスタイヤが使えなくなってしまい、
    業者に処分すれば処分料がかかるところ、
    梱包と発送の手間はかかりましたが、
    ネットオークションに出品したら、1万円以上の値段で買い手がつきました。
    この一連の頑張りが奥さんに評価(笑)され、
    先日出たボーナスから、少しだけお小遣いをいただけました。
    どれもちょっとの手間なのですけれど、それを惜しまなければ、
    ずいぶん無駄な費用が抑えられるものです。
    でも、もう、何も壊れないでほしいですが・・・(笑)。

    ここさん
    先日、職場の健康診断がありました。
    結果は年明けくらいに届くと思いますけれど、
    身長や体重、腹囲、血圧などはも昨年とほとんど変わりありませんでした。
    あとは血液検査ですが、その前の週に連続して忘年会があったので、
    ちょっと影響が出ているかも知れません。
    まあ、それにしても、何度飲んでもあのバリウムは慣れませんね。
    かといって、胃カメラを飲む勇気もなく(笑)、年に一度の苦行と思うしかありません。

    もうすぐ末っ子が冬休みになるので、お山へ迎えに行ってきます。
    夏休みが終わってから4か月。
    どれだけ成長したか、また、楽しみです。

    明日は当直ですが、今年は明日を含め、あと3日しか出勤日がありません。
    もっとも、その3日が全て当直なので、実質は6日分なのですが、
    ほとんどカウントダウン(笑)の気分です。

    今年もいろいろありましたが、まあ、あまり大きなトラブルもなく、無事に過ごせました。
    残りわずかですが、体調など崩されませんよう、御自愛ください。
    もう一度くらい書き込みしたいですが、どうなるかわかりませんので、
    一応、年末の御挨拶とさせていただきます。
    今年もお世話になりました。
    良いお年をお迎えください。

  • >>No. 1106

    先週の後半、ゆず地方はこの時期にしては珍しく25℃近くまで気温が上がり、
    汗ばむような陽気の日が続きましたが、
    週末は一転して冷たい雨が降り、昼間でも薄着では寒さを感じるくらいでした。
    予報では、この雨を境にぐっと晩秋の冷え込みになってくるようです。

    いきなりですが、前回の書き込みの翌日、車が壊れました。
    買いものへ行く途中、突然、まともに走れなくなってしまい、
    ロードサービスを呼んで修理工場へレッカー移動してもらったのですが、
    ミッション交換が必要とのことで、修理費の見積もりが何と約40万円!
    とっても使い勝手の良い車で、他にいい車が見つからず、ずっと乗ってきて、
    同じくらい使い勝手の良さそうな車は今もって見当たらないのですが、
    買ってから14年、走行距離も14万キロを超えていますし、
    ここで40万円をかけて修理しても、
    他の部分もそれなりに劣化しているであろうことを考えると、
    この先何年無事に走るかはわからないので、やむを得ず買い替えることにしました。

    ・・・とは言え、急な話なので、まず問題になるのがやはり購入費用。
    もう、以前のように関東と関西を車で行き来するようなこともないので、
    次の車は軽自動車で十分ということにはなりましたが、
    それでも車が簡単に買えるほど余裕のある暮らしをしている訳もなく、
    どうしたものかと思案していた奥さんが、
    真っ先にリストラ(仕分け?・・・笑)の対象にしたのが私のバイク。
    「車が660なのに、バイクが1200なのぉ?」と言われ、
    年に数回しかまともに乗らない私は何も言えず、あっさりと売却する羽目に。
    私のへそくりで買ったバイクなので、
    売ったところで代金は私のもののはず・・・と思いつつも、
    今は非常事態なので仕方がないと自分に言い聞かせ、
    いずれ家計に余裕ができたら返してあげるという、
    言っている当人が全くそんな可能性を信じていない口約束(笑)を心の支えにして、
    売却代金のほとんどを車の購入費用に拠出し(徴収され)、
    その甲斐あって、何とか資金の目途も立ち、早ければ月末に納車の運びとなりました。
    一方、バイクもスクーターくらいはあった方が何かと便利ということで、
    ネットオークションで125ccの手頃なスクーターを見つけ、
    いろいろと幸運な条件が重なって、わずか3万円で手に入れることができました。
    奥さんも普通二輪の免許は持っているので、
    ちょっとしたお買いものなどに、何だかんだ言いながらも楽しそうに乗っています。

    それにしても、車が1300から660へと半分に、
    バイクが1200から125へと、こちらは10分の1になり、
    わずか半月の間にものすごくダウンサイジングしました。
    まあ、人間、座って半畳寝て1畳と言いますし、
    必要以上のものは求めず、身の丈に合った暮らしをしなさいという天の啓示と思って、
    今まで以上につつましく(笑)暮らしていこうと思います。

    ここさん
    健康診断の結果って、何だか通知表みたいですね。
    でも、通知表の数字は良くなかったところでどうということはありません(笑)が、
    健康診断の数値は健康に関わりますから、
    封を開ける時の緊張感は通知表の比ではありません。
    私も来月受診です。
    これまでのところ、昨年の同時期と比べて、
    体重や体脂肪率、累積歩行距離などはほとんど違わないので、
    健診の結果もそんなに大きく差が出ないといいなあと思っています。
    ただ、このところ、少し甘いものを食べる機会が多くなってきているので、
    健診までにセーブしようと思っていますけれど、
    健診前の一時期だけ取り繕って良い数値を出しても意味がありませんから、
    それが習慣として確立できるようにしないといけません。
    一旦緩めると、戻すのは至難なので、
    最初の「少しくらい・・・」で自分に負けないようにしたいと思います。

  • >>No. 1104

    このところ、ゆず地方は気持ちの良い秋晴れの日が続いています。
    昨日、今日などは25℃を超える夏日となり、
    昼間は半袖のTシャツ1枚で十分過ごせますが、
    朝方は息がうっすらと白くなるくらい冷え込んだりするので、
    朝のランニングの後などは身体を冷やさないよう、少し気を付けないといけません。

    先日、職場の同僚数人と滋賀県の信楽へ「すき焼き」を食べに行ってきました。
    ・・・と言っても、ただのすき焼きではありません。
    「松茸と近江牛のすき焼き」で、しかも、松茸と近江牛のお肉がお代わり自由なのです。
    席につくと、まず、お店の方がお肉を焼いて、お砂糖とお醤油、お酒で味付けをしてくれます。
    それをいただいたら、後はお野菜とお肉、そして松茸を入れて、
    好みの味加減で「すき焼き」を楽しむのですが、。
    その間に、お店の方が「松茸入れましょうか」「お肉入れましょうか」と頻繁に回ってきてくれて、
    松茸なら、ひと口では食べられないくらい大きく切った松茸を、大ざるからわしづかみにして、
    お鍋にどさっ(・・・という音が聞こえるくらい豪快に)と入れてくれますし、
    お肉も、これまた大きくて適度にサシの入った近江牛を、こちらもどさっと入れてくれます。
    お肉を入れるとお鍋全体がお肉に覆われてしまい、
    松茸を入れると松茸でお肉が隠れてしまうというものすごいビジュアル(笑)で、
    何だかとんでもなくぜいたくをしている気分
    (十分ぜいたくなのですけれど・・・笑)になりました。
    もちろん、松茸は外国産ですし、
    お肉も近江牛という銘柄牛としては、それほどグレードの高いものではないとは思いますけれど、
    味覚のハードルの低い私には、
    松茸は十分過ぎるくらい香りも味も良かったですし、
    お肉もいつも食べているお手頃なものとは違って、
    とっても柔らかくて、すぐに噛み切れ(笑)て、とっても美味しかったです。
    10年分くらいの松茸と1か月分くらいのお肉を堪能しました。
    最後はお店の方に「松茸入れましょうか」と言われて、
    「もう松茸はいいです」と自分でわが耳を疑うようなことを言ってしまいました(笑)。
    この他に、松茸の前菜と松茸ごはん(これもお代わり自由)と松茸の土瓶蒸し、デザート、
    松茸の佃煮その他数品の「おみやげ」がついてひと通りなので、
    なかなかにお値打ちだったのではないかと思います。
    これで、松茸については今年はもう思い残すことはない(笑)ので、
    また、来年お世話になろうと思います。

    ここさん
    体調が戻ってきたようで何よりです。
    私も職場の健康診断が再来月にあります。
    また、あのバリウムを飲むのかと思うと憂鬱ですが、仕方がありません。
    先日の某タレントさんの乳がん報道で、乳がんの健診の申し込みが急増したそうですが、
    うちの奥さんは、偏頭痛の薬を継続的に処方してもらっている関係で、
    定期的に血液検査をしている以外は、健康診断のようなものは全然受けていません。
    私も、もう、ここ何年も、職場の健康診断(医療機関の出張)で済ませていますけれど、
    希望すれば、半額の補助で人間ドックを受診することもできます。
    配偶者の分も補助が出るので、
    来年あたりは奥さんと一緒に人間ドックを受けようかなあと、ちょっと思っています。
    でも、素直に「行く」とは言わないだろうなあ・・・(笑)。

  • >>No. 1102

    10月も半ば近くとなり、日に日に秋が深まってきました。

    今年は夏の終わりが早かったせいか、
    キンモクセイが9月の半ば過ぎくらいに咲き始め、
    10月になった頃には既に散っていましたが、最近、また咲き始めました。
    何年か前にも、同じように2度咲いたような気がしたことがあって、
    その時は、「そんなことあるわけがないよなぁ」と「気のせい」にしていたのですが、
    やっぱり、2度咲いていました。
    ネットで調べたところ、気温によって生じる現象で、さほど珍しいことではないようです。
    少しひんやりし始めた空気に乗ってキンモクセイの香りが漂ってくると、
    しみじみ秋だなあと思います。
    今年はそれが2度楽しめて、ちょっと得した気分です。

    今日は3連休の初日。
    珍しく、私も3連休なのですが、
    奥さんはお仕事、次男坊はテスト前でお勉強(・・・のはず)だったので、
    京都をぶらぶらしてきました。
    連休なので、さぞかし混雑するだろうと覚悟して行ったら、
    あにはからんや、ごくごく普通の休日並みの人出でした。
    もっとも、まだ紅葉もしていませんし、秋の特別拝観も今月末からなので、
    これといって目玉がなかった(笑)からかも知れませんね。
    私も、特にこれといって目的があったわけではなく、
    先日、何冊か本を買ったので、
    和紙のお店でブックカバーやしおりを選んで、ついでに押し葉入りの手漉き葉書を買い、
    和菓子屋さんで季節の生菓子を眺めたり、
    もうすぐ奥さんのお誕生日なので、
    雑貨屋さんで何かプレゼントになりそうなものを物色した後、
    錦市場でお漬けものとちょっとしたおやつを買って帰りました。

    ここさん
    耳の調子が良くなかったのですか?
    耳は平衡感覚を司る器官なので、
    調子が悪くなると、めまいや吐き気が出て大変なのだそうですね。
    症状が治まってきたそうで何よりです。
    私は今のところ目立った不調はありませんけれど、
    やっぱり若い頃のように無理は利かなくなって、
    疲れが何日か持ち越しになるようなことも出てきました。
    健康にしても体力にしても、もう「向上」は望めませんから、
    少しでも「維持」していけるよう頑張らないといけませんね。

    おかげさまで、次男坊は松葉杖も不要になって、普通の生活に戻りました。
    まだ、走ったり飛び跳ねたりはできませんが、
    部活にも参加して、筋トレをしているようです。
    彼の場合は不運な出来事でしたが、
    お医者さんの話によると、年齢を重ねるにつれて、
    ちょっとした「はずみ」で膝を傷めてしまう危険性が増すそうですから、
    私も気を付けないといけないなあと思います。

  • >>No. 1100

    前回の書き込みは8月の初め。
    私の夏休み直前で、猛暑が続いている頃でした。
    おかげさまで、夏休みは天気に恵まれ(?)、
    猛暑の中、甲子園や川床、お寺めぐり、プールに琵琶湖と遊び倒しました。

    あれから何やかやとこまごましたことを片付けているうちに、
    気がつけば1か月半も経っていました。
    もう、9月も半ばになり、朝晩などは肌寒く感じるような日もありますし、
    田んぼの畔にはヒガンバナが、
    そしてお散歩コースの公園では萩の花が咲いていて、すっかり秋の風情です。

    夏休みが終わり、末っ子はお山へ戻って行きました。
    帰る前に、「お家の方がいいやろ。お山に帰るのは止めたら?」と言ってみました。
    もっとも、本当に「止める」と言われたら困ってしまう(笑)のですが、
    そうでなくても、多少は迷うだろうと思っていたら、
    「ううん、帰る。お山も楽しいよ。」と即答でした。
    甘えん坊の末っ子が親元から離れるのをためらわないのですから、余程楽しいのでしょう。
    毎日の生活をサポートしてくれる指導員の先生や寮母さん、
    きめ細かく子供たちを見てくれる学校の先生方、
    そして、山村留学事業を周囲から支えてくれる地域の皆さんに本当に感謝です。
    もうすぐ運動会なので、また少し成長した末っ子に会えるのが楽しみです。

    一方で、先日、次男坊が入院して手術を受けました。
    ・・・といっても、生命に関わるような病気などではありません。
    中学生の時に膝を傷め、その時に半月板を損傷したのですが、
    生活に支障はなく、普通の運動はできたので、そのまま経過観察としていました。
    けれども、高校でも運動部に入り、
    膝の動きに制約があると、その競技を行う上で支障が出てしまうようになったので、
    思い切って手術を受けることにしたのです。
    内視鏡での手術でしたが、全身麻酔であることと、術後のリハビリのため、
    5日間ほど入院しました。
    先日、無事退院して、今は松葉杖で歩いていますが、
    これも連休明けにはなくなって、普通に歩けるようになる見込みです。
    運動も2か月程度は軽めにするようですが、以降は特に制約もなくなり、
    年明けからは競技に復帰できるみたいです。
    まあ、私もそうでしたが、入院生活はかなり退屈だったようで、
    「もう、二度と入院はしたくないなあ」と言っていました。
    そりゃあ、親としても、そんなに何度も入院されても困るので、
    もう、何事もなく育って行ってほしいものです(笑)。

    ここさん
    大分御無沙汰してしまいましたが、その後、体調はいかがですか。
    今年の夏は暑かったですが、短かったですね。
    先週、関東地方ではかなりの雨が降ったようですが、大丈夫でしたか。
    地震もあったようですし、私の親も関東住まいなので、ちょっと気になります。
    夏の暑さや雨の降り方など、いろんなことが昔に比べて極端になったような気がします。
    ・・・とは言え、季節は秋。
    食べものの美味しい季節になりました。
    体重は65kg前後、体脂肪率は15%前後を維持できているので、
    これを増やさないように気を付けつつ、秋の味覚を楽しみたいと思います。

  • >>No. 1097

    お暑うございます。

    ゆず地方は、ここ数日、見事なまでに夏らしい暑い日が続いています。
    先日は最高気温が36℃で「この夏いちばんの暑さ」でしたが、
    その翌日は37℃で、さらっと「この夏いちばんの暑さ」を更新しました(笑)。
    家にいても暑いばかりですし、
    さりとてエアコンばかり使っているのもあまりよろしくないので、
    当直明けやお休みの日は、末っ子とプールに行って、
    水の中で何をするでもなくボーっと涼んで(笑)います。
    おかげで、私も既に真っ黒です。
    今年の夏は「平年並みの暑さ」という予報を聞いた記憶があるのですが、
    昨年に負けず劣らず猛暑です。
    もっとも、年々暑さが増しているので、これが「平年並み」と言われれば、
    それはそれで「ああ、そうか」と納得してしまいそうな気はするのですが・・・。

    少し前から、朝のお散歩の前半をランニング、後半をウォーキングにしています。
    まあ、それぞれ3kmずつ程度ですから、大したことはないのですが、
    さすがにこの季節は帰ってくるとしっかりひと汗かいているので、
    シャワーを浴びてから朝食をいただきます。
    このシャワーが気持ち良くて、
    それでもう、その日一日が終わったような気分になってしまいます(笑)。
    そして、私はあまり香りに頓着しない方なのですが、
    毎年この季節になると、なぜかラベンダーの石けんが使いたくなります。
    学生時代に北海道へツーリングに行って、富良野のラベンダー畑に寄った時に、
    その花の香りがとてもいい香りだった記憶が残っていることや、
    ラベンダーの香りそのものが、
    爽やかで夏に合っているように感じるからなのだと思うのですけれど、
    本当のところは私にもよくわかりません(笑)。
    ただ、香りとしてはラベンダーは比較的ポピュラーなので、
    ラベンダーの石けんも簡単に買えそうな気がするのですが、
    これが意外と見当たらなくて、
    隣街のショッピングモール内の雑貨屋さんでようやく見つけました。
    毎朝、お気に入りの香りの石けんでシャワーを浴びて、
    いい気分で出勤しています。

    8月に入り、いよいよ夏休みシーズン本番。
    私は今週の木曜日から翌週の木曜日まで、1週間ほどお休みをいただきます。
    今年も前職場の同僚が遊びに来るので、
    関西観光案内をしつつ、美味しいものでも食べて、
    のんびり英気を養おうかなと思っています。
    甲子園で高校野球を観て、京都に出て銭湯でひと風呂浴びて、
    鴨川の川床で夕涼みをしながらお食事をいただくなんていいかも知れませんね。
    暑いなら暑いなりの楽しみもたくさんありますから、
    今年も夏を満喫しようと思います。

    ここさん
    東京での研修、行ってきました。
    先々週のことで、まだここまで猛暑ではなかったはずなのですが、
    体感的にはゆず地方よりずっと暑かったです。
    あれはやはりコンクリートに覆われているせいなのでしょうかね。
    夜になっても全然気温が下がらず、
    外を歩いていても、
    ブロック塀やマンションの壁などから輻射熱のような熱さを感じました。
    その上、どこもエアコンを使いますから、
    今度はその排熱でさらに暑さが増すという悪循環です。
    都会に住むのは大変だなあとつくづく思いました。
    ちなみに、研修は「まあまあ」(笑)でしたが、
    以前の同僚と連日遊びに行って、なかなか楽しめました。
    年に1度くらい、こういう研修に行くのもいいかも知れません。

  • >>No. 1095

    先日の台風、ゆず地方は少し風が強かった程度で、
    雨もそれほどではなかったのですが、
    奥さんの実家近辺はかなりの雨が長い時間降り続き、
    一時は避難勧告が出るほどでした。
    幸い、奥さんの実家には何事も起きませんでしたが、
    近畿地方はあちこちで土砂崩れや河川の氾濫などの被害に加え、
    交通機関や道路に相当な影響が出ました。

    今日は台風一過、とは行かないまでも、
    朝から晴れたり曇ったりしながら気温が上がり、
    湿度の高い蒸し暑い一日でした。
    明日からはさらに暑くなるようで、いよいよ夏本番になるのかも知れません。

    多くの学校はもう夏休みですね。
    ゆず家の坊ちゃんズの学校も、御多分に漏れず夏休みになりました。
    末っ子は連休明けに臨海学校なので、それが終わってから帰省です。
    春に「お山の学校」へ行って以来、2回ほど会っただけなので、
    どれくらい成長したか、ちょっと楽しみです。
    一方、長男坊は、「家に帰ってきてもパソコンゲームはさせない」と言ったら、
    「それならこっちでアルバイトでもするわ」と言って、
    今夏は現地で過ごすことになりました。
    果たして、本当にアルバイトをする気があるのかどうかはわかりませんが、
    家で怠惰な生活されると、見ている方がイライラするので、
    どうせなら見ない方が精神衛生上良さそうです(笑)。
    また、次男坊は、高校でウォータースポーツの部活に入ったので、
    夏休みもお盆の前後数日以外は毎日朝から夕方まで部活です。
    ちなみに、この次男坊の部活は、
    4月から早々にプール(もちろん屋外)に入っていて、
    最初はウエットスーツのようなものを着て練習していましたが、
    GW明けくらいからそれもなくなり、
    土日などは朝から夕方まで練習しているので、
    当然のことながら真っくろくろすけ(笑)です。
    もう、夕方などは、本当に保護色で見えないくらいで、
    日本人と言っても信じてもらえないのではないかと思うくらいです。
    練習も相当ハードなようで、毎日へろへろになって帰ってきますが、
    そのくらい何かに一生懸命取り組む経験というのは、
    きっとこの先に生きてくると思うので、ありがたく思いながら見ています。

    ここさん
    来週の連休明けから週末まで、研修で東京へ行くことになりました。
    ここ数年、日帰りでの研修や出張はけっこう行きましたが、
    泊りがけはずいぶん久しぶりです。
    研修の中身はあまり楽しくなさそうですが、
    いつもとはちょっと違った気分が味わえますし、
    前勤務先から知り合いも同じ研修に来ることになっていて、
    一緒に食事に行くことにしているので、ちょっと楽しみです。

  • >>No. 1093

    梅雨も佳境に(?)入り、
    ゆず地方はあまりパッとしない天気の日が続いています。
    でも、この時季はあじさいがきれいですし、
    湿り気を多く含んだ風に乗ってくちなしの花の甘い香りが漂ってきて、
    私は結構この季節も好きだったりします。

    先日、末っ子の授業参観に行ってきました。
    およそひと月半ぶりに末っ子を見ましたが、
    人数が少ないので逃げ場がない(笑)せいか、
    授業での発表もしっかりやっていましたし、
    さらには、走ることが苦手だった末っ子が、
    寮で毎朝日課で走り、30分歩いて通学し、
    学校でも毎日日課でマラソンをしているうちに、
    周囲から「○○くん、マラソン早いんだよ」と言われるようになっていて、
    いろんな面で、思っていた以上に成長していました。
    つい2~3か月前までは、学校から帰ってきたら、
    「かーちゃん、抱っこ」と言って甘えていたのに、
    「親はなくても子は育つ」とは本当に良く言ったものです。

    当日は給食試食会があり、子供たちと一緒に給食をいただきました。
    ご飯におみそ汁、鶏の唐揚げと茹で野菜のサラダ、牛乳といった献立で、
    とっても美味しかったのですが、
    私たちの子供の頃とはずいぶん違うなあと感じました。
    器ひとつとっても、樹脂製とはいえ、
    ちゃんとご飯茶碗に汁椀、お皿が使われていましたし、食べるのはもちろんお箸。
    私が子供の頃は、ほとんどの日がパン食で、
    副菜も汁もの以外はアルミ製で窪みのついたトレーに直置きでしたし、
    お箸ではなく「先割れスプーン」を使っていました。
    でも、美味しかったという点では、どちらも同じで、
    やっぱり、学校でみんなと一緒に食べる給食はいいものですね。
    ちなみに、お山の学校は全校生徒が30人そこそこなので、
    給食は食事室で全校生徒と先生が一緒にいただきます。
    会話も弾みますし、雰囲気の和やかさもさることながら、
    5~6年生は1~2年生の配膳や片付けを手伝ったりするので、
    上級生としての自覚や協調性を育む機会のひとつでもあり、
    末っ子も、当日はみんなの前で献立の説明や「いただきます」の号令をかけて、
    立派に「上級生」をしていました。

    ここさん
    蜂に悪気はないですし、
    生きて行くために頑張っているだけなのでしょうけれど、
    やっぱり巣を作られると困りますね。
    2cmほどというと、アシナガバチでしょうか。
    これまでに3~4回刺されたことがありますが、なかなかに痛いです。
    蜂がいることに気が付けば、注意のしようもありますけれど、
    たまに、洗濯物に止まっていて、気付かずに取り込もうとして刺されたり、
    巣があることを知らずに、近くを通って刺されたりすることがあります。
    とりあえずは小さいうちに駆除できて何よりでしたね。
    ゆず家は、家の前がちょっとした雑木林なので、
    おそらく、どこかにスズメバチの巣があると思われます。
    まあ、何もしなければ刺されることはありませんけれど、
    知らずにうっかりということもあるので、
    これからの季節はちょっと注意していこうと思います。

  • >>No. 1091

    6月に入ったと思ったら、何だか急に気温が下がり、
    ゆず地方は涼しさを通り越して、肌寒いような日もあります。
    先日から近畿は梅雨入りしたようで、ここ2~3日は雨模様の日が多く、
    かと思えば、今日などは30℃近くまで気温が上がるなど、
    身体が慣れないと体調を崩しかねないような日が続いています。

    先月から奥さんがパートを始めました。
    週に3~4日、午前中からお昼を挟んで4~5時間ほどのお仕事です。
    奥さんの出勤はシフト制なので、
    日によっては私だけがお休みということもあり、
    そんな日はひとりでぶらぶらと出掛けたりしています。

    この間も私だけがお休みだったので、ぶらっと京都へ行ってきました。
    特にどこへ行こうという目的もなくぶらぶらしているうちに、お昼が近くなり、
    祇園の外れにある、お昼だけ親子丼を食べさせるお店に行くことにしました。
    そのお店はお昼ちょうど(12時)の開店なのですが、
    まだ11時半を少し回ったところだったので、
    近くのコンビニでアイスコーヒーを買ってひと休みしました。
    アイスコーヒーを飲み終え、時計を見ると11時53分。
    そろそろと思っておもむろに腰を上げ、お店の方へ向かって歩き始めたその時、
    「あ、ここ、ここ」という声とともに、
    中学生くらいの女の子が3~4人、お店の前に並び、
    あら、ちょっと先を越されたかなと思ったら、
    さらに3~4人ほど、同じ制服の子が列に加わり、
    その後からタクシーの乗務員さんとおぼしき男の人がやってきました。
    どうやら、タクシーで回っている修学旅行の子たちが、
    乗務員さんに案内されて来たようで、
    そのお店はカウンター5~6席と小さなテーブルが2卓ほどしかないので、
    私は寸前で親子丼を食べ損ねる(笑)ことになってしまいました。
    もともと京都は修学旅行生の多いところですが、
    その日は、特にたくさん見かけたような気がして、
    まあ、考えてみれば、
    この時期は桜や紅葉のような見頃のものもなければ、GWのような連休もなく、
    1年の中では比較的普通の旅行者は少ない方でしょうから、
    大人数の列車や宿が確保しやすい修学旅行向きのシーズンなのかも知れません。
    結局、お昼は別のお店できつね丼と小うどんをいただいて、
    もちろん、それはそれで美味しかったのですけれど、
    何だか親子丼欲求(笑)が満たされないまま帰ってくることになったので、
    また、近いうちに食べに行ってこようと思います。

    ここさん
    確かに、このところ地震や噴火があちこちで起きていますね。
    もっとも、プレートが動くのも、マグマが噴出するのも、
    地球の活動としてはごくごく普通のことで、
    ただ、それが数十年から数百年という長いスパンで起きるものなので、
    私たちの感覚では「めったに起きない」と思っていただけなのかも知れません。
    ・・・などと言いつつ、実は、私は地震が苦手です。
    まあ、起きても騒いだりするわけではありませんが、
    地面が動いてしまったら、
    何も頼りにするものがなくなってしまうという感じがするので・・・(笑)。
    何にせよ、自然災害は起きないに越したことはありませんね。

    蜂の子もイナゴも良質のたんぱく質が多く含まれていて、
    特に蜂の子は健康食品にもなっているくらい栄養価の高い食べものです。
    一般的に目にするのは佃煮がほとんどですが、
    地方によっては、採ったらそのまま生食する人も少なくありません。
    私も生食はしたことがありませんが、美味しいらしいですよ。
    でも、信州には蜂の子やイナゴ以外にも、
    おそばを始めとして、鮎やニジマスなどの川魚、
    川海老や沢ガニ、野沢菜やおやきなど、いろいろと美味しいものがありますし、
    いい温泉もたくさんありますから、ぜひ、行ってみてください。
    空気も水も、全然違いますよ~^^。

  • >>No. 1089

    5月も半ばを過ぎ、木々の緑もずいぶん色濃くなってきました。
    ゆず地方は、連日、初夏というよりは夏のような暑い日が続いています。

    先日、善光寺で7年に1度行われている前立本尊御開帳を参拝しに、
    20年ぶりに長野へ行ってきました
    駅前などはずいぶん変わっていましたが、
    以前、私が住んでいたところはほとんど当時のままで、
    とっても懐かしかったです。
    中でも、よくお世話になった銭湯がまだ営業していて、
    番台のおばあさんも御健在でした。
    湯船の熱いお湯も当時と変わらず、
    お風呂上がりにこれまた当時と同じようにコーヒー牛乳を飲んで、
    まるで20年前にタイムスリップしたかのような気分になりました。

    今回は、前の職場の同僚と現地で落ち合って一緒に行動したのですが、
    連れは初めての長野だったので、
    何か信州らしいものが食べたいとのリクエストを受け、郷土料理のお店へ。
    川魚や馬刺、山菜、野沢菜あたりは比較的おなじみですが、
    せっかくの機会ということで、
    蜂の子やイナゴ、ざざむし(カワゲラの幼虫)にもチャレンジ(笑)。
    私にとってはもう何度となく口にしている「懐かしい味」。
    蜂の子は甘味がありますし、イナゴは香ばしく、
    ざざむしは小エビのような味とでも表現すればいいでしょうか。
    まあ、いずれも佃煮なので思っているほどクセはなく、
    連れも見た瞬間こそ箸が止まりましたが、
    少しずつつまんでいるうちに慣れたようで、
    「蜂の子がいちばん美味しかった」と言っていました。

    2泊の日程で行ったので、戸隠神社にもお参りをして、
    おそばやおやきも食べて、近場の温泉にも入って、
    久しぶりの長野を満喫してきました。
    思えば、住んでいた頃は善光寺まで歩いて5分そこそこでしたし、
    おそばもおやきも温泉も何もかもが日常でしたが、
    今はそのどれもが簡単には手が届かないものになっていて、
    過ぎた歳月の長さをしみじみ感じました。

    ここさん
    少し日が経ちましたけれど、参観と親子行事、行ってきました。
    親の欲目かも知れません(笑)けれど、
    ちょっとだけたくましくなっていたように見えましたね。
    「メールはがき」も少しずつ届く間隔が開いてきて、
    だんだんと日々の生活の方が楽しく感じるようになってきているのでしょう。
    それはそれで嬉しく、そしてありがたいことなのですけれど、
    あんまり急に成長されると、ちょっと寂しいので、
    ほどほどにしっかり(笑)してくれたらいいなと思います。

  • >>No. 1087

    ゆず地方は、これまでのぐずついた天気は何だったのかと思うくらい、
    とっても良い天気が続いていて、連日、夏日を記録しています。
    お散歩をしていると、風に乗って、
    木々の葉や草花、そして湿った土の匂いが漂ってきて、
    初夏を感じさせてくれるようになってきました。
    ただ、ここ1週間ほどの間に一気に気温が上がり、
    また、朝晩の気温差もかなり大きいので、
    体調を崩さないように気を付けないといけません。
    そういった面でも、お散歩をしていると外気に身体が順応していくので、
    少しずつ夏を迎える準備ができるのがいいですね。

    現在、ゆず家は次男坊だけの「ひとりっ子」家庭(笑)です。
    末っ子がいた時は、何をするにも末っ子に合わせて動かなければなりませんでしたが、
    次男坊は高校生なので、気兼ねなく放置(笑)できます。
    昨日なども、次男坊に「昼飯は適当に食っとけ」と言って、
    奥さんと私は奈良県にある橿原神宮の参道で開かれていた陶器市へ行ってきました。
    来月からは奥さんもパートに出ることになり、
    「土日も(シフトを)入れていいよね」と言っています。
    まあ、来年は末っ子が戻ってくる予定なので、
    今年1年間でいろいろと動いておこうと思ています。

    末っ子が親元を離れておおよそひと月。
    週に1~2通くらいのペースで手紙(ほとんどハガキですが)が来ますが、
    どれも3~4行でさらっと近況が書かれており、
    同じくどれも最後は「元気だよ」で結ばれています。
    まるでメールのような手紙(笑)ですが、
    まあ、それなりに楽しくやっているのでしょう。
    今週末、「お山の学校」で授業参観と親子行事があります。
    奥さんと「(末っ子は)どんな顔をしているだろうね」と、
    ちょっと楽しみにしています。

    ここさん
    名古屋の近くに住んでらっしゃったことがあるのですか。
    私も、岐阜に住んでいたことがあるので、
    味噌汁は「赤だし」がいちばん好きです。
    もちろん、味噌カツもみそおでんも馴染み深いです。
    天むすは奥さんも好きなので、時々小エビの天ぷらを揚げて作ってくれます。
    小倉トーストは、
    トーストの上にあんこ(つぶあんかゆであずき)を乗せたものです。
    私はバターもマーガリンもあまり得意ではないので塗りませんが、
    好きな人はトーストにバターを塗って、その上にあんこを乗せていますね。
    名古屋周辺では比較的ポピュラーな食べものですし、
    首都圏でも「コ○ダ珈琲」のメニューにあると思いますよ。

    さて、今週半ばからゴールデンウィークが始まりますね。
    私は5月の1~3日と6日がお休みです。
    末っ子の行事などが入っているので、あまり自由になる日はありませんが、
    どこかで1日くらい、バイクで走りに行きたいなあと思っています。

本文はここまでです このページの先頭へ