ここから本文です

投稿コメント一覧 (1119コメント)

  • >>No. 27207

    >>※ フェブラリーS

    >ゴールドドリームから三点、三連単を買いました。

    たった3点で3連単的中なんて、会心の一撃ではないですか!?
    カフジテイクの差しが届かない所まで盛り込み済という事ですし。
    いや~やはり、師匠と呼ばせて頂きます。

    さて、私は今年に入って競馬人生最低の不調期を迎えています。
    ずっと坊主でいたので、先週、ランナーもいないのに送りバントを決めるような
    勝てない馬券を獲って、流れを変えるべく悪あがきをしたのですが
    今週もぜ~んぶ、ハズレです。ええ、そうですとも。重賞だけじゃございません。
    大穴狙いでもなく、複勝・ワイドを買ってもこれほど外すのは
    数理の原則を壊すのではないかと危ぶまれる程の惨状です。
    回収率は5%を切っています。こんな事ってあるでしょうか?
    2ケ月も経っているんだからそろそろ誰かが「ドッキリでした」と言って
    ネタばらしに来てくれないかな?

  • ※ フェブラリーS

    フェブラリーって何だっけ? 図書館! 嘘でしょ!
    JRAのビギナー路線CMの一コマですが、
    我々だってフェブラリーって何だっけ?にすぐ頭に浮かぶのは
    一年の一番初めのGⅠでダートのやつ!
    って事なんで、似たり寄ったりです。

    さて、本日もタキオン作戦でいきます!
    ⑪ノンコノユメ
    今日もダメ(馬券外)だったら、去勢失敗と判断して見限ります。
    末脚復活なるかな?

  • >>No. 27196

    ※ 迷った時は

    >迷ったときは、難しいほうへ進め、と言われてます。

    そうなんだ!
    ということは。

    明日のダイアモンドSはアルバートなんかじゃなく
    フェスティヴイェル(この文字を打つのだって難しい)で行け!って事だね?
    それとも、どこで切ったらいいのか判らないし、発音しにくいキングルアウ?
    はたまた、文字数に余裕があるのに何故か伸ばさないプロレタリアト?
    いやいや、ついファルタモガーナと言ってしまいがちなファタモルガーナかも
    そんな事言ったら、トウシンモンステラをトウシンモンテスラだと思ってたという・・・
    (余りにくだらないので以下割愛)

  • >>No. 10470

    うるふさん

    >読み始めてすぐに既読だとわかりました

    あるある~

    >脳内メモリーの揮発

    いやいや、こんな表現ができているうちは全く心配ないですよ

    自分はもうすでに10年くらい前から同じ本を買うという過ちを繰り返していました
    今はスマホのおかげで蔵書をチェックできるのが救いです。
    でも、書店の本棚の前でスマホをいじり続けている姿は
    他人から見たら異常な感じかと(もしくはせどりに思われている)

    今年も平常通り、読書をしています。
    うるふさんも沢山読んでいますね
    私は現在11冊目で相変わらずミステリばっかり読んでいます

  • >>No. 27155

    ※ タイトル選び

    〇〇に入る言葉が判らない以上、私たちがアドバイスできる事は多くはありません。
    いや、多くはないどころか、殆どありません。
    加えて

    >〇の数と字数は合ってません

    これではありとあらゆる言葉を入れる事が可能です

    >どれにしよう~(>_<。)~

    それでもこんな顔↑ して悩んでいるので及ばずながら限定アドバイスをする事にします

    >①『〇〇デイズ』

    〇〇に入る言葉が「新婚旅行」だとしたらオススメしません
    何となれば行き先が伊豆に限られてしまうからです
    「新婚旅行で伊豆」これでは近場で済ませた感が強いです

    >②『〇〇デス』

    〇〇に入る言葉が「スチュワー」だとしたらオススメしません
    何となれば今はキャビンアテンダントと表記するのが常識的だからです

    >➂『〇〇ハザード』

    〇〇に入る言葉が「負けないで」だとしたらオススメしません
    「負けないで」はザードの曲に違いありませんが
    「ハ」を「わ」と発音されてしまう恐れがあります

    >④『〇〇エイジ』

    ○○に入る言葉が「バンドー」だとしたらオススメしません
    他にも奥田瑛二やウエンツ瑛士がいるし
    野球限定だとしても沢村栄治という大投手がいるのに
    何もわざわざ板東英二を出す事はありません

    >➄『〇〇辺り』

    〇〇に入る事が「しょく」だとしたらオススメしません
    「食あたり」は結構悲惨で大変な割りに冷笑される症状です
    「まぐれ」や「大」でも可ですがいずれも漢字が当たりで誤字に相当します

    タイトル考。
    真面目に考える気などなくふざけているだけだろ!と思われるかも知れませんが
    全くその通りでございます。

  • ※ 継続中

    坊主継続中です。
    今年になって重賞は13レース
    ワイドBOXとかが主流なのに
    一つも当たらないです。
    重賞以外では複勝だって買ってるのにそれも全部ハズレです。
    「継続は力なり」と言いますがこの場合は「継続は力無し」というか
    そもそも継続するつもりは全くないんだけども・・

    >モアナ、スズカサニーサイド、ユイノムテキという馬が並びました
    >なんのこっちゃですよね。

    それは勿論、なんのこっちゃですよ。
    それに気づく人はどちらの方面にも精通していないと
    気付かないわけで。
    普通、オッズに影響が出る程ではないはずですが
    5Rの3連単ならばひょっとしてファンがオッズを引き下げたのかも知れません。
    記念馬券として初めから手元に置くのが狙いなんでしょうけど
    もしも当たったらどうするんだろう??
    (通常の記念馬券は100円買いで当たっても払い戻ししなかったりするので)
    今、オッズを確認しました。146万倍! これは換金するよね~?

  • >>No. 27102

    ※ 1月の読書

    読書感想が息切れしていますが、実際には今月8冊を読み終えています。
    (6冊までは感想書いたんだけど・・)
    まあまあの普通ペースです。
    それとカウントはされないけど、ここに書かれたように、ナトホさんのご紹介で
    読まさせてもらったミステリを1篇と
    最悪うやむやにしても良いらしい(?)346枚を現在格闘中です。
    え~とタイトルはなんだっけ?
    「築35年、少々ナスあり」 
    みたいな(笑)

    >感想は、二月中旬以降で、大丈夫です

    大変スローペースで読んでいるけど、この言葉が心の支えです

  • >>No. 27142

    ※ 結果報告

    報告する気力もないけど・・・

    タキオン作戦は沈没でした。(ノボバカラ最下位)
    win5はいつもどおり普通に絞って買いました。
    当たったと思いました。
    でも、よ~く購入履歴画面を見ると、京都10Rの買い目が抜けてる!!
    ファンタジーSの軸にしていた馬なのに
    何故か、買っていない(3点から2点に絞った際に消してしまったようだ)
    よくあるWIN4より今回は当たったと思ってからのハズレなので
    衝撃がハンパない。

    く~~ 54,830円。
     頭に血が昇り、12Rを3会場、ヤケ買いするも
    すべてハズレ。で傷口を拡げる・・

    坊主、続行中です。

  • ※ WIN1作戦

    win5ではなくwin1です。
    本日の対象レースの1~4レースは出馬頭数が少なめです。
    それぞれ 9、13、10、13頭
    これらをすべて買った場合、15210通りです
    つまり152万円払えば根岸S、一本に絞れます。
    ここを1点で買えば投資金額は152万円
    配当がそれ以下という事もありますが
    根岸Sを6番人気以降の馬を選べばプラスになる確率が高いです。(当たればですが)
    いっその事、全通りを買って確実に当てたいという人は2433万円を用意して下さい。

    ちなみに今年のWIN5では一回目にとても安い23,500円という配当がありました
    (それでもハズしたけど)
    後2回は7000万円と2677万円です。

    度胸も残高もないので実行はしないけど(笑)

  • >>No. 27140

    ※ タキオン作戦(補足)

    実は先週、痛恨の出来事がありました。
    中山10RアレキサンドライトS
    ダイワレジェンド(ご存じダイワスカーレットの仔)が出てました
    それは知っていたけど。今までずっと買っていたけど。
    一年以上も勝ちから遠ざかっていて前走も前々走も12着
    その前に複勝で拾っていた事もあるけどトータルでは大負け。
    そして今回13番人気。
    タキオン作戦不実行。買わなかったんですよ~
    で、結果は・・何と3着 複勝21.1倍!!
    なんてこった!!

  • ※ タキオン作戦

    本日もタキオン作戦は実行中です。
    狙いは根岸S(GⅢ)
    馬柱表を見てもタキオン産駒はいないぞ?
    母父にもいないけど?
    と思われた競馬ファンの皆さん(と言っても該当者ゼロでしょう)
    ご安心下さい(そもそも誰も不安になりえないけど)

    大外は16番ノボバカラ 父アドマイヤオーラ 父父アグネスタキオン
    アドマイヤオーラは種牡馬になるには微妙な戦績ですけど(GⅠ未勝利)
    母がビワハイジ(代表産駒ブエナビスタ)なので種牡馬になりました
    しかし、タキオンと同じく若くして残念な事になっています。

    実は今年になってから私は坊主です。髪型の事ではありません。
    まだ、ただの一度も馬券が当たっていないのです。
    これはもう非常事態です。(単勝を全馬買えば回避できるけどそれは流石に・・)
    競馬レースで言えばいまだにゲートの中から出られないアホな馬のようです

    ノボバカラは現在6番人気。
    大外ではあるけど馬場は得意の良馬場予想。
    オッズは下がるでしょうけど複勝でもいいから当たって欲し~~い

  • >>No. 27138

    ※ 叙述トリック

    >「わたしの祖父は9歳のころに日本軍に殺されたの」

    さて。
    (本格ミステリの探偵は冒頭、必ずこのセリフを吐きます。
    私も師匠の疑問を解決すべく探偵として登場しました)

    9歳で子供持ち?何て早熟な! ってツッコミが普通ですが
    これはちくわ師匠の嫌いな叙述トリックかも知れません。
    それもちょっとだけ言葉を省略したものである可能性もあります

    「わたしの祖父は(わたしが)9歳のころに日本軍に殺されたの」

    どうですか?
    セリフを話している人の設定年齢が鍵とはなってしまいますが
    ドラマの時代設定でこれはクリアできそうです。

  • ※ 「残り全部バケーション」 伊坂幸太郎

    作家・伊坂幸太郎の印象は
    ・物語の辻褄を合わせるのが巧い
    ・興味を惹く描写やエピソードを継続的に挿入出来る
    と言った所です。
    それだけ?と思われるかもですが、これだけで充分
    職業作家として必要な要素に足り得ます。
    でも、少し慣れてきてしまったかなぁと思わされる21作目の読書でした。

    本作は連作短編で、このスタイルは伊坂氏の作風に合ってると思います。

             👤
    (ここからスルー推奨)
    で、この本の2篇目のタイトルがなんと『タキオン作戦』
    何がなんとなのか説明しますと、この作戦は私がかれこれ5年くらい
    継続して採用している作戦だからです。
    それはどんな作戦かと申しますと、やはり競馬なんですね、たはは。
    ろくにレース予想もせずにアグネスタキオンの産駒をひたすら買うという
    実に向こう見ずな作戦です。
    それでもかつてはぶっちぎりのリーディングサイアーだったサンデーサイレンスを
    初めてそのその牙城から引きずり降ろした種牡馬がタキオンなので
    ダイワスカーレット・ディープスカイが全盛だった頃は、タキオン作戦は年間でも
    プラス収支を誇ったものでした。
    牝馬クラシックにはタキオン産駒が6頭出馬した事もあり、BOXは大変な事になったもんです。

    そして今、タキオンの現役馬が残り僅かとなったのにも関わらず、相変わらずのタキオン買い。
    つまり、タキオンの血を引く馬(母父タキオン、父父タキオン)を買ってる次第です。
    お陰で、最近はサッパリ・・・って、一体何の話をしているのやら、伊坂さん、ごめんなさい。

  • >>No. 27115

    >※スポーツ観戦日和

    シャレになりません。ホントに。

    >テレビの前から離れられません。

    え~と、AM10時からBSで卓球の放送があって、
    そこから全試合観ました。
    10時までに犬の散歩やら、布団干しやら色々片付けて
    気になる試合だけ見ればいいや、って見始めたら
    いつの間にか競馬の重賞レースの時間に。
    予想もそこそこに重賞2レースだけ見て(当然大ハズレ)
    また卓球に戻りました。それが終わるとすぐにテニス全豪。
    少し前にやっとTVの前から離れられました。

     なんて日だっ!!

    でも、堪能しました~

  • ※ iphone7

    4年振りに個人用スマホを5から7にしました。(5を2回使ったので2年サイクル)
    業務用で6を使っているので、使用に違和感はありません。
    むしろiosのアップデートでスリープ解除がスライドで無くなった時の方が
    身体が非対応(笑)でした。何度も画面上を空振りしましたっけ。

    さて、問題はデータの移行ですね。これも公私、何度も行っているので
    慣れたモンのはずですが、実際にやってみると、復元でミスします。
    いや、人間ではなく、機械の方が、失敗を繰り返すわけです。
    ショップではデータ移行をしてくれなくなっていると思いますが
    皆さんはどうしてますか?
    手順にミスがないので、決め手がなく、何度もトライして
    上手くいくまで繰り返す羽目になります。
    結局、アプリの完全移行は諦めて、手動的に対処する、なんて事に。

    本日、私と妻のスマホの7へのデータ移行で随分、時間をとりました。
    すんなりいけば、簡単に終わる作業ですけどもね。
    itunesが複数のiphone管理を想定していないのも面倒です。
    windowsのユーザーを増やすのも以前は数秒だったのに
    なんとも面倒臭い事になっている~
    もはや使っていないXPマシンにitunesをインストールして
    2人目のバックアップを取ったのに、リストアでitunesが最新のバージョン
    じゃないから作動しません。って、ハネられます。バージョンチェックをすると
    現在お使いのitunesは最新バージョンです。って出る。どうしてくれよう。
    (xpに最新itunesを入れる事自体が裏技的なので、仕方ないかも)

    世の中は老いも若きもスマホを使っているようですが、
    設定だとか、データ移行だとか、機種変に伴うアプリの引き継ぎ
    (会員証のポイントうあら、やりかけのスマホゲームだの)
    そんなにスイスイと出来るもんじゃないような気がするんだけど・・
    中高年の皆さん、どうしてます?

  • >>No. 2131

    ※ 誰のいたずらかって

    春風のいたずらの大事な役目の一つはスカートを吹き上げる事です
    こんばんは。たみぃです。

    あの、不確定ソングの回答者は「春の風さん」ではなく
    たみぃのいたずらでした (^o^)

  • >>No. 27106

    ※ 同好の士見つけ

    ガンズのステージの前に帰る輩がいたら、そのサインだね!?
    しかもガンズ勉強断念組(笑

  • >>No. 27098

    ※ 注釈
    注釈というより訂正(お詫び)

    >「 I'd love to turn you on 」

    love to は want to より強く欲する時の使用法
    「気付かせたいと強く願う」という意味で書きましたが
    turn you on がドラッグを連想させる言葉のようで粗選でした。
    a day in the life がそういう側面を持っているのは知ってたけど
    smoke の部分だけだと思っていた~
    他意はありませんでした。

    さて、近藤史恵さんですが、彼女は作品によって色々な顔を見せます。
    それはもう20面相くらいに。
    「サクリファイス」のロードバイクもの
    歌舞伎ミステリもの、時代もの、とジャンルも様々。
    私はライトなミステリものも好きです。
    「タルト・タタンの夢」「賢者はベンチで思索する」など。

  • ※ 「砂漠の悪魔」 近藤史恵

    物語は日常の些細な悪意から始まります。
    その悪意は思いもよらぬ悲劇を産むのですが、
    実は思いもよらぬとまでは言えない「未必の故意」の結果です。
    そしてその日常は暗く陰を射す事になります。
    ここへのステージ移動までは有り得る展開です。

    主人公はそこから非日常の世界へと足を踏み入れます。
    悪夢ではあってもあくまで日常の世界の範囲だったものが
    ある日から目にする景色がガラリと変わります。
    それは単に異国に居るという不安定さを飛び越えた未知の世界です。
    ここへのステージには階段も付いていません。
    主人公はそこへ飛び乗った、いえ、飛び降りたと言えるでしょう。

    主人公には括目すべき現況が顕れ、まさに世界観が揺るぎます。
    しかし、そこへ「砂漠の悪魔」が現れます。
    それは熟練したスナイパーのように何の予兆もためらいもなく、
    主人公たちに世界の終端を突き付けます。
    ここへのステージ移動はもはや認識が付いていけないほどの唐突さです。
    それは何と言うか、物語の始めとは全く違う別の物語のようです。

    作者の著したかった事はこれなのでしょうけど、伝わらない気がします。
    世界観の変化が目まぐるし過ぎるせいでしょうか
    何の感情も持たない「砂漠の悪魔」の無常性
    そのメッセージはこの形で伝えるしかなかったのでしょうか?
    そしてこの作品を通して強く願っているのでしょうか?
    「 I'd love to turn you on 」と。


    # 近藤作はこれで34作目の読書。
    この感想を読んで本作に興味を持つ人もいるかも知れません。
    しかし、これは異色作です。お気を付けて。

本文はここまでです このページの先頭へ