ここから本文です

投稿コメント一覧 (16コメント)

  • >>No. 81

    べりーさん、素敵なお友達をお持ちですね。
    私も何年ぶりに会っても、昔にどおりに温かく迎えてくれる旧友がいます。
    また、10歳ぐらいも私より若いのに、いつも気にかけてくれる友達も近くに居てくれます。
    幸せなことと思います。

    人生・・・ほんとにいろいろですね。
    話を聞いてみると、どの人にも必ず、どんなこともあったし、あるようですね。
    それでも生きている毎日、小さな喜びもあったり、
    私よりもずっと厳しい条件の中で、笑顔を忘れない人に会うと、頭が下がります。

    はい、私も「楽しかった♪」と言えるように、生きていきます。
    べりーさん、ヨロシク~です!

    ユーミ

  • >>No. 77

    お母様、お義父母様のお世話。。。さぞや心身ともにお疲れでいらっしゃいますね。
    私は、どちらの両親ともに70歳前後で旅立ちましたので、子供孝行をしてもらったのかもしれません。
    親をみている友達たちは、みんなとても大変そうです。

    ベリーさんには、音楽がおありですから、自分の時間、
    ご自分を取り戻す時間をお持ちになられてください。

    空を見上げて、深呼吸しながら・・・

    ここで、愚痴もお聞かせくださいね。

  • >>No. 74

    ?あれっ?
    No.73  ?
    削除されましたのね。
    ロムだけはしていました。
    ごめんなさい。
    たまにしか顔出し(?)出来なくて・・・



    ベリーさんは、よく読書をなさっておられますね。
    以前は私も読書好きでしたが、最近は目が!(苦笑)

    私はいつのころからか、
    人生は「諦め」の連続で年を重ねていくんだなぁ・・・と、
    思っていました。

    最近は、
    ささやかな楽しみ、ささやかな微笑、
    を、幸せと思えるようになっています。

    数日前、総合病院に行った折、とても混雑していました。
    数時間待っていた時、横の自販機に老夫婦が来ました。
    車いすの男性と、それを押す女性です。
    男性は言葉もご不自由な様子で、手振りで、どれを飲みたいと言っているようでした。
    そうですね、暑いから冷たいものを飲みましょうねと、優しく話しかける女性。
    お金を入れたけれど、品物が出てこない。
    コインが古いのかしら?と、今度はお札を入れました。
    お釣りの出てくるところがわからないようで、出ない・出ない、と言っていました。
    見かねて、お釣りはここに・・・と私がお節介を。
    すると、車いすの男性も介護されている女性もにこやかに、ありがとうとおっしゃって・・・
    お別れする時も、また挨拶をしてくださいました。
    ほぉっと、嬉しい時間でした。

  • >>No. 68

    音楽は感じる心。
    ベリーさんは、音楽に通じていらっしゃって、なんでもよくお分かりのようですが、
    私はただ音楽が好き! というだけなのです。
    でも、感じることが、多少は出来ているのではと思います。

    私の所属コーラス団体は、専属のピアニストが多忙な方で、
    お休みの時は3人の音大出の団員が分担して引いてくださいます。
    それを聞いて、それぞれの表現がこんなに違うものなのね、と痛感します。

    また、他団体の演奏会を聞きに行くことがあるのですが、
    私の大好きなピアニストがいる団体は、欠かさず行きます。
    演奏に引き込まれます。

    音楽はいいですね。

  • >>No. 65

    ご無沙汰で~す
    ベリーさん、私を覚えていてくださってありがとう

    私は、終活中です
    親の家、今の住まい、
    どちらも私の元気な間に整理しなくちゃ・・・
    どちらも不用品ばかり、呆れるくらいに出てきます

    一部屋ずつ、全部出して、どんどん捨てているところです
    ほんとに使うものだけにしようと・・・

    大仕事です

    つかれました

    作業は、まだまだ続きます


    ベリーさん、
    私も一人でふらりと旅に出たい気分
    全部投げ出して・・・

  • >>No. 37

    ベリーさんは、楽器演奏をなさるのですね。
    何の楽器でしょうか?
    いろいろ想像しています。
    音楽はいいですね。
    音の中に居る間は日常を忘れられますね。

    夢子さん、私も低気圧の通過は苦手です。
    普段から血圧が低いので、そのため?か?体が沈む感じです。
    やる気が起きない、トホホ・・・

    >一期一会 難しいですね~
    難しく考えなくてよいのでは?
    私は、気まぐれにバス乗ることがあるのですが、
    いろんな方から声をかけていただきます。
    遠くから旅行に来られてる方から、美味しい店を聞かれたり、
    隣に座られた方が、いろんなお話をして下さって・・
    降りるのが勿体ないような、
    また、どこかでお会いしましょうねと、別れたり。
    一人旅をしても、出くわした一人旅の方から声をかけていただいて、
    一緒に半日ほど観光しながら過ごしたり・・・
    みんな二度と会えない人たち・・・
    でも、その一時の風景、お話など、ほのぼのと思い出すこともあります。


    自己紹介が遅れました。
    私は東北に住んでいます。
    母は関西出身でした。

  • >>No. 33

    ベリーさん、こんにちは

    私はベリーさんより少し年上だと思いますが、
    60歳になってから、急にこの先は??? と。
    それまでは、自分の人生はまだまだ続くと思っていたのですが。

    私は子供が二人います。
    でもそれぞれ家庭を持っていますので、親を振り向く余裕はないようです。
    元気にしていれば、それでよい、 
    そう思っています。

    子供がいても、私も孤独です。
    先々、子供に迷惑をかけないでいたいとも思います。
    私の兄弟姉妹はもうこの世にいません。
    ほんとに、心の内を話せる相手は、いません。

    ほんとは、心配なことも、悩むことも・・・たくさんあります。

    でもね、今日、笑って過ごすことの方がいいかな?

    なんの解決にもなりませんが、ね。

    今、はやりの終活を少しずつ、始めなければ、と思っています。
    一つずつ、諦めたり、見限ったり、
    そんな事をしなければ・・・と覚悟を深めるこのごろです。


    ご両親や旦那様がおられなくなったら、天涯孤独とおっしゃってますね。
    同じく・同じく・・・という人はたくさんいると思います。

    私の友達にも、一人っ子で、結婚せず、親も一人っ子だったので、
    80代のお母さんと現在二人で暮らしていて、
    お母さんが、「早くお父さんの所へ行きたいわ」という度に、
    「『私が一人っきりになってしまうから、長生きして』と言うのよ」と。

    歳を重ねるって、寂しいこと、諦めなければならない事が沢山ありますね。

    ここで、心の中をお話し出来たらいいですね。

  • >>No. 28

    ベリーさんはお出かけ・・行ってらっしゃい。

    タケさんは、お楽しみがいっぱい。

    私は時間の取れる日時で、私でも参加できる所にはちょくちょく出かけています。
    お誘いいただくと、大体は出かけます。
    音楽は歌うのも、聞くのも、好きです。
    講演会なども、関心のある話題の時は出かけます。
    ぼんやりするのが、いやです。
    ますます老いていくように思えて・・・

    さぁ、今日もこれから出かけてきます。

  • >>No. 20

    私の両親も夫の両親も、だいぶ前に亡くなってしまいました。
    介護は大変なことでしょうが、お世話する親がいない私には羨ましいような・・・

    親の老いる姿を見るのは辛いですね。
    それは、よくわかります。思い出します。

    タケさんもお母様がおられるのですね。
    お母様の笑顔がみられるなんて、ほんとに羨ましいです。

    以前、友達のお母様が入居している老人施設へ歌の慰問に行ったことがあります。
    認知症で半分別世界?になられているのですが、
    ピアノ演奏や歌に合わせて足でリズムをとり、
    童謡は一緒に口ずさみ・・・
    娘さんである私の友達を見つめる目や、微笑は、母の眼差しでした。
    歌いながら涙が溢れました。
    そして、自分の親を思い出しました。

    親はありがたいものですね。


    ごめんなさい。
    ベリーさんが、どんなに介護でお疲れか分からないに、
    こんな独り言を・・・お許しください。

    ここでは、私は本音で独り言を言わせていただきます。

    きまぐれに出没いたしますが、お許しください。

    ベリーさん、タケさん、宜しくお願いいたします。

  • >>No. 15

    いやぁ~疲れました。

    どうして拒否されたのでしょう!?

  • >>No. 14

    つづき③
    現役の間の夫は、家のことは私任せで、一切口出しもせず、
    親戚・友達・近所などのお付き合いも私がすべて決めて、長年暮らしてきました。
    が、仕事を辞めてからは、全部チェックが入ります。
    会社では月次決算報告書を見て、会社経営してきたものですから、
    今や、家計簿の月次決算書を提出させます。
    決して出費をけちる訳ではないのですが、報告しなくちゃ!と思うだけで疲れます。

    人それぞれだと思います。
    大勢の上に立って仕事をしてきた人ほど、その後の人生の時間の使い方が下手なような?
    指図すれば、すべて動くことに慣れていて、そのため、その指図が家族に向くのかな?なんてね?
    企業の一員として、動いてきた人の方が、定年後の生活が充実されているような・・・
    私のまわりに居る、知っている人たちの姿をみていて感じます。

    畑を借りて野菜を作りにいそしんだり、男の料理教室に参加して家族の為に料理をするのが楽しみとか、
    また陶芸にはまって、家族の誕生日には欲しがる陶器を制作して一緒に喜んだり、
    掃除に目覚めて、家の内外をピカピカ綺麗に磨いたり、
    日曜大工にはまって、お庭にご自分のアトリエを作ったり・・・
    いろんな人を知っています。
    このような旦那さんを羨ましく思います(笑)

    でもね、夫には決してほかのご主人の事を褒めないようにしています。
    自分で動き出すのをひたすら待っています。
    今まで家族の為に、自分の為でもあったでしょうが、ひたすら仕事をしてきてくれた事に
    感謝をして暮らしています。

    私は以前は読書や手芸、お習字と、一人で家の中で過ごすことが好きでしたが、
    今は外に出ることにしています。
    自分の心身の健康の為にね。
    スポーツ教室、コーラス、コンサートなど、
    後は、市や公民館主催の行事など、とにかく外に出かけています。
    3食は準備してからね(笑)

    いくら夫婦でも、一人ひとりの人生だと思いますので、
    大事なこの時間、お互いに自由に過ごしたいと思います。

    もっとも、ご一緒に過ごしておられる夫婦も素敵だと思います。

    ベリーさんのご家庭はこれからですね。
    お二人だけの、これからの生き方を探してみてください。
    今までになかった楽しみもきっと見つかることでしょう。

    ここで、時々愚痴をこぼしながら、笑顔で生きていきましょう。
    よろしくお願いします。

    ゆーみ

  • >>No. 13

    文章を分割すると受け付けるようです。

    つづき②

    私自身、アルバイト的にですがフルタイムで仕事をしていた時期があり、
    仕事を辞めてから数年は、ぼんやりと、時間の使い方に困りました。
    ましてや、仕事いちずに長年過ごしてきた夫が、
    次の楽しみ・生きがいを見つけるには、相当時間がかかるものと思います。

  • >>No. 12

    どうして? 拒否するの?
    違反文書はないのにね!

    きまぐれ ゆーみです。すみません。

    夫がほどんど家に居るものですから、落ち着いて本音のお話はできなくて・・・
    今日はね、友達の誘いがありゴルフに出かけてくれました。


    タケさん、いろいろアドバイスをありがとうございます。

    ベリーさん、あまり難しく考えなくてよいのでは?

  • >>No. 11

    投稿拒否!?

    きまぐれの文章を入れると、受け付けない!

    どうして?

  • ベリーさん、はじめまして

    夫の定年後の生活は、またこれまでとは違って、別の人生になりますね。


    うちは夫がリタイヤして数年経ちます。

    会社人間でしたのでね・・・

    仕事以外の楽しみを、生きがいを、見つけてくれる日を待っているところです。

    私もお知恵を拝借したいです。

    よろしくお願いします。


    ゆーみ

本文はここまでです このページの先頭へ