ここから本文です

投稿コメント一覧 (25141コメント)

  • >>No. 61345

    雨でも、タイヤに絡まる水の抵抗で負荷を感じますよ。KPなど顕著です(笑)。

    大雪は基本的に走らないのでわかりませんが、大雨でさえ予報で降ると言えば遠出は控えますし、その時の燃費は分りませんね。

    大雪で渋滞などが随所で発生し、通常の燃費よりぐっと悪くなる、そういう意味合いかな。

  • >>No. 36623

    GTR自体の球数が少ないので、見かけるほとんどがGT-X改 GTRでしたね。

    私も何台か作りましたが(私の所有ではありません)GTRと貼らない方が良い、と言ってもオバフェンにウイング、オイルクーラーに、と当時のサーキットで活躍したあのルックスをみな追いかけるんで、GTRのバッチも必需品でした。

    S20エンジンが無いのでL28改3.1でして、実質はこっちの方が圧倒的に速かった。

    しかし、RX3だ、GTRだ、と言ってても911を持って来ると、或いはCorvetteを持って来ると、もうその差は歴然。ままごとのような世界だと思い知らされたようですよ。

    ですから、本当の意味で国産車が世界の一流と対等に張り合えるという意味では32GTR が歴史的な車なんです。日本車の歴史を大きく変えた、記念すべき車。

    ただねえ、33GTRが駄作だと言われて久しいですが、今の35GTRがやはり巨大でしょう?33GTRは「速いローレル」ではなくて、やはり進化したGTRだと思うんですけどね。35から比べたら圧倒的に小さいし。

    マイナス21秒ロマン、乗ってみれば本当だと分かります。

    噂や評判だけではわからないこともきっとある。

    整備でGTR担当と言う事はパフォーマンスセンターなんですね。倉庫のGTR、お近くなら乗ってゆきたいなあ(笑)。色々とお話しできると思うのですが。

  • >>No. 36615

    D4とH4は台座の切り欠きなどは同じで交換できますが、厳密にはフィラメント位置が違うので、光軸が車検ではパスしないように思います。

    車検に合格したならH4ではなくH4Uだったのではないでしょうか?これはD4互換のH4です。フィラメント位置はH4とD4の丁度間ぐらいですが・・・。

  • >>No. 36614

    純正と非純正では、実際の開発時にいろいろとテストされている分、純正に圧倒的なアドバンテージが有りますね。

    非純正では、取りつけは出来る、というレベルから、何とか実用になるというレベルまで色々とありますが、やはり値段相当ではないかと思います。

    対向車、人、を感知してその部分だけ自動的に光を避けるようにするレーザーライトなどになると、市販品の出番はないでしょう。

  • >>No. 36613

    昔は本当に暗かったです。

    ヨウ素球が違反と言っていた時代が有りましたが、あんなのは論外です。単なる夜だけではなく、雨もあれば、もやっている夜もある。

    充分明るくないと危ないというのはラリー車を見てもよくわかります。私がヘッドライトは丸で大きなレンズが好き、と言っていたのもこうした暗い時代を経験しているので、デザインに振って無駄になるコーナーが出来てしまう角型ランプより丸が好きなんです。

    一個のランプで十分な光量が得られるまでには長い時間がかかりました。それまでは峠に行くにはドライビングライトも必要ですが、ヘッドライトは130W/110Wなんて言うハイワッテージにするのが必要で、一般仕様を考えた110/55Wなんてのがありがたかったです。

    60/55WでのLo-Hi同時点灯ってのもありましたしね。

    この先はレーザーライトになってゆくことでしょう。Loへの切り替えは自動で、常にHiで走ることができる時代がそこまで来ています。

  • >>No. 36612

    >中古のBMWを買って、Mのバッジを付けるのも同じです。
    ・・・昔から変わっていませんね。STを買ってGTって貼ったり、GT-Xを手に入れてGTRのエンブレムを付けるなんてのはよく流行りました。

    天邪鬼な我々は、GTのエンブレムを外したり、GLとかSTとかに交換したり、エンブレム・デチューンをしていました。

    MercedesでもAMGを貼ったり、320に500或いは600と貼ったり、500に600グリルを付けたりというのは、以前から流行っていました。

    みっともないですけどね・・・。

  • >>No. 36611

    私はアメ車もV2のバイクも大嫌いと言ってきましたが、特にアメ車の「船の様な乗り心地」「ドバドバという間抜けな排気音」「曲がらないその特性」そして「軽すぎて気持ちが悪いパワステ」というのがその代表例です。

    そこから大きく改善されている、例えばC6のZR1などでもやはり好きになれませんし、欲しいなんて思いません。ZR1が販売された。スーパーチャージド6.2LのLS9が650psを発揮しようとも、ドライサンプ化、チタンコンロッド、チタンインテークバルブの採用、Bremboのフロント6ピストン、リア4ピストン&カーボンセラミックローターとまあすごい内容になっていても、なお、です。

    SaleenのS7も、SSC Ultimate Aeroであろうとも、ViperのSRT-10・ACRが NurburgringのNordschleifeを7分12秒で走ろうとも、全然ほしくないのです。

    不思議なものですが、三つ子の魂百までというように、昔経験したアメ車のマイナス面はずっと引きずっています。バイクもそうですね。あんなものに乗るぐらいならバイクに乗ることをやめるとまで思っています。

  • >>No. 36610

    >咄嗟のハンドル操作は、手で引き下げる方が反応が良いので、両手はその為です。
    ・・・おっしゃる通りです。

    カート、フォーミュラーなど一部のレーシングカーでは基本持ち替えません。両腕がクロスするほど切りますが、すぐカウンターを当てられるようにそのままです。

    ところがツーリングカーでは、操舵角によって持ち替える必要があり、ラリー車などでも頂点の位置に黄色いテープを巻いて居たりするのはそのためです。グルグル回すとどこ向いているのか分からなくなるからでしょうね。

    基本は9:15或いは10:10で握り替えませんが、タイトなコーナーでは足りなくなります。この際に、さらに大きく切り込む、或いは切り足すことが必要と思われる際には、右コーナーなら右手を、左コーナーなら左手をステアリングの頂点の位置に持って行って回す、つまり引き下ろす動作を基本に手を持ってゆきます。

    決して押し上げたり、手を伸ばす方向をメインで操作は考えません。

    撃たれるときの逃げ方は、経験がありませんし、経験したくはないですが、ボクシングでも空手でも、回る方向は基本として相手の「前足を取る」という、前足の外側に回るようにします。理屈としては同じことだと思います。

  • >>No. 61339

    そうです。

    クレジットカードだけでも何枚もあるのですから、そういった機能は取り込んでもらって複合のカードにすべきなんです。

    が、以前も書きましたがDinersにEdyを付けている場合、カードの更新が来ると、新しいカードに切り替わる前に、古いカードに入っているEdyを全額使い切らないと、期限が来たら使えなくなってしまいます。

    あれは不便ですね。新しいカードが来たら基本的にはすぐ入れ替えて、古い方は鋏で切ってしまいますので、1万円2万円という金額ではありますが、その時点でパーになります。

    でも別にICカードを持つというのは邪魔です。SuicaとIcocaと別々に持っていた時期もありました。ああいうのも機能として電話や他のカードに組み込むことができるんですが、最初からそうして欲しかった。

  • >>No. 61338

    そういえば、何か簡単なものを買う時でも「○ポイントカードをお持ちですか?」と声を掛けられます。

    私はカードだらけになるのが嫌で持っていないのですが、あれは勧誘の戦略だろうと思っています。

    持っていればお得ですよ、としておけばそのマークの店を優先的に使うでしょうからね。

    確かに賢く買い物してポイントを貯めてそれでまた買い物に使って、というのがお得なのでしょうけれど、私には合わない。そんなきちんと管理して買い物しませんからね(笑)。ざるのようなものです。

  • >>No. 61337

    これまた似たような感覚です(笑)

    恐らくですがKP君は10㎞/L以上走ってくれている唯一の車です。他の車はリッター何キロというのが恥ずかしいので、普通に走れば何キロ走行できる、というバイク感覚で管理しています。200㎞、300㎞、ちょっと早いな、今回はよく頑張ったな、そんな感じです。

    ですが、一度に200km走る機会が滅多にないので、困りはしません。帰る時には給油して満タンで倉庫に、車庫に、戻すのが基本ですから手間は同じ。

    走行会やサーキットへ持ち込んでのスポーツランではあっという間になくなるので、酷い時には給油に出なければなりませんでした。サーキット内に給油所が無かったり、閉まってたり、売り切れだったりするとね。

  • >>No. 61336

    安心しました(笑)。

    私もどちらかと言えばその料金感覚に近いと思います。

    無くなってしまうと困るので、ちゃんとした利益は取ってもらいたい。安くなくて良いといつも言っています。

    今の時代、GSで儲けるというのは余程の条件が重ならない限りは無理かもしれませんね。

  • >>No. 36606

    整備の時は仕方がないと思いますよ。

    タイロッドエンドを調整するときなど据え切り状態で作業したりします。

    日常と、こうした特別な際は切り離して考えて問題ないと思います。回数にしても生涯通算でも知れていますから。

  • >>No. 36605

    パワステが怖いと感じていたころを思い出しますと、軽すぎるんで切り過ぎる、一定の抵抗とか負荷が感じられない、そういう部分に不自然を感じていました。

    今のは操舵角に応じてアシスト量を変えたり、様々な味付けが有り、単なる軽いパワステなんてのは軽自動車か小型車に限ったものかもしれません。或いはそういう車でもすべて問題ない状態になっているのかもしれませんね。

    パワーアシストなしで乗るとよくわかります。フロントにエンジンがない車でさえ、がっしりした手応えと止まっている状態では中々動かない。車を少しずつ動かしながらしっかりとステアリングを操作しないといけません。

    ある時、私が両手でしっかりと操作しながらディーラーの駐車スペースに入れたら、パワステの調子が悪そうですね、かなり重いですか?と聞かれたことが有りました。ほとんどのお客様は片手操作でスイーっと入ってくるので、と。中にはグリップしないで手のひらを置いた状態でくるくる回す方もいらっしゃるそうです。

    時と場合に寄りますが、私は極力両手で握って操作するし、操舵角も一度に大きく取らないので外から見ると重そうに回していると見えたんでしょうね。

  • >>No. 36604

    恐らくですが、「フォグ」という名前のライトであるが、その名前の意味を知らない。

    あくまでもヘッドライトの補助をする物、そういう感覚ではなかろうかと。

    日産車ではフォグを単独でONにすることが出来ました。スモールもONになります。トヨタ車ではスモールかヘッドライトがONでなければフォグはONになりませんでした。

    つまりヘッドライトのスイッチに連動なので、入れっぱなしにできるんです。

    日産車では意識して点灯しなければならないので、入れっぱなしは出来ない。radioさんの主張をいやがおうにも広めようとするなら、スイッチは日産式に統一すべきですね。

  • >>No. 61333

    117円というのは安いですね。

    あまり真剣に価格の表示を見ていないので実感が薄いのですが、私のイメージはもっと高いような気がしていました。

    380km走って35リットルというのが悪いとは思いませんよ。200㎞過ぎたらメーターがEを差すような車も世の中にはあります。300㎞満タンでも走り切れない車もあります。まあ、環境に良くないのはお察しの通りですが。

  • >>No. 61332

    医者が経験や感覚、そして鋭い洞察力で見抜いてきたことが、こうした分析器、解析機、検査装置などのおかげで定量的に、確実に分析できるという事になって安心してしまうんでしょう。

    逆に、年老いた医者の戯言より、機械を使いこなす若手の医師の方が、確信できるんでしょうか。

    医者もこうした機械の能力に頼って、自分で症状から病状を見抜く力は衰えてゆくような気がします。

    現代の名医は、こうした機械の写真や画像、データの少しの変化や異常を見抜く、それが名医の条件だったりします。

  • >>No. 36599

    暗くなり始めるとフォグを付ける人がいますね。

    スモールの延長で、先にフォグを付けて、もっと暗くなってからヘッドライトを点灯する。

    そういう使い方に馴染んでしまうと、フォグってのは常時点灯の補助灯という気に成っているんでしょうね。

    そのせいか、最近のフォグはフォグという位置付けではなく、このような補助灯火としてメーカーも装備しているような気もしますね。アクセサリー的な・・・。

  • >>No. 36598

    薄い状態ではほとんど見えなくても、そうやって厚みを通すと本来の色が出てきます。

    重ねたり厚みを持たせると、普段目で見てもわからないものが見えてくるというのが有ります。

    水晶ってご存知ですか?サファイヤの従兄弟のようなものですが、この水晶は一般的には圧電現象で知られていて、発進回路などの素子に使われています。

    しかし、水晶を眺めてみると特異な屈折特性を持っているのが分かります。複屈折というのですが、ある一定の角度で内部を屈折して空気中に出た時に並行光に戻るんです。

    ガラスなどでも屈折はあるんですが、この水晶の複屈折というのは厚み幅だけ信号を分離して出力できるので、CCDなど撮動素子のコマに疑似信号を入れて、モアレとかを抑えるフィルターとして役立っていますが、これを厚み方向に重ねると、紙の上に描かれた1個の点が、水晶を通すと2個に見えるんです。厚みの分だけ離れて見えます。面白いですよ。

  • >>No. 36597

    >自分の存在を他車に知らせるためであります。
    ・・・被視認性、これが大事なんです。雨でも薄暮でも、そして霧でも吹雪でも。

    自分が何かを見ると言う事も大事ではありますが、真っ先に相手から存在を知ってもらう事の方が大事かもしれないと思うほどです。

    リアフォグはご存じない方は「ブレーキ踏みながら走っている・・・」と勘違いするかもしれませんね。

    日本ではあまり必要ないかもしれません。

本文はここまでです このページの先頭へ