ここから本文です

投稿コメント一覧 (1863コメント)

  • >>No. 44595

    【>ファッションショー】

    > 紀夫くんがイジイジうだうだでどうなることかと思いましたが、どうにか坂東営業部に戻ってきました。

    二度あることは三度あるとは言え
    ちょっと満腹気味だし
    「だんだん」の金髪弟野郎みたくなるのは勘弁して欲しいもの
    と危惧していましたが、結構あっさりでした。

    > 今の内容はヒロインのすみれ、その相手の紀夫くんよりも
    > 姉のユリ、友だちの明美、エイスケのほうが目立ってるなぁと思います。
    >
    アケミちゃんは、ぶれが無いですが
    ユリ姉ちゃんはふてくされているかと思ったら滋賀県に行ったり
    ちょっと何をやらせたいのか???です。

    > ファッションショーは坂東営業部の仕事だけど、そこにキアリスの宣伝を入れるのは名案だと思います。コピーとかない時代に全部手書きでカード作るのは大変でしょうけど。
    >
    月曜になって、その手書きカードが大活躍でしたが
    大急って、なんとも大阪らしい屋号ですけど
    (大阪の「大」だけとってダイと読ませる屋号は多い)
    社長が全く関西なまりがないって
    ちょっとなぁ。。。

  • >>No. 44594

    【29>花輪◎べっぴんさん♪さんさんさ~ん(仮)】

    みなさま♪
    おはようございま~~~~~す\(*^o^*)/
    >
    > 南国かすたどん軒も寒いので先日コタツを出しました。
    > 去年まで厚型テレビことブラウン管テレビの上で暖をとってたウチのネコは今年はそれがなくなってしまいどうするのかな~と思ったらやっとコタツに慣れてくれました。

    電気店やホームセンターに行くと「電気座布団」というのがあります。
    電気代も安そうです。

  • >>No. 44589

    【>>>紀夫くん】

    > エイスケがすみれのことを好きってことに潔もやっと気付きましたね(というか教えてもらった)
    > エイスケはさくらのお父さん代わり満々。さくらも懐いてるしなぁ・・・それにしてもお手玉上手。

    今日は58父さんまで、ややこしいことを言い出しました。
    58父さんは、野球チームが作れるくらいの孫が欲しいのでしょうか。

    そうこうする間に手紙が絶妙のタイミングで届きました
    あれは
    笑うトコだったんでしょうか

  • >>No. 44588

    【26>花輪◎べっぴんさん♪さんさんさ~ん(仮)】

    みなさま♪
    こんばんは~~~~~す\(*^o^*)/

    > 私も君の縄・・じゃなくて「君の名は。」をオットと観てきました。
    > こんなストーリーだったのか!!!とビックリでした。スゴイ。
    > 内容に引き込まれて1度もよそ見しないで集中してました。
    > もう1回観たい。

    闇市と同じ(?)で

    ゼニさえ払えば
    見せてくれると思います

  • >>No. 44585

    【>紀夫くん】

    > 初回でちゃんと紀夫くんが映ってるから紀夫くんはそのうちに帰ってくることはわかってますがそれがいったいいつになるのか。
    > 紀夫くんのご両親は婿養子に出したこともあり坂東家を気遣ってか、すみれに紀夫のことはあきらめて・・・って再婚をすすめてる?

    あきらめて、どうせえ、というのでしょうね?
    嫁に来ているなら、孫は置いて、実家に戻って、別の良縁を・・・・ってことでしょうけど
    ムコに来て貰ってますから「別のムコはんをさがしてくれてええで」というなら
    わかるのですが「あきらめてくれ」って
    ちょっと違和感があります。

    で、ムコ両親と会って、すぐに気づかなかったですが
    おなじ神戸の人のはずで
    孫もできたことだし
    ちょくちょく会っていそうなもの

    遠くに疎開してて孫の顔も見せられない・・・・って話も
    ありませんし。。。

  • >>No. 44584

    【24>花輪◎べっぴんさん♪さんさんさ~ん(仮)】

    みなさま♪
    おはようございま~~~~~す\(*^o^*)/

    > そういえば飛行機だったムス1のときは1時間ぐらい時間差があって、奈良公園かどこかで合流でした。

    先ほど出発しました。
    空港で集合です。
    電車はちゃんと動いているようで、一安心です。

  • >>No. 44580

    【>ショーウインドの子供服】

    > やっぱりお嬢さんの趣味に近いのかなぁ・・・・・今の段階では。
    > あのテーブルクロスはちゃんとお代をもらったんでしょうけど

    さすがに値段はつけるようになったようですが
    お金を払って買ってくれるのは例のオンリーさんオンリーみたいですし
    あさやさんへはショバ代(闇市じゃないから間借り代?)払っているんでしょうか

    それから
    原料の布地の供給はどうなっているんでしょ?
    (開店祝いで貰った生地が、まだまだある?)
    58父さんは滋賀から通っている?
    (滋賀県南部から大阪なら当時でも2時間かからないが)
    ユリ姉ちゃん英語できるんなら、それで儲けられそうなのに
    なんでヒマしてくすぶっている?
    (ダンナが「女が働くなんてみっともない」な人だったっけ?)

    いろいろモヤモヤがつのってきます。

  • >>No. 44579

    【22>花輪◎べっぴんさん♪さんさんさ~ん(仮)】
    みなさま♪
    おはようございま~~~~~す\(*^o^*)/
    >
    > 大きい縄の沖縄か~~~飛行機ですね。
    > うちのムスたちはムス1だけは飛行機でしたがムス2のときに九州新幹線が開通してたので新幹線になりました。貸し切り新幹線(専用臨時便)です♪

    8クラスあるので3便に分かれるそうで、早く着く人と遅く着く人では
    結構な時間差になるようです

  • >>No. 44576

    【>>>>手芸倶楽部(期間限定?)再結成】
    >
    > 最初の頃の超高速展開が嘘のようにここ数週間はゆ~~~~っくりとした展開です。
    > 四つのクローバーの良子ちゃんと君枝ちゃんが辞める辞めないで数日。。。
    > 最終的には4人が揃うのはわかってることなんですがどうやって揃うんでしょうね。

    おまけにユリ姉ちゃんもいてるので
    ちょっと
    何がなにやら状態です


    > 二人ともオットが戻ってきて「自分が働かないと生きていけない」という状況ではないし。

    でも「女が働く」って、看護婦さんなんかを除けば
    戦中・戦後の「非常時」ならでは、だったでしょうしねぇ。。。

    とりわけ皆さん「ええとこ」のお嬢様ばかりですし

  • >>No. 44575

    【20>花輪◎べっぴんさん♪さんさんさ~ん(仮)】
    みなさま♪
    おはようございま~~~~~す\(*^o^*)/

    > 今 観たいな~と思ってるのは「君の名は」です。
    > ムス3が修学旅行でいない期間に夜の上映をオットと観にいこうか。
    > 1人1000円で観れるし。

    うちの2号は来週が修学旅行で
    君の縄じゃなくて大きい縄、いや、沖縄に行きます

  • >>No. 44571

    【>>手芸倶楽部(期間限定?)再結成】
    >
    > おしめが5円or10円
    > で、アメリカ兵と一緒に来た女性が買った肌着は1枚100円
    > 闇市の場所代が300円ですよね。
    > エリーのベビードレスが100円札×3枚で300円って書いてあるのを他所で見ました。
    >
    > う~~ん。肌着を4枚買った人。ぼったくられてない?(^^;

    大雑把に当時の100円が今の1万円としてみると
    ショバ代としては妥当な気がしますが、肌着にしては高い気がしますし
    ベビーのドレスは・・・・物のない時代とはいえ、母国に帰れば事情は違うだろうし
    よくわからないです

    ユリ姉ちゃんが
    英語ができるのに、くすぶっているのも
    謎です

    ずっと機嫌悪いし。。。

  • >>No. 44572

    【18>花輪◎べっぴんさん♪さんさんさ~ん(仮)】

    みなさま♪
    こんばんは~~~~~す\(*^o^*)/

    > 録画をため込んでしまって今日の昼食時にまとめて3日分見てどうにか追いつきました。
    > 今は「トトロ」見てます。

    トトロも懐かしい部類ですが
    しばらく前には「カリオストロの城」をやってました。
    30年くらい前の映画ちゃうのかなぁ。。。

    女の子のスカートがふわっとなるのが定番というか。。。

  • 【手芸倶楽部(期間限定?)再結成】

    数年前、解散したグループの期間限定再結成が
    ちょくちょくありましたが

    それはさておき

    「ちりとてちん」なら
    四草のアパートの部屋でヘーベーが落語の一節を語り出し
    草原兄さんが「稽古しとったんやな・・・・」と
    声をかけたあたりに相当すると思われるのですが
    あのような盛り上がりを感じません

    シャロやん注文のドレスのため・・・という
    期間限定という設定だったから?

    神戸の「ええとこ」の嬢ちゃんの物語なので
    あくまで上品に仕上げている?

  • >>No. 44565

    【>>おおきに】

    > ネットで「べっぴんさん」の神戸弁についての記事を見ました
    >
    > http://j-town.net/tokyo/column/gotochicolumn/233465.html?p=all

    いやもう「神戸弁じゃない」とかいうレベルではないです。

    たとえば「言っていない」は関西一円「言ってへん」というはずですが
    すみれ様や御学友様たちは言いません

    アケミちゃんは言っていたかな?

    だったら
    ビンボー人は関西弁、裕福層には標準語をしゃべらせているのかな?

    本当はどうなのかは
    知り合いに金持ちがいてへんので
    わかりまへん

  • >>No. 44564

    【15>花輪◎べっぴんさん♪さんさんさ~ん(仮)】

    みなさま♪
    こんばんは~~~~~す\(*^o^*)/

    > お小遣いのこととは別に今度はUSJの「ゆにばーさるえくすぷれすぱす」なるものを言い出した。。。。
    > ネットで見たら高っ!!!

    「時は金なり」

    おます。


    千葉県の端っこにある「夢と魔法の国」には無いシステムです
    (あそこは兎に角「早いモンがち」ですが
     オフシャルホテル宿泊は、
     専用ゲートから定刻より早く入国できたりします)

    「地獄の沙汰も金次第」とも申しますなぁ。。。

  • >>No. 44564

    > 【14>花輪◎べっぴんさん♪さんさんさ~ん(仮)】
    >
    > みなさま♪
    > こんばんは~~~~~す\(*^o^*)/
    >
    > > > PTAのときにムス3の修学旅行の説明があったんですが
    > > 来月、2号が修学旅行です
    >
    > 同じく高校2年生ムスくんのいるゆか~かさんちもこの秋に修学旅行かな?
    >
    > お小遣いのこととは別に今度はUSJの「ゆにばーさるえくすぷれすぱす」なるものを言い出した。。。。
    > おねーちゃんたちのときはそんなの買ってないよ~~。私が数年前に行ったときも買ってないけど・・・そういうのがあることも知らなかったです。
    > 先生からも説明ないみたいなんだけど。。。
    > ネットで見たら高っ!!!

  • >>No. 44561

    【おおきに】

    今回作品の登場人物の関西弁は
    かなり希薄な気がします

    ひょっとして神戸の金持ちは、関西弁を使わなかったのでしょうか??

    感謝の意を伝えるのに「おおきに」って言わないな~と思ったのですが
    そういえば、うちの神戸の親戚
    金持ちじゃないけど
    「おおきに」と言っている姿の記憶が無いです

  • >>No. 44560

    【13>花輪◎べっぴんさん♪さんさんさ~ん(仮)】

    みなさま♪
    こんばんは~~~~~す\(*^o^*)/

    > PTAのときにムス3の修学旅行の説明会もあったんですが、最近の高校ではお小遣いの額を決めてないんですね。ビックリしました。
    > 姉たちのときはどうだったんだったっけ。2万円とか決まってたような気がするんですが・・・記憶が~~

    来月、2号が修学旅行です

  • >>No. 44557

    【立派なバラック>終戦】

    > それにしても立派なバラックです(^^;
    > バラックというより普通に新築の小さな木造家屋。
    > さすがお金持ち、貯金だけはある・・・・って思ったら預金封鎖って銀行からお金をおろせなくなった!

    あの立派なバラックが
    あっという間に建つのに
    日々の食料の調達には苦労
    ・・・・とか
    お父さんは、あの仲の悪い弟の世話になるくらいなら
    娘と神戸に住めば良かろうに
    ・・・・とか

    チト
    腑に落ちかねるところではあります

  • >>No. 44556

    【11>花輪◎べっぴんさん♪さんさんさ~ん(仮)】

    みなさま♪
    おはようございま~~~~~す\(*^o^*)/

    > 衣替えしたとたんに再び暑くなりました。

    月曜日から長袖を着ましたが
    火曜日から半袖に戻しました

本文はここまでです このページの先頭へ