ここから本文です
  • リュウネブルグが大好きです
    • 4,649
    • 2016/09/03 18:56
    12年ほど前に、フランクフルトメッセで知り合った、ドイツの自動瞬間湯沸し器のメーカーを訪ねてリュウネブルグに行き、すっかり気に入ってその後10回ほど行っています。ホテルも雰囲気の良いのが気に入り、部屋も指定して泊まっています。こんな良い所を多くの人に知って貰いたいのと、知られなくて自分だけの物にしておきたいのと複雑な気分です。  長野県の66歳の男性です。大抵一人旅です。リュウネブルグが好きな人、メールください。
  • 復刻!ドイツ何でも質問箱
    • 7
    • 2016/08/29 15:09
    今は亡き、ドイツ何でも質問箱を再開します! 在独ベテランの筆者が知識と経験を用いて皆様のお手伝いをしたいと思います。 観光、ビジネス、留学、ドイツでの生活についてのご質問なんでもござれ!
  • ドイツのノイシュバンシュタイン城を見下ろす橋からの景色
    • 2
    • 2016/04/17 23:10
    【ドイツ旅行の定番】 https://www.youtube.com/watch?v=nyg0nxxDa3U ……………………
  • ブログ始めました!
    • 2
    • 2015/11/15 20:10
    今日からブログ始めました。 日記みたいですが、ドイツが大好きでドイツに関する情報も書き込む予定なので、良かったら見てください! よろしくお願いします^^ http://hitomideutsch.blog.fc2.com/
  • ドイツの中原、ニーダーヴァルトの丘からの景色
    • 1
    • 2015/11/06 08:07
    ニーダーヴァルトの丘からの景色 https://www.youtube.com/watch?v=rFRXCC0nZj4
  • ドイツのミュヘンの旧市庁舎前広場とフラウエン教会
    • 1
    • 2015/10/12 00:37
    【ドイツ旅行の定番】 ドイツのミュヘンの旧市庁舎前広場とフラウエン教会 https://www.youtube.com/watch?v=NFACx107TUY ……………………
  • VWのアホ経営者どもの睾丸に鞭だ!
    • 4
    • 2015/10/01 12:19
    最大11,000,000台の車に不正を働き 連休中の日本を除いて世界の株価を暴落させた アホどもに怒りを覚える! 世界の消費者を騙したのは、どいつだ? ドイツのVWのアホ経営者どもだ! 厚顔無恥なるアホどもの睾丸に鞭して 俺の怒りを発散させたい!
  • ハイデルベルグについて
    • 1
    • 2015/09/30 04:41
    【ドイツ旅行の定番】 ハイデルベルグ城内の広場からの景色 https://www.youtube.com/watch?v=kVAGZK8T3Nw ……………………
  • おいおいドイツ様中国には20を超す省があるのでございます
    • 4
    • 2015/09/30 00:26
    > 記事はドイツメディアの「Der Freitag」の報道として、「中国のアジアにおける経済・軍事的な勃興はもはや抑えることができず、中国の周辺国は中国を押さえつけようと望んでいるが、日本やベトナムはもはや中国の1つの省ほどの力しかない」と伝えた。 ・だとすれば、経済は日本の20倍でなければなりませんです。アメリカを抜いて1位と言う事になります。しかし、軍は日本の20倍かも知れません。
  • 「アドバイスする立場にない」メルケル
    • 5
    • 2015/06/24 17:40
    ドイツのマスコミは、ナチスと第二次大戦の日本軍を同一視して 日本を非難し、その頑迷さで、激怒と嘲笑を誘っている。 が、さすがにメルケルは、それを口にするほど愚かではない。 メルケルの本音を言えば、おそらく日本の中・韓外交など、どう でもよく、ただウクライナやイスラム国の問題に強力してほしい のだろう。 日本のマスメディアは、nhkも毎日新聞も、早速このドイツ人特 有の独善と偏見を活用して、独りよがりの安倍=右翼批判を展開 しているが、まさに愚の骨頂。 また、「自虐」を始めた。
  • ドイツの認定ファイナンシャルアドバイザーを試してみた感想
    • 1
    • 2015/06/23 20:41
    ドイツに25年在独しているのですが、自営を行うにあたり日本人のドイツ認定、ファイナンシャルアドバイザーさんと呼ばれる方にためしにお願いしてみました。 調べたところでは現地の日本人向けの新聞などにも出ていたりして、信頼できる方のように思いました。。 が、結果から言うと、とんでもアドバイザーさんでした。 直接会って話もしたのですが、かなり上から目線で自分の事は一切語らず、お金だけ取られる事に。 また調べると育ちがドイツという訳ではなく、ドイツの税理士の試験に合格したのでここで活躍している根っからの日本人さん(日本人の顧客だけの対応なのでしょう)。 対応はまさに顧客の立場に立ってアドバイスするのではなく、上から目線のドイツの役人さんと言った所でしょうか。。(顧客の側に立ったファイナンシャルアドバイザーさんからのアドバイスと言うよりも、税務署側に立ったアドバイス(節税などのアドバイスではない)を受けた感じです。最悪)。 アドバイスを受けた内容もかなりいい加減で、もう一度調べ直す必要あり。 また税理士以外にもビジネスをしているようで、税理士としての業務とは関係ないところにも立場を利用して探りを入れてきますので関係ない情報(どこで何を販売しているかなど)は話さない方が良いと思います。 結局、あまりにもひどいので苦情を申し出ると、すんなりお金を返してきました。 要は日本人からお金を吸い上げるために働いているだけの方のようですので要注意です。 外地では少々言葉に難があっても現地の税理士さんの方が良心的な方がいると思いますので、外地では日本語にこだわらない方が得策だと思います。。。
  • 仏像をからかうドイツは狂ったのか?
    • 19
    • 2015/06/08 11:41
    お釈迦様を横倒しにして 子供の遊び場にしたり ベンチにしたりしているドイツ 狂った廃仏行為としか思えない 日本でキリスト像を横倒しにして展示すれば、 ドイツ人はどういう反応をするのだろうか? 仏様を大切にしないドイツ人は、祟られようぞ!
  • AIIBの目的はアジア諸国へ中国の余剰労働力輸出と金融支配
    • 2
    • 2015/05/23 08:26
    人間は其々に、得手不得手が有る。知的労働が得意な人がいれば、知的労働が苦手だが、肉体労働が得意な人などがいる。     工場、商業などの働き口を得られる工業化社会に国を創り上げても、それらの働き口から焙れてしまう労働者がいる。     公共事業(インフラ)整備への投資時には、工事現場で大量な肉体労働者を必要とする。    国は発展する過程に於いて、継続的に小出しに公共事業(インフラ)整備へ投資を行う事により、国内のあらゆるレベルの全労働者が仕事を得られ、発展の恩恵を受ける構図を創り上げる事が出来る。     それの良い例が、太平洋戦争後に大発展を遂げ、全国民が均等に豊かな生活と、ささやかな個人財産(住宅取得、老後の保障)を創り上げた日本の姿である。     公共事業(インフラ)整備に、他国の肉体労働者を受け入れていては、国内の、今すぐ、今日の食事を得る金を必要とする肉体労働者は仕事に焙れてしまう。     中国は高度経済成長を遂げたと言う。だが、日米欧並みの給与所得を得られる人々は13億人の内、1億人弱である。     残りの12億人は未だ低所得層である。中国の高度経済成長から取り残された中国の肉体労働を担う低所得層の不満は大きく、それは国の体制を破壊する程のエネルギーを持ち爆発寸前である。     ①中国のAIIB(中国 アジアインフラ投資銀行)設立目的は、中国の低所得層に職を与える事にある。     アジア諸国へ中国が公共事業(インフラ)整備資金を貸し与えるのと交換に、中国人労働者がその国に出向き働き、その賃金は中国国内に送られる。    中国よりAIIB資金を借りた国の、今すぐ金を必要とする労働者は、仕事が有るのに仕事に焙れてしまい恩恵を得られない。      本来は、公共事業(インフラ)で投資された資金は労働者を通じて国内に還流して国の経済の活性に寄与するのだが、AIIB資金を借用した国は豊かにならず、     ②AIIB資金は中国国内が豊かになる事に繋がる。      ③中国よりAIIB資金を借りた国は大きな借金が残り、中国により金融支配を将来に渡り、受ける事になる。    ④中国は、アジア諸国にAIIB資金貸し与え金融支配する事で、日米欧からアジア諸国への影響遮断を可能にする。    この様に中国はAIIBで美味しい4蜜蜂を得る。     アジア諸国の労働者はAIIB参加を反対しましょう。
  • 独機墜落、犯人特定が早すぎる!
    • 1
    • 2015/03/29 09:49
    ジャ-マンウィングス機の墜落原因は、副操縦士の狂気と決めつけ られようとしているが、ちと早すぎるようだ 機体に異常はなかったのか、航空会社の管理体制に問題はなかった のか はじめから機体メ-カ-の責任、航空会社の責任を除外しょうとし ているようにに思われる 副操縦士のせいにしてしまえば、賠償能力はないのだから。 むろん賠償金額については、エアバス社やルフトハンザ社には大した ことはないだろうが、両社にとってはそれ以上に信用失墜になる 航空機事故調査委員会をさしおいて検察ごときが早々と「犯人」を 特定し、発表してしまうなんてことがあるのだろうか 欧米ではそれが当たり前なのだろうか
本文はここまでです このページの先頭へ