ここから本文です
  • シンプル原理考
    • 3,885
    • 2017/01/17 21:27
    いわゆる量子論的結論から物質は非物質の作用で人の五感で感じられる現象世界を【創造】しているということでしょうか
  • 不幸の数は少ないほうがいい
    • 27
    • 2017/01/17 13:27
    不幸の数は少ないほうがいい 幸福な気持ちなんかすぐに忘れてしまう それに幸福な気持ちになれる勝ち組になんて なれない人のほうが多いんだし 愛している相手をうしなったり 信じていた誰かに裏切られたり 悪い奴に騙されて財産を奪われたり 理由のないイジメを受けたり そんな不幸の数は少ないほうがいいに決まってる 不幸の数を減らすには できるだけ 誰にも 何にも関わらないで  たった独りでいることさ 不幸っていうのは  誰かと 何かと関わることで できてしまうことなんだから 愛さなければ 不幸にならない 信じなければ 不幸にならない 騙されなければ 不幸にならない イジメっ子と出会わなければ 不幸にならない 他人を幸福にしようなんて 大それたことを考えちゃいけない その人は  きみと出会うことで  不幸を増やされるだけなんだから…… みんな ひとりで 自分の不幸の数を減らせばいいんだ 不幸の数は少ないほうがいい                       Berial Alfred φ
  • 不幸の数は多いほどいい
    • 2
    • 2017/01/13 00:40
    不幸の数は多いほどいい と思うのはギャンブラーだけ 幸福な人はギャンブルで大儲けしようなんて思わない ギャンブラーたちは 不幸な人間の集まりで 阿鼻叫喚の共喰いをやめて生きる術を 想像すらできないんだ ギャンブルをやらない幸福な人なら こんな説は採用しないだろうから・・・・・(却下)                              Berial Alfred φ
  • 「怒り」の心理
    • 4,713
    • 2017/01/12 18:10
    最近何かと「怒り」の感情を抱くことが多くなってしまいました。自分では常に冷静でありたいと思いながらも、「怒り」の感情は事あるごとに沸いてしまいます。「怒り」の心理的構造についてご教示ください。また、怒りの静め方、昇華の方法、考え方などについてもお願いします。具体例をあげられれば良いのですが、とりあえず一般論でお願いします。
  • 【意識学的に予言可能なカント倫理学への失望とレヴィナスの終焉】
    • 5
    • 2017/01/12 00:01
    意識論の方法を用いればタイトルに掲げられたことは、きわめて明快に説明できる。 それは、あたかも美しい星として見えていたものが、高性能望遠鏡の出現によって 「美しさ」以外の様相を暴露されることに似ているのだ。 ところで、おそらくは、このことに気付いていた者は私だけではないはずなのだが ・・・。それを発表しない(できない)のは、名だたる「カント」「レヴィナス」 研究者への遠慮のためか?しかし、その乗り越えはカント自身、レヴィナス自身は 望んでいたであろうことなのに、彼らに寄生する者によってその道が閉ざされてい るという、まるで「キリスト教史」とそっくりのことが起こっていることに苦笑い を禁じ得ないのである。 では、匿名を武器に、いかなる学者、研究者にも臆することなく、このことを公に しよう。あなたがたが信じている美しい「論理」「道徳」の観念が、いかに汚れき った欺瞞に満ちた言明であったのかを。
  • <<駆け付け警護は戦争の最悪な場面を引き継ぐだけの蛮行でしかない>>
    • 7
    • 2017/01/10 00:19
    意識学的には、駆け付け警護に大臣クラスの人間が派遣され直接交渉でもするのでない 限り、それは戦争の最悪な場面を引き継ぐだけの蛮行でしかない、ということができる。 戦争当事国のそれぞれの事情について中立的に公平に向き合えるような〝意識〟の持ち 主がその場をおさめるために尽力するというならまだしも、撃たれれば撃ち返す、斬ら れれば斬り返す、殺されれば殺して復讐するというぐらいのメンタリティしかない者だ けが派遣されその次元で殺し合いを演じるだけなのであれば、それは確実に「二度と繰 り返しません」と誓った、あの戦争という名の殺し合いを、またやってしまうことにし かならないのだ。
  • >>>意識学的な批判対象としてのボランティア活動の心理学<<<
    • 2
    • 2017/01/07 17:24
    どこかで災害が起こると決まって「ボランティア活動」がはじまる。 ボランティア活動の原型は、キリスト教的愛他精神にあるという説も聞かれるが定か ではない。 他者を愛し自己犠牲に徹することが倫理的実践の極致であると考えるな ら無反省な殺人鬼を喜ばせるだけだろう。 そういう忌まわしさが「ボランティア活 動」の底流にあるとすれば、われわれは何故その行為を正しいと思えるのだろうか? それとも、正しさとは無縁の衝動性が「ボランティア活動」に駆り立てているとでも いうのだろうか? 災害現場という「不在」に対して現に「存在」する援助物資や労 働力などが流れ込む作用は唯物論的法則であり、それが人間として「存在」する自分 自身を動かしているだけなのだと。 しかし、そこにも殺人鬼の笑みが見え隠れして いるように思えてならないのだ・・・・・。 われわれは、なんのために「ボランティア活動」をやろうとするのか? その動機は、はたして無条件に肯定されてよいのだろうか?
  • <<唯物論的観念論と意識論はどこが違うのか>>
    • 2
    • 2017/01/07 13:17
    唯物論的観念論(いわゆる実存論)的見解は次のような論理構成を採用している。 「対象から受ける印象(観念)が人によって異なるのは、人によって身体構造および その作用に微妙な差異があるからだ。ところで、印象(観念)は思惟の要素であり思 惟的結果とはその要素が連合し(自分自身のために)最適化されたものである。 ゆえに、私の観念的思惟に基づく見解が私以外の者たちの見解と合致しないのは唯物 論的身体的事実として当然に保証されているにちがいないのである」 次に、意識論的見解は、こう説明される。 「私の印象(観念)が最適化されるのは「自分自身のため」であるというよりも「私 を含む一定範囲に及ぶ全体のため」にである。この「一定範囲に及ぶ全体」は、それ 自体がひとつなので当然に差異を含まない。つまり、私と(一定範囲に及ぶ)私以外 の者たちは「一定範囲に及ぶ全体」に普遍的に浸透するひとつの〝意識〟を共有する 関係にあり、ゆえにその各々の見解は完全に合致可能なのである」
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《美容整形》相談室▼△▼
    • 4
    • 2017/01/06 21:03
    人間語の《美容整形》・・・・・新たな自分自身への挑戦★☆★(プッ) ネコ語の〝美容整形〟・・・・・可能性の放棄★★★ ニャン☆★☆ ^・x・^)キレイナカオガスキナヒトガスキナノ?
  • >>>意識学的美容整形論<<<
    • 4
    • 2017/01/06 16:14
    美容整形が是か非かという問題に関して、この科学主義全盛時代にふさわしく非常に 偏向した苦笑いを禁じえない意見がまことしやかに流布されている現状に対して一定 の修正を加える必要があると思われる。 ただし、この修正内容は「親からもらったカラダを大切にすべきだ」とか「やりだし たらキリがないから」とかいう、どこに根拠があるかも不明な理由によっているわけ ではない。前者の狭い意味の道徳的見解は親の承諾があれば可能なのかという反論を 否定できず、後者の美学的技術的問題は、しっかりしたアドバイザーのもとでなら安 心していいのかという疑問を解消できないのである。 美容整形の問題点は、科学主義的唯物論的発想に貫かれた必然的効果効用に対して、 観念論の立場からはこれを否定しきれず、意識論に関しては、まったく無知であり、 この方面からの否定的論拠を何ら提示できていないことに尽きるのである。 少なくとも過去数十年間にわたって、美容整形技術の飛躍的進歩に伴い人間にもたら された唯物論的悲劇もまた飛躍的に増加したことは想像に難くない・・・・。 では、21世紀においてはじめて、美容整形の必要性を根底から覆す画期的な言説を 意識論の方法を用いて開示してみることにしよう。 これを読んだ者は、この内容を100人に伝えるがいい。 最速で、この類稀な〝意識〟を共有するために。
  • >>>心理学的認識によって奇怪に歪められた〝許し〟の意味<<<
    • 4
    • 2017/01/05 19:04
    イジメの加害者を「許し」「更生させようとする」心理学的な奇怪きわまりない 行動の原因となっているのかもしれない「ある歴史的事実解釈」についての言及。
  • >>>地震学的発生予知と心理学的メンタル療法との驚くべき相同性<<<
    • 1
    • 2017/01/05 00:29
    「地震」は、いわば地球規模の〝怒り〟の表現である。 〝怒り〟は〝意識〟であり、けして単純な身体のミクロ的状態から演繹的に説明可能な ものとして存在しているわけではない。 単純な地殻構造の説明から「地震」という地球規模(もしかすると宇宙規模?)の 〝意識〟とも言うべき事態が予知(把握)できないように、 単純な身体のミクロ的状態から〝意識〟という個体規模(もしかすると自他を含む世界 規模?)によって流動し融合し続ける事態を把握し治療することなど出来るわけがない のだ。 この二つの学問の根本的な間違いは、本来、観念論が取り扱う領域を唯物論的に説明し ようとしたその越権行為にあると思われる。 なぜ、このような学問が今だに存続しているのか・・・・奇怪としか言いようがない。
  • <<<<意識学と心理学における他者の問題>>>>
    • 4
    • 2017/01/04 23:50
    他者は絶対的に不可知なものとして現れるがゆえに、すべての人間は必然的に倫理観 道徳観、価値観などを相対的に微妙なズレを伴いながら共有しているに過ぎない。 このズレは種族が異なれば、もはや理解不能なものとして扱われざるをえないことと なり結果的に「人間中心主義」的発想を生む元凶となっていたのである。 このことは端的に言うなら「身体機能が、そのまま観念とイコールである心理学的方 法による他者認識の限界である」と考えられるのだ。 たとえば、私が「あなた」の振る舞いから何らかの価値観に気付いたとしても、その 価値観と「あなた」の価値観は一致するはずがないのである。 なぜなら、私と「あなた」は身体構造も身体機能も一定レベル以上で異なる存在だか らだ。その身体構造(機能)のミクロ的作用の違いによって観念が自分自身の裡に現 れているはずだからである。 このような他者との断絶しかもたらすことがなかった心理学的方法は意識学によって どう乗り越えられるのだろうか?
  • <<<<意識学的イジメ加害者実名報道論>>>>
    • 6
    • 2017/01/04 00:51
    主に中高生の間で発生する《イジメ》によって「加害者」が「被害者」を死に至らし めたことが数々の証拠によって明らかであり、かつ本人もその事実を認めているとい う場合に、「加害者」をどうするかということに関しては現在までの生温い心理学的 見解を弄しているだけでは、何の解決にもならない。 この忌まわしく呪わしき事態を終焉させる術を、意識学を用いて模索してみようと 思うのである・・・・。
  • がん治療を受ける人へ送る言葉
    • 37
    • 2017/01/03 10:40
    医療機関で病気を治療してもらうことについて、筆者は基本的に肯定的見解をもっている。 〝意識〟がどうの〝心〟がどうのと日頃から叫んでいる者が、物理的手段に縋るなんて矛 盾してるじゃないかという愚な声も聞こえてきそうだが、それは誤解というものだ。 誰も(医療機関に)「縋る」なんて言ってないのだから。 とりあえず、(医療機関に)縋ったら何がマズイのかを説明しておこう。 (医療機関に)縋って、医療行為を受けていることに安心してしまうと、自ら治そうとす る力(自己免疫力)が油断してしまうからダメなのである。 その油断をついて、体内の敵(がん細胞)は増殖してくるだろう。 そもそも、医療行為によってのみ実現できるのは、敵(がん細胞)の殲滅という事態では ない。 それによってなしえるのは、せいぜい、敵の数を一定数まで減らすということでしかない のだ。 がん治療を受けるすべての人へ捧げる。 「自ら治すという〝意識〟を持ち続けながら補助的に医療機関の力を借り(治してもらう) というのが病気に対する必勝法である」 以上。
  • 【意識学概論】
    • 5
    • 2017/01/03 00:05
    副題  未知なる抑圧者の解明に向けての試論
  • 心理学の時代は終わっている・・・・これからは
    • 2
    • 2017/01/01 09:27
    心理ではなく〝意識〟の時代だ!!! フロイトの研究が明かすような身体性が否定されるほどの抑圧など法的整備の下でもうとっくに 乗り越えられている! 野麦峠のような会社など、どこにあるというのだ!!(電通とか?w) そんな状況で身体の本来生を保証する手段として発明された心理学は、すでに賞味期限切れなの である。 現代の人間が抑圧され否定されているのは、けして身体的機能ではない!! それは精神(心)のはたらきなのだ!!!! この事態を救済する天使は、心理学の記述された書物など持ってはいない・・・・。〝意識〟に届く 詩をうたうだけである。
  • 自己欺瞞が〝意識〟を遠ざける
    • 2
    • 2016/12/31 23:57
    そして、ますます自己欺瞞(唯物論的決定論)に引き摺り込まれ・・・・最後は「廃人」となる。 これが、テメーらの末路だ!!!!!!
  • 関西大学当局上層部が野良猫の命に無関心なのは
    • 5
    • 2016/12/31 23:48
    オキシトシンという脳内物質の不足から発症する精神異常であるというのが心理学的見解だが 現代哲学の最先端である〝意識論〟の分野では、そう考えない。
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《関西大学周辺のノラ猫》相談室▼△▼
    • 8
    • 2016/12/31 10:12
    関西大学に限らず大学周辺のノラ猫は広大な敷地とヒマな学生を多数有する大学が保護してやれば いいと思うんだニャ☆☆☆ =^・ω・^= ) タスケテクレタラ一生オンニキマス
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《多頭飼育崩壊》相談室▼△▼
    • 6
    • 2016/12/29 10:56
    ネコとの共存を失敗したという事実をもって「共存できないから○○しよう」みたいな一般論に結びつけ ることで★ますますネコが劣悪な環境に放置されることを当然と認識する人間が増えてしまうのニャ★ ^・x・^) ケッカダケ ミテンジャネーヨ
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《自由と平等》相談室▼△▼
    • 4
    • 2016/12/29 00:44
    人間語の《自由と平等》・・・・・宿命的に「格差」を内包する中途半端な概念★ ネコ語の〝自由と平等〟・・・・・「格差」が中和される機能を含んでいる完全な概念☆ニャン★☆                 =^・ω・^=) ネコゴノ カチネ♪
  • 人類絶滅の詩
    • 16
    • 2016/12/27 17:48
    おのれ以外の種の生き物たちとの共存を拒み いや拒むだけではなく危害をも加えようとする そんな傲慢な生き物がいたら そいつをどうしたらいい? 他の種を絶滅させる生き物など人間以外にいるだろうか? どうしてこんなキ★ガイじみた存在がいつまでも生存し続けることを許されているのだろうか? 重罪を犯した者の監獄が世界一の核シェルターに守られているとでもいうように どうしてこんな極悪非道な者たちがその命を持続していられるのだろう・・・・・・・・?
  • ☆猫のババ抜きをしよう☆……★
    • 5
    • 2016/12/27 10:25
    猫のババ抜きをしよう 野良猫を可哀相とおもえる人たちの輪の中で 猫のババ抜きをしよう カードは全部 野良猫たち 同じカードを引いて 手持ちから外れていく猫のカードは いい里親に巡り会えたってことを表わしてるんだ だから 場にカードを捨てるときは  みんなで祝福の声を上げよう 「おめでとう!」「よかったね!」ってね♪ ゲームが進んでいくうちに  みんなマッチングできるのは 割り当てられたカードを途中で捨てて 勝手に退場する人が誰も居ない場合に限る それでも最後には  ババが残るんだ ババっていうのは  死んだ猫のことさ 野良猫を保護する人たちの輪の中で  誰にも合わず場に外されることもなく 手持ちの中で死んでいく猫のことさ・・・・・ でも最後にババを引いた人は  ゲームに負けたわけじゃないんだ 「ありがとう」「きみのことは忘れないよ」って フィナーレを飾る役割を果たしたんだから 猫のババ抜きをしよう 野良猫を可哀相とおもえる人たちの輪の中で 猫のババ抜きをしよう                         Berial Alfred φ
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《地獄》相談室▼△▼
    • 5
    • 2016/12/27 10:17
    人間語の《地獄》・・・・・・自分が犯した罪を償うところ★ ネコ語の〝地獄〟・・・・・・無配慮無関心によって見捨てられた者たちが苦しんでいる場所☆ニャン★☆               (´;ェ;`) ハヤクナントカシテヨ オネガイダカラ
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《生態系》相談室▼△▼
    • 3
    • 2016/12/27 10:01
    人間語の《生態系》・・・・・食物連鎖とかの観察可能で単純明快な客観的事実の系★ ネコ語の〝生態系〟・・・・・思い遣りとかの観察不可で深遠荘厳な主観的出来事の系☆ニャン★☆               =①。①= ネコノセカイデハ セイタイケイガ ニンゲンデセツダンサレテルトイウノハ ジョウシキダヨ
  • □ 限界の風景 □
    • 10,756
    • 2016/12/26 23:32
    あなたの限界はどんな風景ですかどうしようもなく 孤独でただ訳もなく 行き止まりで此の世の正義などこの境地には 何も役に立たない足元の暗さに 恐くて前に進めないだけど後ろから 何かが 急き立てる進むの?留まるの?消えるの?待つの?探しに行くの?ps.自分勝手な言葉を綴ると  他の人に迷惑になってしまうから  行き場が無い…という方  独り言でもいい  慰めて欲しいなら そう言って  独りで寂しいなら 声を待って  限界の風景へ ようこそ此処では あなたが あなたのままで...
  • 心理物理量の研究~よもやまばなし
    • 507
    • 2016/12/26 18:09
    トピズレ歓迎です。自分の好きなテーマに沿って書いて頂いて構いません。(トピ主はネタに乏しいので)
  • 心(意識)について・・・根本から徹底的に考えるために。
    • 97
    • 2016/12/24 21:29
    心(意識)についてのこれまでの議論は、ほとんどが部分的・一面的で、的をはずれた、偏ったものばかり。西洋の長い哲学ないし神学の議論も、知性や信仰の自立性・独立性を確立しようとする意図にとらわれ、想像力の極限まで、空疎な推理を展開してきました。 けれども、実際には、ひとはただ自分の心だけを直接知れるだけで、それ以外は、すべて自分の心の働きの想像による拡大です。朝、目覚めると同時に現れ、夜、寝る前に消えてゆく心(意識)は、体によって生まれ、体のために働く生命活動の一部として理解するのがいちばん妥当です。その際、体がそうであるように、心も集団的な生命活動の維持と拡大と存続を目指して働きます。宗教も、哲学も、芸術も、道徳も、すべてこの自然な生命活動の一部としてとらえられます。 (『心について』、大学教育出版、参照。)
  • 生まれる前に聞かれること
    • 3
    • 2016/12/23 12:49
    副題  命の繋がりを信じて
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《猫アレルギー》相談室▼△▼
    • 3
    • 2016/12/22 21:50
    オレも《猫アレルギー》だけどネコと一緒に生活して何の問題もないニャ♪ =①ω①=)イッショニ スミタクナイノヲ アレルギーノセイニシテネ? シテルヨネ?
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《安楽死》相談室▼△▼
    • 7
    • 2016/12/20 16:25
    末期的状態になってる病気ネコを見てるのは心が引き裂かれるみたいに辛いもんだニャ……TT (´;ェ;`) アンラクシヲ サセテヤリタカッタノニ……
  • ●●●《安楽死》に対するきわめて愚鈍な発想●●●
    • 4
    • 2016/12/20 15:32
    《安楽死》を議論するうえで、陥り易い対立する二つの発想がある。 ひとつは、「神にいただいた命を人間が断つことを神が許し給うはずがない」という 『神の立場論』 もうひとつが、「人間には自分自身の生死を自分で決定する権利があるはすだ」という 『人間の立場論』 この両者の意見が、きわめて時代遅れな、まるで性能の悪いコンピューターから出てき た古色蒼然としたデータのように愚鈍な発想に基づいているということを、これから説 明してみよう。 なお、この意見を公共の電波を通じて垂れ流した毎度おなじみの司会者、コメンテータ ーには一切悪意を持っていないことだけはあらかじめ断っておく。
  • 【小さな命の詩】
    • 3
    • 2016/12/19 15:24
    大きな命にしてはいけないことは小さな命にもしてはいけない。 人間にしてはいけないことは、犬や猫たちにもしてはいけない。 大小という観念は相対的なもので、いつ自分自身の命が「小」になってしまうかも しれないのだから。 きみが、『犬や猫の命なんか・・・』と思っているその瞬間にも、きみ自身が 「あんな人間なんか・・・」と思われているのだ。 「あんな人間なんか・・・」ただの消耗品だから過労死するまでコキ使ってやれ。 「あんな人間なんか・・・」ただの異邦人だから皆殺しにしていいだろう。 「あんな人間なんか・・・」ただの寄生虫だから即刻駆除するべきだ。 大きな命を優先するとき、そこには小さな命に対する「侮(あなど)り」がある。 小さな命を優先するとき、そこには大きな命に対する〝感謝〟しか生まれない。 小さな命を、まず大切にせよ。 大きな命にしてはいけないことは小さな命にもしてはいけない。 人間にしてはいけないことは、犬や猫たちにもしてはいけないのである。
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《小さな命》相談室▼△▼
    • 2
    • 2016/12/19 13:25
    なにと較べて小さいのかさっぱり意味わからんニャ★★★ =①ω①=) アタマ ダイジョウブデスカ?  ← ヒサビサw
  • いつから人間は・・・
    • 13
    • 2016/12/18 16:23
    他の動物たちとの共存を拒否するようになったのだろう? いつから人間は・・・ 不潔だからという理由で小さな命を殺処分するような傲慢な神経をもつようになったのだろう? いつから人間は・・・・ 小さな命を憐れむ心を失ってしまったのだろう? いつから人間は・・・ こんなにも同情の余地なく人間以外のすべての動物たちから憎まれるようになったのだろう? 人間なんか滅びてしまえばいい・・・・・・ そうすれば人間以外のすべての動物たちは少なくとも今よりは幸せになるだろうから・・・・・・・。
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《格差》相談室▼△▼
    • 3
    • 2016/12/16 23:44
    「異常な殺人者」を予防するためにネコの《虐待》を撲滅するように 「異常な富裕者」の出現を予防するためにネコの生活レベルの《格差》を是正する必要があるのニャ☆ =゚ω゚)ノ モトカラタタナキャ ダメッテコトダヨネ☆
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《動物保護活動の基本原理》相談室▼△▼
    • 5
    • 2016/12/16 15:50
    〝かわいい動物が可哀相な状態にあるから保護したい〟というのでは 動物保護活動の基本原理にはなりえないのニャ★☆★ =▼ェ▼=)ダッテ シュカンヲ ヒテイサレタラオワリダカラネ
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《もうひとつのホロコースト》相談室▼△▼
    • 4
    • 2016/12/16 10:13
    ホロコーストは収容所での《殺処分》だけが注目されているけどそれだけじゃなかったのニャ★ これを取り上げるのは人間界からネコ界に対して今まさに!《もうひとつのホロコースト》が 行われているからなのニャ★★★★★ =TдT=) ダレカ タスケテ
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《人間界の話題》相談室▼△▼
    • 2
    • 2016/12/16 00:12
    人間を特別視した人間同士が人間のためだけにする話題の垂れ流し(ネットとかテレビ番組とか)って ほんとつまんねー・・・・★★★★★★ =ёェё=) イッタイナニガ オモシロインダカ…
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《空き家問題と保護猫活動》相談室▼△▼
    • 6
    • 2016/12/14 13:56
    人間が住まなくなった「箱」があるならそこをネコたちの住処として提供すればいいニャ☆★☆ =^・ェ・^=) ケイザイモ活性化スルシ ネコモタスカルシ イッキョリョウトクジャネ?
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《絶滅》相談室▼△▼
    • 6
    • 2016/12/13 19:44
    人間語の《絶滅》・・・・・・すべての種が客観的に存在しなくなること★ ネコ語の〝絶滅〟・・・・・・人間という種だけが宇宙から完全に消滅すること☆ ニャン☆★☆               ^・x・^) イマゴロキヅイタノ? ホトンドノネコタチハ オマエラヲ憎ンデルンダヨ
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《有限と無限》相談室▼△▼
    • 2
    • 2016/12/09 23:11
    有限と無限という属性はそれ自体が絶望的契機を孕んでいるわけではなく 有限な何かが「~のような」何かとして無限(的思惟)性を帯びたり 無限な何かが「~とおりの」何かとして有限(的意味)性と化したり することによってはじめて凄惨な絶望的様相を呈するのであるニャ☆★★ =´∇`=)モウスグ クリスマス ダネ♪
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語〝《持続》〟相談室▼△▼
    • 9
    • 2016/12/08 22:52
    持続しないことはそれ自体が〝《罪》〟なんだニャ★☆★ =^ーェー^=)ナゼナラ ジゾクシナイコトハ 苦シイカラデス
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《万能説》相談室▼△▼
    • 4
    • 2016/12/08 11:32
    なんでもネコ語で解釈したらOKって《万能説》をもつのは人間語で話す人の特徴ニャ★ ^-x-^)ンナワケネーダロ
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《犯罪》相談室▼△▼
    • 4
    • 2016/12/07 18:33
    人間語の《犯罪》・・・・持続しない(ように見えてしまう)行為類型のこと★ ネコ語の〝犯罪〟・・・・持続するように見せかける行為類型のこと☆ ニャン☆★☆=ёェё=) カミガサバクノミ
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《生温さ》相談室▼△▼
    • 5
    • 2016/12/06 23:35
    人間語の《生温さ》・・・・・・主体の中で「熱さ」と「冷たさ」が相殺されている一定の温度状態★ ネコ語の〝生温さ〟・・・・・・主体の中が〝熱くもない〟し〝冷たくもない〟ってこと☆ニャン☆★☆                =゚ω゚)ノ ソレガドウシタノニャ?
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《自己犠牲》相談室▼△▼
    • 5
    • 2016/12/06 22:39
    簡単にいうと 「それ」のために命を捨てる者は「それ」を得る っていうのが《自己犠牲》の公式だニャ☆★ =゜w゜= )ナンカ ヤバクネ?
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《料金所》相談室▼△▼
    • 3
    • 2016/12/06 01:35
    ひさびさに通った名神の料金所が完全に機械化されてて人間の姿が見えなかったニャ★  ´;ェ;`) ナンカ サビシイネ…
  • 犯罪者を英雄視する心理
    • 5
    • 2016/12/04 18:11
    ルパン三世という犯罪者が主人公であるコミックが人々に受け容れられる理由は、 既存の(社会的存在であるにも関わらず自己中心性をもってしまった)腐った権力 構造に対して、あえて犯罪(=反法・反権力)を為すことこそ本来の人間性を実現 する生き方だという〝意識〟を人々が抱くからである。 しかし、犯罪にはもうひとつの面があることも事実なのだ。 それは、犯罪(=残虐性への嫌悪)ということである。
本文はここまでです このページの先頭へ