ここから本文です
  • シンプル原理考
    • 4,901
    • 2017/02/27 22:35
    いわゆる量子論的結論から物質は非物質の作用で人の五感で感じられる現象世界を【創造】しているということでしょうか
  • 他人の主観的事実は本当に経験できないのか?
    • 3
    • 2017/02/27 16:40
    よく他人の思い(主観的事実)は、その人だけにしか経験しようがないことなので 他人がそれを代わって経験するということは絶対にできないと言われたりする。 これは本当のことなのだろうか?  そもそも、ここで言われている主観的事実とは、どのようなもののことを指してい るのか? あまりにも漠然としていて理解し難いのである。 たとえば、私が「痛い」と感じたその痛みを、誰かが感じることができないのは、 「主観的事実」についての言及なのだろうか? *筆者はこれを「個物に内在する客観的事実の相違」としか考えていない。 あるいは、私が「痛み」について考えるとき、その痛みをコントロールしようと する思いをもつことは「主観的事実」とは言えないのだろうか? *筆者は主観性がはたらくのは、こういった局面にしかないと考えている。 つまり、「痛み」それ自体は客観的手法によって分析可能な神経反応としての(他者 から断絶した(経験不可能な))認識なのであり、「痛み」への思いは主観性のはた らきがもたらすもので(他者と共有し(経験可能な))意識であるということなのだ。 これを敷衍するならば、「精神的ストレス」自体は客観的手法によって分析可能な神 経反応としての(他者から断絶した(経験不可能な))認識なのだが、「精神的スト レス」への思いは主観性のはたらきがもたらすもので(他者と共有し(経験可能な)) 意識として取り出せるのではないか、ということが言えそうなのである。 であるならば、今まで「主観的事実」として客観的議論の俎上に乗せようともしなか ったものが実は、「痛み」や「精神的ストレス」そのものへの客観的言及に過ぎない (筆者はこれを客観的呪術性へのアレルギー反応と呼んでいる)のであって、それら に対しての主観性が応じようとする涙ぐましく健気な、そして誰にも経験可能な事実 への言及がなおざりにされてきたことは、いったい何だったのだろうか?
  • 【自殺は社会現象なのか】電通問題批判としての試論
    • 4
    • 2017/02/26 16:47
    ある一人の女性が何らかの複合的要因によって自ら命を絶ったことにより、それは 「ハードワーク」「パワハラ」「企業モラル」等の社会問題を浮かび上がらせ果て は「福利厚生の向上」にまで言及するが如き様相を呈している。今まで(そういう 問題に)何の関係もなかった一般市民をもヒステリックなまでの社会変革の波に巻 き込もうとしているこの状況は、はたして正常と言えるのだろうか? 明らかにそこでは社会現象としての【自殺】が問われている。 こういう社会的状況が、何の罪もない将来に有り余るほどの夢を抱いていたであろ う彼女を自殺に追い込んだのだ。だから、そんなクソみたいな社会状況は変えたほ うがいい・・・・いや是非変えるべきなのだ。でないと、彼女が浮かばれないじゃ ないか・・・・・。という心理が一般的にはたらいているように思えるのだ。 しかし、この心理には何かが足りないのである。 たしかに彼女の書き残したものからは労働環境の恐ろしいほどの劣悪さは読み取れ るかもしれない。しかし(過酷な受験戦争に挑むように)その状況に必死に耐える 姿は想像できても、それが原因で死の道を選択したとは一言も書かれていない。 そもそも労働環境が「死」の原因になるということは、その環境自体が重大な物理 的危険性を孕み、なおかつそれが回避不能である場合に限られるはずだ。 そうであればこそ、その労働環境を改善することには意味があると言える。 私は思うのだが、【自殺】を社会現象として取り上げることは無意味なのではない だろうか? 当人が【自殺】の原因を特定出来ていない以上、状況証拠だけで客観的事実を固め るかのように〝主観的原因〟をデッチ上げることには、まったく共感できないから だ。
  • そもそも「学校」ってさ
    • 2
    • 2017/02/26 00:38
    なんでどこの馬の骨かもわかんねー(何してるかもわかんねー)奴が決めたとおりに 単位取らないとダメーみたいなことになってるわけ? 目標決めて勉強すんの自分だろ? こっからここまではコレやって次はコレ、ほんで コレはちゃっとおいといて、こっちを先にとか、なんでそんなとこまで、どこの馬の 骨かもわかんねー(何してるかもわかんねー)奴の言いなりになって段取りも何もか も決められてるわけ? いい年こいてさ(嘲笑) バカジャネーノ?
  • 日本の人権派弁護士に望むのはクソ少年犯罪者どもの擁護ではなく
    • 8
    • 2017/02/25 22:08
    保護猫活動だ!! 猫を虐待するようなクソ少年犯罪者を「法」を駆使して弁護するヒマがあったら そういうクソどもに危害を加えられている猫たち、そして猫たちに愛情をもつ多くの 人間の心(人権)までもが傷付けられているということに目を向けろ!!!! アホか、人権派弁護士!!!!! おまえらのどこに、「人権」があるんだよ?wwwwwwwww むしろ人間の心を、人権を疎外する「法」を振り回してるだけじゃねーか、ヴォケが!!!
  • ☆保護猫たちが〝意識〟の最後の謎を解いてくれる☆
    • 2
    • 2017/02/25 10:02
    こんな不思議な出来事があった。 東日本大震災と未曾有の原発事故によってフクシマが壊滅した直後のこと、我が家へ 妻の友人が保護したという1匹の子猫が、もらわれてくることになった。 その頃、自分は仕事上の深刻なスランプに陥っていて、失踪することも頭にチラつく ような状態だったのだ。 ある日、なにもやる気が起きず布団の中に潜り込んでいたとき・・・・その子猫が 私の布団の中に入ってきて、そのまま添い寝してくれたのである。 それはごく稀な行動で、この6年近くの間でも他に記憶がない出来事だった。 傷付いた心に寄り添うというのは、こういうことなのだろうか・・・・TT 自分は、そのとき、何か湧き立つようなおもいとともに、この健気なトラネコの子を 守ってやれるのは自分だという〝意識〟をたしかにもっていたはずだ。 その〝意識〟が自分自身に力を与えているようだったのを、はっきりと覚えている。 これは単純な猫に対する感覚的反応ではないし、また、そこから生じる猫への判断や 決定の類でもなかった。 もし、あのとき、一匹の保護猫が自分に添い寝してくれていなかったら、一人きりで 考え込んでいた自分は、今この世に居ないのかもしれない・・・・。 彼(彼女)らには、人間の傷付いた心がわかるのだろうか・・・いや、わかるのだ! その奥深い〝意識〟の交流によって、はじめて人間は本当の癒しと救いを得るのかも しれないのである。
  • □ 限界の風景 □
    • 10,758
    • 2017/02/25 04:46
    あなたの限界はどんな風景ですかどうしようもなく 孤独でただ訳もなく 行き止まりで此の世の正義などこの境地には 何も役に立たない足元の暗さに 恐くて前に進めないだけど後ろから 何かが 急き立てる進むの?留まるの?消えるの?待つの?探しに行くの?ps.自分勝手な言葉を綴ると  他の人に迷惑になってしまうから  行き場が無い…という方  独り言でもいい  慰めて欲しいなら そう言って  独りで寂しいなら 声を待って  限界の風景へ ようこそ此処では あなたが あなたのままで...
  • 高学歴で頭のいいバカは組織のトップに不適格である
    • 3
    • 2017/02/24 16:33
    高学歴で頭のいいバカというのは、基本的に(一定の記号に対する)感覚的反応が 過剰になっていて感覚対象をすべて自分自身の(エゴの)中に取り込むようにしか 機能しないクソだ。 われわれが組織のトップに望むのは、そのトップの気持ち悪いエゴに取り込まれる ことだろうか? われわれは、そんなにもマゾヒスティックな変態なのだろうか? 組織のトップに必要な能力とは、言語感覚の異常な鋭さでも、数的感覚の並外れた 把握力でもない。 それは、ただ組織に属する数多くの対象を、おのれのエゴの中に取り込むことなく 共に〝意識〟し続けることなのだ。
  • 【【【ほんとうの保護猫活動はボランティアではない】】】
    • 5
    • 2017/02/24 16:30
    ボランティア(volunteer)の語源は、ある種の凶悪な理念のもとに戦争という 殺し合いを志願することであったと言われている。その行為は、純粋な〝利他性〟 や〝奉仕性〟を指し示すというよりも、ドロドロとした「利己性」にバイアスが かかっていると言わざるを得ないのである。 貧困家庭の子供の学業を「ボランティア」で助けているという者たち。 これは、まさにボランティアと呼べる行為である。 なぜなら、「教科書的な学業が子供の将来の役に立つ」という信念(エゴ)が その根拠にあるからだ。 難民となった人々を「ボランティア」で助けているという者たち。 これは、まさにボランティアと呼べる行為である。 なぜなら、「難民を出す国家体制を憎悪する」という信念(エゴ)がその根拠に あるからだ。 見捨てられた野良猫たちを「ボランティア」で助けているという者たち。 これは、まさにボランティアと呼べる行為である。 なぜなら、「見捨てられるような命なら無いほうがいい」という信念(エゴ)が その根拠にあるからだ。 しかし、ほんとうの保護猫活動はボランティアではない。 なぜなら、〝けして、その命を見捨てない〟という純粋で強烈な〝意識〟こそが その活動のすべてだからである。
  • ある種の無駄な議論
    • 4
    • 2017/02/24 16:11
    ディスカッションの場面で、これは無駄な議論だなと感じてしまうときがある。 それは、そのディスカッションを構成する集合が何らかの行為主体であるとき、その行為をめぐる 適否、妥当性について論じようとする場合だ。 そういう議論は決まって行為主体の中で閉じて終了してしまう。 そして、その独善的結論が行為主体の「指針」や「規範」に化けてしまうのだ。 なので、そういう場面に外部の識者を呼んだりするのだが、残念ながら、これもあまり意味がない ことのほうが多い。 というのは、その識者自身に行為主体へのバイアスがどの程度かかっているのか不明だからである。 行為主体への適切な〝配慮〟と、その閉じた議論に同調するのが「道徳的だ」と思うことの違いも わからない間抜けな識者すらいるのだから。
  • 高学歴の頭のいいバカほどディスカッションやディベートをしたがる
    • 2
    • 2017/02/24 13:12
    そして論破することで快感を得ようとするwwwww まるで猿のように。
  • 感覚的反応だけが異様に進化した高学歴の頭のいいバカほど・・・・
    • 4
    • 2017/02/24 13:01
    感覚対象を行為主体の中に取り込んでいることの自己破滅的意味に気付いていない。
  • クソバカ人間がやっている保護猫活動の破滅的近未来シミュレーション
    • 2
    • 2017/02/23 20:25
    まず、クソバカ人間には「人間社会」と「野良猫」しか見えていない。 当然、「人間社会」の中で「野良猫」をどう飼育すべきかという方法論しか思い浮かば ない。 その方法論の産出は、高学歴者特有の思考トレーニング(要するに脳機能に高級なエン ジンオイルを注入してるというぐらいのこと)でバリエーション豊富ではある。 しかし、どれもクソバカなやり方には違いがない。 たとえば、あるクソバカ保護猫活動家によって、莫大な税金を投入して「ネコドーム」 という東京ドーム100個分ぐらいの監視システムを構築する方法が唱えられたとする。 しかし、「人間社会」の中でそういう合意を生み出すことは困難である。 なぜなら、 「人間社会」のルールでは、この世界で人間の幸福が阻害されるあらゆる現象は「悪」 と看做されるからだ。東京ドーム100個分ぐらいの監視システムを構築する金とモノ と労力があれば、もっと人間の幸福を増進できるだろうというわけなのだ。 上記の案が、「人間社会」と「野良猫」しか見えていないクソバカ人間どもによって否定 されるのは明らかだった。 そして、次に提唱されるクソバカ保護猫活動家の案が恐るべきことに採択されることに なるのだ。それは「野良猫」をすべて完全な生命体で保護するのは「人間社会」の中で は無理なので「情報」として保護しようというものである。 「野良猫」たちは、そのDNA情報だけが、流氷が来る凍てついた北限の地に埋設された コンクリートシェルターの4畳半ほどのスペースに、ひっそりと保管されることになっ てしまったのだ・・・・TT クソバカ人間には「人間社会」と「野良猫」しか見えていない・・・・・。 これが、近未来に待っている「野良猫」たちの、そして野良猫たちを愛してやまない われわれにもたらされるであろう呪わしくも許し難い悲劇のシミュレーションである。
  • ある保護猫活動団体の代表は俺にこう言いやがった
    • 7
    • 2017/02/23 14:23
    大阪市の某所にて 「あなたは、この子達の預り主にはなれないと思います。脱走防止のツールを完璧に 備えた部屋もお持ちでないし、猫を自由に住まわせればそれでいいとしか考えておら れないようですし」 「ちょっと待ってください。すべての保護主が必ずしも脱走防止を完璧にした牢屋み たいな部屋で育てて欲しいと考えているとは限らないわけですよね?」 「いいえ、猫の一時預かりを希望される保護主さんは自分の猫が脱走することなんか 望んでいません。もし脱走して帰ってこなかったら、どう責任を取るんですか?」 「あなたは、保護主がそれぞれ、どういう環境でその猫を育てているかの調査をして その上でそうおっしゃってますか?」 「・・・・というと?」 「いえね、自分の家で脱走のことなんか気にかけずに伸び伸びと育てていた猫が、 いきなり、あなたの推奨する牢屋みたいな部屋に入れられて大丈夫なのかと・・・ ふと思ったんですよ(笑)」 「そういう調査はしておりませんが、脱走されると我々の会の信用にかかわりますか らね(笑) 一時預かりは、会の名前でやることですから」 「ほお・・・あなたは保護猫活動を「会のために」やっておられるのですか?」 「タチの悪い皮肉ですね。お答えする気にもなりませんが」 「ねえ、お願いしますよ!! 私は保護猫たちのため保護主さんのために一時預かり をしたいんです!!」 「もう説明はさせていただきました。当会では、あなたの希望を受け入れることはで きません。お引取り下さい」 「あなたの勝手な基準で、こっちのおもいを踏み躙るわけですね・・・・」 「ご自分でセンター引き出しなどされて(猫を)保護してみたらどうですか?こちら にはこちちのやり方があるので」 「牢屋のような部屋に閉じ込める「やり方」ね(嘲笑)」 「そうですが、なにか?(冷笑)」 「このクソババア!!」 * 上記の会話は相当程度脚色されています。
  • 憎しみに駆られた愚行がすべてを台無しにする
    • 4
    • 2017/02/23 04:32
    という構図は、シリアみたいな国でも日本でも同じだな。 野良猫たちにとっての日本は、まさにシリアだよ。  命への愛情や人権意識が掻き消され、憎しみの法が蔓延っている・・・・・。 この国の「難(猫)民」を救い、この愚かな事態に終止符を打てれば、もしかしたら 中東問題も解決するんじゃねーか?wwwww
  • 【保護猫インターネット取り引きに関する〝人権〟と「法的権利」の問題点】
    • 6
    • 2017/02/22 00:38
    インターネットを通じて、あたかも「商品」のように取り引きされる保護猫たちがいる。 それは〝里親探し〟という名目でなされる「購入者探し」である。 なぜなら、その取り引きには一定の条件が付けられていて、その条件をクリアできなけ れば取り引き不成立になるということなのだ。たしかに「法的権利」によって何らかの 取り引きが法的に遂行されるとき、その法的基準を満たさない者は取り引き関係から排 除されるのは仕方ないことだろう。それは一定のルールの中で行われるゲームのような ものであり、そこに異議を唱えることは無意味である。 しかし、「法的権利」が実行される取り引き対象は、法的価値しか付与されぬ商品に限 られるべきであろう。何人も、法的価値を超越した〝命そのもの〟を法的取り引きの範 疇に置いてはならないのである。 保護猫とは、「法的権利」の実行が許される取り引き対象なのか? 断じて違う!!!
  • 小保方氏の問題でNHKがBPOから人権侵害認定wwwwww
    • 10
    • 2017/02/19 10:41
    >理化学研究所の小保方晴子元研究員らによるSTAP細胞の論文不正問題を特集した「NHKスペシャル」に ついて、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は2017年2月10日、「名誉棄損の人権侵害が 認められる」として再発防止に努めるようNHKに勧告した。2017年02月10日 19時30分J-CASTニュース しかし、巨大組織は何をやってもクソタレントみたいに干されないからいいよなwwwww さすがに虐殺でも仕出かしたら別だろうけど(え?もうやってるって?)w
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語!《癒し》相談室▼△▼
    • 2
    • 2017/02/18 10:22
    人間語の「癒し」・・・・・感覚的刺激に対する脳神経の反応に還元される一定の状態★ ネコ語の〝癒し〟・・・・・さてなんだろニャ? =^・^=) ミンナモ カンガエテミテ☆
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語!《ボランティア》相談室▼△▼
    • 2
    • 2017/02/17 09:46
    人間語には「ボランティア」という呪わしい言葉があるニャ★その意味するところは「理念への犠牲」 という憎むべきものニャ★★★ =TдT=) ヨウスルニ十字軍的(大量虐殺的)ハッソウデショ?
  • 主観的に何かをしようとする者を止めるな
    • 1
    • 2017/02/15 17:48
    主観的な行為から発生したことはすべて 後世の糧となる だから何人も主観的行為を止めてはならない どれほど限定的な害悪が生じようと  一切は何ものかを生み出す〝種〟なのだ その〝種〟を回収し 道を真っ黒なアスファルトで塗り固めることが 科学的だと流行しているが その舗装工事は 生きとし生ける多くの者の〝命〟を奪う 失敗作である可能性が非常に高い 取り返しのつかない過ちにほぼ決まっているのだ 客観的に何かをしようとする者は 止められるべきといっていい 主観的に多くの失敗をする者は むしろ讃えられてもいいぐらいだ それは未来へ実を結ぶ限定的な〝種〟を生むことだから しかし 客観的な失敗は呪われるだけである 原発推進を主導した科学者のように その〝命〟への罪は  永遠に消えることがないのだから                                Berial Alfred φ
  • いらない猫をインターネットで簡単譲渡
    • 7
    • 2017/02/15 15:44
    こんなことが ふつうになっている世の中・・・・ いらない猫をインターネットで簡単譲渡 猫はたいした反抗もできないから  人間の子供のように 金属バットで襲いかかることもない それは けして 私秘的な輪の中で 愛情をもって猫たちと共存することではない 保護活動という名目の「猫の精神的虐殺」を手掛けている ほとんどが40以上のババアどもによる 過保護 過干渉 自分の夢のために猫を道具とする まるで  高度成長期に蔓延った【毒親】のようなことを 無抵抗な猫にしているだけだ 「猫の肉体的虐殺」から救うという大義名分で 今度は 「猫の精神的虐殺」がまかり通るということは まるで 「学童の学力不足」を補填するという大義名分で 今度は 「学童の心の荒廃」が進行するというメカニズムと同じだ ほとんどが40以上のババアどもによる 過保護 過干渉 自分の夢のために猫(子供)を道具とする 愚かの極みともいえる行為によって 今日も猫たちの精神的虐殺は インターネットを通じて粛々と 行われている こんなことが ふつうになっている世の中・・・・ いらない猫をインターネットで簡単譲渡 猫はたいした反抗もできないから  人間の子供のように 金属バットで襲いかかることもない                               Berial Alfred φ
  • ■■■■□全国「クソ言語」収集閲覧室□■■■■
    • 76
    • 2017/02/14 15:43
    日本全国に無自覚に垂れ流されている「クソ言語」を集めてみました。 なお、ここに自分で収集した「クソ言語」を掲示される場合は必ず理由を記載して下さい。 正当な理由なく「クソ言語」をアップすることは禁止します。 スレ主が不適当と認めた「クソ言語」は、ただちに削除していただきます。 「クソ言語」の発表によって、その言語使用者にいかなる不利益が及ぼうともスレ主は一切 関知しません。すべて自己責任で行って下さい。 でわでわ。
  • 担任が生徒をイジメて自殺に追い込むとかwwwww
    • 4
    • 2017/02/14 12:57
    >市立浅井中学校に通う中学3年の男子生徒(14)は今月6日、JR大阪駅前の商業施設から飛び降り 死亡しました。一宮市教育委員会によりますと男子生徒の携帯ゲーム機には遺書のようなメモがあり、そ こには「担任に学力や存在価値など私の人生全てを壊された」などと記されていたということです。また、 男子生徒の保護者は担任との関係について、学校にたびたび相談していました。 >2017年02月12日 02時05分TBS 学校の教師なんて所詮は「テメーの思い通りに生徒を動かしたいだけの変態野郎」ぐらいに思ってりゃ いいんだよ。 考えてもみろwww 安月給の教師にしかなれなかったクソ野郎に、いったい何の教えを乞う必要があるんだよ?wwwww そんなとこ(学校)に居ても時間の無駄。 学歴を世渡りの道具として取るための、ただの道具=教師。 クソの言うことなんか一切気にしなくていい。 どーせ卒業したら視界から消えてなくなるゴミみたい なもんだからな。
  • 【保護猫の安易なネット取り引きが「人権否定」に繋がる理由】
    • 3
    • 2017/02/13 10:53
    保護猫をインターネットを通じて不特定多数を対象に譲渡するというイベントが 現在いたる所で行われている。 その危険性は早くから指摘されていて「正当な飼育者として不適格な者を排除する」 審査は一定のレベルで継続されているようだ。 しかし、この「正当な飼育者として不適格な者を排除する」という審査機能自体が 実は「人権侵害」に繋がる可能性を秘めていることはあまり意識されていない。 いったい、「正当な飼育者として不適格な者を排除する」基準はどこに設けられて いるのだろうか? たとえば、「子供を育てる資格もない親には出産を認めるな」という話は、無責任 な親が引き起こす悲しい事件のたびに囁かれることである。だからといって産院 の中で独自な「親の資格基準」を定め「正当な親として不適格な者を排除する」と 決定し出産のサポートを拒否したらどうなるだろうか? 生まれて来る命を止めることなど出来ないのである・・・・。 この場合に侵害される権利は、生まれて来る命というよりも、産もうとする親の ほうにあると考えられる。 つまり、親(里親)は、過剰な「親の資格基準」によって人権を否定され、その ことは結果的に生まれてくる命(生まれてきた命)をより危険に晒すことになる かもしれないのだ。
  • ★保護猫の里親探しについて疑問に思うことがあるニャ★
    • 6
    • 2017/02/13 00:32
    全国各地であるいはインターネットを通じて見ず知らずの人たちの間で 保護猫たちの里親を探す活動が日々行われているのニャ☆ でも…なんでそこまで範囲を広げて里親を募集する必要があんのか…… 知らない人に猫を預けてホントに大丈夫なのかニャ?もちろん里親にな るための審査をそれなりにキビしくしてるんだろうけど……キビし過ぎ てかえってマッチングできない結果も多々あるみたいなのニャ★ それならいっそのこと 身近な知り合いの間でだけしかそういうことが出来ない仕組みをつくっ たほうがよくない? って思うんだけどニャ☆ いま世間で大々的にやってる募集活動見てるとニャ 灯台もと暗しって感じがして仕方ニャいんだけど……★☆★ 身近なとこはほったらかして 商品を扱うみたいに見ず知らずのとこにまで保護猫たちを売り込むって なあんか…ちがう気がすんだよニャあ…………
  • タレントのヒロミが「書類送検の不祥事を起こした妻の松本伊代」と離婚
    • 6
    • 2017/02/12 15:31
    するか、またはタレント活動を再度休業するかの選択を迫られているようだ。 自分の思いを電波に載せる人間が、この反社会的行為へのケジメを何らかの否定的形式 をとってつけるのでなければ一般社会への悪影響は計り知れないものとなるだろう。 これ以上劣悪なイメージを垂れ流し続けるなら、いっそ死んでくれ、ヒロミよ・・・・。
  • 書類送検の不祥事を起こした松本伊代が自身のライブの「ついでに」謝罪したそうだ
    • 2
    • 2017/02/12 13:19
    これからも音楽活動を続けて「薄汚れた主観性」を聞いてほしいんだってよ。 >このたびは私の軽率で不謹慎な行動により、多くの皆さまに大変なご迷惑をおかけしてしまいました。 深く反省しております。申し訳ありませんでした >伊代ちゃ~~ん!!   >聞いてください……センチメンタル・ジャーニー >伊代ちゃ~~ん!!   小さな「ヒトラー」健在wwwwww
  • 【天皇の主観性を何故問わねばならないのか】
    • 1
    • 2017/02/12 12:14
    天皇は、客観的に(あたかもロボットのように)存在するわけではない。 その身体構造は、われわれ一般人と変わりなく、主観性を発生させるに足る物質的条件を 世界の中に位置付けているのだ。 もし、天皇ロボットならば、われわれはそれに対して機能的意味だけを論じれば足りるだ ろう。何らかの作業を正常に行えるかどうかのチェックだけをしていれば、その存在への 関心は充足されたこととなる。 しかし天皇は、国事行為と祈祷のみを遂行するロボットなのではなく、われわれと同じよ うに主観的存在でもある生身の人間なのだ。 しかも、国家権力との緊密な関係にある「巨大な主観」なのである・・・・・。 これを問うことは、ある種の主観がもたらす〝呪いを解く〟ことに繋がるだろう。
  • 【STAP理論(小保方氏)の抹殺という日本版「ホロコースト」は何故行われたのか?】
    • 3
    • 2017/02/12 11:58
    端的に言うならば既存の薄汚れた「権力構造」を守るためである。 iPS理論とSAP理論の相違点に注目すれば明らかなように、STAP理論を国内で 公に認めることは既存の薄汚れた「権力構造」を初期化できるという可能性を示唆す ることとなるからだ。 日本の「権力構造」は周知の通り「象徴」たる存在を頂いているのである。 この象徴性を守護するという名目で既存の薄汚れた「権力構造」は命脈を保つことが できているのだが、STAP理論のおいては、そのような忌まわしい社会的条件(遺 伝的性質)さえも〝命〟のレベルに還元し、すべて白紙に戻せるということになって いる。 権力構造の犬(NHK)が、これを見逃すわけがなかったのだ。
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語!《NHK》相談室▼△▼
    • 3
    • 2017/02/11 09:48
    人間語の「NHK」・・・・・・情報に特化した「暴力装置」★ ネコ語の〝NHK〟・・・・・・大河ドラマだけたまに観る程度なのに受信料高過ぎるのニャ!!                三ФÅФ三)コクミンゼンブニ スポンサーニナッテモラエヨ イチリツニチョウシュウスンナ ヴォケ
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語!《難民》相談室▼△▼
    • 3
    • 2017/02/10 17:47
    人間語の「難民」・・・・・人道的に見過ごすことができない状況にある人々のこと★☆ ネコ語の〝難民〟・・・・・人間語の「難民」からあえて放置したほうがいい一定範囲の者を除く              すべての人々☆★ニャン☆★☆ =ёェё=) ジンドウテキナ ムダヅカイハ ヤメヨウ
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語!《客観》相談室▼△▼
    • 6
    • 2017/02/10 15:02
    人間語の「客観」・・・・・護身用の武器★☆ ネコ語の〝客観〟・・・・・人間だけがもってる「毒」★★★ニャン★★★ ^-x-^)ヨウスルニ 公害 ダネ
  • 20歳までに知っておきたい仕事の選び方
    • 5
    • 2017/02/10 13:57
    自分自身の人生設計をする上で知っておかねばならない非常に重要な選択肢がある。 それは、どこの学校に進学したらいいか、どんな会社に就職したらいいかといった 枝葉的な問題ではない。 もっと基本的な部分で、それを知っておかねば(しかも20歳までに)20代以降 のかけがえのない人生を棒に振ることになるかもしれないのだ。 何故そんな大事なことを「学校」では教えてくれないのか? それは「学校」という所が、しょせん枝葉のひとつに過ぎないからだよ。(笑)
  • 【戦中戦後の日本のことを思えば「難民支援」がいかに無駄なことか理解できる】
    • 1
    • 2017/02/10 12:17
    戦後の日本は、「戦争(殺し合い)という愚かな行為をスッパリやめて」なおかつ 「難民としての国外流出、支援の要請など一切なく」復興を遂げたのだった。 しかるに現代の「難民」をつくりだす国々は、「戦争(殺し合い)という愚かな行為 をやめず」なおかつ「難民支援が人道的で当然であるかのように」その恩恵を受けて いるのだ。 私は、あえて言おう。 人道的な振る舞いとは何か? それは無駄な対症療法を繰り返し苦しみを無意味に引き伸ばすことにあるのではない。 その悲惨な継続を断ち切ることこそ 人 道 的 と言い得るのである。 日本は、「難民支援」から一切手を引くべきだ。
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語《トランプ》相談室▼△▼
    • 6
    • 2017/02/09 13:08
    トランプのせいでこれから世界中で残虐な事件が多発するはずニャ★ =▼ェ▼)ミナゴロシノ トランプ ミタイナ?
  • 【「客観」は人間だけのためにあり〝主観〟はすべての生き物のためにある】
    • 2
    • 2017/02/09 11:09
    つまり、「科学」は必然的に人間を一時的に繁栄させ人間以外の生物を絶滅させるという 忌まわしき宿命をもっているということである。 そもそも科学を支配する客観的手法が、人間の五感をもとにして人間に都合のいい結果を 求めるように出来ているのだから。  *五感が自らを否定するように作用するのは、ある主観性を主体が〝意識〟したとき  だけである。 客観的認識によらない〝主観〟が捉える世界を問うことは如何にして為し得るのだろうか? 客観がもたらす「幸福のジレンマ」を解消するために、このことの言語化は急務なのだが 今はじまったばかりである。
  • 危機的状況の原因は、客観的に分析しても無駄。主観的に気付け
    • 4
    • 2017/02/09 10:21
    物事の原因究明が「無限後退」という無意味さによって否定されてしまうのは、その 物事だけを客観的事態として認識しようとする場合に限られている。 しかし、われわれは何らかの物事(特に自らにとっての危機的状況)に直面する場合 その物事が、ただ客観的に存在しているだけではないことを容易に理解できるだろう。 主観的な関わりがあるからこそ、その物事は「危機的状況」として立ち現れているの である。 なにも、宇宙を支える巨大な亀を考えることだけが、原因究明へのアプローチなので はないのだ。 原因の究明は、その物事に対する主観的関わりを捉え直すことによって完了する。 主観性を度外視した物事の客観的分析が原因究明に対して無駄な努力なのだとしても。
  • 物事の原因(是非ではなく)を誰も〝意識〟しようとしないのは何故か
    • 1
    • 2017/02/07 22:17
    支配階級が、支配される者を意のままに手段として消費することを遂行する際、よく 言われるセリフがある。 「それはきみが口を出すことではない」 しかし、このことで支配階級が支配される者に制限を加えているのは、「是非」に関 することであって〝物事の原因についての言及〟に対してではないのだ。 きわめてシステマチックな客観的事態を処理する場合の「是非」については、支配階 級がそういう言明とともに主導権をとることが許されている。だからと言って、まさ に自分自身に起こっている自分にしかわからない世界内の出来事について、その原因 に気付いた者が声を上げるとき、 「それはきみが口を出すことではない」 という権利を、いかなる支配者も持たないし持たせてはならないのである。 ところが・・・・・ 物事の原因を(誰もが自分なりに)究明しなければならない深刻な事態が発生したと き、「すべての原因は客観的に解決されるはずだ」という妄信のせいで、主観的な原因 へのアプローチは、ことごとく閉ざされてしまうのだ。 難民たちの原因への問いも 原発を推進する原因への問いも 偏差値主義的学校制度の原因への問いも テロの原因への問いも イジメの原因への問いも 貧困の原因への問いも ブラックな労働環境の原因への問いも 育児放棄の原因への問いも 動物虐待の原因への問いも
  • 戦争(殺し合い)という癌細胞が難民という肉体的症状をもたらしているのだ
    • 4
    • 2017/02/07 12:47
    この仮説が正しいとすれば、安易に難民に手を差し伸べること(外科的処方を行う こと)は、より戦争(殺し合い)状態という癌細胞を活性化させることにしかなら ないということができる。 はたして、この仮説は正しいのだろうか?
  • 〝赤に見えない〟という人に「その感じが赤なんだよ」と決めつけていいのだろうか?
    • 1
    • 2017/02/05 17:15
    社会の中にある指標のひとつを〝これは赤に見えない〟という 一人か せいぜい数人が居たとしても 多数の者にとって それが「赤」で間違いないなら その感じが「赤」なんだよ と 少数者に対しては表面的な擦り合わせという 誤魔化しがなされる 〝赤に見えない〟ことの原因は  個人のほうに問題があるからだという (客観的という)都合のいい判定が下るらしい しかし 〝赤に見えない〟ということが 個人的事象に過ぎないと言い切ることは いかなる場合にも正しいとはいえないはずだ もしかすると 本当の〝赤〟ならば そういうことはしないはずなのに それを〝赤〟だと思い込んだ別の色のせいで そういうことをしてしまっているという そういう可能性もあるから                               Berial Alfred φ
  • 心理物理量の研究~よもやまばなし
    • 509
    • 2017/02/04 21:57
    トピズレ歓迎です。自分の好きなテーマに沿って書いて頂いて構いません。(トピ主はネタに乏しいので)
  • 100tの幸福
    • 1
    • 2017/02/04 13:28
    1gしかない幸福は  100kgの不幸に打ち砕かれる でも 100kgの不幸でさえ  100tの幸福を前にすれば 真っ青になって退散するはずなんだ 1gの幸福は  自分たちを守るために武力をもつこと 100kgの不幸は  残酷で強大な武力が攻撃に使われること そして 100tの幸福は  みんなで助け合いながら生きていくこと                           Berial Alfred φ
  • 名もなき者と名もなき命と
    • 2
    • 2017/02/03 19:31
    名もなき者は 名のある者のことが妬ましいのだ つまり その「名」というのは 「社会的格付け」の別名でしかなく それを問うことの責任は 問う者である 名もなき者 のほうにも かかってくるので 名のある者からは ルサンチマンとして否定され けして名のある者の 「名」を問い直す力にはならないのである しかし 名もなき命は ちがう・・・・ それが問うのは この世の中の階級などという陳腐な概念ではないからだ 名もなき命は   生まれる前の胎児 名もなき命は   捨てられた子猫たち それを問う(問える)のは 名のある命 だけだから それを問うことの責任は 名のある命 のほうにしか存在しない 名もなき命を問うことは  名のある命を苛み続け 名もなき命を問わないことは  名のある命を狂気に駆り立てるだろう 名のある命たちよ それが おまえたちの宿命なのだ                               Berial Alfred φ
  • これからアメリカが日本に割り当てるであろう甘いチョコレートのような役割
    • 3
    • 2017/01/31 21:35
    日本の《義理人情》という一種の国民的アイデンテティを満足させる甘いチョコレートのような 「武装計画」「軍事路線」という役割である。日本人は嬉々としてそれに貪りつくだろう。 まるで餓鬼どもが欲望を満たしてくれるものに群がるように・・・・。
  • ●●●博物館の希望○○○
    • 1
    • 2017/01/31 17:51
    宇宙一の博物館   そこで見つからないものはない  幸せになる方法だって そこには必ず あるって話だった みんなそこで幸福を見つけたのさ    そのときまではね・・・・ ある日のこと 博物館の館長が こんな希望を言い出したんだ ●●●開館時間は 25時から30時までとします○○○ でも そんな時間に人間たちは誰ひとり 来ることなんてできやしない とうとう博物館には 訪れる者がいなくなってしまったんだ 小さな悪魔がやってきて 博物館の館長に文句を言った 「こんな博物館なんの意味があんだよ!」 「悪魔さん これは仕方ないのです みんなの意見を聞いた結果なのですから」 「うそだ! おまえが勝手に決めただけだろ!!」 「そんなことはありません ほらこのとおり 多数決で決まったわけです」 たしかにそうだ 25時から30時に一番多くの票が入ってる 「でも25時から30時って書いたのおまえだろ!」 「博物館の館長は私ですからw」 小さな悪魔は くやしそうに拳をふるわせて 宇宙の闇の中に帰っていった 小さな悪魔がそんなにも 博物館に拘ったのには理由がある 博物館の中には 彼の偉大な師匠である 【ルシファーの像】が安置されているからだ おお 輝ける大悪魔よ!! 幾万の天使の軍隊を たったひとりで迎え撃った金色の悪魔よ!! その像を見た者は なぜか幸福になれると信じられていたのだった・・・・・                               Berial Alfred φ
  • 走りたくない車たち
    • 9
    • 2017/01/30 21:53
    車として人の役に立てるようにと 神様に創られた者たちが なぜか 走るのを拒否しているらしい 「エンジン」として創られた者は 「ボディ」として創られた者とひとつになることで 車としての機能を獲得し 走りだすことができるのだが 最近の「エンジン」は  やれ出力数値をもっと上げろだの 燃費を向上させろだの  クリーンな排ガスにしろだの それらがすべてクリアできてからの「ボディ」マッチングということになっているので そこまで辿り着く意欲を 持続できないみたいだ 最近の「ボディ」は  やれスタイルがどうの  やれ塗装の仕方がどうの やれ高性能タイヤだ  やれ最新の安全装置だと それらがすべてクリアできてからの「エンジン」マッチングということになっているので そこまで辿り着くまでに 情熱は失われてしまうみたいだ もう ひとりのほうが気楽でいいやと そういうことになってしまうらしい せっかく  車として人の役に立てるようにと 神様に創られたのに 情けない話だよね・・・・w                         Berial Alfred φ
  • ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
    • 2
    • 2017/01/30 21:14
    ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語!《一粒の種》相談室▼△▼
    • 6
    • 2017/01/29 10:37
    人間語の「一粒の種」・・・・・地上に多く存在し何らかの客観的な成果が期待できる原因となる物質                のこと★ 際限なく増え続けるので「癌細胞」にも喩えられる★★ ネコ語の〝一粒の種〟・・・・・心の中に落ち個別の主観性によって結果が左右される偶然的な一定の                現象のこと☆ 心の中に根付けば根付くほど地上に幸福をもたらすと                信じられている〝死〟と表現される一切の出来事☆☆ニャン☆★☆                =ёェё=) ドッチヲユウセンスルカトイウモンダイジャナク ドッチカダケジャ マズイヨネッテハナシ
  • 美談はいかに伝えられていくのか・・・その意識学的解明
    • 2
    • 2017/01/28 12:35
    聖書の中の記述をはじめとして世に無数に存在する「美談」は、ほとんどの場合次の ような伝達過程を経ることが分かっている。 たとえば「イエスという男が、裁かれ(殺され)ようとしていた姦淫の女を救った」 という美談について、その流れを概観してみよう。 なお、この出来事を語り伝えようとしたのはイエス自身ではない。 彼の周りに居てその事実を目撃した者が、おそらくは記述したのであろう。こういう ことがありました、という形で。 その客観的記述は、それを伝え聞き、あるいは読んだ者に一定の感銘を与えることに なる。「さすがイエスだ」「よくそんなことができたものだ」「自分にはとても真似 できない」「彼は救世主だからこそできたのだ」・・・等々。 客観的に記述された美談は、かように客観的に妥当な解釈しか結果することがない。 それゆえ、美談は(一粒の種として)個人の主観的な〝おもい〟の中に根付くことは なく、階層化された客観的世界の引き出しの奥深くに収納されてしまうこととなる。
  • △▼△天才フィジカくんのネコ語!《美談》相談室▼△▼
    • 2
    • 2017/01/27 23:30
    人間語の「美談」・・・・カネ目当ての語り手が大勢居るただのエンターテインメント★ ネコ語の〝美談〟・・・・当人しか語り得ない〝おもい〟のこもった言葉(あるいは言葉に込められた             〝おもい〟) ニャン☆★☆ =゚ω゚)ノ キノウ ハワイ カラカエッテキタノニャ マタ ヨロピク
本文はここまでです このページの先頭へ