ここから本文です
  • 皇統について
    • 12
    • 2016/09/22 12:43
    日本の皇統は、神武天皇以来ずっと男系で続いてきたが、実はこれは側室制度があってこそ可能だった。しかし、大正天皇からは一夫一婦制となった。・今の法律だと、女の方は結婚されたら皇室を離れておられるが、結婚なさっても皇族のままでおられる方がよいのではないか?今のままだと皇位は、陛下から皇太子殿下、秋篠宮さま、悠仁さまと今の法律でも繋がるようになっているが、もし悠仁さまに男の子が授からなかった場合どうなるか?・現代の皇室において、側室制度なしで、一夫一婦制で、男系に固執して皇統が続くと信じることは妥当なものかどうか?上記事実を前提に、女系天皇について論議願います。
  • 政治学
    • 181
    • 2016/09/22 12:42
    国は、まだ、わかりませんか、地震、津波、竜巻は、自然災害、原子力は、人災、この人災補償は国民の血税ですよ。ならば総理は、今後、こんな無駄使いを無くすことが一番です。いくら経済活動で利益を上げても、溝に捨てることですよ。原発稼働前に、二度と国民の血税を溝に捨てないこと。そして、この国の経済を成長させることが、国民を守る総理の仕事。ならば、国、地方自治体と協力し、原子力依存度を下げる処置、すなわち、制度と、予算です。原子力に携わる雇用は、移り変わるですね。そして、余剰電力は、火力、水力、地熱等で制御し、安全な経済活動が進められるようにすることです。福島原発事故で、支払われるお金は血税です。こんな無駄づかい、大きいですよ。この金が、社会保障に使われれば、高齢者への年金も変わったでしょう。二度、同じことを繰り返さないでください。総理は、前に出て、この国を、生かし、経済の安全な活性化に、リーダーシップですよ。
  • 次の選挙は、どの政党にしますか?
    • 685
    • 2016/09/22 12:39
    ハッキリ言って、日本の政党はどこもダメです。しかし、今ある政党のどこかが、必ず与党になるのです。あなたは、どの党に政権をまかせたいですか?選挙に行くのを見送りますか?その時の気分だけで、投票しますか?支持する政党がなければ消去法になると思いますが・・・多数決の投票。皆さんはどうしますか?
  • 日本を分けよう
    • 146
    • 2016/09/08 09:46
     この際、国を分けた方がいいと思います。 市民が3権の制度を作る国 と 差別的身分的レイプ社会体制が契約的に奴隷を使う国 に
  • イハツのCMで訪れたこの方達も
    • 1
    • 2016/09/05 19:34
    イハツのCMで訪れたこの方達も
  • 日本人のこころを大切にする党に投票します
    • 5
    • 2016/08/23 01:08
    日本人のこころを大切にする党に投票します    次の選挙は日本人の心を映す大切な選挙です。     私達、名も無い日本人は 「日本のこころを大切にする党」 に投票します。 http://jp.reuters.com/article/idJP2015122101001571
  • 奪われし者
    • 10
    • 2016/08/10 23:20
    一刻千金・命の重み
  • ジャックされたんですか?
    • 56
    • 2016/08/03 19:34
    事情も、色々 お有りでしょうけれど、奪われた? 情けない、、。
  • 歴代内閣総理大臣偏差値ランキング 2014/1/1
    • 17
    • 2016/07/17 09:13
    70.0 伊藤博文 67.5 原敬 65.0 吉田茂、池田勇人 62.5 山県有朋、桂太郎 60.0 幣原喜重郎、大平正芳、小渕恵三、東久邇宮稔彦王 57.5 岸信介、鈴木貫太郎、山本権兵衛、加藤友三郎 55.0 福田赳夫、黒田清隆、西園寺公望、加藤高明、佐藤栄作 52.5 犬養毅、橋本龍太郎、三木武夫、田中義一、細川護熙 50.0 松方正義、高橋是清、石橋湛山、浜口雄幸、片山哲、森喜朗、鳩山一郎 47.5 岡田啓介、斎藤実、若槻礼次郎、中曽根康弘、海部俊樹、福田康夫、野田佳彦 45.0 竹下登、田中角栄、芦田均、安倍晋三、麻生太郎 42.5 寺内正毅、清浦奎吾、宮沢喜一、小泉純一郎、米内光政 40.0 広田弘毅、鈴木善幸、平沼騏一郎、小磯国昭 37.5 宇野宗佑、羽田孜、阿部信行、林銑十郎 35.0 大隈重信、東条英機 32.5 村山富市、菅直人 30.0 鳩山由紀夫 27.5 近衛文麿 http://blog.livedoor.jp/utsunomiya_marchen/
  • 政治思想・国家論・賛成?反対?
    • 77
    • 2016/07/05 14:06
    皆様、政治思想や国家論に関する肩の凝らない雑談など如何でしょう? 我々は考えようによっては面白い時代(怖い時代?)に生きているのかも 過去の常識は無価値(有害?)となり、全てを再構築する時代かも? http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E5%9B%BD%E5%BF%83 愛国心 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0 エスノセントリズム http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E5%AB%8C%E6%82%AA 外国人嫌悪 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E8%87%AA%E7%94%B1%E4%B8%BB%E7%BE%A9 新自由主義 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E7%94%A3%E4%B8%BB%E7%BE%A9 共産主義 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%86%E5%9B%A3%E6%80%9D%E8%80%83 集団思考 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9F%E6%83%85%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%B9 感情バイアス http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%95%E3%83%88 リスキーシフト http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%82%BA%E3%83%A0 トランスヒューマニズム
  • 糞トピ。
    • 61,885
    • 2016/06/30 20:05
    頑張って。
  • 拉致被害者を救助 早急に
    • 11
    • 2016/06/20 00:49
    よその国に勝手に不法入国して日本国民を連れ去るという 日本政府は何もしない ただ拉致問題という事で、かたずけてしまう本来は武力を行使してでも 取り戻すべきでしょう アメリカだったら、そうしたでしょう 日本人と言うか、日本政府は優しい 尖閣問題もそうだけど  武力を使わないまでも 北朝鮮が日本に忍び込んでやったように 日本も同じように特殊部隊を設立して 北朝鮮に忍び込んで拉致被害者を救助して 連れ戻す方法を考えるべきでしょうアメとムチもいいけど もっと感情をあらわにして言葉で非難するべきだったと思う もっと早い段階でいつまでも いつまでも 拉致問題 拉致問題と 貿易自由化問題とは違う 国民を守ると 国家としてのメンツの問題です。月日が経てば経つほどなめられる 甘く見られる
  • 甘利は
    • 1
    • 2016/04/11 03:52
    甘い
  • 【地方分権】
    • 30
    • 2015/12/22 08:41
    ご意見をお寄せ下さい。 まず、私見です。 【地方分権】に賛成の議員はかなりいるようです。 しかし、真剣に【地方分権】を目指している党は維新だけです。 では、なぜ維新だけなのか 大阪都構想から探ってみます。 初期の大阪都構想(太田房江元知事)から10年たって、 橋下氏が本腰を入れ、早5年過ぎています。 ようやく原案ができても、維新以外、全野党が反対の立場です。 反対の理由 ①、議員の議席を失う。(勿論、そんな旗を掲げて反対していません。) ②、公務員組合の反対(①と同様に死活問題) ③、様々な団体が既得権を失う。(佐賀県知事が農協支持者になった) ④、③と似ていますが、公共事業から民間へ移す事に反対する。 以上、思いつくまま、現状を書き出しました。 しかし、より多くの問題を抱えているのはマスコミと思います。 ①~④に掲げた問題点を追及していません。 議員の政務活動費の使い方を調査する位の熱をもって、 ①~④の問題を追及すれば面白い結果が出てくると思います。 例えば、 都構想が実現したら、議席を失うが、その時どうするか?・・・等
  • 替え歌で政治批判
    • 5
    • 2015/09/28 22:06
    新炭坑節 黒が出た出た 黒が出た(ヨイヨイ) アベノミクスの上に出た あまり物価が高いので さぞや庶民は 苦しかろ(サノヨイヨイ) 浮かれているバアイじゃないですね もはや、おまかせじゃなく政治を国民が鍛える時じゃなかろか?
  • “できねえ奴は留年”に大賛成
    • 15
    • 2015/09/13 15:31
    管下の思想調査を行っているとかの特高気取りの橋下大阪市長さん、今度また何を言い出すのかと思いきや、学校の生徒でできない奴はどしどし留年させるべきだ、とか。ワタシこれに大賛成!! 早く実施して欲しい。但し大阪府下の学校に限ってだ。恐らく数年を出でずして怪現象が起きよう。小学校も中学校も高校も、初年生クラスが、だぶだぶだぶだぶだぶついて、教師も学校も生徒もお手上げ、大阪府が天下の物笑いの種になるだろう。その無様な格好を是非とも見たいものだ。下手に社会へ出て苦労するよりか、ガッコで遊んでいたほうがマシ、留年競争が始まるやも。齢30にしてやっと小学校卒業なんだ。アハハハ……
  • 日本の真の問題は、人口減少。
    • 9
    • 2015/07/02 05:37
    政権交代により、自民党が復権しました。 アベノミクスで、多少にぎわっていますが・・・ 私自身、日本の抱える本来の最重要課題は、少子化による人口減少だと思います。 緩やかでも人口が増加していれば、将来の展望が画けるのでしょうが、現状では小手先の政策に一喜一憂するしかないのです。 ここでは、直近の景気策等は無視して、少子化問題に対する有効策を提案する場にしたいのですが、皆様のご意見を聞かせて下さい。
  • ナポレオン廟も宗教施設だから違憲か…
    • 138
    • 2015/06/17 20:05
    世界的に有名なナポレオン廟はロシアやドイツから見れば侵略者の霊廟であるが自然科学的文化施設としては日本の神社に値する菅原道真を祭る北野天満宮や大宰府天満宮と同じであるフランスでは国施設の兵廟院とナポレオン廟が一緒でもあり全部国家予算による国立の施設だが英雄神社でもありお布施も目的寄付としてナポレオン廟に使われていがナポレオンを嫌っている人達もフランス内外に存在する当然ナポレオン廟と兵廟院はフランス的キリスト教の作法に則っているしお隣りのドイツではキリスト教的文化に則ってキリスト教以外の信者は非文化税を払っているのを知らないのだろう一部の日本判事は仏教徒の国である日本ではあるが神道は宗教的側面と日本文化の側面がある神社に仏教徒が初詣に行くのは其の時に仏教徒が神道の信者になっている訳ではないそれは古代より連綿と続く旅人の血がDNAが神々しさに頭を下げさせるのだ思想やカルトな人々的に言う中国の孔子神社こと孔子廟だけは一党独裁軍事帝国に於いては政教分離しているとでも言いたげにやられるのはアバターやグーグルだけで済まないぞ序に言うならば日本国兵廟院の靖国神社と不明戦死者廟の千鳥が淵墓苑は一つのセットもので稲荷神社に至っては町場自然保護の原点に近いのを知らぬは頭の悪さでなく性格の悪さと言う近頃その性格の悪い腹中反日か痴呆かと思えるような文化度の低い判事が居るは不可思議だテレビに映らない食事もパンツも国民からの強制的お布施や寄付のようなものを原資として何ほどの実績があると言うのだ赤の他人の為に命の一回でも賭けた事はあるのか神社文化を憲法に追加したり同盟国の防衛は相互防衛で在日外国軍隊員は日本の法に寄り保護されると訂正もしないで少なからずの政治家や法曹人の横柄さが日本人のアイデンティティーを貶めている現実を知らずか凶悪犯罪の最初は地域文化や小さな教育から道徳観がズレる事から始まっているを知れ
  • 元、ウクライナ大使の発言。
    • 1
    • 2015/01/08 13:48
    http://www.youtube.com/watch?v=Rl7oyG4ebwk
  • 日本はつぶれるのに、
    • 3
    • 2014/08/31 18:41
    借金が怖くなくなってしまたのか、とうとう頭がおかしくなったのか 大金の夢ばかり見て 大半は、ローンだらけ 国の借金までも知らん顔 私も思うが永久の借金で死んでいく 明るい未来は来ない。お金の前では、正々堂々ともできない。破綻の火を消す人物は、永久に表れない。おかしい!
  • NWO
    • 11
    • 2014/06/13 01:32
    NWO=新世界秩序 新世界秩序と言う言葉の下で、日常的に虐殺が繰り返されている。 ここに情報を集約し、ここから情報を発信する。 悪魔たちのゲームを、ここで終わらせるために・・・。 http://blogs.yahoo.co.jp/taku2001zoo/folder/1086193.html 【羊の隠れ家】 http://blogs.yahoo.co.jp/taku2001zoo
本文はここまでです このページの先頭へ