ここから本文です
  • 誠実主義
    • 13,233
    • 2017/03/01 00:47
    誠実主義を基本に語っていきたいと思います これで自分の言動に題がピッタリくる
  • カミュ
    • 19,429
    • 2017/02/28 23:58
    カミュが好きで・・・・禅仏教者なんですが、かれのなんともいえぬ、ペシミズムというか、どうしようもない感じが好きで?、数十年アタマから離れませんでした・・ そうだな・・・異邦人でも、シジフォスの神話でもいいんですが・・・ 東洋哲学は、アラシのひとが多いんで・・・西洋哲学で、ゆったりと考える人たちが いらっしゃるのか、どうか、わかりませんが・・・ まあ、リアクションを期待しています ライナス.・愚・スペースエクスプローラー
  • get953さんと語ろう!
    • 16,699
    • 2017/02/28 21:59
    YAHOO哲学板の「知の巨人」、get953といろいろ語りましょう。getさん、よろしくお願いします。
  • §§§語学哲学§§§
    • 108
    • 2017/02/28 20:49
    語学習得現象学。テスト版。
  • Let'sPensées!
    • 1,285
    • 2017/02/27 21:18
    東哲で長く同タイトルのトピを立てていましたが ストーカーが多いのでこちらに移動しました。 話題は宇宙、芸術、エトセトラ・・・ どうぞよろしく
  • カント先生について勉強してみる。
    • 123
    • 2017/02/27 00:31
    カント先生の思想を、わかるところだけでも理解したいと願い、少しずつでも勉強していけたらなとスレッドたててみました。よろしくお願いします。
  • 女たちの冷たく静かな空間
    • 424
    • 2017/02/26 23:06
    |ω・`)
  • 哲学大図書館
    • 2,880
    • 2017/02/26 22:49
    蔵書目録
  • 自然は厳しい
    • 153
    • 2017/02/26 13:36
    自然は厳しい。 人間だけでなく動物は自然と共に生きている。 この寒さでは暖かいところもないし食料もないんだろう。 それで民間に降りてきて食べようとしているんだろう。 かわいそうだ、自然は厳しい。 地震、噴火、水害、風、雨、雪 生きることは大切であるがまた大変なことでもある。 人間はこの自然にどのように対処してゆくべきなのか議論したい。
  • ふたたび哲学者はキティちゃんが大好き
    • 2,245
    • 2017/02/26 13:26
    平和の使徒キティちゃんを愛好する自称哲学者kittydanielx再び登場です
  • キリスト教は
    • 103
    • 2017/02/25 21:08
    最悪の宗教
  • 機械で心はつくれるか?その2!
    • 3,802
    • 2017/02/25 14:53
    ウデスパーさんがこのトピを立ち上げた頃が哲カテの全盛期やったかな。 心で機械はつくれるが、機械で心はつくれるか? 先月、ディープニューラルネットワークを組み合わせたアルファ碁がプロのトップ棋士を破ったとかなんとか大騒ぎになったので再び立ち上げてみますたが、まぁ、どんなテーマでもええんとちゃうかな。 立ち上げただけで放置することもありえるけど、つくるだけつくってみた。
  • 宇宙人は
    • 13
    • 2017/02/25 01:11
    絶対いない
  • 哲学して精神病になった人集合!
    • 40
    • 2017/02/24 19:20
    私は哲学のし過ぎ、というか考え過ぎで統合失調症になりました。 今は寛解していまーす。 あんまり哲学書は読まないで自力で考えるのが好きでした。 現在、読みたい本はシオランの崩壊概論でーす。 軽いノリで精神病になった経緯、好きな本を教えて下さい。 みんなで病気を克服して、より良い哲学ライフを復活させよう!
  • 社会主義について語ろう
    • 195
    • 2017/02/21 20:10
    社会主義を中心に語っていきましょう 整理するためにスレッドを作りました
  • 民主主義=大衆独裁制を否定する新全体主義
    • 43
    • 2017/02/20 13:17
    子供たちに明るい未来を♪
  • 次元が異なると、
    • 3
    • 2017/02/16 08:19
    概念が通用しなくなる。たとえば包括の概念が。 だから、モーザーのパラドックスのような奇妙なことが起きてしまうのだろう。
  • 異次元の世界
    • 5
    • 2017/02/16 08:19
    人間が絶対に関知できない世界。 物質世界を超越した世界。 それは必ずある。
  • 世界の名曲
    • 158
    • 2017/02/14 23:19
       https://www.youtube.com/watch?v=YHforl6vnco
  • 生活原理主義の論理と心理
    • 500
    • 2017/02/14 23:18
    m9(^Д^)プギャー
  • 神の家
    • 257
    • 2017/02/12 03:53
    Ⅰペテロ 2:4 主のもとに来なさい。主は、人には捨てられたが、 神の目には、選ばれた、尊い、生ける石です。
  • 死人に口なし
    • 24
    • 2017/02/09 22:31
    利権の笹井芳樹が殺された 自殺と報道されている 死人に口なしだ
  • 民主主義について語ろう
    • 50
    • 2017/02/09 22:01
    民主主義について教えてください 多数決と少数の拒否権というのはあるそうですが、 直接民主制、間接民主制、議会制民主主義など ギリシャからどう発展しているのか 一人一票でいいのか? これなど語りましょう
  • 平和主義
    • 37
    • 2017/02/09 21:58
    平和について語っていきたい
  • いじめ問題について語ろう
    • 57
    • 2017/02/09 21:57
    いじめは、いじめるのではなく 昔いたのだが「あんたのこと嫌い」 こう言ってしまえば、イジメと言う行動に移らないかもしれない
  • 快楽主義
    • 14
    • 2017/02/09 21:55
    アタラクシア平安とヤーヴェの律法、節制、思慮深さなどについて
  • ☆ カントとヘーゲル ☆
    • 3
    • 2017/02/07 05:08
    ☆ カントとヘーゲル ☆ 井出 薫  カントとヘーゲルは、ドイツ観念論の開祖と完成者として西洋哲学史の最高峰に相並ぶ存在とされている。カントの哲学なくしてヘーゲル哲学はなかった。カントの哲学を出発点としながらその徹底的な批判を通じてヘーゲルは壮大な哲学体系を築き上げた。だが両者には大きな開きがある。  カントは、ニュートン力学以来の自然科学の成果と優位性を認め、哲学に、科学の正当性を検証・保証する理性の法廷という重要な任務を付与したが、伝統的・思弁的な哲学の自然科学に対する優位性を放棄した。自然がどのようになっているのか、どのように変化するのか、これは科学が解明すべき課題であり、哲学の任務ではない。カントの登場で、哲学は哲学固有の課題と方法を持つ一学問分野へと変容した。  これに対して、ヘーゲルは自然科学が一定の成果を挙げていることは認めたものの、あくまでも哲学の科学への優位性、先行性を堅持した。ヘーゲルの壮大な哲学体系を著した「エンチクロペディー」は、論理学、自然哲学、精神哲学の3部門からなり、自然科学は(ヘーゲルの)自然哲学に基礎付けられ、演繹されるとされている。事実、光や熱、力学的運動が自然哲学的考察から説明されている。経済学、法学など人文社会科学も精神哲学に基礎づけられるものとされる。つまりヘーゲルにおいては、全ての個別科学は依然として哲学の一分野と位置付けられる。哲学が全ての学を導き出すと言い換えてもよい。これは、カントの哲学観とは決定的に異なる。  カントからすれば、ヘーゲル哲学は、経験に基づき実証的に解明すべき問題を、哲学的思弁により解決しようとする悪しき形而上学となる。一方、ヘーゲルから見れば、カントは哲学を矮小化したものとなる。  科学技術が社会を支配していく中、ヘーゲルは多くの思想家に大きな影響を与え続けている。現代の多くの哲学者は、自然科学や技術、現代的な経済学や政治学、法学などを総じて批判的に評価するが、その際、ヘーゲルを引用することが多い。ヘーゲルは依然として巨大な存在で、その影響は表面的にはカントを凌ぐ。事実、大型書店の哲学思想棚を覗くとヘーゲル関連の著作の方がカントのそれよりも多いことに気が付く。  しかし、現代社会では、人々はそれを意識していないが、カント的思考が、ヘーゲルのそれよりも圧倒的に支持されている。カントは科学の正当性を認め、哲学的思弁で科学の課題に過剰に介入することを厳しく戒めた。カントは「判断力批判」で生命の本質や起源などについて相当に突っ込んだ議論を展開している。そこでは「純粋理性批判」では否定的に論じられた目的論的発想が溢れている。しかし、それでもカントは目的論的、哲学的思弁により生命現象の解明を目指すことを拒否する。そのような発想は批判哲学以前の悪しき形而上学への後退だとカントは考えるからだ。そしてほとんどの現代人はこのカントの考え方に同調している。ただいまどき(ドイツですら)カントやヘーゲルの哲学などに興味を持つ者はごく限られているから、皆そのことに気が付かない。しかし認知科学や正義論でカントがしばしば引用されるように、現代思想へのカントの影響は大きい。大きいと言うよりも、すでに私たちの常識の一部になっていると言ってもよい。  ヘーゲル哲学は神話的な存在となり、カント哲学は科学や政治、道徳に吸収された。ヘーゲルは哲学者や哲学に関心を持つ読者に大きなインスピレーションを与え続けている。科学技術が現代社会で猛威を奮い、人々が科学技術至上主義的な考えに毒されていく中、ヘーゲルはハイデガーと並んで現代へのアンチテーゼとして大きな意味を持つ。一方カントは私たちの常識の中で生きている。いずれにしろ、哲学など今の時代には役立たないとほとんどの者が考えているが、実際はそうではない。カントとヘーゲルに限らず、他の多くの哲学者も、現代人の思想と行動の中に生きている。私たちの思想と行動の原点を探り、その欠点と改善への道を探るうえで、今でも哲学することの意義は小さくない。 了 (H25/7/3記)
  • 男女平等論は間違い
    • 40
    • 2017/02/06 19:41
    男の方が優秀に決まっている。
  • 西哲中央政府財務省投資局 並びに 国策会社キティFX証券
    • 510
    • 2017/01/31 21:30
    アメミナカ版西哲中央政府綱領案 綱領 (案) 2011/10/14 13:39 [ No.19 / 107 ] 投稿者 : ame_minaka 一、われわれは、哲学の命運を拓き、哲学徒の自由と繁栄と幸福を増進する 一、われわれは、哲学の歴史と伝統を尊重し、誇りをもってその天分を活かし、哲学による平和実現とカルト撲滅の先頭に立つ 一、われわれは、哲学の視点に立って衆知を結集し、哲学徒の協調心と自立心と公共心に立脚する本物の哲学を実践する キティ版西哲中央政府綱領修正案 2011/10/21 6:25 [ No.109 / 199 ] 投稿者 : kittydanielx 一、ヤフー掲示板西洋哲学カテゴリーの主要メンバーたるわれわれは、哲学の歴史と伝統哲学の尊重の見地に立ち、その研究の命運を拓き、哲学徒の自由と繁栄と幸福を増進することをここに宣言する 一、われわれは、哲学が真理を目指しながらも多様で多面的な知の体系かつ営みであることを確認し、誇りをもって各自の天分を活かし、哲学による平和の実現とそれを妨げるカルト撲滅の先頭に立つ 一、われわれは、哲学の視点に立って衆知を結集し、哲学徒の協調心と自立心と公共心に立脚する本物の哲学を構築し実践することを目標とする 一、われわれの政府は西洋哲学カテゴリーの無政府状態を終息させることをその目的とするが、ある特定の思想方針でもって構成員もしくは住民を統制することを目的としない。また独善や権威主義に陥らぬよう常に反省の意識を新たにするものである    本トピは西哲中央政府の統括下にあります。腹が減っては戦はできぬ。飯を食わなきゃ哲学もできぬ。お待たせしました。構想から3年、また久々振りの西哲中央政府直系トピの設立です。
  • ARCANE 17
    • 50
    • 2017/01/17 14:26
  • シュロモー * サンド教授の衝撃的著作
    • 5
    • 2017/01/12 17:14
    [第18回] 「ユダヤ人」はシオニズムによる発明。 歴史の見方では妥協しません 『ユダヤ人の起源』 The Invention of the Jewish People シュロモー・サンド Shlomo Sand 歴史家   イスラエルはユダヤ人の国であると規定されている。ユダヤ人とは預言者モーセ(モーゼ)に率いられてエジプトを脱出し、約束の地カナンに戻ったユダヤの民の子孫であり、ローマ帝国に反乱して追放され、世界に離散した民だと信じられている。しかし、イスラエルの歴史家シュロモー・サンドさんは「ユダヤ人という民族は存在しない」という。   ――過激な本ですね。 サンド いえ、政治的には過激ではありません。私は歴史分析によって「(現在の)ユダヤ人に聖書のユダヤの民とつながる起源はない」とユダヤ人というアイデンティティーを否定しました。その点では過激です。 ダビデの時代、王国は存在せず エルサレムは当時、小さな村   ――聖書の記述は事実ではないと書かれていますね。 シュロモー・サンド氏=川上泰徳撮影 サンド イスラエルでは普通の学校で聖書の物語を宗教としてではなく、歴史として教えます。モーセの「出エジプト」は紀元前13世紀とされます。しかし、考古学の発掘の結果、そのころのカナンはエジプトの支配下にあったことが分かっています。「出エジプト」はなかったのです。私がそれを知ったのは12年前です。衝撃でした。  考古学的発掘によってダビデやソロモンの時代とされる紀元前10世紀に、強大な王国が存在したという証拠は何ひとつ出ていない。エルサレムは小さな村に過ぎなかったことが分かっています。 ――ユダヤ人の追放も否定しています。 サンド ユダヤ人はユダヤ人追放を誰もが事実として信じています。しかし、それを記した歴史書は一冊もないのです。ユダヤ考古学の研究者に質問しました。彼は「追放ではなく破壊に伴う移民だ」というのです。しかし、大量な難民が出たことを示す記述はないのです。本のなかで「追放の発明」として書きました。 (次ページへ続く) シュロモー・サンド テルアビブ大学歴史学教授。 1946年、オーストリアの難民キャンプで生まれる。 48年、2歳で両親とともにイスラエルに移住し、テルアビブ大学で歴史を専攻。 84年からテルアビブ大学で現代ヨーロッパ史を教える。 著書に「スクリーンに見る20世紀」「言葉と土地――イスラエルの知識人」。
  • 哲学中図書館
    • 134
    • 2017/01/12 00:38
    あるいは新しい高校教科書編集のための資料室アメミナカ版西哲中央政府綱領案 綱領 (案) 2011/10/14 13:39 [ No.19 / 107 ] 投稿者 : ame_minaka 一、われわれは、哲学の命運を拓き、哲学徒の自由と繁栄と幸福を増進する一、われわれは、哲学の歴史と伝統を尊重し、誇りをもってその天分を活かし、哲学による平和実現とカルト撲滅の先頭に立つ一、われわれは、哲学の視点に立って衆知を結集し、哲学徒の協調心と自立心と公共心に立脚する本物の哲学を実践する キティ版西哲中央政府綱領修正案 2011/10/21 6:25 [ No.109 / 199 ] 投稿者 : kittydanielx 一、ヤフー掲示板西洋哲学カテゴリーの主要メンバーたるわれわれは、哲学の歴史と伝統哲学の尊重の見地に立ち、その研究の命運を拓き、哲学徒の自由と繁栄と幸福を増進することをここに宣言する一、われわれは、哲学が真理を目指しながらも多様で多面的な知の体系かつ営みであることを確認し、誇りをもって各自の天分を活かし、哲学による平和の実現とそれを妨げるカルト撲滅の先頭に立つ一、われわれは、哲学の視点に立って衆知を結集し、哲学徒の協調心と自立心と公共心に立脚する本物の哲学を構築し実践することを目標とする 一、われわれの政府は西洋哲学カテゴリーの無政府状態を終息させることをその目的とするが、ある特定の思想方針でもって構成員もしくは住民を統制することを目的としない。また独善や権威主義に陥らぬよう常に反省の意識を新たにするものである   西哲中央政府の基本政策 2011/10/27 9:25 [ No.7 / 29 ] 投稿者 : ame_minaka ・カルトの撲滅 人権及び自由を侵害するカルトを撲滅する。・哲学の普及 哲学を広く深く行き渡らせる。・哲学の教育 物事の根本を教える。本トピは形式上kittydanielx氏の所有であるが西哲中央政府の直系に所属するものである。本図書館は主に新しい高校教科書編纂のために必要となる中等教育・乃至大学教養課程レベルの文献ならびに情報を収集することを目的とする。
  • 総合的陰謀論
    • 4
    • 2017/01/09 16:45
    h ttp://www.thrivemovement.com/ Foster Gamble → P&Gの創始者の子孫  ● 原子から星、超星団までトーラスを自己組織的に作る宇宙  ● トーラスは新エネルギーと幸福への鍵  ● 無料、無限のクリーンエネルギーへの道  ● オシリス神殿-岩の原子に焼き付けられたベクトル平衡体  ● 紫禁城の獅子の足-ベクトル平衡体  ● カバラ、易、DNAのベクトル平衡体  ● 地球外生命体の可能性  ● クロップサークルとトーラス、ベクトル平衡体  ● ジャック・キャッシャーの研究  ● ジェームズ・ギリランドの体験  ● ダニエル・シーハンの見解  ● フリーエネルギーの弾圧(UFO現象の弾圧)  ● テスラの放射エネルギー(フリーエネルギー)  ● アダム・トロンブリーの発明(空間から電気を取り出す)  ● ジョン・ベディーニの発明  ● ユージン・マロブの殺害  ● ブライアン・オリアリーの調査  ● エネルギー革命の可能性(キンバリー・ギャンブル)  ● 科学研究を弾圧することで利益を得ているのは誰か  ● 話がおかしいと思ったら金を追え  ● ロックフェラーのスタンダードオイル  ● ロックフェラーの農業改革、緑の革命  ● ヴァンダナ・シヴァの研究  ● 支配の手段として、遺伝子、種の支配  ● ターミネーターテクノロジー(種のできない種)  ● エネルギーと食料の一極支配、未来の植民地化  ● 巨大な銀行経営一族による他の分野の支配  ● ロックフェラー、カーネギー、フォードの支配  ● 学校教育による権威者の命令への反射的育成  ● ロックフェラー、医師会の支配  ● 製薬業界の資金的支配、治療法の弾圧  ● 製薬会社が、特許による金儲けに役立たない治療法を弾圧  ● ロイヤル・ライフ、 ガンやウィルスを破壊する治療法  ● 米国医師会によるライフ博士への弾圧  ● リーン・ケイス、ハリー・ホクシー、マックス・ゲルソンへの無視  ● 生活すべての側面への支配、金融支配-借金奴隷  ● 庶民-政府-企業統治体-銀行支配家  ● デヴィッド・アイクによる説明(経済の人為的操作)  ● ヘンリー・フォードの言葉  ● 連邦準備制度の設立(ロスチャイルド、ロックフェラー、モルガン)  ● エドワード・グリフィンの説明  ● キャサリン・フィッツの説明-金融とトーラス  ● 連邦準備制度の悪弊(2008年の陰謀)  ● ディック・ダービンの言葉  ● 国際決済銀行(中央銀行の中央銀行)  ● 支配者たちの究極の目的-全世界の支配  ● 金融支配     中央銀行システム     連邦準備制度     IMF     世界銀行  ● エネルギー支配     石油     ガス     石炭     核エネルギー  ● 食料支配     農業経営     世界取引     水資源  ● 医療支配     製薬業     医学部教育     調査  ● 情報の支配     強制的標準教育     メディア  ● 政治支配     愛国行動     監視     RFIDチップス  ● 支配家族の系譜     ロスチャイルド     ロックフェラー     モルガン     カーネギー     ハリマン     シフ     ウォーバーグ  ● 「新世界秩序」     ヨーロッパ連合     アフリカ連合     アメリカ連合     太平洋連合  ● ジャン・クロード・トリシェの話    ヘルマン・ファン・ロンピュイの話  ● ジョン・パーキンスの話(エコノミックヒットマン)      ● 陰謀の手口    1.問題を作り出す(911、市場崩壊など)    2.主流メディアによる歪曲報道    3.人々による政府への嘆願    4.やりたいことをやる(偽旗作戦)  ● 政府による逮捕などの任意性    国民監視制度の徹底    大量収容所計画の実行  ● 人口の削減(人間の抹殺)    優生学の現代性-断種(カーネギーやロックフェラーの資金)    農務省、国土保証省による    北カリフォルニアへの薬品投下計画(2007)    米政府による有毒科学物質投与計画    18カ国で毒入りワクチン投与(女性集団断種)    計画の首謀団体    デヴィッド・ロックフェラー人口評議会    健康教育福祉省(ネルソン・ロックフェラー次官)    世界保健機関(ロックフェラー設立)      シンジェンダ、USDA、国防総省による遺伝子組み換え実験    (男性が食べると精子を殺して不妊にする)    人口削減計画の内容     毒入り水、食品、ワクチン     ケムトレイル(殺虫剤の散布)     GMO食品(食品照射)     戦争(人為的疫病)   ● 専制政治と自滅の道 対     地球上の人間を豊かに幸福にする道   ● 希望の道     エリザベス・サートゥリス(進化生物学者)の言     バーバラ・マルクス・ハバードの言     人類史上最大の革命運動へ     ポール・ホーキン(自然資本機関創立者)     インド、ヨーロッパのフリーダムゾーン(ヴァンダナ・シヴァ)     ボリヴィア(外国資本による水資源の買収の阻止)     h ttp://www.thrivemovement.com   ● 個人でできること      情報を共有する      中央銀行ではなく地元銀行へ      連邦準備制度を解散するための闘い      独立メディアを支援する      有機農産物にかえる      再生可能エネルギーを支援する      クリティカルマスアクションへの参加        ● 来るかも知れない未来の世界像      自由視点 誰も他人を侵害しない      ルードウィッヒ・フォン・ミーゼスを模範に            インディアン撲滅の反省を起点とする      (先住民の土地を奪い、女性や子どもを虐殺し、       残った人々のほとんどを貧困に追いやった。       500以上の条約はみな破られている。)      未来の世代のために      第1段階 防衛費の半減           連邦準備制度の廃止           による年間1兆ドルを環境、食料問題に使う      第2段階 政府の役割の縮小、生態系、通信を管理する           役割を縮小する           人々の収入の増加           第3段落 自由の拡大から           強制的な課税や強制的な統治はない           規則はあっても支配者は存在しない           個人の権利と相互依存の世界               ● トーラス 個人の肉体から社会の存在まで      合気道の原理 原子や銀河の動きを真似る平和への道      「合気とは敵と戦い敵を破る術ではない。       世界を和合させ、人類を一家たらしめる道である。」                -植芝盛平      ガンジーとキング 非暴力的抗議へ      トロイドシステムの中心にある0点と、無限の意識      キョウド・ウィリアムス 『黒人であること:禅と      生の技術、恐れなく恵みとともに』      エイミー・グッドマン 民衆の力を信じる
  • もしも 死後の世界があったなら、
    • 9
    • 2017/01/08 12:07
    人間は、死んでからも、苦労しなくてはならないだろう。 そんなの御免だ。
  • カミュ・DEUX
    • 3,424
    • 2017/01/03 08:16
    カミュのスレッドをこちらに移動します。 スレッド主は愚さんです。 どうぞよろしく
  • ◆認識と記憶◆
    • 462
    • 2017/01/02 20:16
    音楽現象学
  • ロスチャイルド VS ロックフェラー
    • 5
    • 2017/01/01 16:29
    ある程度真実だろう http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe600.html
  • ♪特殊相対性理論の超簡単な解説♪
    • 9
    • 2016/12/31 04:09
    真の実在である4次元多様体 (=数学的構造物 ) は、人間の認識上の規約*仮定である、時間*空間の影響を受けず、人間の認識から独立した、それ自体の不変な数値を有する、ということ。( 時間*空間座標変換の影響を受けない )
  • 特殊相対性理論も理解できない馬鹿が
    • 6
    • 2016/12/31 04:09
    何を勉強するのか
  • カトリシズムと哲学とのリベラルなる交流
    • 2,911
    • 2016/12/28 07:32
    正式トピ名 カトリシズムならび諸宗教と哲学とのリベラルなる交流luke vsop氏との108協定により本トピは開設されるトピ主 kittydanielx支配人・管理人 luke vsop2008 108協定?司令部トピの内容を見ていただけるとおわかりだと思うが、西哲カテにおけるあなたへの評価は極めて厳しいものがある。この小生とてあなたに完全に気を許しているわけでは無い。?新たに設立するトピはあくまでカトリックと西洋哲学のリベラルな対話あるいは討論を主旨とするものにしていただく。どちらかの優位あるいは宣教が密かに前提とされるものではない。?いわゆるはしにも棒にもかからない、水準の低い××教徒に対しては、相手に応じて優しくあるいは厳しく叱責して退散してもらう。これは共同作業です。?あなたに疑問な点がハッキリ顕在化した場合は、あなたに当カテからご退去いただく。?まずあなたが(失礼ながら)カルト系組織の人間ではなく、正真正銘のカトリックだということを誓っていただきたい。以上の条件(仮に108協定と呼んでおきましょう)を認めていただきたい。 ※108協定は2008年10月9日 午前0時0分 成立した。
  • 医療(猟)の陰謀
    • 97
    • 2016/12/25 14:09
          医学のペテン、栄養学のペテン  ガン(検診)治療の嘘  血糖値問題  高血圧で儲ける医薬業界  人間ドッグに行くな(船瀬俊介)  肉や牛乳が最悪の発がん物質  自然医療、腹4割の空腹で最高の人生  https://www.youtube.com/watch?v=_WhTvqcLMtY
  • ビッグバンとビッグクランチ
    • 2
    • 2016/12/25 11:04
    ビッグバンとビッグクランチは、以下の4次元球面S3の回転に相当すると考えられる。 http://www.dimensions-math.org/Dim_CH7_JP.htm ★3次元空間にある曲面は,空間に無限遠点を加えた S 3 の曲面であると考えられる. S 3 は4次元空間の単位球面であるから,4次元空間の回転で回転させて,それをステレオグラフ射影で再び3次元空間に射影することができる!回転面として得られるトーラスから出発すると,こうして得られた曲面はデュパン・サイクライドと呼ばれ,19世紀に盛んに研究されたものである.ステレオグラフ射影は,北極を通らない円周を円周に射影するから,回転面として得られるトーラス上に4通りの円周の族があることから,デュパン・サイクライド上にも4通りの円周の族があることがわかる… 3次元空間内に回転面として得られるトーラスをとり, S 3 内の曲面と考えて,4次元空間の中で徐々に回転させ,そのステレオグラフ射影を見ると,デュパン・サイクライドが徐々に形を変え,それが北極を通過する瞬間に爆発し,再び元に戻るのが観察される.このときに,経線は緯線に,緯線は経線に写されていることと,トーラスの面の内側と外側が入れ替わっていることがわかる! ★ つまり、4次元空間の中で徐々にS3(4次元球面)を回転させた場合、S3(4次元球面)の回転が北極に達すると(S3が1回転すると)、それを3次元空間に射影して観察した場合、トーラスが爆発し、トーラスの面の内側と外側が入れ替わっている(=ビッグバンとビッグクランチが起きる)現象に見える訳だ。 *つまり、4次元球面S3の回転が、我々3次元の世界では、 <ひっくりかえり>=<ビッグバンとビッグクランチ> として観測されるのだ。 簡単に述べれば、3次元空間は、4次元空間の射影であると言うこと。 そして、4次元球面の回転を3次元空間に射影すると、ビッグバンとビッグクランチ(トーラスの爆発と、ひっくり返り)として観測される事になる。 *こう考える場合、ビッグバンとビッグクランチは、同時に起きている事になる。 参考 http://www.dimensions-math.org/Dim_CH7_JP.htm
  • ユダヤ人の起源 ー シュロモ*サンド教授の力作
    • 2
    • 2016/12/25 00:15
    「ユダヤ人の起源」(シュロモー・サンド著 高橋武智監訳 佐々木康之・木村高子訳 浩気社)  衝撃的な、あまりにも衝撃的な写真でした。「DAYS JAPAN」(2010.6)に掲載されていたものですが、2008年12月27日に突然始まった、イスラエル軍によるガザ地区への攻撃を撮影した写真です。戦闘機60機がガザ地区を標的に空爆を行い、この日だけで少なくとも195人が死亡、300人以上が負傷しました。その中の一枚に、国連が運営するベイト・ラヒヤの学校に降り注ぐ白リン弾と逃げ惑う人々を撮影した写真がありました。白リン弾とは、100以上の子爆弾を空中で放出し、糸を引くように落下しながら燃え続け、人間の皮膚につけば筋肉はもちろん骨まで焼やすという残虐な兵器です。意図的かどうかはわかりませんが、子どもたちのいる場所を、このような残虐な兵器を使って爆撃したというのは紛れもない事実です。イスラエルはこの攻撃を「ハマスに襲撃されている人々を、白リン弾の煙幕で保護しようとした」と説明していますが、撮影したモハンマド・アベド氏は「ハマスなどいなかった」と証言されています。  なぜこのような行為をするのか。イスラエルという国のありようについては常々関心をもっていましたが、それを考えるための一助となる本に出会えました。「ユダヤ人の起源 歴史はどのように創作されたのか」(シュロモー・サンド著 高橋武智監訳 佐々木康之・木村高子訳 浩気社)です。本書の意図を、著者はこう簡潔にまとめられています。  一言でまとめるなら、ユダヤ人とはいかなる存在か、一般に受けいれられているユダヤ人観が当を得ているかどうか―その既成観念を、これまで二〇〇〇年来書かれてきた各種の「ユダヤ人史」の再検討を通じて、転倒させ、それに代えて、現実の世界でのユダヤ人の実像を再構成しようとした書物といえよう。(p.19)  周知のように、聖書に記されている、パレスチナの地におけるユダヤ国家の繁栄、そしてローマ帝国によるそこからの追放、そして離散、この"歴史的事実"が、イスラエルという国家がこの地を占拠しアラブ人を追放する根拠になっています。著者は、該博な知識と鋭い分析を駆使して、この"歴史的事実"は、現在におけるイスラエルの存在・植民活動・軍事行動を正当化するために、聖書を利用して創作したものだと指摘されています。さらに、ユダヤ人とは単一で統一された「種族」ではなく、多種多様な起源をもつ無数の文化的・言語的集団であったと、ユダヤ教の広範囲にわたる布教を軸に述べられています。そして、それらを根拠につくられたイスラエルという国家が、そこに住むすべての市民の国(総人口の五分の一はアラブ系市民)としてではなく、他国で暮らしつづける全世界のユダヤ人の国家のものだと見なしつづけていることを厳しく批判されています。そしてアラブ系市民への凄惨な迫害を"イスラエル内部にうがたれている黒々とした亀裂"と語る氏は、この亀裂から国家を救いだし、周囲のアラブ国家とのきわめて不安定な関係を改善していくためには、ユダヤ人本位のアイデンティティ政策を根本的に変え、国内のパレスチナ系イスラエル人セクターとの関係をその隅々にいたるまで変える必要があると結論されています。本書がイスラエルでも大きな話題となったのは、テルアビブ大学で現代ヨーロッパ史を教えるユダヤ人学者であることによるのでしょうが、冷静かつ真摯な叙述と豊富な史料を駆使した論理的な分析によるところも大きいと思います。もしかすると、アラブ系市民への抑圧を遂行また支持するイスラエルの人々は、この地を占拠する歴史的な根拠はないということにうすうす気づいており、それを意識の底から追い払うために過剰なあまりにも過剰な反応をしているような気もします。イスラエルという国を知り、理解するために必読の書、お薦めです。最後に著者の言を引用します。  私は本が世界を変えうるとは考えていないが、世界が変わりはじめるとき、世界はこれまでと異なる本を求めるものと信じている。(p.16)
  • アポロ陰謀論
    • 28
    • 2016/12/23 02:49
     内部告発者たち     「オライオン計画」との整合性  「秋山豊寛」インタビュー
  • 911陰謀論の現在
    • 85
    • 2016/12/22 08:15
        2001年9月11日、ニューヨークのワールドトレードセンター北と南が、アラブ人にハイジャックされた旅客機に激突され炎上、その後、崩壊した。他のビルも破壊されている。同日ペンタゴンにも突っ込まれ、4機目はシャンクスビルで墜落した。  これらに関する公式見解は、911コミッションレポート最終およびオーソライズド版が公表されている。WEBでは無料で読むことができる。  2006年、ルース・チェンジというDVDが作成され、公式見解を否定し、有名になった。日本では数回テレビ番組となっている。このDVDによって、多くの人たちが公式見解を疑いだし、現在では膨大な情報がインターネットに発表されている。  ところが日本では、例によってジャーナリスティックな話題はすぐに消えるように、今日この話について、とくに目立って追求するという姿勢は存在しない。  だが、15年の間に911陰謀論は想像を絶する広がりと深みを獲得している。個人でこれらすべてに目を通すことはかなり難しい。以下の紹介は大海の一滴程度のものである。
  • 全ての人がユダヤ教徒になること
    • 7
    • 2016/12/12 22:09
    それが必要です
  • ♪Chocolate.City
    • 562
    • 2016/12/11 16:01
    http://www.youtube.com/watch?v=uogSHKOEWVU スレッドタイトルにリンクするこの曲を「どうせパーラメントでしょ」、 と読んだあなたは、かなりなチョコレート好きですね! でも残念でした、オープニングはソウルパワー全開なジェームズブラウンライブ、 「♪The Payback」でいきます!
  • イアン・ハッキング 表現と介入
    • 120
    • 2016/12/10 12:20
    ちくま学芸文庫
  • 2000年後に祖国を再建したユダヤ民族
    • 8
    • 2016/12/09 12:32
    こんな民族、他には いない
  • カインとアベル物語の真相
    • 1
    • 2016/12/09 11:32
    創世記のエピソードは、そのほとんどがシュメールの宗教的テキストを換骨奪胎して作られています。 ノアのエピソード、楽園のエピソード、バベルの塔の言語の混乱エピソード、最初期の人類の異常な長寿エピソード、などです。 それらは、シュメールのギルガメシュ神話やエンキ神神話を基にして改変されているのです。 ユダヤ人はシュメール人に根源を持つ、メソポタミアの宗教体制を否定するために、そのような文学的操作をしたのです。 このように考えると、カイン(鍛冶師) のエピソードも当然、シュメール神話を起源としていると考えられるのです。 カインのエピソードは、シュメール神話の中の知恵の神であり鍛冶神の役割を担っていたエンキ神を非難否定するためにユダヤ人により意図的に作られたものなのです。 カイン(鍛冶師)を非難することにより、エンキ神(鍛冶神)の宗教(シュメール・メソポタミア)体制を否定しているのです。
本文はここまでです このページの先頭へ