ここから本文です

何でも話しませんか

  • 9,396
  • 2
  • 2017/06/22 20:30
  • rss
  • 1

    *****

    ワンパターンの毎日
    なんでも結構です。
    同じ経路を往復の毎日
    環境の違う方、いろいろと考え方の違う方
    なんでも結構です。
    お話しませんか

  • <<
  • 9396 9377
  • >>
  • 9396(最新)

    kon***** 6月22日 20:30

     忙しさが・・・                  
                                
     そうですねぇ、一面では忙しさが
    あれこれ悩んだり考えたりする時間を無くしてくれる
    一番の特効薬になっているのかもしれませんね
    そう考えるとお母さんが助けてくれている
    と言ってもいいのかも

     野良は常用に近く下剤の服用をしてるからか
    一度の服用量がかなり増えてるにもかかわらず
    かなり効果が薄れてきています
    用法容量を見るといちどきに
    大量に飲んではいけないと書いてるのですが・・・
     今年はドックを受けてみようかなぁ

     話は変わりますが、今月初めにびわいちのうち
    北湖をほぼ一周してきました
    ほぼというのは行きは長浜までの直通があるのでそれを利用し
    帰りは電車の便などが長浜より米原の方が多そうなので
    完全一周とはいきませんがそれで良しとしました
    予定では一日の走行距離を100キロくらいまでとし
    湖西で1泊の予定だったのですけど
    宿がとれず探し探してるうちに
    彦根の外れ、ほぼ米原近くになってやっとホテルに投宿できました
    当初からホテルを考えておけばよかったかもしれませんが
    当初はあまり高くない宿を・・・と考え
    こじんまりした所を探してたからか
    どこへ行っても予約のない方はとか満員ですなどと
    断られ断られてとうとう150キロ近く走ってしまいました
    そして驚いたことに、ホテルもそれほど高くなかったのです
    これはありがたかったです
    今回少々無理をしたからか
    膝の痛みがいまだに治まってくれなくて
    歩いたり、立ったり、座ったりに少々難儀しています
    帰って来てから一度浜を走った後
    暫く自転車にも乗っていなかったのですが
    今日ローラーにひさしぶりに乗ってみたところ
    歩いたりする事よりもかなり楽に乗れました
    このままだと足がなまってしまいそうなので
    無理しない程度に浜に走りに行こうかと思ってます

     自己中で勝手な事ばかり書きました

  • こんにちは! 6月22日 晴れ

    晴れとは書きましたが、梅雨の合間の晴れなので午後から雲が
    出始めました。 今日は母の訪問入浴と訪問医療の日でした。
    13時に入浴、14時に医療の予定でしたが、入浴の業者さんが
    遅れてしまい、入浴の支度を始めた頃にお医者さんが来てしまい
    ました。 母が裸になる前でしたので、検診を先にして貰ってか
    らの入浴になりました。

    私の次の診療は来週の火曜日(27日)の予定です。 かぁちゃん
    が休みを取ってくれて同行してくれるとのこと… 今後の放射線療
    法の内容を聞くためなのでしょうねぇ… この年ですから、私は
    ある程度の覚悟はしておりますが、周りの者は気がかりなのでしょ
    うねぇ…

    子猫さん
    お陰様でまだ母の介護で自分の心配をする時間があまりありません。
    これも、母が私を助けてくれているのかしらぁ…?

    こんな私が言うのもおこがましいのですが、検診は受けた方が良いと
    思います。 最近の医学は進んでおり、早期発見でしたら癌は殆ど治
    るそうです。

    成る程…
    お友達も背骨の骨折で寝たきり状態で認知症での出てしまったのか
    しらぁ…?

    頭がしっかりしている時に、自分の考えを家族に伝えておかないと
    辛い延命治療をされてしまう場合があります。 私の場合は、食事
    自分でが取れなくなったら、延命治療をしないで痛みだけを取って
    くださいとお願いしました。

  •  レスありがとうございます                    
                                   
     書き込みをするのも馬鹿らしくなってしまったのかと
    心配しておりましたが、介護にも忙しかったとのこと
    了解です
     毎日が我々のようにただ過ぎゆくだけではなく
    一歩一歩としっかり確認しながら過ごすようになったのだろうと
    想像しております
    恐がりの野良は医者から大腸検査しませんかと言われたまま
    もしも・・・との恐れの方が強く
    まだ踏み切る事ができてません
    大腸は、もし悪い場合転移も早いと聞いてます
    今市役所からの通知の中に人間ドックの申し込みも入ってるし
    その中には大腸検査も入ってるのでどうしようかと思案中です
    年の初めに事故で入院したままになってしまった連れからも
    ドックは受けなはれ と数年前から言われ続けてるのですが・・・
    その連れは背骨の複雑骨折で寝たままになってしまい
    昨日も見舞いに行ってきましたが
    ナースコールの手元スイッチが手の届かない所へ
    置かれています
    そのため昨日は大声で何か言ってましたが
    全くのぞきに来る気配がありませんでした
    確かに、言ってる内容があれこれ混じりあってしまい
    現実の事ではないようだと感じはしましたが・・・


    思えましたが・・・

  • 仔猫さん
     レスです。

    大腸検査
    肛門から管を入れる検査ですよねぇ・・・
    検査自体はたいしたことが無いのですが、その前の大腸を綺麗にするための仕度が
    大変ですよね。 そうそう、年齢が行くと毎年した方が良いそうです・・・

    はい
    いまの検査方法では、転移が見られないとのことです。 最初の医者は全摘を進め
    ていましたが、その医者の紹介してくれた癌センター上がりのお医者さんは二択を
    示してくれました。

    母は、大腿骨頸部の骨折でした。 
    手術してもその後のリハビリをやらなければ、そのまま固まって動け無くなるとの
    ことなのです。 認知症が進んだ母にリハビリの強制は無理なので同じ動け無くな
    るのでしたら、痛みが伴う手術を敢えてする必要は無く車椅子の生活を続けた方が
    ベターとの結論になりました。 認知症が進んだ母は、そのストレス自体がもう無
    いような感じなのです。

    はい・・・
    いままで漠然と生活をしてきましたが、今回の件で、命に限りが有ると教えらえた
    ような気がしました。 一時期は落ち込みましたが、覚悟を決めてしまうといま生
    きている時間を大切に過ごしたいと思います。 夜寝て、朝目が覚めたとき、ああ
    今日も生きているという感謝の気持ちになります。

    ですねぇ・・・
    今年も、もう半年を過ぎてしまいます。 病気が解ってから二ヶ月目に突入です。
    長いような短いような・・・ 日々を過ごしております。

    はい
    有難うございます。 書かなくなって一ヶ月以上過ぎてしまいましたねぇ・・・
    落ち込むよりも、母の介護に追われておりました。 これも母が私にくれた贈り物
    だったのかもしれません。

  • こんにちは! 6/17 晴れ

     ご無沙汰しておりました。 
     ここ一ヵ月間、母の介護と自分の病でなかなか書く時間が取れませんでした。

     母は、ディケアー、シュートスティに行けなくなり自宅で寝たきりの生活になってしまいました。
    朝6時に母をトイレまで連れて行き、ゴム手袋をはめて肛門あたりを刺激して便を出します。
    その後、スポンジに浴用洗剤を一滴垂らし前後ろを拭き、ペとボトルに入れたお湯を注ぎます。
    下半身裸のままベッドに連れて行き、ベッドの上に広げたビニールの上で拭き紙お襁褓を穿かせます。
    なんだかんだで、30分ぐらいかかりますねぇ・・・。 

     寝たきりの場合は、褥瘡(床ずれ)が心配になりますので、防止策として抱き枕やクッションを
    敷いて寝かせます。 この作業は、3時間おきに交換するお襁褓の時に左右を入れ替えるようにし
    ております。

     食事は、自分から食べようとしないので一日2食で流動食になりました。 市販の物を買ってき
    たり、お湯に浸した固形物をブレンダーで砕いてスプーンで飲んで貰っております。 左手で母の
    下がってくる頭を支え、右手にスプーンを持って食べさせますので、約1時間ぐらいかかってしま
    います。  

     そうそう、医者やディケアーに出かけなくなったので、代わりに訪問医療、訪問歯科、訪問入浴
    をお願いしました。

     母の介護で自分の病に気を病むことも少なくなっておりますが、紹介された病院が大きな病院な
    ので、月一回のペースの通院になっています。 先日、行ったときに言われたのは、前立腺の全摘
    か、放射線照射治療の選択を迫られました。 効果的にはどうかと聞いたところ、どちらも変わら
    ないとのことでした。 私がブラキセラピー治療を聞いてみたところ、貴方の数値では効果が少な
    いと言われてしまいました。 母の介護があるので入院しないで出来る放射線照射治療を選びまし
    た。 この選択が、凶と出るか吉と出るかは、神のみぞ知る・・・ ぐぁ、ははは!

    レスは、また時間のある時にさせていただきます。

  •  上中下                       
                                  
     月をこの3つに分けるとすれば、今日から中旬入りです
    さぶやんの書き込みが無くなってずいぶん経ちます
    あれこれ慌ただしく毎日を過ごしていて
    書き込む時間的余裕がないのなら仕方がないですが
    もし、無常観とかやるせなさで欝々してるのであれば
    たまには気分発散のために何でも結構ですから
    書き込んで見られたらいかがかと・・・
     余計な事をと思わないでくださいね

  •  あすから                       
                                  
     もう6月に入ります
    日にちの過ぎゆく速さ
    過ぎてしまうまでは1日が1年が
    それなりの重みをもってますが
    過ぎてしまえば
    なんやったんやろなぁ・・・なんて

  •  ひとこと                     
                               
     一言書いてもやはり人事なので
    さぶやんの気持ちを深く察する事も出来ないだろうし
    ひとことやとおもて・・との意識が働くと思います
    ただ、事実が判明しても進行の遅いものだと
    さぶやんが書いておられましたから
    何かで気晴らしを考えられればいいのですが・・・

  •  大腸検査                        
                                   
     はい、野良も40歳になった頃一度受けた事がありました
    それ以降受けることなく現在に至ってます
    医者からの督促もないのでそのままにしております

     連休も毎日が日曜となって久しいからか
    朝散歩を兼ね、その日の野菜などを買い出しに出かける毎日です

     転移がなかったとのこと、ひと安心ですね
    ミクロの転移というのもこわいですが、ガンそのものの進行は遅いと
    この間書いておられたので、医者が勧められるように
    早い目に全摘されるのが一番かと野良も思います

     お母さんの股関節だったのですか
    やはり女性の方が骨がもろいのでしょうか
    入院をすれば認知症が進むのはベットでの生活が
    運動量減少に速結してるからかもしれませんね
    野良のお袋も5カ月余り入院しましたが
    入院前は内科医から認知ではありませんと言われてたのですけど
    その内科医が巡回に回ってる時お袋のしぐさを見て
    認知症の典型的症状ですと言ってました
    担当が整形医に代わってたので、
    それ以上あまり口をはさんできませんでした
    おそらくそれ以上処置の仕様が無かったのかもしれません
     お母さんの治療を手術をすることなく訪問医療にかえた場合
    骨折したままだと歩くことが相当に不自由になって
    思うように身体を動かせなくなることにじれて
    ストレスをためないようにできるのでしょうか・・・

     書き込みは落ち着いて余裕のできた時でいいですから
    あれこれ忙しいと思いますが焦らないようにしてくださいね

  • おはよう! 5/11 晴れ

    母を迎えに行く前の書き込みです。

    仔猫さん
    なるほど・・・
    大腸検査はやる時よりも、事前の準備が面倒ですよねぇ・・・
    食事を抜いて、下剤を掛けて大腸に便が溜まっていない状態で
    検査するのですからぁ・・・

    ですねぇ・・・
    患者さんよりも、回りの方が落ち込んでしまいますよねぇ・・

    ですです・・・
    考えても仕方が無いことは,考えないようにしております。
    夜寝て朝目が覚めれば、有り難い! 今日も生きていた・・・
    と思えるようになりました。

    ここまでくると・・・
    ケセラセラでなるようになれと思ってしまいます。
    生者必滅ですからねぇ・・・

  • こんばんは! 5/10 小雨後曇

    皆さんは、連休は如何過ごされましたか?
    我が家は、私の病や母の介護が有り何時も通りの日々を過ごしておりましたが、
    5月6日の朝、母を起こしたところ右足が痛いとの仕草をしておりました。 
    連休明けの5月8日に午後から母の内科診察予定日でしたのでその時に整形外科
    にかかることにしました。

    5月8日の午前中は、私の前立腺癌の最終診断があるのでかぁちゃんが仕事を休
    んでくれて一緒に行きました。 現在の所、転移はしていないもののミクロの
    転移はあるかもしれないので早めの全摘手術を受けるようにと大きな病院を紹介
    されました。 予約を入れてくれたところ、翌日の9日に診察が受けられるとの
    ことでした。 

    午後から、母を連れて通院、内科の診療を受けた後に整形外科の診療を受けまし
    た。 レントゲン検査の結果、右大腿骨頸部骨折とのことで即入院・・・
    医師の話では,心臓は強いので手術に堪えられるが、入院すると認知症が進むと
    のことでご家族で相談してくださいとのことでした。 

    5月9日 午前中に紹介された病院に一人で出向き診察を受け、午後から長女と母
    の入院用品を持って母の入院先に出向き、医師と面談、現在の母の認知度では無
    理して手術をする必要が無いことと痛みも通常の人ほど感じていないとので自宅
    での訪問医療に切り替えた方が良いとの結論に達しました。 母の退院は明日11
    日になりました。

    …っということで、取り敢えずご報告まで…
    レスは、母の退院が落ち着いたらまたさせていただきます。

  •  もしかすれば                        
                                   
     あれこれ考えすぎないで・・・と言っても
    他人事だと思って・・と感じるかも知れません
    今までだと何事もなく通り過ぎてきた毎日が
    感慨深く貴重な毎日と受け止めるか
    押しつぶされそうな日を過ごすか・・・
     野良も受けに行ってない検査
    根には嫌な結果になった時に
    受け止める事ができないかもしれないという怖さがあるからだと思います
    とはいえ、野良の場合もあとの事をしっかり決めておかないと
    ひとりでどうやって生活していくのか心配でたまらないものが・・
    ケ・セラ・セラ などと言ってられるのは
    やはり自分に関係がないからと
    どこかで思ってるからだと思います
     平常心という言葉を大切にしていますが
    その平常心が野良の場合
    何かあればすぐフラフラしてしまう
     あと3年で古希を迎えようというのに・・・

  •  検査                    
                                 
     じつは・・・  野良も医者から大腸検査をしてみませんかと
    半年 ? 1年 ? ほど前から言われているのですが
    返事を保留したまま今になっております
    というのは前から時々書いてると思いますが
    通じがかなり悪く今では薬が無ければ出なくなってるので
    もしかすればポリープが通じを阻害してるのかもしれない
    と言われてますが、もしそうだとすれば怖いので
    相も変わらず通じ薬で押し出してるという按配です
     情けないですねぇ

     親よりは・・・
    そうですねぇ、表面的には物事を理解できなくなったように見える
    お母さん、随分心配してるかも知れませんよね
    しっかり介護してる元気な姿を見せてあげて安心させてあげたいですね
    長兄も自分が入退院を繰り返してるので
    お袋の事をかなり気にしてはいましたが
    その当時入院をしていたことをもし告げると
    大阪までくる体力がないにもかかわらず
    行くと言って聞かないだろうから
    結局最後まで現状を知らせずじまいでした
    あちらでお袋と会って、理解してくれることを祈ってます

     話が飛んでしまいました

     ガンに進みの早いものと遅いものがあるのですね
    という事は、まだまだこれから進む医療技術
    その違いは何かを突き止めればもっと進行を遅らせ
    ひいては止める事も出来るかも・・・
    などと勝手なことを想像しました

  • おはよう! 4/28 晴れ

     ・・・っと言うことで、昨日二度目のMRI検査に行ってきました。
    背骨の陰を調べるためです。 素人的には、木工業の関係で重い物を
    担いだときに腰を痛めているのでその影響かと思っているのですが。

     薬は、癌対策に非ステロイド性の抗アンドロゲン剤の「ビカルタミ
    ド80㎎(ホルモン剤)」と尿路結石や前立腺肥大症に伴う排尿障害の
    治療を目的に用いられる「タムスロシン塩酸塩OD錠0.2㎎」が処方さ
    れました。

     ともあれ、ネットや本で色々調べましたが前立腺癌は進行が遅くて
    手術をしてもしなくても寿命は変わらないとか、これを食べれば癌を
    克服できるとか、いろいろありますねぇ・・・ かぁちゃんが友人に
    聞いてきたのが「ブラキセラピー」なる治療法です。 放射性物質を
    治療する部位に留置して直近より治療する放射線治療だそうです。

     さてさて、どうなるのか解りませんが、漠然と考えていた死期が近
    づいた事だけは確かです。 いまのところ、母よりは先に逝きたくは
    ないのですが、それもわかりませんねぇ・・・

    仔猫さん
    ですねぇ・・・
    以前の医学ですと癌の発見がいまほど進んでいなかったのでしょうね。
    そうそう、それと戦後に入ってきた洋食の影響も癌患者を増加させた
    要因とか? やはり、日本人は昔から食べて来たものを食べることが
    健康的なのでしょうねぇ・・・

    はい
    誰でも癌というと死に直結して考えてしまいますよねぇ・・・ 
    その癌の中で進行が遅いのが、前立腺癌だそうです。 
    っとは言っても、癌は癌なのでいずれ身体に広がって死に至ります。
    漠然と考えていた死期が近い将来に迫ってきたと認識しました。
    考えてみたら,後2年で古稀ですからぁ・・・ それも仕方の無いこ
    とですよねぇ・・・

    ありがとうございます。
    生者必滅、会者定離 人間いつかは死ぬのですからねぇ・・・
    ま、せめて母よりは長生きしたいのですが、それもままならないこと
    でしょうねぇ・・・

  •  思いつめないで…                     
                                   
     と言ってもむなしく聞こえるかも・・・
    平静な時なら、時が来れば仕方がないと受け止められたものも
    いざ身に降りかかってみると
    あれこれ、あれこれと気になることばかり
    何の手助けもできません
     肩の力を抜いてというのも他人事だからかも
    言葉というものの難しさを感じます

  •  ガン                         
                                  
     日本人の二人に一人がガンにかかる時代が来る
    と聞いたこともあるように思いますが
    知ってる方からの言葉はかなり重いものが在ります
    以前新聞とかテレビで騒がれた特効薬が劇的に効く
    と聞いたこともありますが
    あれはまだテスト段階だったのかもう使用されてるのか
    わかりませんが
    もし使えるチャンスがあれば・・・などとも考えました
     どうしてもガンという言葉を聞くと
    言葉に詰まってしまいます
     長兄の場合は20年程前に肝硬変の末期になり
    医者から確実のガンに移行しますと聞いてたのですが
    思ってもない所からの言葉はすごくショックが・・・
     ごめんなさい
    書けば書くほど変な方向に言葉が走りそう

     大阪と奈良の間の距離
    はい、この間初めて走った時は車に乗っていた頃のように
    高速を使う事もなく走るので全く予想もつかず緊張しましたが
    意外と距離が短い事に驚きました
    こころ旅で時々地図を広げてますが
    そのように奈良の地図を買おうかと思ってます 

     膝の痛みはかなり以前から持っていたのですが
    暖かくなってきたりするとつい、忘れてしまえる程度でしたが
    自転車はあまり良くないのか、
    ローラーでキロ単位を走るようになってから
    常時痛みを抱えるようになっています
    老化は足から・・・と言われてるので
    子の痛みと脚力の教科のバランスをどうとればよいか
    と悩みつつも出来るだけ長い間頑張らないと姪っ子がと
     つい、考えてしまいます
    あれこれ考えても
    お迎えが来ればどうあがいても仕方が無い事ですが・・・

     さぶやんの事も考えず例の通り勝手な事ばかり書きました

  • こんばんは! 4/23 曇

    ここ一週間、府中の妹が泊まりがけで母と私の看病に来てくれました。
    ま、私も自覚症状が無いので自分事は自分で出来ましたが、一人増え
    たことで安心致しました。

    今日、入院して調べた生体検査の結果を聞きに病院に行ってきました。 
    結果は、やはり、前立腺癌でしたねぇ・・・。

    骨シンチの結果で背骨に陰があるので、そこを今月の28日にMRI
    検査を再度した後、連休明けの8日に、癌が転移しているかどうかの
    判断をしてから今後の治療方針を決定するそうです。

    そうそう、早期発見ではなかったので、手術をして摘出できる範囲の
    小ささではない事も説明されました。

    仔猫さん
    でしたねぇ・・・
    ここ十四年間、自分のために病院には出かけませんでした。 その結
    果が纏まってこの病気になってしまったのですね。

    あらぁ・・・
    仔猫さんは,風邪ですか? 風邪は万病の元、ご自愛ください。

    ですかねぇ・・・
    母の霊感も見逃せないのかも・・・?

    なるほど・・・
    自転車が通れる道は意外と短距離なのですかねぇ・・・?

    あらぁ・・・
    右膝が痛むのですか? 無理をしないで楽しんで走ってください!

  •  身体管理                    
                                
     身内の方に心配する事があれば、どうしてもそうなりますよ
    今は何の心配もなくなった野良は自己管理が下手なようで
    先週から2度ほど風邪かなぁ・・・と思い風邪薬を飲んで
    早々に寝る事がありました
     今日も昼から入ってきた西日が熱く感じ
    半袖で過ごしてたのですけど意識は暑く感じても
    身体は寒く感じてるのか鼻水がタラ~リ・・・
    上手く調節できません
    ま、野良は通常生活の範囲ですけど
    さぶやんの結果が良性であればいいですね

     人の脳はわずか数パーセントでしたか
    くらいしか人間自身が活用できていないとか
    聞いた事があるように思います
    後は脳自身が自己保存などの為に
    潜在的に各神経を使用しているそうなので
    お母さんの霊感はしっかり機能してたのかもしれませんよ

     下の道の方が高速とか電車を使うよりもずいぶん短いのか
    奈良の駅から自宅まで50キロもありませんでした
    浜で周回している方が長い距離を走ってることになります
    困るのは右膝の痛みを抱えているので
    上り坂が続くときに片方の足でしか踏み込めないのが難儀です
    木之元からの山道を走れるかどうか大きな気がかりになってます

     勝手なことを長々と書きました

  • おはよう! 4/19 晴れ

    気持ちの良い朝を迎えました。

    母の介護を言い訳にして自分の身体の管理を怠っていたことに気付
    きましたので、病院から退院して散歩をすることにしました。 幸い
    なことに、我が家の近くには大きな都営霊園があります。 外周3.3㎞
    を早歩きで一周して歩き気持ちの良い汗をかいています。 歩数は、ス
    マホの「ヘルスケア」アプリによれば、5.741歩になっていました。

    仔猫さん
    ですかねぇ…
    ボケてしまった母でも、霊感は残っており、熱を出すことで表現した
    のでしょうかねぇ…?

    はい…
    私にもよくわからないのですが、前立腺の組織を取るために肛門から
    器具を入れて12箇所から組織を取ったそうです。 その組織を顕微鏡
    で検査で調べ、その結果を来週の月曜日(24日)に聞きに行くこと
    なっています。

    輪行…
    堺と奈良駅間の距離がわかりませんので、なんとも言えません。
    2・3時間ぐらいかかるのかしらぁ…?
    ともあれ、自分の夢に向かって努力している仔猫さんは素晴らしです。

  •  霊感                        
                                  
     親はいつまでたっても親という事をよく聞きます
    奥さんのおっしゃる通り、認知になってるとはいえ
    子供が検査入院してるということを知り、心配してたのかもしれませんね
    検査の内容については難しすぎて理解できませんでしたが
    野良はこわささが先に立って、検査を受ける前に
    逃げ出してしまいそうに感じました

     練習場所へは何度か出かけましたがまだ輪行の経験がなかったので
    先日初めての輪行をしてきました
    近鉄奈良駅までバックを担いで出掛け
    そこから自宅まで自転車に乗って帰りました
    今までは高速などを使ってたので一般道を走る距離感や
    配分時間をどうとればよいのか分からなかったため
    カメラを持って出かけたものの、自転車を組み立てた出発前の様子
    走行途中のよく知られた名所の道路標識などを写しただけで
    あとはほとんど余裕なく帰って来ました
    思ったより距離も所要時間も短かったで帰り着いた時は
    ホッと一安心でした
     つぎはどこがいいかなぁ・・・

  • <<
  • 9396 9377
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順