ここから本文です

◆ 峠の茶屋 ◆

  • 10,101
  • 2
  • 2017/06/24 11:50
  • rss
  • 1

    *****

    登りばかりで、お疲れでしょう。

    どうぞ、ここで一服していってはいかが?


    ( ^^) _旦~~


      茶坊主

  • <<
  • 10101 10077
  • >>
  • 10101(最新)

    jtk**** 6月24日 11:50

    ふと見ると10100です
    10000を超えたのはいつの事なのでしょうね
    この先20000回を超える事はあるのでしょうか?
    回数などはともかく、与えられた残りの人生
    出来得る限り後悔のしないよう最善を尽くしたいと思います
    まぁその時最善ではあっても後には他の選択肢に気付かなかった事なんて
    多々ありますが・・・・((+_+))

    主人のベランダ菜園毎日レタスをちぎってはサラダに食べてます
    昨日は大きなキュウリが1本
    みのるさんの菜園は・・・・
    草取り、収穫出来てますか?

  • ご両親の真摯に生きる背中を見続け
    その姿勢を受け継ぐみのるさんならではと感銘しております
    ストレスをストレスと感じなければ
    楽で、前向きな生き方が出来るのですねぇ
    一番賢い方法だと思いますが・・・むつかしい
    ましてや、ご自身の大きな病にも対処しなければならないのに
    ご自愛ください

  • こんにちは! 6月22日 晴れ

    晴れとは書きましたが、梅雨の合間の晴れなので午後から雲が
    出始めました。

    今日は母の訪問入浴と訪問医療の日でした。 13時に入浴、14
    時に医療の予定でしたが、入浴の業者さんが遅れてしまい、入浴の支
    度を始めた頃にお医者さんが来てしまいました。 母が裸になる前で
    したので、検診を先にして貰ってからの入浴になりました。

    私の次の診療は来週の火曜日(27日)の予定です。 かぁちゃ
    んが休みを取ってくれて同行してくれるとのこと… 今後の放射線
    療法の内容を聞くためなのでしょうねぇ… この年ですから、私は
    ある程度の覚悟はしておりますが、周りの者は気がかりなのでしょ
    うねぇ…

    ソニヤさん
    ですねぇ…
    やはり、骨折の介護は大変で、骨を折ります(!?)

    母は、私が病にかかり落ち込まないようにと気を使って自分の骨を
    折ってくれたのかもしれませんねぇ…
    そう考えると母の介護をストレスに感じずにすみます。 どこまで
    出来るかはわかりませんが、介護ができる間は幸せだと思えるのが
    不思議ですねぇ… これって、母の思いやりかも? ぐぁ、ははは!?

  • ひと月余りのご無沙汰で随分お母さまの状態が変わったのですねぇ
    それに伴いみのるさんにかかる介護の負担が随分と大きくなって
    ご自身の病気への影響はないのですか?
    すべての病はストレスからと聞きます
    お母さまの介護がストレスとは思えませんが時には疲れもあって
    イライラもしますよねぇ
    どうぞご自愛なさりつつお母さまの介護やり遂げて下さいな
    今日は父の日
    皆様からの感謝が届いたのでは?

  • ソニヤさん

    はい
    落ち込みました。 それでものんびり落ち込んでいられる状態では無く母の介護に追われる
    日々を過ごしておりました。 これって、母からの贈り物かしらぁ・・・?
    一時期は落ち込みましたが、覚悟を決めると日々何も無く過ごせるありがたさが有り難く感
    じられる様になり、夜寝て、朝目が覚めたときに、あぁ、今日も生きているなぁ・・・っと
    感謝出来るようになりました。

    お孫さん
    運動会で上京なさってのですね?
    頂いた糸電話、お孫さんの声が聞こえてきそうですねぇ・・・

    なるほど・・・
    類人猿並の歩行姿勢になっていましたか?
    専門家から見てストレッチを進められたのですね。 人間に筋肉は縮める力には慣れていま
    すが、伸ばす力は意識をしないと出来ないものなのですね。 

    ですねぇ・・・
    母の介護をいい加減にしていながら、介護の本番になって自滅してしまいました。
    生病老死はお釈迦様の課題でした。 修行が足りない私にとっては、まだまだその域には達
    しておりませんが、覚悟を決めてしまうとそれなりに残りの人生を生きていけるものです。

    あぁぁ・・・
    一階で寝転がりながらiPadを開いてFacebookを見ております。 ソニヤさんのお婿さんの
    掲載写真を拝見いたしました。 

    ですねぇ・・・
    胃と大腸の癌検査はしたのですが、一番簡単な血液検査で解る前立腺癌の検査を怠っており
    ました。 初期でも末期でも無く中期というのが、私の中途半端な生き方に合っているかも?

    おおお!
    釣果は煮付けに変身ですか? 
    なにはともあれ、釣れて良かったですねぇ・・・

    はい
    これといった変化が無く、同じ事を続けられる日々が一番有り難い事なのですよね。

  • こんにちは! 6/17 晴れ

     ご無沙汰しておりました。 
     ここ一ヵ月間、母の介護と自分の病でなかなか書く時間が取れませんでした。

     母は、ディケアー、シュートスティに行けなくなり自宅で寝たきりの生活になってしまいました。
    朝6時に母をトイレまで連れて行き、ゴム手袋をはめて肛門あたりを刺激して便を出します。
    その後、スポンジに浴用洗剤を一滴垂らし前後ろを拭き、ペとボトルに入れたお湯を注ぎます。
    下半身裸のままベッドに連れて行き、ベッドの上に広げたビニールの上で拭き紙お襁褓を穿かせます。
    なんだかんだで、30分ぐらいかかりますねぇ・・・。 

     寝たきりの場合は、褥瘡(床ずれ)が心配になりますので、防止策として抱き枕やクッションを
    敷いて寝かせます。 この作業は、3時間おきに交換するお襁褓の時に左右を入れ替えるようにし
    ております。

     食事は、自分から食べようとしないので一日2食で流動食になりました。 市販の物を買ってき
    たり、お湯に浸した固形物をブレンダーで砕いてスプーンで飲んで貰っております。 左手で母の
    下がってくる頭を支え、右手にスプーンを持って食べさせますので、約1時間ぐらいかかってしま
    います。  

     そうそう、医者やディケアーに出かけなくなったので、代わりに訪問医療、訪問歯科、訪問入浴
    をお願いしました。

     母の介護で自分の病に気を病むことも少なくなっておりますが、紹介された病院が大きな病院な
    ので、月一回のペースの通院になっています。 先日、行ったときに言われたのは、前立腺の全摘
    か、放射線照射治療の選択を迫られました。 効果的にはどうかと聞いたところ、どちらも変わら
    ないとのことでした。 私がブラキセラピー治療を聞いてみたところ、貴方の数値では効果が少な
    いと言われてしまいました。 母の介護があるので入院しないで出来る放射線照射治療を選びまし
    た。 この選択が、凶と出るか吉と出るかは、神のみぞ知る・・・ ぐぁ、ははは!

  • その後、体調はいかがですか?
    ある日突然のがん発見から辛い日々を送られてて来たのでしょう
    お察し致します
    幸いにも我主人は今の所至って元気でこのところ太公望気味です
    たっぷりと餌代は使っているようなのですが
    小さいから逃がしてやった等と良い訳かどうか定かではありませんが
    収穫なしがず~~と続いておりましたのに
    今日は何と20センチに満たないカワハギを1匹嬉しそうに持ち帰りました
    お刺身にするには小さすぎ、新ごぼうと一緒にお煮つけにしました
    こんな穏やかな、日々が続いております(*^。^*)

  • フェイスブックで孫の写真見て下さったのですね
    今回の試合では3回戦まで行ったそうで本人も親もびっくりしてます
    特に2回戦の試合では残り5秒で逆転の一本勝ち
    この勝利の様に
    最後まであきらめない強い心の持ち主となって欲しいものです
    (婆バカ)(笑)

    体調どうですか?
    ご自愛ください

  • おそらく手術なさったのでしょうね
    後は回復を待つばかり
    ご自愛ください

  • 介護に追われる毎日を過ごし自分の事は後回しの日々を送る中
    突然、死期を考えさせられる病を宣告され
    あわただしく取りも直さずその治療に専念なさるのは
    ある意味まな板の上のコイ、自分の事を十分に考える時間を持てたのではないでしょうか
    自分の事、お母さまの事、ご家族の事、その他諸々・・・
    ご家族の堅い絆で結ばれ治療に専念なさっている事と思います
    ご自愛ください

  • ばあちゃん来れる時はまた来てねの声に送られて帰って来ました
    昨夜一緒に糸電話を作ってる時、糸を大分に届くまで長くしてね等と
    可愛い事を言いってれたその電話をお土産にもらって・・

    娘が膝の様子を見てくれました
    関節がかなり悪化しそれをカバーする為に膝が前に曲がってお尻が後ろに出てるのだそうです
    まるでチンパンジーかゴジラかオラウータンです(>_<)
    股関節が痛くなったのもその影響だそうで
    膝の後ろ側を延ばすトレーニングが必要だと言われました
    腹筋や腕立てより先に後ろ膝伸ばし、膝の筋力づくりの方が先の様です

    体調はどうでしょう?
    ご自愛ください

  • どの様な思いで毎日を過ごしてるのでしょう
    最善の選択をしその準備に心向けている事と思います
    暑い毎日が続きます
    ご自愛下さい
    孫の運動会で上京してます

  • 耳順
    耳にしたがう
    じじゅんと読むのですねぇ
    頑固になるのでは無くたおやかにしなやかに
    経年劣化した頭には耳が痛い笑笑

  • そうなのですか
    落ち込みましたか
    背負うものがたくさんありますものね
    時間が心落ち着かせこれからの歩く道の道標をしめしてくれるのですね
    癌という病気がのしかかる重たさを感じます
    ご自愛下さい

  • おはよう! 5/11 晴れ

    母を迎えに行く前の書き込みです。

    ソニヤさん
    ですねぇ・・・
    一時期は落ち込みましたが、これは誰でも通る道ですからねぇ・・・
    丁度、60歳の耳順の年頃でした。

    耳順
    人の言葉は助言にせよ諌言にせよ、なかなか素直に聞けないものです。
    その理由は相手との人間関係であったり、自ら恃(たの)むところが
    強過ぎるためだったりといろいろありますが、人の言葉を言葉の意味
    のままに理解するのは意外に難しいもの。

    ですねぇ・・・
    癌治療は、癌そのものだけでは無く身体全体を弱めると聞きます。
    どの方法を選ぶかは、医師では無く自分で決めたいと思っております。

    なるほど・・・
    産後の肥立ちが悪かったお母様も無事退院できて、いまは親子で仲良
    く暮らしているのですねぇ・・・ よかった。 良かった。

    そうそう・・・
    大分で病院に車が突っ込んだニュースを見ました。 ソニヤさんの勤
    務先ではないかと、心配しました。

    フェイスブック
    お婿さんとお孫さんの楽しい連休の様子を拝見いたしました。

    有難うございます。
    病室で母の手を握ると握り替えしてくれました。 これからの母は車
    椅子での生活になります。 ケアマネージャさんと相談して色々な方
    法を模索します。

    ですねぇ・・・
    人間ドックを受けた病院の医師は、急いで色々な検査をしてその結果
    全摘を進めてくれました。 紹介された先の病院では何故かのんびり
    とした対応でしたね。 

    そうそう・・・
    母を見てくれた整形外科医と話をしたときに私の前立腺癌の話をした
    ら 「俺だったら、手術はしないなぁ・・・」と言っておりました。 
    ネットで調べても、賛否両論でしたねぇ・・・。

  • 大変な毎日をお過ごしですね
    お母さま痛いでしょうに・・・・
    それでも通常の人ほど感じていないのであれば幸いです
    我病院で早産の危険がある方も入院してます
    長い方で3カ月あまりベッドから動けず辛抱の毎日です
    若い方だからめったにないのですが先日無事赤ちゃんを出産したのですが
    2か月余り動けなかった方が出産後足が弱ってて
    歩くのが困難になってしまいました
    徐々に回復はしましたものの高齢者が寝たきりになるがうなずけました

    全摘ですか
    大変でしょうがそれが一番安心ですね
    ご自愛ください!!

  • こんばんは! 5/10 小雨後曇

    皆さんは、連休は如何過ごされましたか?
    我が家は、私の病や母の介護が有り何時も通りの日々を過ごしておりました
    が、5月6日の朝、母を起こしたところ右足が痛いとの仕草をしておりました。 
    連休明けの5月8日に午後から母の内科診察予定日でしたのでその時に整形外
    科にかかることにしました。

    5月8日の午前中は、私の前立腺癌の最終診断があるのでかぁちゃんが仕事を
    休んでくれて一緒に行きました。 現在の所、転移はしていないもののミクロ
    の転移はあるかもしれないので早めの全摘手術を受けるようにと大きな病院を
    紹介されました。 予約を入れてくれたところ、翌日の9日に診察が受けられ
    るとのことでした。 

    午後から、母を連れて通院、内科の診療を受けた後に整形外科の診療を受けま
    した。 レントゲン検査の結果、右大腿骨頸部骨折とのことで即入院・・・
    医師の話では,心臓は強いので手術に堪えられるが、入院すると認知症が進む
    とのことでご家族で相談してくださいとのことでした。 

    5月9日 午前中に紹介された病院に一人で出向き診察を受け、午後から長女と
    母の入院用品を持って母の入院先に出向き、医師と面談、現在の母の認知度で
    は無理して手術をする必要が無いことと痛みも通常の人ほど感じていないとの
    で自宅での訪問医療に切り替えた方が良いとの結論に達しました。 母の退院
    は明日11日になりました。

    …っということで、取り敢えずご報告まで…
    レスは、母の退院が落ち着いたらまたさせていただきます。

  • 五月晴れとは行きませんが雨も降らずに一日終わりそうです
    行楽地は何処も盛況でしょう
    職場は外来がお休みなので静かです
    2か月前に元気に誕生した赤ちゃん
    お母さんが産後の肥立ちが悪く総合病院へ転院しました
    その間赤ちゃんを我病院で預かっておくことになり
    毎日、ミルクを上げたりおむつを替えたり、お風呂に入れたりとナースに可愛がられてました
    我々も窓越しに見る赤ちゃんが日に日に大きくなる様子を楽しみに見てたのですが
    1か月を過ぎるとお母さんに抱っこしてもらえない赤ちゃんがかわいそうに思え
    お母さんの様態も心配になるし・・・・
    他の新生児達より肌つやもしっかりし、新生児用のベッドも、服も窮屈になり
    ミルクの飲みっぷりも断然違います
    連休前やっと、お母さんが元気になられ赤ちゃんをお迎えに来られました
    アンパンシールの付いた主のいなくなったベッド
    片づけてるナースは涙ぐんでました
    それを見た我々も・・・・

  • 何時もと違うゴールデンウィークをお過ごしのことと思います
    何時も見ている景色が違って見えたり、愛おしく見えたり・・・
    癌細胞が発見されたとはいえ
    お母さまの介護も今まで通りなさってるのですか?
    ベストの治療法、
    出来るだけ体に負担の少ない治療法であれば良いですね
    放射線治療は
    副作用がそうとう辛いらしいし・・
    とは言え、皆さんそれを乗り越えて元気になられてる
    弱気になってる私です(+_+)

  • 弥が上にも死期を意識させる病が発見されながらも
    ご自分の事を客観的に考えられるのですねぇ
    じたばたしてもどうなるものでもない
    天命を行くだけ
    でしょうが・・・・ご家族の方々は大変なショックでをうけたでしょう
    ご本人以上に不安になられているのでは?
    一族の大黒柱は何と言ってもみのるさんですもの

    検査とは言っても体に負担があるものですね
    ご自愛下さい

    連休初日
    何時もと変わらぬ日々を過ごします

  • <<
  • 10101 10077
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順