ここから本文です

赤字は気にならないが、売上の伸び悩みは問題。
有機ELで期待された倉元製作所も、赤字予想を一転して黒字化するも、売上減で冴えない。
不採算案件を切っただけで、将来的な拡大を見込みにくい。