ここから本文です

YAHOOファイナンスを開くと、小池新党やノーベル賞の文言が飛び込む

以前にも触れたが、ノーベル賞候補にピルフェニドン或いは新薬ヒドロニドン(F351)の抗がん効果に関係する「制御性T細胞」の発見がある。

その作用概略について既に触れたので省略するが、大阪大学の坂口志文教授が候補から
仮に受賞ともなれば日本の薬品株やバイオ株が賑わう。

期待を込めて秋の夜長をを過ごしたい。