ここから本文です

中国のニンテダニブ(オフェブ)はまだまだ先ですよ
現在臨床中ですが中国での承認は後6年以上先・・
いや8年先かも。
中国FDAが当社のF573(ペプチド化合物)の
1相臨床審査が長引いてる理由わかってますか?

オフェブは「核酸医薬品」ですよ。
中国の1相は非常に難しい基準なんです。
信じてないと思いますが 笑

それにオフェブカプセル150 mgは1粒が 6,574 円もする
んですよ。日本でもこの高価な薬剤では中国でも収載は無理
ですね。エビデンス評価によると思いますがPFDと
同等ならまず無理です。
これを1日2回服用した場合3割負担で118,330円となるし
確実に生活を圧迫する薬剤ですよ。

ピルフェニドン(PFD)があるからですが無ければ
これも良い薬ですよ。