ここから本文です
Yahoo!ファイナンス

2684 - (株)ジパング

  • 80,654
  • 27
  • 2017/03/28 21:40
  • rss

株式銘柄情報はありません。

  • 様子見
  • <<
  • 80654 80635
  • >>
  • 80654(最新)

    dai***** 3月28日 21:40

    >>80653

    1株1円でクレアに発行した株は、そっくりそのまま1株1円で松藤がクレアから買い取りました。
    松藤は1株1円で買ったものを、株主には1株600円で売りつけています。
    社会通念上不公平だと思いますが、松藤はこの事実には触れたくないようです。

    Atlanta Goldの砒素の話が事実だとすれば、Atlanta Goldを子会社化してしまうと、ウエスチングハウスを抱え込んでしまった東芝状態になってしまいます。
    だから、Atlanta Goldは純資産と比べて株価がべらぼうに安かったのですね。
    腑に落ちました。

  • 「隠された不都合な事実」って、Atlanta Gold社の買収が一向に進展しない事かなぁ。

    Atlanta Gold社が川に有毒物質のヒ素を流して訴訟で膨大な賠償金請求されてるのに、
    増資の際の会社説明会で株主に説明がなかった事かなぁ?

    1円でクレアに発行した株を一般投資家に600円で発行した根拠のない株価の事かなぁ?

    監査のお墨付きをもらえない「結論不表明」の不明瞭な決算書の事かなぁ?

    「1億が1000億!」「勉強しよう」などと言ってお金を必死に集めている人が、
    破産寸前、債務超過の会社の社長だということかなぁ?

    過去に自社株を担保に空売り失敗して株主に甚大な被害を与えたことかなぁ?

    どれのことだろうなぁ。


    そろそろ株主のアップライジングがはじまるのかなぁ!?

  • >>80647

    正直、世界の現状は下記の内容が真実でしょうね。

    『エリート達は自分たちが金の現物を買うために、一般の人たちが金を所有したいという欲望を起こさないように金の価格を操作している』
    『いくつかのアジアの国々は、金価格が1トロイオンス1300ドルから1400ドルとう低水準の価格帯にあるうちに、可能な限り金の現物を買おうとしている』

    凄いですね、人間の欲望って言うものは、、、

    当方も、これから金(ゴールド)価格は2011年の過去最高値は軽く突破すると
    思います。そして、株式大暴落はまだ判りません。現状がバブル突入入ってますのでね。
    エリート達が金価格を操作出来るのなら、株式市場も操作可能って事ですからね。

    とにかく、金市場ははこれからブル相場になるのは誰にでも判ると思います。

  • 本日の動画。

    「いよいよ金の時代」
    「今週から来週にかけて、市場の大きな転換点」

    いつも同じ事言ってて、聞いていて吹き出しそうになりますね(笑)


    疑惑だらけの人間が「隠された不都合な事実」を語る。
    こちらも笑ってはいけないシリーズかなにかでしょうか(笑)

    それにしても彼の投資センスのなさと相場の曲げっぷりは神がかってますよね~。
    金価格の大底で鉱山を手放し、次に掴んだのは不良債権の塊のようなボロ株。

    最近は自身の追及を避けるためか逆切れに近い政治批判。
    まっとうな人間アピールも見ていて失笑ものです。

    あれだけ必死に毎日叫んでるところを見ると資金的にも精神的にも相当
    やばいんでしょうね。

    勉強した結果、資金全部溶かして債務超過。
    まぁ、時間の問題でしょうねぇ。

  • 80650

    iz10191 様子見 3月27日 14:32

    塩タミーの狙いは最早お金儲けでは無くなってるんじゃないのぉ~♪
    だって種のお金がもう無いし、詐欺をはたらく舞台も無い、四面楚歌の状態だからね~♪

    というより、大損した株主が目覚めて訴えたりしないように、安倍政権批判したり
    各国の中央銀行の批判したりして、痔パン愚の塩凍死家の目をそちらに向けさせようとしてるだけよね。

    ま、そんな事しても、規制当局からの摘発は免れないし、さすがに騙されたと気づく痔パン愚信者も多い中、
    株主訴訟を避けることもできないわよねぇ~♪

    まさに、詰み☆!


    魅惑のキラキラ☆中小型株天使 ファンダ乙女より♪♪

  • 松藤氏の狙いは金鉱株上昇の波がきたらAtlanta gold社の保有株を市場で売り抜け
    一儲けしようという算段だったのかも知れません。

    金鉱株の上昇を煽るツイートが目立ち、動画内でも同様にBarrick Gold社を引き合いに
    出して繰り返し説明していたことにも辻褄が合います。


    ジパングがAtlanta gold社の株式を取得した頃、丁度時を同じくしてBarrick Gold社は
    安値から切り返し、後に約三倍の上昇を見せています。

    一方、待てど暮らせどAtlanta gold社は上昇の兆しを見せず。
    そこで「ワールドクラス」を連呼し、「NI 43-101」と強調したものの、株価は微動だにせず、
    松藤氏としては相当に焦っていたのかも知れません。こんなはずではないと。

    相場初心者にありがちな、典型的なボロ株を掴んで安物買いの銭失いだったのでしょう(笑)
    Barrick Gold社の株を取得していれば今頃は大儲けできていたのに・・・。

    まぁ、これらはあくまでも個人的な憶測の話ですが「いつになってもAtlanta gold社の買収が
    完了しない」ことへの合理的な理由として通じてしまうのは怖いところです(苦笑)

    いずれにしても、もはや引くに引けない戦いなのは確かでしょう。
    運転資金が底を尽くのは時間の問題です。ただでさえ監査「結論不表明」という財務不透明
    な状況ですから、決算書以上に実態は悪化している可能性も高いでしょう。

    債務超過企業、ジパングの行き着く先は限りなく墓場に近い場所なのかも知れませんね。

  • エリートは、まず特別引き出し権ETF(金連動型上場投資信託)を売るのです。その紙っぺらのETFを売って得た現金で、金の現物を買っているのです。(強気派、金市場を疾走-世界最大のETF通じた金保有が増加)
    これからはっきり分かることは、エリートたちは、“紙の金”を止めて可能な限り金の現物を買っているということです。彼らは、自分たちが金の現物を買うために、一般の人たちが金を所有したいという欲望を起こさないように金の価格を操作しているのです。
    今現在、アメリカには、現物の金と交換できる55種類の「金引換権」商品があります。
    その55種類とも、買い手があれば、いくらでも売るのです。したがって、1トロイオンス当たりの金に55種類の金引換権が設定されているということになります。
    つまり、その紙っぺらを所有している人たちが、いっせいに金の現物と引き換えたいと申し出ても、金の現物はその需要を満たすことができないということです。「金の現物は紙っぺらと違って無限にはないから」です。
    いくつかのアジアの国々は、金価格が1トロイオンス1300ドルから1400ドルとう低水準の価格帯にあるうちに、可能な限り金の現物を買おうとしています。
    それは、自国の通貨に金と銀の裏付けを与えることによって、経済崩壊のリスクをヘッジしようとしているのです。
    したがって、そうした国々は、さらに金、銀、その他の貴金属を大量に買い付けなければならないのです。
    中国は、2013年の時点で、アメリカに追いつくためには金をもう7,000トン買う必要があると公言していました。あれから、中国は猛然と金を買い付けているはずです。
    2011年に、金価格が1トロイオンス当たり2000ドルの最高値に迫ろうとしていたとき、そのまま歯止めが利かなければ、金は10000ドル、銀の価格は1トロイオンス当たり500ドルになっていたかも知れません。

  • >>80639

    これって、凄い内容ですな。
    この法案内容が全米、いや世界に広まってく可能性大有りですね~
    増田さんがこれから株を買うなら上場小型金鉱会社をお勧め!なんて、まるでジパング社の
    事じゃないですか~
    もし今ジパング上場してたら株価はぶっ飛びでしたね~
    あるゴールドアナリストが言ってた今金市場で変化が起こっているとは、この事だったん
    ですかね~

  • 森友で安倍政権は、終わるって書いてたけど・・・
    暴落、来る、来る、と一緒になったかな?
    生コン辻元で民進党の方が、終わりそう・・・

  • ここ、まだあったんだ、、、フェニックスの時に売っといて良かった。塩婆さんの書き込みが無い、、、塩婆さんにも見放されたか(笑笑)

  • 昨年8/12に行われた会社説明会における松藤氏の発言。

    ・「今日ここに来ている人、絶対勝ちますよ」
    ・「金のバブルがくる」
    ・「(株価)1000倍になる」
    ・「僕の1000倍とか100倍とかっていう話を聞いて本当かな、信じようと言った人はそうなりますよ」
    ・「600円の株価が500万になる」
    ・「ソフトバンクを超える」
    ・「40兆の時価総額」
    ・「1000円のものを6セントで買うことになる。一口乗っておいたほうが良い」
    ・「金は三年で3倍どころの上昇じゃありません」
    ・「15年くらいで金の大ブームとなります」
    ・「株主であることがいかに正しかったかということは半年以内にわかる」

    はたしてこれら実現の信憑性に欠ける発言に問題はなかったでしょうか。
    一連の発言は実に説明会全体の半分以上の時間にもおよびました。

    スケールの大きな儲け話でまくし立て相手の判断力を奪うのは詐欺の常套手段として
    使われる手法であり、個人的に松藤氏の話しぶりはそれを連想させるようなものと感じました。

    その後坂井氏よりAtlanta gold社の子会社化に向けた計画が語られるのですが、
    その内容は「債務超過の非上場企業(ジパング)が、上場企業(Atlanta gold社)を買収、
    再上場を果たす」という、首をかしげてしまうようなものでした。

    当時のジパングが置かれた状況を理解すれば、実現性に疑問を持つのが一般的な感覚でしょう。
    しかし先の儲け話で情報力と判断力の欠如した高齢者の方はどうだったでしょうか。

    しかもこのAtlanta gold社は重大な問題を抱えています。
    有毒物質(ヒ素)を流出させたとして訴訟となり、多額の賠償金を請求され、操業停止に
    追い込まれていました。財務状況が苦しいことは明白です。

    しかし説明会動画を見る限りこのような現状(リスク)には一切触れられておらず
    「ジパングの債務超過が解消される」「ジパングは超優良企業となる」
    など都合の良い話ばかり語られていました。

    万が一この買収が失敗し、ジパング経営陣が「実現が極めて困難な案件」と認識した上で出資を
    募っていたなどということがあれば、株主を欺く行為と捉えられかねないことでしょう。

    クレアHDに1円で発行した株を600円で一般投資家に発行した件も含め、疑惑がつきまとう
    公募増資であった可能性があります。

  • 2025年に金本位制を復活させる米国・・・
    増田氏の戯言だけど
    松藤社長にとっては・・・
    大いなる根拠に?

  • Atlanta gold社の買収実現の可能性には疑問を抱かずにはいられません。

    「債務超過の非上場企業が資産超過の上場企業を買収する」極めて歪な構図です。
    経営権を握られた上、負債を肩代わりするAtlanta gold社のメリットが思いつきません。

    これについて、昨年会社説明会で行われた坂井氏の説明は、
    「相手のバランスシートを痛めるということにもそうそうなりません」
    「当社は純粋持ち株会社ですので、ある程度の理解を相手先様もしていただけるという
    ふうに思っています」という曖昧で要領を得ないものでした。

    そもそもジパングは決算報告書に監査人の「結論不表明」が記載された企業です。
    粉飾決算の疑いを否定できず、財務に透明性・信用性がない企業を親会社として
    受け入れる事自体、一般的にも常識的にも考えにくいことでしょう。

    またこのような企業の逆さ合併による再上場を認める取引所は言わずもがなです。
    「結論不表明」は審査基準に抵触する、上場以前の問題です。
    再上場を認めた場合、取引所の信用を失うことになりかねないでしょう。


    ジパング経営陣は、一体どんなマジック、いやロジックを使って買収および
    再上場を可能とするのでしょうか。個人的に興味が尽きません。

    許認可が承認されようが、金生産が始まろうが、Atlanta gold社を買収しなければ
    ジパング社の財務にあまり意味のないことも忘れてはいけないでしょう。

  • 3月14日アメリカのアリゾナとアイダホ州議会で驚くべき法案が可決された。
    金購入の消費税廃止、金の値上がりによるキャピタルゲイン税廃止、金を税金、ローン返済、消費等すべての支払い手段として認める、州内銀行の金預かり口座開設、金ベースのクレジットカード発行許可等に関する法案が可決された。
    金がドル同様決済通貨となったのである。(合衆国憲法はドル以外に金で国家並びに民間の負債を支払うことを認めている)
    州内の小売り、製造業界は消費者がドルではなく金貨、金の小切手、金のクレジットカードによる購入促進の為値引きやインセンティブの準備に入った。
    アリゾナ、アイダホの州民の多くは国家の$20 trillion (約2,000兆円)の借金はやがて債務不履行になりドルはやがて紙くず同然になる、だから誰もが信用できる金を通貨にするのは当然と考えているので議会でほとんど反対なしで法案が可決され、さらにこの動きは燎原の火のごとく全米に広がろうとしている。

  • それにしてもAtlanta gold社の株式51%取得の件はどうなってしまったんでしょうねぇ。

    昨年8月に行われた会社説明会では、新株発行の使途について「Atlanta gold社の株式
    を51%以上取得する」ことを前提とした募集の説明がなされていたはずです。

    実際にそれを判断材料として公募増資に応じた株主の方も大勢いらっしゃるでしょう。


    その買収は「年内」を匂わせるところから「年明け早々」「遅くとも1月の終わり」
    「4月末には・・・」と、再三の延期が繰り返され、未だに取得日について明確な
    アナウンスのない状況です。もはや坂井氏の発言も信憑性を失いつつあります。
    この会社の信用に関わる、非常に憂慮すべき事態でしょう。

    ジパングはキャッシュを生み出す事業が皆無のなか、人件費ばかりが計上され
    "債務超過額は拡大を続ける一方"です。

    最近の四半期報告書を確認すると、公募増資後の第二四半期から第三四半期にかけ、
    債務超過額は約7千5百万円ほど増加しています。その後も同じペースで増加を続けている
    と仮定した場合、今年3月末時点で債務超過額は"約1億5千万円"増加している可能性が
    あります。実に増資で得た3億6千万のうち半分近くが溶けている計算です。


    「休眠会社の社員の給与を肩代わりするために投資したわけではない」
    そう憤る株主様がいても、なんら不思議なことではないでしょう。


    しかし当初予定から半年近くも予定がずれ込むとは、一体どうなってしまったのでしょう。

    その間、松藤氏の行動と言えばツイッターで自社の事業とは無関係に暴落予想を連呼し、
    有料ブログおよび入会金3万円(!)の松藤塾会員の勧誘に尽力していたように思えます
    (今も尚それは続いていますが)。

    まさか増資で得た資金を投機博打に流用し、毀損させてしまったなどということは
    ないでしょうか(昨年、日経先物を売買している様子もツイートから伺い知れました)。

    過去に自社株担保の空売りに失敗して8億以上とも言われる多額の損失を自社株売却の
    強制執行で補填し、株価までも大暴落させ、株主資本を大幅に毀損させた経緯がある
    だけに、嫌な予感がしてしまう所です。


    そうした心配が杞憂に終わることを願いますが、
    最近の松藤氏は顔色がすぐれず、一気に老け込んでしまった印象なのは非常に気がかりですね。

  • アトランタゴールド社のHPに今年初の告知が出てましたぞよ!
    グレイ氏が引退?とか、もう一つ訳しても判りにくいですわ。
    多分、ジパングの子会社化関連のコメントだと思いますがね~

  • あれま、金(ゴールド)価格が上昇で1240ドル近辺まで来ましたな。
    世界株式もほぼ前面安!
    下げ幅は、まだしょぼいですがね~
    どかん下げがまだ無いのでどうですかね~

    きびしいけど、阿部さんも仕方ないかも、、、
    日本て国は、何かあれば追及が厳しい国ですからね~

    PS,松さん、採掘許可出たら最初のゴールド(金)は株主達に
    記念配当を実現してね!!

    あと、皆さんご存知でした?
    金(ゴールド)って、世界の大半は海底にいっぱいあるそうですよ!!
    聞いてびっくりでした。。。

  • <<
  • 80654 80635
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順