ここから本文です

創業者への功労金5億円
これが無かったら、そんなに下方修正する必要はなかっただろう。
この特損の直後の下方修正の意味は平松氏も理解しているはずでしょうから
創業者自らが挽回するようにホテル事業で本気出してると思われます。
本決算の時には、功労金5億円なんて
全く影響ないと言えるくらいの結果を残さないと誰も納得しませんからね。