ここから本文です

癌、心筋梗塞、脳梗塞、高血圧、糖尿病、気管支喘息、緑内障&白内障、腎臓病、その他色々。
一度でも、こういった病気になったら、患者さん達は、その後、通院する。
場合によっては、入院も必要である。。

こういった病気の患者さん達を、定期的に、通院させたり入院させたりして、
医療機関は、収益を得ている。

つまり、医療自体が、ストックビジネスの意味合いを持つ。

現時点で、ファインデックスは、国民皆保険と運命を共にするような銘柄である。
(将来は、どうなるか分からない。)

医療費上昇は、社会問題であるが、国民皆保険を廃止を廃止することは、
世論の大反対を招く恐れがある。

これ以上は、各自で判断されたい。

ホルダー諸氏は、目先の株価下落に、憂うこと勿れ。