ここから本文です

ペロブスカイト構造のイオン結晶が、半導体同様の特性を示すことで、太陽光発電を核として、さまざまな開発が進んでいる。研究を続けてきた宮坂教授の周辺情報によると、実用化は5年以内。一過性のノーベル賞騒ぎで、注目を浴び出したこの開発は、日々着実に歩みを進めている。やはり、ペロブスカイトが普及する最大の特徴は、製作が簡単で軽量である点だろう。電力の自給自足は時代の要請であり、世界中で開発はさらに加速している。本家本元の利を生かし、この企業の業績が飛躍する日は近い。