ここから本文です
現在位置:
三井化学(株) - 株価チャート

2,653

---(0.00%)
  • 前日終値
    2,653(01/22)
  • 始値
    ---(09:00)
  • 高値
    ---(09:00)
  • 安値
    ---(09:00)
  • 強く買いたい
  • <<
  • 338 313
  • >>
  • 【素材産業にも「MaaS」 三井化学、義歯を自動設計】2019/1/21 21:35 日本経済新聞 電子版

     日本や欧州などの素材メーカーが人工知能(AI)や3Dプリンターのデジタル技術を活用し、「脱・売り切り」のサービスを次々と打ち出している。アジア勢が汎用品を中心に追い上げるなか、日欧勢は素材単体での競争を避ける。製品の納入後も生産効率化の支援などで顧客との結びつきを強める狙い。デジタル技術を使ったサービスの巧拙が各社の競争力にも影響しそうだ。

     三井化学は、AIスタートアップと共同で義歯の自動設計ソフトを開発した。3Dブリンター用の樹脂の販売につなげる戦略だ。

     三井化学子会社の独クルツァーが保有する100万件の治療データを機械学習させ、1本あたり約15分必要だった設計時間を約20秒に短縮した。
     義歯の種類や形状に応じて使い分ける1400以上の樹脂も用意して義歯制作を支援する。

     義歯設計を担う義歯技工士には「職人肌」の分野が多く、デジタル技術に抵抗感がある人も多い。三井化学は作業の負担を減らすソフトを通じ、技工士にも使いやすい環境を整えて樹脂の販売につなげる。…

    [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



    【素材もサービスで売る】2019/1/22付日本経済新聞 朝刊 14面[企業1]
    ~三井化学 義歯ょ自動設計 AGC 工場見守り~

    ◆サービス業化する素材各社
    三井化学・・・AIで義歯を自動設計。3Dプリンターの活用を促し、専用樹脂を販売
    AGC・・・・
    ブリヂストン・・・
    大陽日酸・・・
    独バイエル・・・
    独BASF・・・

    ~上記の記事については省略します。新聞を参照ください~

  • お~!カブ-カブ解説員はネタが豊富じゃの~

    カブの下ネタは見たことないが・・?

    名は体位をあらわす言うんじゃがの~

    ハハハ

    わしゃネタ切れ老人になりそ~じゃ!

  • 【眼鏡記者会より「業界功労者表彰」を受賞】2019.01.21 三井化学株式会社
    ~~高屈折率プラスチックレンズ材料「MR™シリーズ」と次世代アイウェア「TouchFocus™」~~

     三井化学株式会社は、眼鏡記者会(所在:東京都台東区、代表幹事:美濃部 隆氏)から2018年度業界功労者表彰を受賞、2019年1月18日、同会主催の「2019年新年賀詞交歓会」において表彰を受けました。

     今回の受賞は、メガネレンズ材料「MR™シリーズ」の研究開発と製品供給による眼鏡業界への長年に亘る貢献、および眼鏡業界の未来を広げる製品「TouchFocus™」の開発が大きく評価されたものです。

    ◆MR™シリーズ
     1990年代に世界で初めて、チオウレタン樹脂で高屈折率を実現したメガネレンズ材料。安全でクリアな、薄くて軽いメガネレンズが提供可能に。低屈折率から高屈折率までの幅広いラインアップのレンズ材料を展開しており、プラスチックレンズ材料全体では当社が世界シェア45%、特に高屈折率レンズ材料では MR™シリーズが世界シェア90%を占める。日本のメガネ市場では、薄くて軽いレンズがデファクトスタンダードとなっている。

    ◆TouchFocus™
     ワンタッチで遠近を瞬時に切り替えられる次世代アイウェア。フレームのタッチセンサーに触れると、メガネレンズ内の液晶が駆動し、瞬時に遠近の視界が切り替わる。10年以上の開発を経て、2018年2月に販売開始。眼鏡業界内外で大きな反響。1月現在、全国30店舗以上のメガネ小売店で展開している。

     三井化学は、今後も皆様の快適な生活や目の健康に貢献する「Quality of View」の向上に取り組むべく、新たなレンズ材料・部材・製品や周辺技術の開発を進めてまいります。



    ★参考
    【展望2019/三井化学社長・淡輪敏氏 安定成長のレンズ材に期待】2019/1/16 05:00 日刊工業新聞

  • こんにちは〜☀️
    連日の晴れは続いています。
    三井化学も今朝は👀を凝らす強さ。。
    すごいですょ…と気を緩めたら…あれ❔

    2700台から2828 狙い撃ち🎯と行きたいものです

  • 米国金利が 3% 越えなければ 株式への資金シフトが継続されると読む
    何れ 東京市場は NY の出涸らしだが・・・薄茶は飲める 
    意外にも 生活密着の高配当銘柄ですねッ! 我株では ほぼ完底で仕込み済 育成中
    ( 福笑 i )

  • 👀そ~と・・カブを見れば少し上向き?

    さわったら多少~底固め・・こりゃ本物か?

    今月中には久しぶりに2828笑うかも?

    先手必笑で笑う得か??? ハハハ

  • 【米中歩み寄りを期待し米国ダウ平均株価は、前日比△336ドル高。4日続伸し1カ月半振りの高値となった】

     18日(金)の米国株式相場は、ブルームバーグ通信が18日、中国政府が米国からの輸入を大幅に増やし2024年までに対米貿易黒字をゼロにする提案をしたと報じ、また、1月30日~31日には劉鶴副首相が訪米し、米通商代表部のライトハイザー代表らとの貿易協議に臨む予定で、米中貿易摩擦の緩和に向け協議が進むとの期待が高まったことや、NY連銀のウィリアムズ総裁が講演で「環境が変われば、バランスシートの正常化を含む金融政策についても見直す」などと述べ、米国景気次第でFRBが柔軟に政策を進めるとの見方が改めて意識され、買い安心感につながり、ダウ平均は引け間際に380ドル高まで上げたものの、結局、前日比336$25¢(1.4%)高の2万4706$35¢と、4日続伸し約1カ月半ぶりの高値で取引を終えました。
     また、米国では21日(月)がキング牧師の誕生日の祝日で休場となることから市場では、最近の相場の急激な戻りを受けて3連休前に投資家が買いを急いだとの指摘もあったとのことです。

     なお、18日のCME日経平均先物は続伸し3月物は、前日比430円高の20,925円で引け、18日の日経平均株価終値20,666円07銭を約259円上回っています。


    ★米国ダウ平均株価の4日続伸から連休明けの日本の株式市場でも、18日(金)に日経平均株価が前日比△263円80銭と3日振りに上昇しているものの、連続上昇に期待したいものです。

     なお、個別株として2018年度 第3四半期決算の発表予定日・時が、2019年2月5日(火)13時の予定
    になっており、業績内容に期待が出来そうな三井化学株の上昇に期待したいと思います。

  • 【海洋プラごみ官民連携「CLOMA」 160社参加】2019年1月18日 化学工業日報

     プラスチック廃棄物問題への対応に向け、国内外で異業種連携によるアライアンスが相次ぎ立ち上がる。
     国内では、海洋プラスチックごみ問題に取り組む官民連携組織「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス」(CLOMA)がきょう18日に設立される。
     プラスチックの生産から加工、利用にまでいたるサプライチェーン(SC)を構成する企業約160社が参加する。

     海外では日本の大手化学を含むグローバル企業約30社による国際連携組織が16日に発足した。
     問題解決には、バリューチェーンを通じた廃棄物の管理および適正処理が不可欠。
     連携を強め、世界的な課題の解決に向けてイノベーションを加速する。

     アライアンス設立に向け昨年11月に賛同企業による初会合を開催。幅広い事業者に参加を呼びかけてきた。


    ~~つづきは本紙をご覧ください~~

  • お早うございます〜☀️
    三井化学さんはメガネ👓からオムツ👶 歯も。。
    様々な分野で活躍していますね〜♬
    後は決算を待つだけ…楽しみです。

  • 【三井化学】新次元入れ歯・・歯付きルーペ

    ~入れ歯+接着剤の融合でワンタッチで入れ歯を取り替える~

    2月5日(火)13時~是非!期待したいものです値。

    歯 歯 歯

  • 【三井化学 【新次元メガネ「TouchFocus™」ジャパンフィッシングショー2019へ出展】三井化学HP
    ~累進レンズ+電子液晶レンズの融合で、ワンタッチで視界を瞬時に切り替える~

     三井化学は、2019年1月18日~20日にパシフィコ横浜で開催される「ジャパンフィッシングショー2019」において、新次元メガネTouchFocus™(タッチフォーカス™)を展示し、年齢を気にしない「エイジレスな視界」を理解・体験頂ける特設ブースを展開致します。

    ◆ジャパン フィッシングショー 2019
    ●日時:2019年1月18日(金)~20日(日)
    ●場所:みなとみらい パシフィコ横浜 小間番号C-244
    ●内容:釣りのシーンを想定したTouchFocus™の視界の疑似体験コーナーや、スタイルに合わせて選べる30種類以上のデザイン・カラーバリエーションのTouchFocus™を展示

    「いくつになっても年齢にとらわれず自分の趣味を追求したい。」
     新次元メガネ「TouchFocus™」は、そんな現代のシニア世代が、様々な趣味に於いて、年齢を気にしない「エイジレスな視界」を楽しみ、人生を謳歌することを応援します。

     視力の衰えが趣味の妨げになってしまう代表例が「釣り」です。累進レンズに、電子液晶レンズを初めて融合したTouchFocus™は、そんな「釣り」のシーンでも、従来の遠近両用メガネでは必ずしも応えられていなかった視界の問題に対するソリューションを提供します。

     TouchFocus™は、フレームのタッチセンサーに触れるとメガネレンズ内の液晶が駆動し、瞬時に遠近の視界の切り替えが可能です。液晶レンズOFFの状態では、一般的な累進レンズに比べて遠・中の視界が広く、歪みも少ないため、ラインやウキの動きをしっかりと確認でき、繊細なアタリを見逃しません。
     また、釣りへ向かうドライブ中や足場の悪い釣り場でも、より快適に移動することができます。仕掛けを作る時やルアーに糸を通す時、エサ付け等の繊細な作業を必要とするシーンでは、液晶レンズをONにすることで、手元の視界を広く、クリアに確保することができるため、ストレスなく素早く行うことができます。


    ★三井化学の2018年度 第3四半期決算の発表予定日・時は、2019年2月5日(火)13時~ の予定。是非!期待したいものです。

  • 👀チラッ・・ここ最近

    朝だけ元気じゃが午後からはさっぱり醤油味じゃの~

    利く買うマン醤油が朝買うて・・㊎醤油が昼から売るとるか?

    💡底で最近の蛍光灯と対策・・昼吐く食がおすすめじゃ!

    ハハハ・・誰にも言うな夜!!

    壁に耳あり障子に目あり柱にシロアリじゃ!

  • 2019年1月17日
    【三井化学、「Alliance to End Plastic Waste」に参加】
    ~プラスチック廃棄物管理支援の世界的な取り組み~

     三井化学は、「AEPW」の設立メンバーとして参加しました。これはAEPWの取り組み趣旨に当社が賛同するものです。

     AEPWは、海洋プラスチック問題等で注目されているプラスチック廃棄物管理を支援する非営利団体で、現在、化学、プラスチック加工、小売り、廃棄物管理等プラスチックのバリューチェーンに携わる世界各国の企業28社が参加を表明しています。
     参加各社の強みを生かしたアライアンスを通じ、次の4つの分野に於いて持続可能な社会への貢献を目指します。

    ●インフラ開発●イノベーション●教育・啓蒙活動●清掃活動

     プラスチックは、世界中の人々の生活利便性と恩恵をもたらすものです。製品・サービスの機能・性能の改善を図りながら食品ロスの削減、物流の高度化やエネルギー効率の向上等、多くの社会的課題の解決に貢献しています。その一方でプラスチック廃棄物の不適切な管理による海洋への流出が世界中で大きな関心事となっており、化学業界を超えた社会の課題となっています。

     AEPW参加に際し、淡輪社長は「プラスチック廃棄物管理の最大の課題は、如何に回収し処理するかだ。日本の化学産業はこれ迄に3R(リデュース、リユース、リサイクル)へ取り組んでおり、これら日本のプラスチック廃棄物の管理手法は、その課題解決に貢献しうる一つのモデルになる。海洋への多量のプラスチック流出が指摘される地域に我々が蓄積した知見を伝えるなど、世界に情報発信していくべきと考える。会長を務める“海洋プラスチック問題対応協議会”に於いても、化学産業が率先して取り組むべき問題と捉えており、解決に対し関係企業・団体が一致団結して貢献していく。当社GrはAEPW参加各社等と協調し新たなソリューションを提案していきたい」と述べた。

     当社Grは「環境と調和した共生社会」「健康安心な長寿社会」を実現すべくビジネスモデルの変革を進めています。2018年4月に「ESG推進室」を設置、当社GrとしてESGの考え方を積極的に取り入れています。

     今後も革新的な新製品や技術開発及びAEPW参加各社との積極的なアライアンスを通じ、当社Grは持続可能な社会の発展に取り組んで参ります。

  • 【ウェアラブルEXPOに出展、特別講演を実施】三井化学(株)HP

     ~三井化学だからこそ描ける未来がある~

     三井化学株式会社は、2019年1月16日~18日まで東京ビッグサイトで開催さている「第5回 ウェアラブルEXPO」に出展しています。また、開催期間中の1月17日には当社福田常務執行役員が、ウェアラブルに貢献する素材開発に関する特別講演を行います。

     ウェアラブルEXPOは、最新の……

    ◆三井化学ブースの出展内容
    ●開催期間:2019年1月16日(水)~18日(金)10:00~18:00(18日は17:00終了)
    ●展示会場:東京ビッグサイト 西2ホール(1階)
    ●ブース番号:W14-16

    ◆展示品
    ●TouchFocus™:ワンタッチで遠近を瞬時に切り替えられる、次世代アイウェア【ホワイトフレームTouchFocus™
     初公開】
    ●眼鏡レンズ材料
     SunSensors®:紫外線の量に合わせて色が変化し、光の透過をコントロールする調光技術
    ●眼鏡レンズ材料
     UV+420cut®:有害な紫外線や高エネルギー可視光線の一部をカットする光波長制御技術
    ●眼鏡レンズ材料
     NeoContrast®:眩しさから眼を守り明るさや色の差を見分ける力をアシストする光波長制御技術
    ●圧電ライン
     PIEZOLA™:感度の高さ、柔軟性をもつ同軸線状構造を活かした接触、振動検出センサ【株式会社アークと共同製
     作の次世代バイタル測定シートを体感展示】
    ●アブソートマー®:温度によって質感が変わり、特に体温付近で軟化する素材
    ●光学接着剤原材料:光学用途に最適な、ガラスや樹脂に良く密着する接着剤の原材料
    ●光弾性ポリウレタン:柔軟かつフレキシブルなセンサ(触感・位置・角度センサ)の原材料

    ◆特別講演の概要
    ●開催日時:2019年1月17日(木)12:35~13:15
    ●開催会場:TFTビル 西館2階 ホール
    ●講演者:福田 伸(三井化学 常務執行役員 研究開発本部長)
    ●演題:「素材を創る三井化学だからこそ描ける未来がある」
    ●講演番号:WEA-S1 特別講演① ウェアラブルの性能を飛躍的に向上させる最新 素材・電子部品



    【展望2019/三井化学社長・淡輪敏氏 安定成長のレンズ材に期待】2019/1/16 05:00 日刊工業新聞
    ~表題だけの紹介と致します~

  • どの銘柄も 25 線着が多い・・・のは index 買いが主流と云うコトかなッ
    外資様の個別買いは しばし先か?
    ・・・と 云いつつ 米国では 待ちきれず 資金の株式シフトが始まったかもッ??
    ( 欲目バイアス全開  ☕ )

  • <<
  • 338 313
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順