ここから本文です

>>317

PIJで臓器を作成することはクリアできると思いますがナノ若しくはピコ単位の細胞を吐出させ臓器の形状を作り上げるには相当なる時間を要すると思われます。果たして生体細胞を生きたまま完成させることはできるのでしょうか
培養による再生医療は臨床に入っていますが積層は難しいと思います。
其れより有機ELの印刷方式に大きな期待をした方が現実的だと思います。
確かに安達会長は臓器の積層が可能と話しておられましたが会社側はPIJをバイオ3Dプリンターでないと否定していました。
ポジティブでなくすみませんでした。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託