ここから本文です

今回は、三菱UFJモルガンスタンレー証券が決算発表からタイミングをずらしてレポートしましたが、
目標株価の上方修正の意図は〇〇〇ですね。

横浜MM 開発案件・メガソーラーなどAUM を拡大、営業増益が続こう

目標株価を引き上げ、AM フィー拡大等が増益牽引、Buy を継続

17/12 期1H(1-6 月)決算を受け、横浜MM(みなとみらい)など物件取得が進捗しAUM(受託資産残高)
が拡大、AM(アセットマネジメント)フィーの増加等により中期的に増益基調が続くと予想する。

目標株価790 円(従来730 円)は、18/12 期弊社予想修正EPS 34.4 円(従来旧17/12 期予想30.9 円)
と、妥当PER 23.1 倍(従来23.7 倍)から算出する。レーティングはBuy を継続する。

17/12 期1H 営業利益は7%増、開発案件など AUM が1.8 兆円に増加17/12 期1H(1-6 月)
営業利益は68 億円(前年同期比7%増)、不動産投資事業粗利益は同微減となったが、AUM 拡大等で
AM 事業の粗利益が増加した。

グループREIT の資産上積みや横浜MM の大型案件取得等により、17/6末のAUM は18,184 億円
(16/12 末比1,154 億円増)と拡大基調が続いている。

3Q(7-9 月)以降もファンド組成、REIT のAUM 上積み等が進むとみて17/12 期以降の営業利益予想
を据え置く。

しかし、繰越欠損金の解消による税負担増加により18/12 期以降の当期利益予想を減額する。

横浜MM はIR 対応施設を検討、メガソーラーは 1,000 億円組成を計画横浜MM の大型2 案件のうち、
三菱重工横浜ビルはコアファンドに組入予定、隣接地はカジノなどIR 対応のホテル・商業施設等の開発
を検討しているとみる。

メガソーラーなどインフラファンドは、17/6 末で出力25.6MWを組成済、19MW を組成準備中であり、
売却候補案件や投資資金需要が多いことから、AUM1,000 億円(250MW)を目指している。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託