ここから本文です
333

alu 強く買いたい 4月4日 11:17

【結果】
有効性の評価は40例(実薬群:27例,プラセボ群:13例)を対象として行った。主要エンドポイントである安静時疼痛あるいは虚血性潰瘍の改善率は,実薬群:70.4%に対し,プラセボ群:30.8%であり,統計的有意差をもって実薬群の優越性が検証された(p=0.014)。一方安全性においては,実薬群に臨床上許容できない有害事象は認められなかった。
【結論】
虚血肢に対するHGF遺伝子プラスミドを用いた血管新生療法の有用性が,世界で始めてプラセボ対照無作為化二重盲検比較試験により明らかとなった
------
大いに期待しましょう


27 × 0.704=19.008

13 × 0.308= 4.004

大いに期待しております。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ