ここから本文です

>>222

続き 2

そこに来て、VBL社の件。
これは、血管死を誘発させるようですが、
この時、血管や間質が脆くなり、さらに隙間ができて
径の大きい(タイプCのような)ミセルでも、核酸を癌に届けることができるのでは? と。

つまり、中外との核酸ファーストインクラス狙いには
核酸を崩壊させないミセルと、そのミセルを癌に届ける穴が必要で
大手の導きでVBL技術をNCに導入させたのでは?と
(効率よく運ぶ為に必要な、TPG社との契約のセンサーも然り)

NC社は、まずは愚直にVB-111を金の生る木にして
そこで得られた知見を、核酸ミセル運搬に応用できる。

中外は、この件が頓挫しても、VBLは直接関わらないから重荷にならない。 と。


手心加えて最初からミセルとの共演。とかは止めてほしい。
と心配していましたが、最初はそのまま使うようですね。
https://textream.yahoo.co.jp/message/1004571/4571/157/593


中外も頓挫でお尻に火がついて、単に色々なところを物色した結果の
TPG、ユタ、Toca、JCR、VBLだったらがっかりですが、、