ここから本文です

参天製薬株式会社との包括的創薬共同研究開発契約締結のお知らせ

ペプチドリーム株式会社(代表取締役社長:リード・パトリック、本社:神奈川県川崎市、 東証第一部)は、参天製薬株式会社(代表取締役会長兼 CEO:黒川 明、本社:大阪市、東証 第一部、以下「参天製薬」)との間で、複数の創薬標的タンパク質に対して特殊環状ペプチド 医薬品を創製する包括的創薬共同研究開発契約を締結しましたので、お知らせいたします。

本契約は、参天製薬が開発を目指す複数の眼科疾患を創薬ターゲット(ターゲットは未公開) として、当社が当社独自の創薬開発プラットフォーム:PDPS(Peptide Discovery Platform System)を用いて特殊環状ペプチドを創製し、化合物の最適化、および前臨床試 験の一部を実施した後に、参天製薬において当該特殊環状ペプチドに係る前臨床試験および臨 床開発を行う内容となっています。両社の包括的かつ戦略的な特殊環状ペプチド医薬品創製の 取り組みにより、眼科領域に特化したスペシャリティ・カンパニーである参天製薬の新規医薬 品開発がより一層加速されることを期待しています。 本契約の締結に伴い、当社は参天製薬から契約一時金(および研究開発支援金)を受領しま す(金額は非公開)。また今後、非臨床および臨床試験の進捗状況に合わせて目標達成報奨金 (マイルストーンフィー)や、製品化後は売上金額に応じたロイヤルティーが当社に支払われ ることになります。


【ペプチドリーム株式会社 エグゼクティブ・ヴァイスプレジデント 舛屋 圭一のコメント】 特殊環状ペプチド医薬品は眼科領域においてもその真価を発揮できるものと考えておりまし たので、参天製薬と創薬研究開発が始められることに大変興奮しております。当社独自の創薬 開発プラットフォームシステム:PDPS (Peptide Discovery Platform System) を用 いて特殊環状ペプチドを創製し、その最適化やプロファイリングなどの前臨床段階で必要とさ れる種々の実験をペプチドリームが担当します。これは、従来の創薬共同研究開発契約と比べ てより包括的な担当範囲であり、当社の創薬力が高まってきたことの証左と考えています。参 天製薬と協業して次世代の眼科疾患治療薬の創薬研究開発が行えることを大変楽しみにしております。