ここから本文です
現在位置:
リゾートトラスト(株) - 株価チャート

1,729

+2(+0.12%)
  • 前日終値
    1,727(10/17)
  • 始値
    1,728(09:00)
  • 高値
    1,750(09:58)
  • 安値
    1,720(09:04)
  • 買いたい
  • <<
  • 169 149
  • >>
  • 169(最新)

    yar***** 10月17日 13:07

    【序文】
    平成30年10月1日から京都市で宿泊税が導入され、サンメンバーズ京都嵯峨とエクシブ京都八瀬離宮で、別途、宿泊税が徴収されると案内されていました。

    【本文】
    以前、平成30年10月1日から京都市で宿泊税が導入されますが会員向けのサンメンバーズ京都嵯峨とエクシブ京都八瀬離宮のページに説明が見当たらないと紹介しましたが、わかりにくい所に説明されていました。「もっとわかりやすい所に書いておけば良いのにね」

    宿泊税の納税義務があるのはホテルや旅館の運営者で、宿泊料を値上げせずに、今までの宿泊料の中から宿泊税を払っても問題はないのですが、リゾートトラストが、そんな事をする訳はないですね。(格安の宿の中には宿泊者の事を考えて宿泊料を値上げせずに今までの宿泊料の中から宿泊税を納税する運営者もいるでしょう)

    【追記】
    宿泊税を導入している自治体は他に東京都と大阪府があり、宿泊税を比較紹介しておきます。比較してわかる事は「京都市は非課税対象者がない(修学旅行生は非課税)」「京都市は他と比べて税率・税額が高い」事がわかります。ゲストハウスやカプセルホテルでは宿泊料が2千円以下の所もあり、宿泊料2千円で宿泊税200円なら税率10%で「節約旅行をする人に高税率」になっており、「贅沢税」とは逆の考え方で「節約者から高税率の税金を徴収する」というやり方に多くの人から支持されると思っているのでしょうか? (そんな高飛車な考え方をしていたら観光客が減ってしまう恐れもあるでしょう)

    京都市
    2万円未満         200円
    2万円以上5万円未満    500円
    5万円以上        1000円

    大阪府
    1万円未満         非課税
    1万円以上、1万5千円未満 100円
    1万5千円以上、2万円未満 200円
    2万円以上         300円

    東京都
    1万円未満         非課税
    1万円以上、1万5千円未満 100円
    1万5千円以上       200円

    4681 - リゾートトラスト(株) 【序文】 平成30年10月1日から京都市で宿泊税が導入され、サンメンバーズ京都嵯峨とエクシブ京都八瀬

  • 【序文】
    《苦情を買う会社》
    お客からの苦情を買い取って、「苦情を売って欲しい」という企業に苦情を売って、「商品やサービスの改善に活用している会社がある」とテレビで紹介していました。

    お客からの苦情を参考に作った商品として「濡れた傘が困るので撥水のすぐれた傘」「浮き輪の空気を抜くが手間なので、空気抜き専用の弁を作った浮き輪」などがあるそうです。

    元々、福井商工会議所が始めた「苦情・クレーム博覧会」で、今はインターネットで「不満買取センター」が1件10円から買い取っているとの事。
    http://fumankaitori.com/

    【本文】
    《リゾートトラストの苦情に対する対応》
    『お客からの苦情を買い取って、改善に役立てている会社』がある一方、リゾートトラストの苦情の対する対応は最悪です。

    問題点について、苦情を言ったり、質問をしたら、リゾートトラストは『クレーマー扱い』して、話を聞かずに一方的に電話を切ったり、弁護士から嫌がらせの電話がかかってきます。

    【追記】
    《エクシブ琵琶湖のフロント》
    数年前に行った時のエクシブ琵琶湖のフロントの写真があったので紹介しておきます。現在、この写真と比べて明らかに改善されています。

    「お客からの提案」「社員からの提案」「経営者からの提案」など、誰からの提案によって改善されたのかわかりませんが「より良い形」に改善した事は評価できます。

    そして、もっと「お客からの提案」を積極的に聞いて、どんどん、改善したら良いでしょう。例えば、『お客からの苦情および改善提案』のページを作って「採用した場合、*万円の謝礼」くらいの事をしても良いでしょう。

    おそらく、現在の経営者は「自分たちが作ったものを、お客は(満足して)利用する」という(高飛車な)考え方を持っており、「お客からの提案」なんか受け入れない体質だと推察しています。もし、「お客からの提案を聞く」という謙虚な考え方を持っていたら、電話を一方的に切る様なふざけた事はしないし、問題点について質問をしたら弁護士から嫌がらせの連絡をしてくる様なマネはしないでしょう。

    4681 - リゾートトラスト(株) 【序文】 《苦情を買う会社》 お客からの苦情を買い取って、「苦情を売って欲しい」という企業に苦情を売

  • 株価が低迷しているのは
    大株主であるみずほ銀行が一部売却してしまったからだと思います。
    浮動株数も増えていますので
    なかなか騰がり辛い状況ではないのかと。

    PERも14.9倍ですから、
    現状でもやや割高か適正ゾーンです。

    ただ会社も危機感を感じているのか
    今月から芦屋ベイコートも
    エクシブとの相互利用を進めるなど、かなり利用しやすくなりました。
    平日のスパは1080円で利用可能とか。
    定年退職をしたあとのひと向けにこれはいいと思いました。

  • 先日は蓼科のエクシブに連泊してきました。
    やや肌寒い平日、チビ二人と貸し切り状態の屋外の温水プールでキャーキャー遊べて最高でした。
    お風呂は大人も十分楽しめるほど立派だったので満足しています。
    中々予約の取れない鉄板焼きはやっぱり美味しいですね。
    今度は箱根か湯河原に行ってきます。


  • 【序文】
    《リゾートトラストの嫌がらせの手口》
    今回はリゾートトラストの嫌がらせの手口を紹介します。(リゾートトラストにとって都合の悪い点を指摘すると、この様な嫌がらせをしてくる可能性があります)

    【本文】
    《リゾートトラストの問題点について質問や謝罪を求めると~》
    リゾートトラストに問題点(何度か紹介している個人情報の開示請求の方法の質問の対応など)について質問や謝罪を求めるFAXやメールで連絡しても「質問の回答」も「謝罪」の連絡もなく、弁護士から手紙が来ました。そこでリゾートトラストに電話とFAXで「過去の質問に返答がない事と個人情報開示の方法などの質問」と共に「弁護士からの連絡は嫌がらせと判断する(最大の理由は当事者でない弁護士が謝罪しても無意味)」と連絡しました。

    すると、今度は弁護士から電話がかかってきたので「貴方は状況を把握しているのか? 『弁護士からの連絡は嫌がらせと判断する』とリゾートトラストに連絡している事を知っているのか?」と言うと、弁護士は「承知している」と言ったので「嫌がらせの電話をしてくるな!」と言って電話を切りました。しかし、また、すぐに弁護士から電話があったので「『私は、この弁護士からの電話は嫌がらせだ』と言っている事を承知の上で電話をしているのか?」と言うと、弁護士は「承知している。少し話を聞いて下さい」と言ったので「話を聞くだけなら良い」と言って少し話を聞いていると、弁護士が質問をしてきたので「弁護士からの質問に返答するつもりはない。弁護士なら嫌がらせの電話をしても良いと思っているのか? 二度と嫌がらせの電話をしてくるな!」と言って電話を切りました。

    《リゾートトラストも弁護士も承知の上で嫌がらせの電話!》
    今回の経緯から、こちらはハッキリと「弁護士からの連絡は嫌がらせと判断する」と言っているのに、それを承知の上でリゾートトラストも弁護士も電話をしてきており、これは明らかに『故意に嫌がらせ』をしています。

    もし、弁護士からの連絡は嫌がらせでないのなら「弁護士からの『会員権販売の電話』も嫌がらせでない」という事になりますよね。

    【追記】
    《リゾートトラストは都合は悪くなると~》
    リゾートトラストは都合は悪くなると『弁護士~』と言い出します。何度か書いていますが「リゾートトラストの対応の問題についての質問や謝罪」をリゾートトラストに求めており、仮にリゾートトラストの不手際を認めて、謝罪したとしても弁護士が謝罪してきても、誠意が感じられないし、『本当に会社は謝罪しているのか?』確認が出来ないので私は納得できません。

    リゾートトラストが『弁護士~』と言い出したら「何か都合の悪い事を追及された」と考えれば良いでしょう。(そして、一度、リゾートトラストがその様な態度を取ってきたら「徹底的に嫌がらせをされるかも知れない」と考えた方が良いでしょう)

    《リゾートトラストが弁護士に相談するのは自由》
    「リゾートトラストが弁護士に相談するのは自由」だし、「自分とリゾートトラストが話し合いをする時、弁護士が同席する」事までは容認するけど、第三者である弁護士と話をするつもりはないし、まして、弁護士と電話で話をするつもりはありません。

    この事をリゾートトラストに電話で伝えようと思っても、リゾートトラストは一方的に電話を切って、こちらの話を聞かないし、FAXやメールに「読んだら『読んだ』という返事をくれ!」と書いて送っても何も返事はなく、相手が読んだかどうかもわらないので、ここに書いておきます。もし、ここに記載の内容に疑問に思った人はリゾートトラストに真偽を確認する際に、この事も伝えておいて下さい。

    4681 - リゾートトラスト(株)  【序文】 《リゾートトラストの嫌がらせの手口》 今回はリゾートトラストの嫌がらせの手口を紹介します

  • ココの営業スタンスは、昔からの歴史から
    押し売りビジネスで積み上がって来た。
    今後も、変わる事は難しいです。

    歴史に根付いたものは、
    なかなか拭うことは出来ない。

    (╹◡╹)このまま、進むか外資に・・・

  • 【序文】
    法令順守(コンプライアンス)に問題のある会社、社員教育の出来ていない会社はダメですね。

    【本文】
    リゾートトラストの下記の U.R.L. 「のプライバシーポリシー」のページに書かれている文章の中から大事な点を抜粋して紹介します。

      ************** ここから **************
    個人情報の利用目的
    当社は、個人情報の利用目的をお客様へ通知または公表してお伝えし、その目的の達成に必要な範囲において利用いたします。お客様の同意なく、目的以外に利用することはいたしません。

    お客様への情報開示・訂正
    当社は、当社に登録されているお客様の個人情報に関し、開示を希望される場合には、当社所定の手続きに基づき、ご本人であることを確認した上で、開示いたします。

    問い合わせ窓口
    お客様が提供された個人情報の問い合わせ・苦情、及び個人情報に関する照会、訂正、削除等に関する詳細は、問合せ窓口にご請求下さい。

    お問い合わせ
    リゾートトラスト株式会社 インフォメーションセンター(RIC) / TEL:0120-500-705
    https://www.resorttrust.co.jp/corporate/privacy_policy/
      ************** ここまで **************

    《解説》
    『当社に登録されているお客様の個人情報に関し、開示を希望される場合には、当社所定の手続きに基づき』と明記されているので、「0120-500-705」に電話をして「個人情報の開示を求めたいので、その手続きを教えて欲しい」と言えば、きちんと答えられなければならない筈です。

    しかし、「0120-500-705」に電話をしても誰も『その手続き』について即答できる人はおらず、それだけでなく、一方的に電話を切ってきます。「HPに書かれている事についての質問」「個人情報保護王に基づいた質問」をしているのに、それに答えないだけでなく、一方的に電話を切る会社って、三流以下の会社ですね。

    【追記】
    「リゾートトラストは三流以下の会社ではない」という人がたら「0120-500-705」に電話をして「個人情報の開示を求めたいので、その手続きを教えて欲しい」と質問して下さい。もし、その手続きをきちんと回答したら、その回答内容を、ここで紹介して下さい。

    そして、「リゾートトラストからの迷惑セールス電話に困っている人」はリゾートトラストに個人情報の開示請求をして、「どういう方法で自分の個人情報を入手したのか?」「個人情報の削除の依頼」をしたら困っている人の人助けにもなり、三流以下の会社からの脱却の第一歩になるでしょう。(「リゾートトラストは三流以下の会社」と思っている人、「リゾートトラストからクレーマー認定されなくない人」は、こんな電話をしない方が良いし、リゾートトラストの言う通りに従っていればリゾートトラストから嫌がらせをされる事もないでしょう)

    4681 - リゾートトラスト(株) 【序文】 法令順守(コンプライアンス)に問題のある会社、社員教育の出来ていない会社はダメですね。

  • >>158

    >最近の株価、低迷が続いてますね。何か反騰の材料はないでしょうか。

    特効薬はないでしょうね。地道に努力を積み重ねる事が大事でしょう。

    リゾートトラストに「個人情報の開示の手続きの質問」をしたのに、まだ、何も返答がないし、こういう小さな事の積み重ねが大事でしょうね。

    >既存ホテルの稼働率がイマイチなのが原因かな‥オーナーの皆様、もっとホテルを利用して下さいね。

    まず、「利用したくならない」「利用したくなる様なプランがない」という問題を解決しないといけないでしょう。

    所で『オーナー』って、広辞苑第4版では下記の様に説明されており、「持主」「所有者」という意味で『オーナーは多くの人に利用てもらう様に努力するもの』じゃないですか?

    でも、この掲示板で自分を『オーナー』と名乗る人たちは、そんな努力をしているとは思えないし、『利用者や株主からの改善のアイデア』にケチや難癖をつけるオーナーはいますね。まず、『オーナー』が「(平日の)稼働率アップ」の努力をして、自分で「良いアイデア」が出せないのなら「良いアイデア」を実現させる様に努力する・・・多くの株主が集まれば株主総会で提案もできるしね。

    広辞苑第4版より
    オーナー【owner】
    (持主の意)
    ・会社などの所有者。特に、プロ野球の球団所有者。
    ・持船を自分で運航しない船主。

  • 158

    jun***** 強く買いたい 10月7日 00:16

    最近の株価、低迷が続いてますね。何か反騰の材料はないでしょうか。
    新規ホテルの会員権販売は日経平均株価上昇の影響もあって好調らしいですが、既存ホテルの稼働率がイマイチなのが原因かな‥オーナーの皆様、
    もっとホテルを利用して下さいね。

  • 【序文】
    《テレビで太陽光発電について紹介》

    テレビで太陽光発電について紹介していたので、参考になると思われる情報をいくつか紹介します。再生可能エネルギーは環境にやさしく、その中でも太陽光発電は比較的簡単に小規模でも導入できるし、また、「災害時の停電の時も電気が使えた」として太陽光発電が紹介されていました。(太陽光発電の電気を売る値段より、一般の電気を買う値段の方が安いので、「100%電気を売る契約」をしていると停電になっても自宅で作った電気を自分で使えないという話もあります)

    ・太陽光発電の設置費用は年々安くなっている。

    ・民家の屋根の瓦のかわりに使える太陽光発電のユニットも出来ている。

    ・屋根に太陽光発電を設置したマンションも出来ている。

    ・(平地に太陽光発電を設置する場所がないので)山の斜面の木を切って大規模な太陽光発電を設置した所で、雨で地滑りを起こした所がある。

    ・耕作放棄地に太陽光発電を設置し、その下で農業をする事により、採算のあう農業ができる様になった例がある。

    ・日米の大企業が、企業の責任として「自社で使う20**年には再生可能エネルギーにする」と発表する企業が増えている。

    【本文】
    《リゾートトラストでも太陽光発電の導入》

    太陽光発電の設置場所の事を考えると、エクシブのホテルの中に広い屋外駐車場のある所があり、そこに「太陽光発電の屋根」を設置すれば良いでしょう。まず、広い屋外駐車場のあるホテルで思い浮かぶのはエクシブ琵琶湖で、琵琶湖に面した方向以外の3方向に屋外駐車場があります。太陽光発電の設置費用やそれによる電気代の削減などについては(私は専門家ではないので詳しい事は知らないし)導入を検討するのなら、その時に調べれば良いでしょう。

    また、今後、建設するホテル・施設の屋根にも太陽光発電を設置すれば良いでしょう。現在は自社で発電した電気を自社で使ったのでは採算に合わないかも知れないけど「企業の社会的責任」として導入を検討したら良いでしょう。

    【追記】
    最近、この掲示板に「リゾートトラストに関係のない投稿」が減ったので、あまり見ていなかったのですが「152」が抜けていますが、どんな投稿があったのか少し気になりますね。

    今回、紹介するのはエクシブ琵琶湖の北東の屋外駐車場の写真ですが、南東の屋外駐車場が太陽光発電を設置するのに適しているのではないかと思っています。

    4681 - リゾートトラスト(株) 【序文】 《テレビで太陽光発電について紹介》  テレビで太陽光発電について紹介していたので、参考にな

  • 【序文】
    テレビで村おこしの特集をしていたので参考になるかも知れないので紹介します。

    《農業体験で村おこし》
    過疎が進み、耕作放棄農地も増えた村で、廃校になった小学校を活用して、農業体験の「講習」「実習」「収穫した作物を使ったレストラン」を作って好評との事です。

    実習としては、訪れて、すぐに体験出来る「収穫実習」から、17平米を年間10万円で農園として借りて、自分で来られる時は「種まき」「肥料やり」「収穫」などの作業をして、来られない時は地元の人が世話をしてくれる「貸農園のプラン」もあります。

    最近、家庭菜園に興味を持つ人も多く、家の近くに土地が確保できない人にとって、遠くても地元の人が管理してくれる貸農園は便利でしょう。

    【本文】
    《農業体験のアイデアを取り入れる事は出来ないか?》
    さて、リゾートトラストのホテルで「農業体験のアイデアを取り入れる事は出来ないか?」と考えてみたアイデアを紹介します。「何にでもケチをつける人間」がいる事を承知の上で、あえて、紹介します。

    最近、エクシブ琵琶湖も平日だけでなく、休前日でも空き室のある日が目立ちます。エクシブ琵琶湖のまわりには、まだ、農地は多く、農家の人と契約して「収穫実習」や「来られない時の世話付きの貸農園」はどうでしょう。都会のマンション生活をしている人で家庭菜園に興味のある人もいるし、自分の作物の世話をする為にエクシブ琵琶湖に宿泊する人が増えれば稼働率も上がるでしょう。

    地元の農家の人と契約する事により「地元経済の活用」「共存共栄」にもなり、もし、貸農園の利用者が思ったより少なかった場合、『契約農家』として出来た作物をエクシブ琵琶湖やその他のホテルで利用すれば、農家の人を裏切る事にはならないでしょう。農家の人は天候による不作や豊作、相場の乱高下による不安定な収入よりも「安定した収入」を望んでいるでしょうし、地元経済との共存共栄は必要な事でしょう。

    以前も紹介しましたが、今年の「株主総会招集ご通知」に「取締役14名で報酬は7億7600万円」とあり、単純に平均すると1人当たり平均約5543万円です。この報酬の一部を「地元経済への還元」「地元経済との共存共栄」に使えば、いづれ、「それが会社にとってもプラスになる」という考え方も出来るでしょう。

    【追記】
    今回はエクシブ琵琶湖の部屋から撮影した写真を紹介しますが敷地内のテニスコートの向こうに農地が広がっています。

    4681 - リゾートトラスト(株) 【序文】 テレビで村おこしの特集をしていたので参考になるかも知れないので紹介します。  《農業体験で

  • <<
  • 169 149
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順