ここから本文です

絶好調の医療分野について少し深掘りしました。
まず20年2月期に営業利益を2.4倍にする計画が報じられています。

C&R、医療事業の営業利益2.4倍に 20年2月期
 ttp://www.nikkei.com/article/DGXLZO10857940Z11C16A2DTA000/
 20年2月期に医療事業の営業利益を前期比2.4倍の10億円程度まで伸ばす。

今期1Qでは通期計画を超えそうな数字が出てきたので、
実現性は高いと思います。

人材、拠点ネットワークの規模も順調に拡大しています。
・医師医学生登録数 約100,000人(前年比11,000人増)
・取引医療機関数 約11,000施設(前年比1,500施設増)
 ※日本の医師の30%超が登録
 ※日本の病院の大半をクライアントとして抱えている

今後中期的に営業拠点を拡充しながら、新規サービスとして
「全国的な訪問診療サービス」の展開を検討しているとのこと。
これは決算資料にはなかった情報です。
医療分野はこのようにサービスメニューを拡充していくことで、
規模も相まり非常に利益の大きなセグメントに育っていくと思われます。

(情報源と画像は下記にリンクのあるシェアードリサーチ社のレポートより)
 ttp://www.cri.co.jp/stockholders/

4763 - (株)クリーク・アンド・リバー社 絶好調の医療分野について少し深掘りしました。 まず20年2月期に営業利益を2.4倍にする計画が報じら