ここから本文です
現在位置:
(株)アイビー化粧品 - 株価チャート

1,449

+7(+0.49%)
  • 前日終値
    1,442(12/11)
  • 始値
    1,442(09:00)
  • 高値
    1,460(10:22)
  • 安値
    1,430(10:37)
  • <<
  • 933 906
  • >>
  • 臨時総会が終わったら、直ぐに種類株を発行しています。
    もっと酷い優先株を発行すると思っていただけに、意外に良心的な優先株でした。
    IRで印象的だったところをコピペします。

    『平成 31 年3月期第2四半期末の純資産は 873 百万円となっております。当社の予想している通期見通しが達成できれば、財務制限条項には抵触しませんが、レギュラー製品の売上高は安定しているものの、強化製品である「ホワイトパワーセラム」は好不調の波が大きいことから、今後の不確実性を考慮し、資本性のある資金調達が必要と判断しております。
    次に、当社は平成 30 年 11 月末において、3,647 百万円の有利子負債がございます。うち平成 31 年3月末までに 653 百万円の社債償還及び長短期借入金の返済をしなければなりません。加えて、月次の仕入支払・経費支払等が月平均およそ 400 百万円程度必要でありますが、平成 31 年3月期第2四半期累計期間の売上高が前年同四半期比 49.0%減という結果であったため、平成 31 年3月末までの資金繰りが難しく、売掛金の回収額だけでは、有利子負債の返済及び運転資金の確保は不可能な状況となっております。当社は、上記の社債償還及び長短期借入金の返済分である 653 百万円、及び、運転資金不足分への充当額として 333 百万円を調達するため、保有資産の売却を行ったほか、金融機関との間で新規借入の交渉も進めてまいりましたが、平成 31 年3月期第2四半期累計期間の業績が当初見込みより大幅な乖離を起こしたことから当社の与信ランクが下がっており、現時点での新規借入は難しく、金融機関からの借入以外の資金調達が行なえなければ、平成 31 年1月にも資金ショートを起こすことが予想されます。そのため、当社の今後の資金繰りを考慮すると、平成30年12月末までに資本性のある資金調達が10億円程度必要であると判断致しました。』

  • >>924

    みよりさん
    はじめまして

    質問です
    儂は社内のことには全く興味がありませんので
    そちらの話は割愛させていただきますね

    レッドセラムに関してです
    今後このようなヒット商品は出てくるでしょうか?
    それと商品開発に関してどの位の費用を掛けているのか?
    です
    やはり大手メーカーと争うにはそれなりの商品及びそれらを開発するポテンシャルがないと、これからは厳しいと思うのです

    そこら辺はどうなっているとお考えですか?

  • >>926

    みよりさんに質問です。

    みよりさんが所属している販社の販社長は、白銀社長についてどのようにおっしゃっていますか?
    また身近に美容指導がいましたら、美容指導がどのようにおっしゃっているかもお聞きしたいです。

    よろしくお願い致します。

  • >>926


    現役販売員さんの言葉は説得力がありますね。
    でも私としては、バリバリのアイビー信者を期待したので、ちょっと拍子抜けでした(笑)

    ちょっと気になった部分について、私の考えを書きます。
    いつものように長文ですが、よければお付き合いください。


    >皆さん本当に愛社精神が強いということ。無理と思った方はいつの間にか退職されてらっしゃる印象です。なので“内部告発”はきっとないと思います。


    この部分について、確かに現場に来る社員さんは、みんな愛社精神が強いというか、仕事熱心な人が多いと感じていました。
    でも私はちょっと違う印象を持っています。

    私が社員の人たちから感じていたのは、会社が好きというよりは、アイビーの理念が好き、創業者が好き、製品が好き、販売会社の販社長や販売員さんが好き、会社の仲間が好き…という感じで、白銀社長が好き、役員のこの人に憧れている、会社が好き…という人はほとんどおらず、むしろ、現社長や経営陣のやり方には疑問を持っている人が多いように感じていました。

    つまり『アイビーは好きだけど、現社長は好きじゃない』という社員が多いのではないかということです。
    特に、上代200億を達成した翌年に上代400億をぶち上げたものの、下方修正を繰り返し、赤字にまで転落し、社員の給料は下がり、多くの株主はじめ販売会社の販社長や販売員さんたちにも迷惑をかけた、にも関わらず4億8千万もの報酬を得ていた現社長と、それを許していた経営陣には失望している社員さんが多いと思います。

    なので、『アイビーが好きだからこそ、アイビーを私物化する現社長が許せない!』と、思っている社員さんが、クーデターを起こす可能性はゼロではないと思っています。

    ただし、みよりさんも指摘している通り、合わないと感じた人はいつの間にか辞めていきましたし、今いる社員さん達は、土日関係なく朝早くから深夜まで働かされ、社内資格を取るために家に帰っても勉強を強いられて、既に洗脳された社畜と化している可能性が高いので、ゼロではないと言ったものの、内部告発などのクーデターが起こる可能性は限りなく低いでしょうね。

  • >>925

    以下ゴンザレスんさんのコメント拝見した個人的意見です。
    長文になります、すみません。

    大方間違えておりません。
    当方もどちらかと言うとアンチ的な立場の人間です。
    それなのになぜ販売員をしているかというと製品自体は本当に良いものと感じているからというのが
    一番にあります。そして安く使いたいから。ただそれだけです。
    研修や売り方に対しては疑問があるため、自分が使う以外では全くと言っていいほど
    販売活動はしていません。
    たまにメーカーの口コミや世間一般的に見てどのようなイメージなのか興味があり
    リサーチしています。やはり胡散臭いと思われてる方が多いのだと実感します。
    今回は株の変動がすごいと知人に聞いたので拝見しに来ました。
    現段階で多くの損を抱えている方が多いことに、さらにアンチ度は高まっています...

    唯一反論出来ることがあるとするならば、
    ≫そうして自分の顧客数や販売力以上の製品を仕入れ、売ることが出来ずに友達や身内に泣きついて買ってもらうか、借金をして支払いをする…を繰り返し、いよいよ友だちはいなくなり、新たな借金もできなくなって自己破産してようやく目を覚ます。
    という件に関してです。
    全国にある販売会社の中で確かに無理に仕入れをし、在庫を掃きたいがために無理な販売をしている方がいるのもきっと事実です。
    ただすべての販売会社、販売員の方がそういった事をしているのではないという事です。
    真面目に地道にお客様の事を思って販売している人もいます。
    過去の投稿にもありましたように実力的には年商50億が妥当という意見に私は賛同します。
    200億達成は40周年という節目に高みを目指して、多くの人とベクトルがあった結果だと思います。
    在庫が残っている人が多いのも事実だと思います(私は無理な仕入れを強いられる販売会社にいるわけじゃないので在庫はありませんが...)

    私は末端の者なのでメーカーの内部事情は詳しく知りませんが、一つ言えるとしたら皆さん本当に愛社精神が強いということ。無理と思った方はいつの間にか退職されてらっしゃる印象です。なので“内部告発”はきっとないと思います。
    個人的にはせっかくいい製品なので、店頭販売になるように全国の販売員の方が今の販売形態をやめてもらえるような動きが起こればいいのにと思っていますが...
    参考にならない意見を長々と失礼しました。

  • >>924

    あなたが販売員さんなら質問があります。
    915のゴンザレスんの投稿に関して、
    あの投稿は真実ですか? それとも、嘘ですか?
    もし嘘なら、販売員として反論してみて下さい。

    私はアイビーでかなりやられました。
    株はあくまでも自己責任だからしょうがないですが・・・・
    残りの株を損切するか考え中です。

    ゴンザレスんの過去の投稿などを見ていると
    書かれていることが真実なら、この会社の闇深さを感じてしまう。
    日産のように内部告発が、出てこないか? 個人的に心配しています。

    あなたが販売員さんで「何か質問はありませんか?」と投稿するぐらいだから
    是非とも反論して下さい。 

    期待してます。
    よろしくお願いします。

  • >>920

    臨時総会で優先株が発行出来るようになったら、優先株を発行すると思われます。
    白銀一族の私物化はより強くなって行くでしょうけど。

  • 昨年、1万円で売り抜けた者ですが、気になってたまに見ています。
    現在はノンホルで、今後投資の対象にしていない公平な立場からですが、詐欺っぽいですね。

  • >>915

    丁寧なレスありがとうございます。
    非常に勉強になりました。
    私はマルチ商法をやった事はありませんが、幾つかの会社の話は結構詳しく聞いてきましたけど、同じマルチ商法でも、販売スタイルは会社毎に結構違うものですね。

  • >>910


    >2017年3月期に無茶をさせて、まだ販売員は離反していないのでしょうか?

    私の考えを書きます。
    いつも長文ですいません。

    まず前提として、アイビー化粧品では営業所や販売会社の権利をお金で買うことはできません。営業所になるには一定額の製品を仕入れるだけではなく、それを販売しなければなりません。
    販売員はみんな愛用者から始まります。まず自分で製品を使ってみて、気にいったら誰かに紹介してお客様になってもらう…ということを繰り返して顧客を増やし、定価100万円(仕入れ額70万円)を仕入れて、その全てを販売することで、営業所になれます。
    ここまでは他の訪問販売とそう違いはないのかもしれませんが、実は営業所になる条件として、仕入れ・販売だけではなく、研修受講というものがあります。

    詳しい内容までは書きませんが、営業所になるまでに、いくつかの研修を受けなければならず、この研修を受けていく過程で段々とアイビーに染まっていきます。
    もちろん途中で嫌気がさして離脱する人も多いですが、営業所になろうとするくらいの人はほとんど洗脳といっていいくらいの状態になります。

    以前、この掲示板にアイビー信者のような人がいましたが、要するにああいう人です。アイビーにはああいう人がとても多く、盲目的に『アイビー最高!』『社長最高!』などと言います。
    このあたりがアイビーが宗教的だと言われる要因だと思います。

    中にはビジネスライクな方もいますが、そういう人は本社や販売会社の社長=販社長から何を言われようが、無理に仕入れたりせず、自分のペースで販売をします。
    しかし、多くのアイビー信者は、本社の社長や販売会社の社長=販社長が掲げる目標やスローガンなどに、何の疑いもなく乗っかります。

    そうして自分の顧客数や販売力以上の製品を仕入れ、売ることが出来ずに友達や身内に泣きついて買ってもらうか、借金をして支払いをする…を繰り返し、いよいよ友だちはいなくなり、新たな借金もできなくなって自己破産してようやく目を覚ます。
    そういう人をこれまで何人も見たり聞いたりしました。

    そこまでいかなくても、アイビーの販売員は、アイビーに心酔している人が多いので、白銀社長や販社長のために多少の無理はしてしまいますし、アイビーをやめる時は身も心もボロボロになっていることが多いので、違う化粧品ビジネスをやろうとする人は少ないと思います。

    でもさすがに前前期から前期の流れには呆れている人が多く、気持ちが離れた人も多いみたいです。

  • 個人でも企業でも一度無くした信用を取り戻すのは相当大変。
    詐話まがいのことをしてしまった企業が再び浮かび上がるのは難しいね。

  • >>907

    非常に分かり易い解説ありがとうございます。
    一つ質問なんですが、ここはネットワークビジネス(マルチ商法)なのであまり無理をさせると、辞めたり、他のMLM(マルチ商法)へ鞍替えしたりするのではないかと思うのですが、2017年3月期に無茶をさせて、まだ販売員は離反していないのでしょうか?

  • また年初来安値に接近してきた。

    更新する可能性もありそうだな。

    かなり厳しいと思っているのだ、、、

  • >>907

    ゴンザレス殿かたじけない!
    よく分かりました👏

    実はかなり前から気にして見ておったんじゃわ
    儂はね、この会社の失敗はレッドセラムの後のホワイトセラムだと思うんだ
    レッドセラムは売れたかもしれんが、ホワイトセラムをレッドより安くしたら消費者は見向きもせんと思うぞ
    レッドより更に良い商品として値段を上げてホワイトを出せば
    売れたかもしれんと踏んでおる
    完全に経営ミスだわ
    こんなやり方する企業はおらん初めてじゃわ

    しかしゴンザレス殿の分析を見ておるとレッドも苦戦しており、在庫で売り上げを嵩上げしたようじゃね
    これも企業として❓印じゃわ儂的に

  • >>906


    >何故ここまで酷い決算になったんじゃろうか

    私見と予測を交えて書きます。
    長文ですし、分かりにくい部分もあると思いますが、興味があれば読んでください。

    アイビー化粧品の現実的な実力は、高く見積もって売上50億くらいだと思います。
    ここでいうアイビー化粧品の実力とは、現状の販売員と顧客数からみた売上ということです。
    アイビーの顧客数はここ20年くらい、ほとんど変わっていないはずです。
    それなのに、前前期の2017年3月期に創業40周年上代200億という社長の掛け声の元、多くのインセンティブをバラまいて、本社も販売会社も販売員もかなりの無理をして、上代200億を達成し、売上66億・営業利益10億と過去最高の実績を上げました。
    翌年の2018年3月期は130億の当初予測に対して大コケの56億ほどでしたが、本来の実力からすればこれさえも出来すぎの数字でした。

    顧客数が増えていないのに、売上が上がるというのは、販売会社と販売員が在庫として買い込んだということです。
    もちろん、それを捌くために本社も販売会社も新規顧客づくりを推し進めますが、今時訪問販売で化粧品を買う人など少数派ですし、そう思い通りにいくはずはなく、無理して買い込んだ製品がそのまま在庫として残ってしまい、新たな仕入れを起こせないのです。

    つまり、50億を超過した分…前前期の16億と前期の6億の合計約22億ほどが販売会社と販売員の在庫として残ったのだと思います。そしてそれを数年かけて捌いていくのです。
    私の前回の書き込みで、通期の実績予測を33~36億としました。とすると、ざっくりですが今期で前前期分の16億を捌いて、来期に6億を捌いて44~45億ほどの実績で着地して販売会社の在庫が捌けて、再来期に50億に戻るくらいの感じだと思います。

    どのみち今の訪問販売というやり方では先細りは目に見えていると思います。
    創業者の言いつけで、テレビコマーシャルはしないというポリシーがあるみたいですが、IKKOさんあたりに『アイビーどんだけー』とか言ってもらえたりしたら、もしかしたら再浮上もありえるのかもしれません。

  • 何故ここまで酷い決算になったんじゃろうか
    訪問販売でしたよね?
    社員が辞めたから?
    急に商品が売れなくなったから?
    怖いねぇ

  • <<
  • 933 906
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順